J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

未分類

『欲望の歌』(ゴールデンボンバー)の音域

こんにちは。今回はゴールデンボンバーの『欲望の歌』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲は、歌詞の一部にセリフの部分があります。そこは音域の調査の対象外とさせていただきます。その点はご了承ください。


『欲望の歌』(ゴールデンボンバー)、Yokubou no Uta(GOLDEN BOMBER)
『欲望の歌』(ゴールデンボンバー)










【地声最低音】mid2A#(A#3)  ※Aメロ

★どうやら僕は中の下のm2A#{よ]うだ(Aメロ)


【地声最高音】hiE(E5)  ※Bメロで登場

★おhiC#[やを恨]hiD#[む]hiE[つ]C#[も]D#[り]E[は]D#[無い]hiC[が]

※曲全体で3回登場


【補足】hiAhiC#の注意点

★実hiA[は]ファンhiA#[で]しかも(Aメロ)
☆お目当ては他のメンhiC[バ]hiC#[ーァァ]

hiC#[面白く]hiB[ねぇ] 想像と違うなぁ (Bメロ)

★こんなm2G#[僕]にhiA[最]G#[高]の歌声と素晴らしい才G#[能を] (サビ)
★そしてとm2G#[な]hiC#[り]hiA[に]G#[最]愛の美しき配偶者G#[を] 

※2つ☆のフレーズは連続しております。


 まず、『欲望の歌』についてです。この楽曲は、2015年に4人組エアーバンド・ゴールデンボンバーによりリリースされたアルバム『ノーミュージック・ノーウェポン』に初収録されております。同アルバムは、インディーズでありながら総合チャートで週間1位を獲得しました。
 『欲望の歌』はMVが制作されており、MALICE MIZER(マリスミゼル)などヴィジュアル系ロックバンドのパロディーになっております。また、同曲のサウンドもV系などをオマージュしたものです。

 『欲望の歌』はアップテンポのシンフォニーメタルです。ボーカルのニュアンスもヴィジュアル系などを想起させます。一方で、歌詞は主人公の劣等感がこれでもかと描かれており、鬼龍院さんっぽさが強く感じられます。2020年初頭に『ヒプノシスマイク』の楽曲として鬼龍院翔さんが提供した『パーティーを止めないで』[伊弉冉一二三(木島隆一)]というものがありますが、どこか対になったような世界観でもあります。

 『欲望の歌』は図にも示すように、キーが高いの曲であります。地声最低音が高めですので、高音域を歌いこなす力と同時に持久力が要求されます。

 ※リクエストの際には、「音域の広い曲」ということで紹介されました。今回はラストサビの前のセリフの部分を調査しておりませんが、セリフ部分まで原曲に忠実に歌唱すると、かなり音域の広い作品になります。



 さて、『欲望の歌』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A#(A#3)~【地声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEについては、Bメロで登場します。曲全体で3回登場します。この場面以外にもhiC#等高めの音が登場しますので、一般的な男性の音域よりも高いです。キーを下げた方が一般的には歌いやすいです。
 一方で、Bメロで登場する高音域の部分は、息漏れの少ない裏声で歌唱しても良いかもしれません。原曲のニュアンスとは少し変化しますが、Bメロを裏声で上手く対応できると、地声最高音がhiA#くらいでも形になりえます。地声最高音hiEなどが出なくても、原キーでチャレンジしてみる価値はあると思います。

 『欲望の歌』は高音域寄りで歌メロが作られており、低音部分に余裕があります。よって、キー調整などは可能です。ただ、視聴してみても実感できると思いますが、かなりアクの強い発声がなされております。そうしたことを考えると、キー調整するにしても歌い慣れた人向けの作品であるといえます。



『LA・LA・LA LOVE SONG』(久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL)の音域

 こんにちは。今回は久保田利伸さんの『LA・LA・LA LOVE SONG』(1996)を取り上げたいと思います。リリース名義としては、久保田利伸 with NAOMI CAMPBELLとなります。よろしくお願いします。


『LA・LA・LA LOVE SONG』(久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL)
『LA・LA・LA LOVE SONG』(久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL)









【地声最低音】mid1D#(D#3)  ※Aメロで登場

★街にm1F#[飛び]m1D#[出]F#[そ]う(Aメロ)


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※サビやCメロで頻出

★まわれm2G#[まわ]m2F#[れ]メリーゴーラウンド(サビ) 
★LA・LA・LA・m2G#[LA]・LA G#[LO]VE G#[SONG]

m2G#[ためい]きのm2F#[ま]G#[え]に(Cメロ) 
★ここにおいm2F#[で]m2G#[よ]


補足】mid2Emid2Gの注意点

★もうけm2E[して止ま]らないように(サビ)

★ドm2E[シャ]m2F#[降り]E[の]午後を待っm2F#[て](Aメロ) 
★傘をm2E[く]m2F#[れ]た君と

★めm2E[ぐ]m2F#[り会]m2G[え]F#[た]E[奇]跡が(Bメロ)


 まず、久保田利伸(くぼたとしのぶ)さんについて少し説明します。久保田利伸さんは1986年にメジャーデビューした男性シンガーソングライターです。ジャンルとしては、R&B、ソウル、ファンクなどにあたります。日本では90年代後半頃から、R&Bが大きく隆盛しますが、それ以前の80年代に大ヒットを生み出した久保田さんはブラックミュージックをパイオニア的な存在でもあります。
 久保田利伸さんの代表的な作品としては、『流星のサドル』、『Missing』、『LOVE RAIN 〜恋の雨〜』などが知られております。『Missing』はダウンロードランキングでもトリプル・プラチナに認定されており、2010年代以降も人気が継続しております。また、今回取り上げる『LA・LA・LA LOVE SONG』もとりわけ知名度が高い1曲でもあります。

____

 さて、『LA・LA・LA LOVE SONG』についてです。この楽曲は、1996年に久保田利伸さんによりリリースされたシングル作品です。同曲は、テレビドラマ『ロングバケーション』の主題歌となりました。同ドラマが爆発的な視聴率を記録したこともあり、久保田利伸さん自身としても初のシングルチャートの首位を記録、年間シングルランキングの3位に輝きました。久保田さんの代表的な楽曲の1つとして知られております。
 
 『LA・LA・LA LOVE SONG』はミディアム~アップテンポのR&B曲です。クレジットにもあるように、イギリスのファッションモデルであるナオミ・キャンベルさんが、デュエットとして参加しております(音域については、久保田さんのみを分析しております)。







 さて、『LA・LA・LA LOVE SONG』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。 一般的な男性の音域より少し高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#についてですが、サビやCメロで多く登場します。歌い慣れた男性であっても、このmid2G#辺りからスムーズに発声できなくなる人が増えていきます。同曲では、それが多く登場するので、場合によってはキーを下げて歌唱するのも選択肢です。

 また、『LA・LA・LA LOVE SONG』は、【街にm1F#[飛び]m1D#[出]F#[そ]う】など最低音を含む3フレーズを除いた全ての場面で、mid2E以上の音階が登場します。そうしたこともあり、中高音域を1曲分歌いこなす持久力も要求されます。

 『LA・LA・LA LOVE SONG』は音域自体はそこまで広くなく、キー調整もしやすいです。歌い慣れていない人向けの調整もある程度は可能なのではないかと思います。
 一方で、久保田利伸さんは歌唱力が評価されている歌手でもあります。よって、同曲もある程度歌い慣れた人がチャレンジした方が原曲の表現に近づきやすいです。メロディーを歌いこなすだけでなく、リズム感やテクニカルな部分においても、学びの多い楽曲なのではないかと思います。



『Get Wild』(TM NETWORK)の音域

 こんにちは。今回はTM NETWORKの『Get Wild』(1987)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。


『Get Wild』(TM NETWORK)
『Get Wild』(TM NETWORK)









【地声最低音】mid2A(A3)  ※AメロとBメロ

★アスファルト タイm2E[ヤ]を切りm2A[つ]けな[がら](Aメロ)

※【補足】も参照

【地声最高音】mid2G(G4)  ※ラストのサビ[転調+1]で1回のみ

★ 傷ついたm2F[ゆ]m2G[め]F{を]F[り]もどすよ

※通常サビではmid2F#が最高音になります。


【補足】mid2D#mid2F#辺りの注意点

m2E[It's your] m2F#[pain] or E[my] F#[pain](Bメロ)
★何も こm2E[わ]くはm2A[な]

m2D#[Get wild] and tough D#[ひ]とりでは(通常サビ)
★解けm2D#[ないあ]m2E[い]D#[の]パズD#[ルを]抱いて

m2E[Get wild] and tough E[ひ]とりでは(ラストの転調[+1]サビ)
★ 解けm2E[ないあ]m2F[[い]E[の]パズE[ルを]抱いて


 まず、TM NETWORK(ティーエムネットワーク)について少し説明します。TM NETWORKは1983年に小室哲哉さんらによって結成された3人組の音楽ユニットです。3人は、元々SPEEDWAY(スピードウェイ)というロックバンドで活動し、メジャーデビューもしていましたが、新たな方向性を模索する形で、TM NETWORKが結成されました。ジャンルとしては、エレクトロニカ、シンセポップ、テクノ、ユーロビートなどに属します。
 TM NETWORKの音楽は、その後の日本のポップスシーンに多大なる影響を与えていきます。とりわけ、ユニットのリーダーであった小室哲哉さんは1990年代にプロデューサーとして、数々のヒット曲を世に送り出していき、デジタルポップシーンだけでなく、アニソン、後世のロックバンドなどにも大きな影響を与えました。CDの総売上枚数は1600万枚を超えております。

__

 さて、『Get Wild』についてです。この楽曲は、1987年にリリースされたTM NETWORK10枚目のシングル作品です。TM NETWORKの代表的な作品の1つとして挙げられることが多いです。
 同曲は、テレビアニメ『シティーハンター』のエンディングテーマとなったことから、知名度が大きく上昇しました。また、アニソンとしても非常に人気の高い作品であり、80年代の作品でありながら、いまだに語られ続ける名曲でもあります。元々、同アニメのED曲としてオファーがあったらしく、イントロなどは『シティーハンター』を強く意識して作られております。

 『Get Wild』は疾走感のあるシンセポップです。図にも示すように、歌メロの音域自体は非常に狭いです。地声最高音自体はそこまで高くないのですが、逆に地声最低音がmid2Aと男性曲としては高いです。手を付けやすい作品だと私は分析しておりますが、同時に意外と持久力が要求されるという側面も持ち合わせております。また、ラストのサビ以外でも転調がされているので、しっかりとした音感が求められます。
 



 さて、『Get Wild』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】mid2G(G4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内であります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2Gについては、ラストのサビで1回だけ登場します。それ以外ではmid2F#がBメロと通常のサビで登場します。この辺りの音階は一般的な男性の音域の範囲内であります。ただ、図にも示すように、音域自体が広くないですので、中高音域が連続して登場する形になります。人によっては、少しキーを下げて歌唱した方が余裕が持てるかもしれません。

 先にも述べましたが、『Get Wild』は音域自体はかなり狭いです。しかし、男性の音域の範囲内でも高めの音が続きます。よって、原曲キーの場合は、意外と持久力が要求される作品であります。ただ、音域が狭い分、キー調整などの融通は非常に利きやすいです。

 『Get Wild』は一部音程が取り辛い場面などもありますが、カラオケの練習曲としては使いやすいです。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。



『証』(flumpool)の音域

 こんにちは。今回はflumpoolの『証』(2011)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『証』(flumpool)、Akashi
『証』(flumpool)









【地声最低音】mid1A#(A#2)  ※Aメロで1回

★上手く歩けm1B[ない] 遠ざかる君B[に](Aメロ)
★君は君のm1B[ゆ]m1A#[めを]B[ぉ]


【地声最高音】hiA(A4)  ※ラストサビ[転調+1]で2回

★溢れだすなm2G[みだ] hiA[ぬ]m2F[ぐう]頃(ラストサビ)

※通常サビではmid2G#が最高音


【裏声最高音】hiC(C5) ※ラストのサビで2回

★笑hiB裏[い合]hiC[え]m2E[た]こと(ラストサビ)
★絆m2E[をむ]hiA裏[ねに]hiB裏[秘め]hiC[ぇ]

※通常のサビではhiBが最高音


【補足】mid2Emid2Gの注意点

★歩みだす勇m2E[気]抱いて(Bメロ)

★君m2F[はもう]m2G[見]えない【ラストサビ[転調+1]】
★想うm2E[言]葉は“ありE[が]ぁとう”
★ぼm2E[く]m2F[も]E[あ]F[る]き出す



 まず、『証』(あかし)についてです。この楽曲は、2011年にロックバンドflumpool(フランプール)によりリリースされたシングル作品です。アルバム『experience』をはじめ、ベストアルバムに収録されております。
 『証』は第78回NHK全国学校音楽コンクール・中学校の部の課題曲として制作された作品であります。NHK主催の合唱コンクールでは、2000年代後半頃から、ポップスのミュージシャンに作曲を依頼することが恒例となっておりアンジェラ・アキさんの『手紙 〜拝啓 十五の君へ〜』いきものがかりの『YELL』などが人気が高い印象です。『証』についても、公開されたMVが1600万回を超えており、人気の高さがうかがえます。

 さて、『証』についてですが、ピアノやストリングスなどが用いられたバラードソングです。歌メロについては、AメロBメロサビといった馴染みやすい形で作られており、ラストのサビで転調してキーが1つ上がります。
 音域的な特徴については、音域自体が広めであり、高音域はやや高めであります。NHKの合唱コンクール課題曲ということですが、オリジナル曲についてはキー調整などはしにくいと思います。難しい曲ではないですが、ビギナー向けとしては使いにくい印象です。



 さて、『証』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A#(A#3)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも少し高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAはラストのサビで2回だけ登場します。同曲はラストのサビで転調します。よって、通常のサビではmid2G#が最高音になります。
 この辺りは、一般的な男性の音域よりも少しだけ高いです。場合によってはキーを少し下げて歌唱してください。目安としては、原曲キーから1~2程度下げるとよいと思います(歌い慣れた人の場合)。

 『証』は音域自体が広めであり、キーの調整はしにくいです。歌い慣れた人向けの調整は何とか可能ですが、ビギナー向けの調整は難しいと私は分析しております。歌い慣れていない人などは別の曲と並行して練習してください。

 『証』は歌メロやリズムなどはそこまで難しいものではなく、歌い慣れた人であれば、比較的手を付けやすいです。Mr.Childrenやback number、スキマスイッチなどが歌える人であれば、原曲キーでもチャレンジしやすいと思います。



『アニー』(ズーカラデル)の音域

 こんにちは。今回はズーカラデルの『アニー』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『アニー』(ズーカラデル)Annie(Zoo Karaderu)
『アニー』(ズーカラデル)









【地声最低音】mid1A(A2)  ※Aメロで登場

★進めスカート  その両足で 悲しみのまm1B[ち]m1A[を]行け(Aメロ)


【地声最高音】hiA(A4)  ※各サビで6回ずつ

★全然 美しhiA[く]m2G[な]m2F#[い]けF#[ど](サビ)
★YOU AND I  m2F#[ど]m2G[ろ]hiA[だ]F#[ら]けの 
★僕m2G[らの]hiA[世]m2F#[界]を歌F#[え] G[何][度も]


【補足】mid2Emid2G辺りの注意点

★涙も乾きはじm2F#[め]m2E[た!](サビ前)

★ねぇ 素晴らm2F#[し]m2G[く]F#[ない]G[ど](サビ)


 まず、ズーカラデルについて少し説明します。ズーカラデルは2015年に北海道で結成された スリーピースバンドです。元々は、フロントマンの吉田崇展(よしだ たかのぶ)さんが弾き語りを主体として活動を行っていたのですが、そこにバンドが加わりました。そうした経緯もあってか、バンド曲でありながら、メロディーと歌詞に非常に魅力があるバンドです。
 ズーカラデルは、2017年にリリースされたミニアルバム『リブ・フォーエバー』が高い評価を得るなどし、その頃から少しずつ知られるようになりました。最近は、2017年にリリースされた楽曲『夢の恋人』がTik Tok経由でヒットする等、音楽ファン以外にも知名度が広がるようになりつつあります。今年9月にはメジャーデビューを果たすなど、今後の活躍が益々期待されるバンドです。

___

 さて、『アニー』についてです。この楽曲は、2017年にズーカラデルによりリリースされたアルバム『リブ・フォーエバー』に収録されております。この楽曲をきっかけに音楽ファンの間でバンドが知られるようになりました。リリース後に公開されたMVは、2020年10月現在、200万回をこえており、『夢の恋人』とともに、人気の高い楽曲の1つであります。

 『アニー』はアップテンポのロックナンバーです。ボーカルの低音域の声のニュアンスは、どことなくくるりの岸田繁さんを思わせ、暖かいです。歌メロが非常に親しみやすく、歌詞も良いので、私自身、カラオケのレパートリーに加えたいと強く感じました。音域については、サビでhiAが複数回登場し、一般的な男性の音域としては高めであります。




 さて、『アニー』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A(A2)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAはサビで頻出します。各サビで6回ずつ登場するので、回数としては多めです。よって、一般的な男性の場合、少しキーを下げた方が歌いやすいです。原曲キーから2つ程度を目安に下げてみてください(歌い慣れた男性向け)。

 『アニー』は親しみやすいメロディーなのですが、音域自体は広めの作品であり、キー調整の余地は少ないです。よって、キー調整としては「歌い慣れた人が自分の声域に合わせて調整する」といった形になるのではないかと思います。
 歌い慣れていない人の場合は、キー調整が難しい作品だと思います。ただ、同曲はサビが非常に心地よいですので、サビを歌いやすいようにキー調整して、Aメロ部分は捨てるというのも選択肢かもしれません。ただ、やはり「1曲を通しての練習曲」には向きにくいという点は留意しておいてください。

 私個人としては、先にも述べましたが、この楽曲は非常に耳に残りました。音域的にも自分には合いやすいですので、レパートリーに加えたいと考えております。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。


管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー