J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『いのちの食べ方』(Eve)の音域

こんにちは。今回はEveさんの『いのちの食べ方』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『いのちの食べ方』(Eve)、Inochi no Tabekata(Eve) 
『いのちの食べ方』(Eve)









【地声最低音】lowF#(F#2)  

★きっと君は来ないってないってlowF#[ば] “(Aメロ)
★ビビディバビデlowG#[ブー]

lowF#[フォ]ークの使い方なんて(Cメロ) 
lowF#[だ]れにも教わらなかった


【地声最高音】hiC(C5)  ※曲全体で5回

hiC[よ]hiB[る]hiA[が]ぁ(サビ)


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※曲全体で5回

★(夜が)明hiC#裏[ける]hiB[前]C#[に]B[酔い]A[を]醒まして(サビ)


【補足】mid2F#(ごく一部のみ)hiAの注意点

★退m2F#[屈]F#[今日]hIA[を] (サビ)

※表記はしてませんが、サビ等ではmid2F#も多く登場します。


 まず、『いのちの食べ方』についてです。この楽曲は、2019年に男性シンガーソングライターのEveさんによりリリースされたアルバム『Smile』に収録されております。2020年には、アニメーション作家まりやすさんによるMVが制作され、EveさんのYouTube公式チャンネルでMVが公開されました。MVは2020年10月現在、1500万回を超える人気作となっております。

 さて、『いのちの食べ方』についてですが、アップテンポのバンドナンバーです。作詞作曲はEveさん、編曲はNumaさんによりなされております。Eveさんの楽曲の特徴としては、歌メロの音域が非常に広いことが挙げられます。同曲も、その傾向に違わず、非常に広い音域になっております。そうしたこともあり、非常に歌い慣れた人向けの作品になります。



 さて、『いのちの食べ方』の音域についてですが、【地声最低音】lowF#(F#2)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めであり、音域が広いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音lowF#については、AメロやCメロで登場します。非常に低いレンジになりますが、Eveさんの楽曲は低音パートと高音パートが明確に分かれておりますので、歌い慣れていれば意外と低いレンジにも届きやすいです(それを考慮してもlowF#は低いですが)。私なりのイメージですが、Aメロの【きっと君は来ないってないってlowF#[ば]】が特にしんどいです。

 さて、地声最高音hiCについては、各サビで2回ずつ登場します。同曲はサビが多くないですので、登場回数としては少なめですが、一般的な男性の音域よりも高いです。よって、キーを下げた方が歌いやすいです。

 『いのちの食べ方』は音域がかなり広めであり、歌い慣れた人であってもキー調整に難儀します。もしキー調整する際は、低音よりも、高音部分が活きるように調整すると良いと思います。そうした工夫をしたとしても、歌いこなせる人が限定されるのではないかと思います。
 以前より申しておりますが、「Eveさんの楽曲を歌いたいけど難しい」という方は、RADWIMPS、BUMP OF CHICKEN、米津玄師さんなどのミュージシャンの易しめの楽曲から手を付けるとよいです。これらのミュージシャンは音楽性などがEveさんと近く、音域が狭めの手を付けやすいナンバーがあります。



『Loop the night』(WEAVER)の音域

 こんにちは。今回はWEAVERの『Loop the night』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Loop the night』(WEAVER)
『Loop the night』(WEAVER)









【地声最低音】mid1D#(D#3)  

★午前二時 風m1D#[は]西(Aメロ)


【地声最高音】mid2G#(G#4)  

★繰りm2G[返す]m2G#[ぅ] 繰りG#裏[返す]hiA#裏[ぅ](サビ)
hiA#[み]hiC[がい]hIC#裏[ない]C[な]m2G#地[ら](2番サビ)


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※サビで登場

★きhiA#[み]hiC[がい]hIC#裏[る]C[な]ら(サビ)


【補足】mid2Fmid2Gの注意点

m2F[す][て]が [き]のう見た世界(Aメロ)

m2G[同じきょ]うを何度でも(サビ)

m2F[う][め][さ]え振り[切っ][ぇ](ラスサビ前)


 まず、WEAVER(ウィーバー)について少し説明します。WEAVERは2004年に結成され、2010年にメジャーデビューした3人組バンドです。担当楽器は、ピアノ(キーボード)、ベースギター、ドラムという編成です。高校の同級生をベースとして結成され、2007年には現在の形に落ち着きました。ジャンルとしては、ピアノ・ロックなどになります。ピアノ・ロックではOfficial髭男dismなどが人気ですが、ヒゲダンがブラックミュージックっぽいアレンジであるのに対し、WEAVERはJ-POP寄りのニュアンスが強いです。
 WEAVERの代表的楽曲としては、『くちづけDiamond』、『僕らの永遠〜何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから〜』などが人気であります。私としては、今回取り上げる『Loop the night』も非常に好きです。
 
____

 さて、『Loop the night』についてです。この楽曲は、2019年にWEAVERによりリリースされたシングル作品です。配信シングル曲であります。アルバム『流星コーリング』に収録されております。この楽曲は、小説家としてもデビューを果たしたドラムスの河邉徹さんの同名小説とリンクした形で制作されております。こうした形でのリリースは非常に独特だと思いました。

 『Loop the night』はエレクトロなニュアンスを持ったポップナンバーです。同曲は、共同プロデュースとして、Maozon(マオゾン)さんがアレンジに携わっております。Maozonさんは三代目J Soul Brothersの『R.Y.U.S.E.I.』の作編曲としても知られております。
 『Loop the night』の歌メロについてですが、Aメロサビといった形で作られており、シンプルです。全体としてひんやりとしたアレンジになっており、サビでは裏声が多用されております。




 さて、『Loop the night』についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。地声については一般的な男性の音域の範囲内、もしくは少し高いといったところです。

 まず、地声最高音mid2G#についてですが、各サビで2回ずつ登場します。登場回数としては8回ほどです。楽曲のアレンジなどを考えると、このmid2G#も裏声のニュアンスでも良いかもしれません。地声に関しては、できればmid2G辺りを安定的に歌いこなしたいところです。
 この辺りは、一般的な男性の音域の範囲内でもありますが、人によっては少しキーを下げても良いと思います。目安としては原曲キーから1~2つ程度下げると良いのではないかと思います。
 
 『Loop the night』は低音域に少し余裕があり、キーの調整は可能です。少し無理をすれば、歌い慣れていない人向けの調整も可能なのではないかと思います。ただ、同曲はサビでは裏声が複数回登場しますので、その点がビギナーのハードルになるかもしれません。

 原曲キーの難易度としては、標準的(もしくは少しだけ難しい)などにあたると分析しました。歌い慣れた人であれば、比較的手を付けやすいのではないかと思います

 『Loop the night』は全体としてひんやりとした夜感が強いナンバーです。私自身もカラオケなどで歌ってみたいと感じました。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。



『dual existence』(fripSide)の音域

こんにちは。今回はfripSideの『dual existence』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『dual existence』(fripSide)
『dual existence』(fripSide)









【地声最低音】mid1G(G3)  ※Aメロで登場

★この街はまた きm1G[せ]つを超G[えて] (Aメロ)
★あm1G[ら]たな出会いが 笑顔に変わった


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※サビで登場

☆確かhiD[な]hiD#地[い]D[し]D#地[を]捜して(サビ)
★はhiD[か]hiD#[な]いおもD[い]D#裏[を] 

※煩雑になるため、hiCを省略しております。


【裏声最高音】hiG(G5) ※各サビで2回ずつ登場

☆確かな意識をhiD[さ]D#[が]hiF[し]hiG[て](サビ)
hiD#[こ]hiF[の]hiG[瞳(め)]D#[に]D[焼]D[付]D#[け]


【補足】hiB(一部のみ)hiDの注意点

★ここにいhiB[る] B[い]まその意味(イントロ)

★彷徨ってhiC[い]る 君C[の]【サビ】
★そんhiC[ざ]hiD地[い]を共に見つめて


 まず、『dual existence』(デュアル・イグジスタンス)についてです。この楽曲は、2020年に2人組音楽ユニットfripSideによりリリースされたシングル作品です。アルバムとしては、11月4日にリリースが予定されているベストアルバム『the very best of fripSide 2009-2020』に収録される見込みです。同ベストアルバムは、fripSideの現ボーカル南條愛乃さんが加入されてから初のベスト作品であります。当ブログでは、『only my railgun』(過去記事)など6曲を取り上げておりますが、それらも全て収録される見込みのようです。

 さて、『dual existence』についてですが、アップテンポのシンセポップ、トランスポップです。同曲は、テレビアニメ『とある科学の超電磁砲T』のオープニングテーマ曲としてタイアップが付きました。そうしたこともあり、カラオケなどで歌唱しても非常に盛り上がりやすいと思います。
 歌メロについては、イントロのメロの後に、すぐにサビが入ります。また、ラストのサビでは通常にサビよりもキーが1つ下がって歌メロがはじまり、そこから転調して通常のサビと同じキーに戻るような手法が取られております。こうした手法を用いることにより、ラストのサビを印象付ける工夫がなされております。






 最後に『dual existence』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiD#(D#5)、【裏声最高音】hiG(G5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiD#についてですが、サビで登場します。南條愛乃さんは裏声と地声の境目が見分けにくいのですが、最低でもhiDくらいは地声で出せた方が安定しやすいです。これらの音階は一般的な女性の音域よりも高めです。キーを下げた方が歌唱しやすいと思います。

 『dual existence』は低音部分に少し余裕があり、キーを下げることも可能であります。ただ、高音部分の音域がかなり広いので、キーを調整するにしてもしっかり歌い慣れておく必要があります。よって、キー調整を考慮しても歌い慣れた人向けの作品といえます。同曲を歌唱する場合は、地声の発声も大切ですが、地声と裏声をスムーズに行き来する器用さが求められます。

 fripSideは全体としてキーが高く、難しめの曲が多いのです。その中でも、やはり代表曲である『only my railgun』(過去記事)がキー調整なども含めて手を付けやすいです(一般的にはやや難しめ)。『dual existence』を練習する際は、一緒に『only my railgun』も並行して練習すると良いのではないかと思います。




管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー