J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『Winter, again』(GLAY)の音域

 こんにちは。今回はGLAYの『Winter, again』(1999)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Winter, again』(GLAY)
『Winter, again』(GLAY)









【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★歴史の深い手に引かれm1F#[て](Aメロ)


【地声最高音】hiD(D5)  ※曲全体でここだけ

★あなたを想うほど hiA[ウー]hiD[ウー](ラストサビ)


【補足】mid2F#hiC#の注意点

★厳しくも日々強く生きてるもm2F#[の]m2E[よ](サビ前)

★いつか二人で行m2E[き]たいね【1番サビ】
m2F#[逢いたい]m2E[か]ら、こ[い]しくて
m2F#[あなたを想]hiA[うほど] A[ウー]hiB[ウ]

★戸惑い立ち止m2G[まる]m2F#[ぅ] hiA#[ウー](2番Aメロ)
★遠くを見つめm2E[てた]m2F#[あ](2番サビ)

m1F#[降]り続くしm2E[ろ]m2F[い]E[ゆ]きは(Cメロ)
★むじょm2G[う]なる 人m2G[の]m2F#[世]を 
★すm2F#[べて 許すように降り続いて]hiC#[行く]hiB[ぅ]

★雪が積もるこm2E[ろ]m2F#[に](ラストサビ)
★鐘の音hiB[が]hiA[聞こ]hiA#[え]B[るぅ]
hiB[想い出]m2G[には]ぁ、二人hiA#[があ]m2F#[る]F#[た] 
★あしあhiB[とを]hiA[残]hiA#[し]B[て…]


 まず、『Winter, again』についてです。この楽曲は1999年にロックバンドGLAYによりリリースされたシングル作品です。アルバム『HEAVY GAUGE』をはじめ、ベストアルバムなどにも収録されております。同曲は、GLAYのシングル作品としては最大のヒットを記録しており、代表的なGLAYの作品の1つに挙げられます。
 同曲は、JR東日本「JR SKI SKI」キャンペーンソングとしてのタイアップがつきました。私自身は西日本出身であり、実感が湧きにくいのですが、このJRキャンペーンは多くのヒット曲が生まれている枠です。この辺りについてはback numberの『ヒロイン』(過去記事)の際に少し触れております。

 『Winter, again』はミディアムテンポのバンド曲です。北海道出身のバンドということもあり、冬の厳しさが荒々しいギターサウンドで上手く表現されております。
 歌メロについては、AメロとサビCメロで構成されております。シンプルな構成ですが、サビが長めであります。サビの前半はmid2E~mid2F#くらいが最高音ですが、サビの後半からhiA~hiD以上の音が登場します。こうした構造はGLAYのシングル曲で時々見られます。こうした構造はキー調整を難しくさせるのではないかと私は分析しております。



 さて、『Winter, again』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDについては、ラストのサビで1回登場します。厳密にいうと、ここは歌詞の無い部分なので「フェイク」になるのですが、カラオケでも採点に含められており、また私自身も重要だと考え、最高音に含めました。
 この場面を除くと、Cメロで1回hiC#が登場します。【すm2F#[べて 許すように降り続いて]hiC#[行く]hiB[ぅ]】の部分です。『Winter, again』を原曲キーで歌いこなすには、hiB辺りの音階を使いこなす力と、瞬間的にhiD,hiC#等を使いこなす能力が求められ、その点でハードルが高いです。

 一般的な男性の場合は、キーを下げた方が歌いやすいです。『Winter, again』が低音部分に余裕があるためキー調整はしやすいです(詳細は後述)。

 一方で、この楽曲はサビの一部で急激にキーが上がる場面があり、その辺りでキー調整を難しくしております。最高音hiDを基準にキーを下げると、サビの前半が歌いにくくなります。逆に、hiBを基準にキー調整すると、最高音の部分で高めのキーが求められます。キー調整などは可能ですが、サビでの表現などを考えると、歌い慣れた人向けの作品といえます。



『Get Wild』(TM NETWORK)の音域

 こんにちは。今回はTM NETWORKの『Get Wild』(1987)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。


『Get Wild』(TM NETWORK)
『Get Wild』(TM NETWORK)









【地声最低音】mid2A(A3)  ※AメロとBメロ

★アスファルト タイm2E[ヤ]を切りm2A[つ]けな[がら](Aメロ)

※【補足】も参照

【地声最高音】mid2G(G4)  ※ラストのサビ[転調+1]で1回のみ

★ 傷ついたm2F[ゆ]m2G[め]F{を]F[り]もどすよ

※通常サビではmid2F#が最高音になります。


【補足】mid2D#mid2F#辺りの注意点

m2E[It's your] m2F#[pain] or E[my] F#[pain](Bメロ)
★何も こm2E[わ]くはm2A[な]

m2D#[Get wild] and tough D#[ひ]とりでは(通常サビ)
★解けm2D#[ないあ]m2E[い]D#[の]パズD#[ルを]抱いて

m2E[Get wild] and tough E[ひ]とりでは(ラストの転調[+1]サビ)
★ 解けm2E[ないあ]m2F[[い]E[の]パズE[ルを]抱いて


 まず、TM NETWORK(ティーエムネットワーク)について少し説明します。TM NETWORKは1983年に小室哲哉さんらによって結成された3人組の音楽ユニットです。3人は、元々SPEEDWAY(スピードウェイ)というロックバンドで活動し、メジャーデビューもしていましたが、新たな方向性を模索する形で、TM NETWORKが結成されました。ジャンルとしては、エレクトロニカ、シンセポップ、テクノ、ユーロビートなどに属します。
 TM NETWORKの音楽は、その後の日本のポップスシーンに多大なる影響を与えていきます。とりわけ、ユニットのリーダーであった小室哲哉さんは1990年代にプロデューサーとして、数々のヒット曲を世に送り出していき、デジタルポップシーンだけでなく、アニソン、後世のロックバンドなどにも大きな影響を与えました。CDの総売上枚数は1600万枚を超えております。

__

 さて、『Get Wild』についてです。この楽曲は、1987年にリリースされたTM NETWORK10枚目のシングル作品です。TM NETWORKの代表的な作品の1つとして挙げられることが多いです。
 同曲は、テレビアニメ『シティーハンター』のエンディングテーマとなったことから、知名度が大きく上昇しました。また、アニソンとしても非常に人気の高い作品であり、80年代の作品でありながら、いまだに語られ続ける名曲でもあります。元々、同アニメのED曲としてオファーがあったらしく、イントロなどは『シティーハンター』を強く意識して作られております。

 『Get Wild』は疾走感のあるシンセポップです。図にも示すように、歌メロの音域自体は非常に狭いです。地声最高音自体はそこまで高くないのですが、逆に地声最低音がmid2Aと男性曲としては高いです。手を付けやすい作品だと私は分析しておりますが、同時に意外と持久力が要求されるという側面も持ち合わせております。また、ラストのサビ以外でも転調がされているので、しっかりとした音感が求められます。
 



 さて、『Get Wild』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】mid2G(G4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内であります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2Gについては、ラストのサビで1回だけ登場します。それ以外ではmid2F#がBメロと通常のサビで登場します。この辺りの音階は一般的な男性の音域の範囲内であります。ただ、図にも示すように、音域自体が広くないですので、中高音域が連続して登場する形になります。人によっては、少しキーを下げて歌唱した方が余裕が持てるかもしれません。

 先にも述べましたが、『Get Wild』は音域自体はかなり狭いです。しかし、男性の音域の範囲内でも高めの音が続きます。よって、原曲キーの場合は、意外と持久力が要求される作品であります。ただ、音域が狭い分、キー調整などの融通は非常に利きやすいです。

 『Get Wild』は一部音程が取り辛い場面などもありますが、カラオケの練習曲としては使いやすいです。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。



『証』(flumpool)の音域

 こんにちは。今回はflumpoolの『証』(2011)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『証』(flumpool)、Akashi
『証』(flumpool)









【地声最低音】mid1A#(A#2)  ※Aメロで1回

★上手く歩けm1B[ない] 遠ざかる君B[に](Aメロ)
★君は君のm1B[ゆ]m1A#[めを]B[ぉ]


【地声最高音】hiA(A4)  ※ラストサビ[転調+1]で2回

★溢れだすなm2G[みだ] hiA[ぬ]m2F[ぐう]頃(ラストサビ)

※通常サビではmid2G#が最高音


【裏声最高音】hiC(C5) ※ラストのサビで2回

★笑hiB裏[い合]hiC[え]m2E[た]こと(ラストサビ)
★絆m2E[をむ]hiA裏[ねに]hiB裏[秘め]hiC[ぇ]

※通常のサビではhiBが最高音


【補足】mid2Emid2Gの注意点

★歩みだす勇m2E[気]抱いて(Bメロ)

★君m2F[はもう]m2G[見]えない【ラストサビ[転調+1]】
★想うm2E[言]葉は“ありE[が]ぁとう”
★ぼm2E[く]m2F[も]E[あ]F[る]き出す



 まず、『証』(あかし)についてです。この楽曲は、2011年にロックバンドflumpool(フランプール)によりリリースされたシングル作品です。アルバム『experience』をはじめ、ベストアルバムに収録されております。
 『証』は第78回NHK全国学校音楽コンクール・中学校の部の課題曲として制作された作品であります。NHK主催の合唱コンクールでは、2000年代後半頃から、ポップスのミュージシャンに作曲を依頼することが恒例となっておりアンジェラ・アキさんの『手紙 〜拝啓 十五の君へ〜』いきものがかりの『YELL』などが人気が高い印象です。『証』についても、公開されたMVが1600万回を超えており、人気の高さがうかがえます。

 さて、『証』についてですが、ピアノやストリングスなどが用いられたバラードソングです。歌メロについては、AメロBメロサビといった馴染みやすい形で作られており、ラストのサビで転調してキーが1つ上がります。
 音域的な特徴については、音域自体が広めであり、高音域はやや高めであります。NHKの合唱コンクール課題曲ということですが、オリジナル曲についてはキー調整などはしにくいと思います。難しい曲ではないですが、ビギナー向けとしては使いにくい印象です。



 さて、『証』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A#(A#3)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも少し高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAはラストのサビで2回だけ登場します。同曲はラストのサビで転調します。よって、通常のサビではmid2G#が最高音になります。
 この辺りは、一般的な男性の音域よりも少しだけ高いです。場合によってはキーを少し下げて歌唱してください。目安としては、原曲キーから1~2程度下げるとよいと思います(歌い慣れた人の場合)。

 『証』は音域自体が広めであり、キーの調整はしにくいです。歌い慣れた人向けの調整は何とか可能ですが、ビギナー向けの調整は難しいと私は分析しております。歌い慣れていない人などは別の曲と並行して練習してください。

 『証』は歌メロやリズムなどはそこまで難しいものではなく、歌い慣れた人であれば、比較的手を付けやすいです。Mr.Childrenやback number、スキマスイッチなどが歌える人であれば、原曲キーでもチャレンジしやすいと思います。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー