J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

あいみょん

『マシマロ』(あいみょん)の音域

 こんにちは。今回はあいみょんさんの『マシマロ』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。リクエストによる選曲です。


『マシマロ』(あいみょん)、Marshmallow(Aimyon) 
『マシマロ』(あいみょん)










【地声最低音】mid1G(G3)  

m1G[こ]んな幸せ[で]きすぎている(Aメロ) 
★むしろ夢であれよ、とm1G[お]もう


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※曲全体で頻出

★チョコm2G#[レ]m2G[イ]トで汚したい(Aメロ)
★冴えm2G#[ない]m2G[こ]の僕の身体m1G[に]も(Bメロ)
★いざm2G[ゆ]m2G#[け! 愛]G[の]中を!

★心地m2G[よい]m2G#[リ]]G[ズ]ムに乗って(サビ)
くm2G#[び]m2G[す]じからG[つ]よく(Cメロ)

【補足】mid2GhiA#(フェイク)の注意点

★(見たことのない聖地を泳ぐ 泳ぐ) hiA#[Ah] m2G[Ah] Ah(2番サビ終わり)
★すごい速さで分かる 僕ら Ah [Ah]hiA#(Cメロ)

※hiA#はフェイクですので、最高音には含めておりません


 まず、『マシマロ』についてです。この楽曲は、2020年に女性シンガーソングライターのあいみょんさんによりリリースされたアルバム『おいしいパスタがあると聞いて』に収録されております。アルバムの発売に先立ち、MVが公開されました。コラージュが話題のMVになっております。

 『マシマロ』はあいみょんらしいエロ爽やかなバンドナンバーです。編曲は、トオミ ヨウさんによりなされております。演奏時間も3分弱で、カラオケなどでも歌いやすいと思います。
 歌詞内容については男性目線で書かれております。歌メロのキーも男性歌手に近いですが、一般的な男性の音域よりは少し高めです。私なりのイメージとしては、ポルノグラフィティの『アゲハ蝶』(過去記事)などのようなしんどさです。
 女性が歌唱する場合は、原曲キーでも良いですが、少しキーを上げるのも選択肢です。女性の場合は、多くの人が手を付けやすいと思います。




 さて、『マシマロ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。 一般的な女性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#は楽曲全体を通して多く登場します。女性の場合は、比較的歌いやすいレンジですが、人によっては少し低いかもしれません。各々の状況に応じて、キーを調整してください。
 一方、男性の場合は、先にも述べましたように、原曲キーでは意外としんどいです。一般的な男性の場合は、原曲キーから2つ程度下げても良いです。

 『マシマロ』は音域自体は広くなく、キー調整は行いやすいです。歌い慣れていない人向けの調整にも向いており、練習曲としても使いやすいと私は分析しました。お奨めです。

 歌メロやアレンジも明るくカラオケ向きの作品です。一方で、暗喩めいた歌詞が不向きな場面もありますので、その点は留意しておいてください。



『朝陽』(あいみょん)の音域

 こんにちは。今回はあいみょんさんの『朝陽』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『朝陽』(あいみょん)、Asahi(Aimyon)
『朝陽』(あいみょん)









【地声最低音】mid1D#(D#3)  

★ずたずたになってぼろぼろになっm1D#[て](Aメロ)


【地声最高音】hiC(C5)  

hiC[こ]hiA#[ん]m2G#[な]G#[た]ぁしでは(2番サビ・Cメロの後)
★あhiC[な]hiA#[たのこと]が好m2G#[き]だった(Cメロ)

☆あの感触をまだ確かめてたい (ぁhiC[あ]hiA#[あい] )(ラスサビ前)

※☆はフェイクの部分で、歌詞表記されてません


【裏声最高音】hiC(C5) ※サビで登場

★だhiC裏[めね]hiA#[ぇ](2番サビ・Cメロの後)


【補足】mid2G(一部略)hiA#辺りの注意点

hiA#[なんで]m2G[もいいよもうなん]でも(Aメロ)

★愛さm2F[れ]m2G[たい]G[さ]F[れ][み]たい(サビ) 
★愛m2F[れ]m2G[て] m2G#[あ]G[い]F[し][みた]

★欲望hiA#[なら]m2G[ぁ] (どんなときも)(3回目のサビ)
★気持ちが悪い自分を殴りm2G#[た]m2G[い](Cメロ)

★愛hiA#[さ]m2G#[れた]m2G[ぁい]愛されてみたい(ラストサビ)


 まず、『朝陽』(あさひ)についてです。この楽曲は、2020年に女性シンガーソングライターのあいみょんさんによりリリースされました。9月にリリースされるアルバム『おいしいパスタがあると聞いて』に収録される予定です。アルバムの発売に先立ち、あいみょんさんの公式チャンネルでMVが公開されております。

 さて、『朝陽』についてですが、アップテンポのバンドナンバーです。リズム感が重視されたナンバーであり、AメロやCメロが非常に耳に残ります。歌メロはAメロサビCメロといった形で構成されており、Aメロとサビは4回も繰り返されます。それにもかかわらず、演奏時間は3分程度と濃密です。
 アレンジは関口シンゴさんによりなされています。関口さんはあいみょんさんのアルバム曲で大きなかかわりを持っています。
 



 さて、『朝陽』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。大よそ、一般的な女性の音域の範囲内ですが、低音部分が低めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1D#はAメロで登場します。ここはmid1Fなどを伴い、女性としてはかなり低めです。低音域が苦手な女性にはややしんどいかもしれません。ただ、楽曲がアップテンポですので、多少音程がズレても気にせず、次に進むと良いです。

 一方、地声最高音hiCはサビで2番のサビ、Cメロなどで登場します。歌メロが多い作品ですが、登場回数としては4~5回程度です。この辺りは一般的な女性の音域の範囲内ですが、声が低い女性は少し辛いかもしれません。場合によっては、裏声気味に歌唱しても良いと思います。一般的なJ-POPの女性ボーカル曲の高音部分としては取っつきやすい方です。

 『朝陽』は音域自体が広めであり、とりわけ低音方面に広いです。声が高い人がキー上げをするといった調整が一般的なのではないかと思います。高音域はそこまで辛くはないですが、広い音域を歌いこなせる人向けの曲です。歌メロも速く、歌い慣れない人の練習曲としてはやや使いにくいと思います。

 『朝陽』は、高音域が得意な男性は原曲キーでも歌唱できる可能性があると思います。今回の楽曲を分析する中で感じたのですが、あいみょんさんは今後、hiA#~hiC辺りを歌いこなす男性ボーカルとのコラボも増えていくのではないかと私は考えております


『裸の心』(あいみょん)の音域 / ドラマ『私の家政夫ナギサさん』主題歌

(2020/06/17)MVが公開されましたので、添付しました。

 こんにちは。今回はあいみょんさんの『裸の心』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『裸の心』(あいみょん)、Hadaka no Kokoro(Aimyon)
『裸の心』(あいみょん)









【地声最低音】mid1F(F3)  

★いったいこのまま m1F[い]つまで (Aメロ)
★m2F[ひ]m2G#[と]F[り]でいるm1F[つ]もりだろう


【地声最高音】hiC#(C#5)  

★そhiA#[して]hiC[い]hiC#地[ま]C[ぁ]A#[も](サビ前)
★かhiC#地[か]C[え]A#[て]


【裏声最高音】hiD#(D#5) 

★はhiC#[だ]hiD#裏[か]hiC[の]hiA#[こ]ころ(サビ)
★わhiC#地[か]hiD#裏[ら]hiC[な]い [ただ思いを](2番サビ)


【補足】hiA#hiC#辺りの注意点

★この恋が実りますhiA#[よ]hiC[に](サビ)
★すhiC#裏[こ]hiC[し]hiA#[だ]け そう思わhiA#[せて]



 まず、『裸の心』についてです。同曲は、2020年に女性シンガーソングライターのあいみょんさんによりリリースされたシングル作品です。2020年6月現在、最新シングルですのでアルバムなどには収録されておりません。
 『裸の心』はテレビドラマ『私の家政夫ナギサさん』主題歌の主題歌に起用されました。同曲はドラマのために書き下ろされたわけではなく、2017年頃に制作されていたものだそうです。

 『裸の心』はシングル曲としては初のバラード作品となります。作詞作曲はあいみょんさん自身、編曲はトオミヨウさんによりなされています。トオミヨウさんは、あいみょんさんの作品では、『ら、のはなし』『夢追いベンガル』などアルバム曲に携わっておりました。シングル曲では初のアレンジとなります。
 歌メロはAメロがヨナ抜きの音階で作られており、懐かしさを誘います。私なりのイメージですが、あいみょんさんのファン層だけでなく、比較的高い年齢層にも懐かしく響く作品なのではないかと思います。

 『裸の心』の音域的な特徴についてです。一般的な女性の音域をいっぱいに使って歌メロディーが作られております。広めの音域であり、キーの調整などは少し行いづらいです。
 一方で、同曲は、優しいメロディーでフォーキーなバラードでもあります。hiC#等の地声で歌唱されている高音部分を「裏声」で歌唱しても合いやすいと思います。特に、弾き語りなどをする際は、裏声を積極的に使ってもよいです。



 最後に、『裸の心』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3) ~【地声最高音】hiC#(C#5) 、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#は各サビ前、サビの終盤で1回ずつ登場します。この辺りは一般的な女性の音域の範囲内でありますが、声が低い人などはキーを少し下げても良いと思います。また、hiC#の部分を一部「裏声」で歌唱しても合いやすいのではないかと私は考えております。裏声が得意な方は、積極的に意識して良いです。

 『裸の心』は音域自体はやや広めであり、キーの調整は行いにくいです。ある程度歌い慣れた人であれば微調整は可能ですが、歌い慣れていない人向けの調整は行いにくいです。その点は留意しておいてください。
 キー調整や裏声などを駆使しても歌いにくいという方は、別の易しめの曲と並行して練習するのが良いと思います。
 
 『裸の心』は難易度的には滅茶苦茶には難しい曲ではありません。ある程度歌い慣れた人であれば、手を付けやすいと思います。カラオケなどで盛り上がる類の曲ではありませんが、弾き語りなどには合いやすい曲なのではないかと思います。




『怪物さん feat.あいみょん』(平井堅)の音域

 こんにちは。今回は平井堅さんの『怪物さん feat.あいみょん』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。
 なお、当ブログで、平井堅さんの作品を取り上げるのは今回が初めてです(平井堅さんの楽曲はリクエストをいくつか頂いておりますが、まだ記事に出来ておりません)。


『怪物さん feat.あいみょん』(平井堅)、Kaibutsu san feat.Aimyon(Ken Hirai)

『怪物さん feat.あいみょん』(平井堅)










【地声最低音】mid1E(E3)  

m2E[そん]なには賢m1E[くな]れないわ(Aメロ)

※周りにmid1Fなども登場します。低いです


【地声最高音】hiA(A5)  ※サビの部分です

★いっm2G[そ] m2G#[いっ]m2E[そ] hiA[い]E[な]くなE[れ]
m2G[わかってなんて言わな]hiA[いか]G[ら]


【裏声最高音】hiC(C5) ※Aメロで1回ずつ登場

★あなたにふhiC裏[さ]わしいかm2F[なん]m2E[て] 


【補足】mid2E(一部略)mid2G辺りの注意箇所

★私をそこらのm2G[お]m2E[ん]なと(Aメロ)
★おhiA裏[な]E[じ]様にm1G[扱っ]m2F[て]E[よ]

★でm2F[も]F[ん]m2G[と]うは  G[いなく]なれ(サビ)
★いなくなれ m1G[あなたを好きな]
m2E{嫌な] 嫌な 嫌な 嫌な 嫌なわm2F[た]E[し]

m2E[ほ]m2F[ら] m2G[大丈夫?ってたや]F[す]E[く]F[聞]G[く]
★ダm2E[メ]m2F[な]E[わ]たし
☆いなくF[な]m2G[れ] hiA[yeah] G[yeah] F[yeah] yeah

※☆の部分はコーラスになっており、平井さんとあいみょんさんでキーが異なります。


 まず、平井堅さんについて少し説明します。平井堅さんは1995年にデビューした男性シンガーソングライターです。長らくヒットに恵まれませんでしたが、2000年に『楽園 』がヒットを記録。その後、『大きな古時計』、『LIFE is... 〜another story〜』、『思いがかさなるその前に…』、『POP STAR』などがヒットします。中でも人気映画『世界の中心で、愛をさけぶ』の主題歌にもなった『瞳をとじて』は2004年のベストセールスを記録しました。2000年代の日本を代表するシンガーソングライターの一人ではないかと思います。ジャンルとしては、ソウル、R&B、ジャズなどに分類されます。

___

 さて、『怪物さん feat.あいみょん』についてです。この楽曲は、2020年に平井堅さんによりリリースされた配信限定シングルです。新しいシングル曲ですので、アルバムなどには収録されておりません。この楽曲は、タイトルにあるように、女性シンガーソングライターあいみょんさんとのコラボ作品です。ちなみに、あいみょんさんは平井堅さんの作品から影響を受けたことを公言しております。

 『怪物さん』はエレクトロの要素が強いアップテンポのR&B作品です。ボーカルに所々エフェクトがかかっております。歌メロは必ずしもポップではありませんが、中毒性を感じさせるものであり、口ずさみたくなるようなになっております。コラボの相手である、あいみょんさんはこれまでバンド色の強いアレンジが多かったのですが、この作品では彼女の新しい面が見えた気もしました。

 こうしたこともあり、公開されたMVは10日で既に200万回を超えております。今後、もっと注目を集める作品になるかもしれません。作詞作曲は平井堅さん、編曲はトオミヨウさんが行っております。トオミヨウさんはこのブログでも度々話題に上がっており、菅田将暉さんの『まちがいさがし』編曲でも知られています。

 




 さて、『怪物さん feat.あいみょん』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】hiA(A5)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりは少し高く、女性の作品としては少し低いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Eについてです。これはAメロで登場します。ここではmid1Fなども一緒に登場し、女性にとっては低い音階だと思います。相方の男性が高音域が得意な場合、キーを上げても良いかもしれません。

 一方、地声最高音hiAについてです。これはサビで登場します。【m2G[わかってなんて言わな]hiA[いか]G[ら]】の辺りは男性にとっては少し高いかもしれません。裏声が器用に出せる方は、息漏れの少ない裏声を使って歌唱しても良いと思います。
 一般的な男性の音域よりもやや高いですので、キーを少し下げるのも選択肢です。男性がソロで歌唱する場合、キーを下げる余地があります。
 一方、原曲に忠実に女性とのコンビで歌唱する場合はキーを下げるのが難しいかもしれません。女性ソロの場合はキーを上げた方が歌いやすいかもしれません。

 『怪物さん feat.あいみょん』は地声部分はそこまで広い音域ではありません。ただ、この楽曲は男女のコラボ作品でありますので、その辺りで調整が難しいのではないかと思います。男女がそれぞれがソロで歌唱する場合は、キーの調整は行いやすいです。
 一方で、原曲のように男女でデュエットする場合は、キーの調整が難しいです。どちらかといえば男性が高音域歌いこなせた方が合いやすいのではないかと思います。その点は留意しておいてください。

 この作品について、私自身は非常に気に入っており、アレンジも面白いと感じました。平井堅さんやあいみょんさんのパブリックイメージとは少し異なる作品かもしれませんが、広く知られてほしいと考えております。。



【あいみょん提供曲】『猫』(DISH//)の音域と感想【動画添付しました】

(2019/09/14)初投稿
(2020/03/21)動画の添付を行いました

 こんにちは。今回はDISH//(ディッシュ)の『猫』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 なお、今回取り上げる『猫』はアーティストやレコード会社のYouTube公式チャンネルでフル配信されておりません。代わりの動画として、THE FIRST TAKEでの動画を添付いたします。原曲の音源とは異なりますが、ボーカルの表現がフル尺で確認できます。また、あいみょんさんのライブでの動画も添付いたします。


『猫』(DISH//)、Neko


【地声最低音】mid1C(C3)  

m1C[ぼ]くは君を手放してしまった


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※各サビで2回ずつ登場

★猫にhiA#[なっ]m2G#[たん]m2G[だ]G#[よ]G[な]m2F[君]



【補足】mid2Fmid2G#辺りの注意箇所

★君の顔なんてわm2G[す]m2F[れ]てやるさ m2F[馬]鹿(Bメロ)
★馬m2G[鹿]しいだろ、そうだろm2F[~]

★きm2G#[み]m2G[が]m2F[いな]F[なっ]F[日]G[も] (サビ)
★心と体が喧m2F[嘩]して 頼りない僕は寝転んm2F[で]
★君色に染めておm2G[く][~]m2FF[よ](ラストサビ)


※あいみょんさん自身のセルフカバーはmid1D#~hiC#となっています。
『猫』(DISH)









 まず、DISH//(ディッシュ)について少し説明します。DISH//は4人組のダンスロックバンドです。ダンスを踊りながら楽器を演奏するというアイドルグループだそうです(『Wikipedia』より)。アイドルユニットということもあり、楽曲提供を受けることが多いという点が私自身は非常に印象的に残りました。バンドというものは基本的にメンバーが作詞作曲などを行うことが多く、また歌手であっても歌に専念するという人は非常に少なくなった印象です。その中で、DISH//はこれまでもOKAMOTO'Sやヒャダインさん(前山田健一)、シライシ紗トリさん、氣志團などから楽曲提供を受けています。

 バンドでありながら他者の楽曲提供を受けるというのは利点も多いです。一つは楽曲そのものの質の高さです。バンドの演奏力・歌手としての歌唱力と、作詞作曲能力というものは必ずしも両立しません。そうした中で、作詞作曲を専業の作家に委ね、歌唱や演奏を分業させるというのは、上手くハマれば質の高い作品作りになりえます。「バンドや歌手が作詞作曲をしない」というのは必ずしも悪いことではありません。


 さて、『猫』についてです。『猫』は2017年にDISH//によりリリースされたシングル作品『僕たちがやりました』の3曲目に収録されている楽曲です。アルバムなどには収録されておりません。作詞作曲はシンガーソングライターのあいみょんさんが行っております。あいみょんさん自身もライブでセルフカバーしており、シングル『今夜このまま』の中に収録されております。弾き語りです。

 『猫』のサウンドについてです。緩やかなテンポのバンドサウンドです。要所要所でストリングスなどが加えられております。編曲はトオミヨウさんによりなされています。個人的にはやはり作詞作曲(特に歌詞)が非常に印象に残ります。また、2番のBメロでブレイクが入り、演奏が止まるのですが、そこで唯一残るギターの音色が美しいと思いました。
 歌メロディーについてはAメロBメロサビという馴染み深いメロディー構成であります。 メロディーそのものも非常に美しく、上手くプロモーションされれば、もっと多くの人の耳に届く様な楽曲になるのではないかと思いました。ボーカルの北村匠海さんの声質も非常に良いです。

 
 『猫』の歌詞についてです。恋人との別れを歌った歌詞で非常に切ないです。歌詞にもあるように、黄昏感や、気怠さが感じられる世界観です。一方で、「僕」は、忘れてしまいたい「君」が猫のようにしれっと帰ってくるのではないかと願っている点が非常に印象的で、かつ共感を誘います。「猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ」というサビの箇所は、分かりやすい歌詞でありながら、聴き手の心に残るフレーズです。こうしてみると、あいみょんさんは売れるべくして売れたのではないかと私自身は考えてしまします。

 個人的に好きだと思ったフレーズは「心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで」というサビの歌詞です。君がいなくなってしまったことに対する心の行き場の無さがよく表れていると思います。





 さて、最後に『猫』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3) ~【地声最高音】hiA#(A#4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。
 
 まず、この『猫』の地声最高音はhiA#であり、各サビで2回ずつ登場します。この音階は歌い慣れてた男性であっても出ないことがある音階です。その点は留意しておいてください。一般的な男性の場合、原曲のキーから2程度下げると歌いやすくなると思います。キーを2つ下げると、最高音がmid2G#に設定されます。

 一方で、普段歌い慣れていない人はmid2F~mid2Gといった音域を歌いこなせるように歌い慣れてください。この『猫』においても多くの場面で登場します。mid2F,mid2Gといった音階は一般的な男性の音域の範囲内です。

 ただ、『猫』の音域についてですが、やや広めであるため、普段歌い慣れていない人がキーを下げて歌唱するには少しハードルがあるかと思います。キーを下げ過ぎると低音部分が逆にきつくなるかもしれません。つまり、練習曲としてはあまり向かない印象です。低音部分がきつくなる場合は、まず別の曲で歌い慣れた上で、この『猫』にチャレンジすると良いと思います。
 
 ちなみに、女性がこの『猫』を歌唱する場合、あいみょんさんのセルフカバーが参考になると思います。音域としてはmid1D#(D#3)~hiC#(C#5)で歌唱されています。高音部分はともかく、低音部分がかなり低めです。男性の場合と同様に、普段歌い慣れていない人が、キーを下げて練習するのには、あまり向かないかもしれません。ある程度歌い慣れた上で、カラオケなどでチャレンジするのが良いともいます。

 『猫』は2019年9月現在、広く知られた楽曲ではないですが、これから多くの人に知られる可能性のある普遍性のある作品でもあると思います。このブログをきっかけに、この曲を知り、馴染んでもらえば幸いです。




管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー