J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『エメラルド』(back number)の音域

 こんにちは。今回はback numberの『エメラルド』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『エメラルド』(back number)、Emerald(back number)
『エメラルド』(back number)









【地声最低音】mid1E(E3)  

m1E[そ]れでいて深いきE[ずを]残す(Aメロ)
★降り注ぐスパンコールの雨 m1E[よく]目を凝らせば(Bメロ)


【地声最高音】hiA(A4)  ※ラストサビ[転調+1]

★エメm2F[ラ]ルドのシャツのおhiA[く]m2G[で]F[き]らめく
m2G[夢見るぼ]m2F[く]G[の]hiA[せ]G[つ]F[な]さよ
m2F[と]m2G[ど]hiA[めを]F[指し]てよ A[oh] G[oh]

※通常のサビではmid2G#が最高音です。


【裏声最高音】hiB(B4) ※1番Aメロで2回

hiB裏[世界中]m2G#[の灯]ぁりG#裏[が](1番Aメロ)

※1番でしか登場しないフレーズです


【補足】mid2E(一部のみ)hiAの注意点

m2E[撫でるよ]りも丁寧E[に] (Aメロ)
※君のm2F#[6秒か]m2E[ん]のキス 

★僕の愛が吹m2F#[き]m2G#[こ]F#[ぼ]れた(Bメロ)
m2F#[泡だ]F#[ら]m2G#[え]hiA裏[る]G#[ね] G#[アー×2]

m2E[僕に聞こ]えないE[様に](Cメロ) 
★なm2F#[に]F#[つ]m2G#[ぶ]F#[や]いて

★生身m2E[の]m2F[き]E[み]の正体を(ラストサビ)

※のフレーズの後に登場するフェイクは最高音がm2G


 まず、『エメラルド』についてです。この楽曲は、2020年に3人組ロックバンドback numberによりリリースされたデジタルシングル作品です。現在のところ、フィジカルリリースの発表はありません。
 同曲は、東野圭吾さんの小説を原作としたテレビドラマ『危険なビーナス』のために書き下ろされた作品です。

 『エメラルド』はダンサブルなロックナンバーです。四つ打ちのリズムでノリが良いですが、マイナー調であり、どこか憂いや艶っぽさが演出されております。共同編曲として、back number以外に蔦谷好位置さんがアレンジを担当されております。ラストのサビでは転調が行われ、キーが1つ上がりますので、カラオケなどでは注意が必要です。




 さて、『エメラルド』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAはラストのサビで登場します。同曲はラストのサビでキーが#1上がりますので、通常のサビではmid2G#が最高音となります。
 この辺りは一般的な男性の音域よりも少し高めです。場合によっては、キーを少し下げることも選択しても良いと思います。

 『エメラルド』は、back numberとしては比較的狭めのレンジで歌メロが作られております。音域自体は男声としてはやや高めですので、原キーの場合は意外と持久力が要求されるナンバーとも言えます。上述している音域は、mid2Eの部分がかなり省かれております。楽曲全体を通して、mid2E~mid2G#(ラストサビではhiA)あたりが多く登場します。
 『エメラルド』は音域がそこまで広くない分、キーの調整はしやすいです。低音域が少し辛くなるかもしれませんが、歌い慣れていない人向けのキー調整も可能なのではないかと思います。ただ、練習曲としてビギナーに強く薦められる程には歌いやすいわけではないです。もしキー調整しても歌いにくい場合は、別の曲と並行して練習してください。

 『エメラルド』は歌い慣れた人であれば、手を付けやすい作品なのではないか(キー調整込みで)と思います。ノリも良いですので、カラオケなどでも歌いやすいです。興味を持たれた方はチャレンジしてみて下さい。



『X』(X JAPAN)の音域

 こんにちは。今回はX JAPAN[旧バンド名X]の『X』(1989)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。X JAPANについては以前に、『BLUE BLOOD』(過去記事)を取り上げて以来、久々の登場になります。


『X』(X JAPAN)
『X』(X JAPAN)










【地声最低音】mid2C(C3)  ※Bメロ

m2C#[お前は 全]m2C[て]C#[を]失った

※楽曲全体ではm2C#が頻出します


【地声最高音】hiE(E5)  ※曲全体で2回

hiD#[全て]hiC#[脱]hiB[ぎ]C#[捨]hiE[て]C#[ろ](2番・ラストサビ)


【補足】hiBhiD#辺りの注意点

m2G#[さめ]きった 街に 別れをつげ(Aメロ)

★ X かhiC#[んじ]hiB[て]みろ  さC#[けん]B[で]C#[みろ](サビ) 
hiC#[全]hiB[て]脱ぎ捨てろ
hiD#[心]hiC#[も]hiB[や]C#[せ]

hiB[Get Yourself] hiC#[out](Cメロ)
hiC#[Let’s go Crazy!]

※最初のBメロの後に入るフェイクはhiC#です。


 まず、『X』についてです。この楽曲は、1989年にロックバンドX JAPANによりリリースされたアルバム『BLUE BLOOD』に収録されております。タイトルにあるように、バンド名と同じタイトルの楽曲であり、アルバム曲ながらベストアルバムなどにも収録されている人気曲です。1985年にリリースされたインディーズシングルにもバージョン違いが収録されており、Xの初期から存在する楽曲です。

 『X』はアップテンポのスピードメタル曲です。歌メロについては、AメロBメロサビといった形で作られており、その点では馴染みやすい部分もあるかもしれません。

 同曲の音域的な特徴についてですが、図にも示すように非常にキーが高いです。AメロBメロは大体mi2C~mid2G#辺りで歌メロが作られ、サビではhiC#以上の音階が頻出します。音域自体は広くないので、キー調整はしやすいです。ただ、それを考慮してもしっかり歌い慣れておく必要があります(後述)。原曲キーの場合、音域が狭く高音域が密集する分、やはり持久力が求められます
 



 さて、『X』の音域についてですが、【地声最低音】mid2C(C3) ~【地声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid2Cについてです。男声曲としては、地声最低音が極めて高いです。男声曲の中には、まれにm2C辺りを最高音に置くこともあるので、Xの楽曲がいかに高いか分かります。そのため、楽曲全体を通して、持久力が要求されます

 一方、地声最高音hiEは2回目のサビとラストのサビで2回登場します。回数としては少なめですが、この楽曲はここ以外の場面でもhiD#,hiC#等の音が多く登場します。hiC#以上の音階を含んだフレーズは曲全体で20回程度登場するため、非常にしんどいです。
 一般的な男性の場合、キーを下げて歌唱した方が歌いやすいと思います。ただ同曲は、メタルロックということもあり、高音域は少し苦しい位の発声の方が、原曲のニュアンスに近づきやすいです。地声最高音がmid2Gの人が頑張ってhiAくらいを出すような発声の方が、良いのではないかと思います。

 『X』は音域自体はそこまで広くなく、キー調整はしやすいです。ただ、先にも述べましたが、同曲はメタル曲ということもあり、原曲のニュアンスに近づけるためには、高音域を叫ぶように歌唱する必要があります。そのため、キー調整するにしても、ある程度の高音域を破綻せずに歌いこなす必要になります。その点で歌い慣れた人向けの作品といえます。

 『X』はインディーズ自体の作品ということもあり、発声もメタル色が強く、手を付けづらい作品で上級者向けなのではないかと思います。

 X JAPANについては、今後『Rusty Nail』(m2A~hiC)など比較的手を付けやすく、メロディアスな作品を入門曲として取り上げてみても良いかもしれません(入門曲といっても相当難しいです)。



『生きるをする』(マカロニえんぴつ)の音域

こんにちは。今回はマカロニえんぴつの『生きるをする』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『生きるをする』(マカロニえんぴつ)、Ikiru wo Suru(Macaroni Enpitsu)
『生きるをする』(マカロニえんぴつ)









【地声最低音】mid1D#(D#3)  ※AメロとBメロ

★本音がよm1D#[わ]m1D#[に]なっD#[た]な(Aメロ)
★ずっとまだ伝えてない伝えたm1D#[い]D#[と]ば(Bメロ)


【地声最高音】hiB(B4)  ※サビとラストサビ

★(どこへ向かう)m2G#[た]G#[だ]としhiB[て]hiA#[も]ぉ(サビ)
hiA#[どこ]へ向A#[かう旅]だってm2G#[いい] hiB[いい]hiA#[の]さ(ラストサビ)


【補足】mid2F#(一部のみ)hiA#の場面

★僕m2F#[が][を]m2G#[あ][い]hiA#[し]抜くこ[と](サビ)
★くすぶるm2F#[のは]、ちゃんと[燃えた][ら]m2G#[だ]
m2G#[た]m2F#[だ]、目を見開いG#[て][ゆ][を見る]
hiA#[ゆ]m2G#[め]m2F#[を][る]

★居F#{場]所は増m2G#[え]F#[た]りす[る](2番Aメロ)
★まだ手をとりあっm2G#[て](2番サビラスト)

★正義の切れあm2G#[じは]m2G[ど]んなだ (Cメロ前半)

m2F#[勇敢でいたい]F#[立ち向かい]たい(Cメロ後半)
★m2F#[眠ってい]hiA#[た ストー]m2G#[リー]
A#[凄いス]G#[ピー]A#[で覚ましたいや]
★生hiA#[き]m2G#[る][する]


 まず、『生きるをする』についてです。この楽曲は、2020年にロックバンドマカロニえんぴつによりリリースされたシングル作品です。デジタルシングルとしてリリースされました。フィジカルリリースとしては、11月にはEP作品である『愛を知らずに魔法は使えない』の1曲目に同曲が収録される予定であります。同EPはマカロニえんぴつ初のメジャー作品であります。
 『生きるをする』はアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』のために書き下ろされました。同アニメは、1990年代に5000万部のヒットを記録した漫画が原作になっており、当時、漫画を見ていた方には懐かしく感じるかもしれません。
 
 さて、『生きるをする』は疾走感のあるロックナンバーであります。アニメの主題歌ということもあり、冒頭からサビが登場し、AメロBメロサビといった形で歌メロが作られております。一方で、同曲は、Cメロが少し独特な展開をする点が、非常に耳に残ります。




 さて、『生きるをする』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBはサビで1回ずつ、ラストのサビでも1回登場します。また、サビやCメロではhiA#が多く登場します。
 この辺りは一般的な男性の音域よりも高めですので、キーを3つ程度下げた方が歌いやすいと思います。Mr.Children、back numberなどと近い音域であり、目安としては「カラオケは得意だけど、ヒゲダンなどは少し高い」といった人は、この楽曲は合いやすいと思います。

 『生きるをする』は低音部分に余裕があり、キーの調整は可能です。ただ、上述のように、低音部分の登場回数が意外と多いので、見た目ほどの余裕はないと思います。「キー調整は可能だが、歌い慣れた人向けの作品」だと私は判断しました。
 歌い慣れていない人はある程度別の曲で練習した上で、この曲にチャレンジすると良いのではないかと思います。

 『生きるをする』は人気アニメの主題歌であり、マカロニえんぴつのメジャー初の作品でもあります。今後、今以上に注目が集まってくるかもしれません。


管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー