J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

未分類

『Myra』(Tani Yuuki)の音域

 こんにちは。今回はTani Yuukiさんの『Myra』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Myra』(Tani Yuuki)
『Myra』(Tani Yuuki)









【地声最低音】mid1C(C3)  

★君を形作るものは全てあm1C[い][たい]と思っC[たん]【Bメロ】


【地声最高音】mid2G#(G#4)  

m2G#[夢]m2F[な]かへdiver【ラストサビ[+1]】 

※曲全体で2回。裏声でも違和感は少ない


【裏声最高音】hiC(C5) 

hiC裏[しあわ]hiB[せだ]hiA[った]m2G[日]々も【Cメロ】 

※曲全体で1回程度

【補足】mid2EhiAを含むフレーズ一覧

★ねぇ、朝目覚m2E[め]るとね【Aメロ】

★重ね合うはm2F[だの]m2E[温]もりも【Cメロ】
★最初から無hiA裏[かっ]m2E[た]かのように  
★全て嘘に変わるのがm2E[こ]わいの
★押しつぶさm2E[れ]てしまいそう

★愛しm2F[て]るよMyra 腕のF[な]かでMy love【ラストサビ[+1]】
★まだ覚めないm2F[で]m2F#[ぇ][ぇ]ぇぇ

 まず、Tani Yuuki(たにゆうき)さんについて少し説明します。Tani YuukiさんはTikTokやYouTubeなどで活動する男性シンガーソングライターです。2021年1月現在、22歳とまだ若い歌手であり、YouTubeなどでカバー動画なども投稿しております。4人組のオンラインボーカルグループWHITEBOXにも所属しており、アカペラで歌を披露することもあります。
 今回当ブログで取り上げる『Myra』がTik Tokなどで話題となり、広く知られるようになりました。THE FIRST TAKEへの出演も果たしております。2020年には新曲『Life is beautiful』がリリースされました(私自身はこちらも非常に良い曲と思いました)。今後の活躍が益々注目される歌手の1人であります。

___

 さて、『Myra』(マイラ)についてです。この楽曲は、2020年に男性シンガーソングライターのTani Yuukiさんによりリリースされた配信曲です。同曲はTik Tokなどで話題を呼び、LINEミュージックやSpotifyなどストリーミングチャートで上位を記録しました。YouTubeで公開された歌唱動画も2000万回を記録しております(2021年1月現在)

 『Myra』の音域的な特徴についてですが、おおよそ男性の音域の範囲内で歌メロが作られております。理想としては、図にも示すように地声でmid2G#辺りまで歌えるのが良いのですが、場合によっては地声mid2F#辺りまででも形になりやすいです。Tik Tokなどで話題になる楽曲の特徴でもありますが、最近のヒット曲の中では比較的手を付けやすいと思いました。

 ※一緒に添付してあるホームテイクでのライブ動画は、ラストのサビでアレンジも加えられており、音域がmid1C~hiA#(裏声hiC)となっております。そのため、少し難易度が上がっております。ただ、発声が聞き取りやすく、歌の練習には参考になりやすいです。






 さて、『Myra』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内(もしくは少し高め)といったところです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はラストのサビで2回登場します。同曲は、ラストのサビで転調し、キーが1つ上がります。よって、通常のサビではmid2Gが最高音となります。
 この辺りは、一般的な男性の音域の範囲内といえますが、人によってはスムーズな発声がしにくくなるかもしれません。場合によっては、mid2G辺りから裏声で歌唱してもよいと思います。また、少しキーを下げるのも良いです。

 『Myra』は音域自体が広めであるため、キー調整の余地は少ないです。もしキー調整をしても難しいと感じた場合は、別の曲と並行して練習を重ねてください。

 原曲キーの難易度としては、比較的手を付けやすい部類にあたると思います。ゆったりとしたテンポの優しいナンバーですので、裏声などを多用しても合いやすいです。
 ライブでの歌唱は、テクニカルな発声が聞き取りやすくなっており表現の練習などに使いやすいと私は分析しました。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。



『雨傘』(TOKIO)の音域

 こんにちは。今回はTOKIOの『雨傘』(2008)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。TOKIOについては、当ブログでは『ひかりのまち』を取り上げて以来、2回目の登場になります。


『雨傘』(TOKIO)、Amagasa(TOKIO)
『雨傘』(TOKIO)









【地声最低音】mid2A(A3)  

★(暗く翳っている)とm2A[き]はいm2F[つ] も【Bメロ】


【地声最高音】hiA#(A#4)  

hiA#[お]hiA[もい]起こm2G[せ]m2F[い]のち 自分の道F[具]【サビ】
★(持て余す位なら)濡m2F[れ]hiA#[て帰]F[れ]A#[よ]

※サビで多く登場します

【裏声最高音】hiA#(A#4) 

hiA#裏[お]hiA[もい]出せG[ぬ]m2F[ほ]どの【ラストサビ】

※ラストサビの頭で登場


【補足】mid2FhiAを含むフレーズ一覧

m2F[待]って 鼻を利かせなよ 【Aメロ】 
m2F[か]さくらいたF[ず]さえて行け

★お前のm2F[瞳]が暗くm2G[か]hiA裏[げっ]G[て]いる【Bメロ】 
★気圧m2G[の]hiA地[せい]G[に]して

★(酷い騒音に)言葉うm2F[しな]m2G[え]【2番Aメロ】


 まず、『雨傘』(あまがさ)についてです。この楽曲は、2008年にジャニーズ所属の5人組ロックバンドTOKIOによりリリースされたシングル作品です。アルバム『17』をはじめ、ベストアルバムにも収録されております。
 同曲は、ドラム担当である松岡昌宏さんが出演するドラマ『ヤスコとケンジ』の主題歌となりました。ドラマを視聴していた方には非常に思い出深い楽曲なのではないかと思います。

 『雨傘』はアップテンポのロックナンバーです。作詞作曲を椎名林檎さん、編曲を東京事変が担当しております。また、椎名さん自身も自身のセルフカバーアルバムで、この『雨傘』をカバーしております。
 『雨傘』の音域的な特徴についてです。音域自体はそこまで広くないですが、男性としては高めのキーです。全体として高めの音が多く登場し、高音域を歌いこなす能力とともに、持久力が要求されます。TOKIOの他の楽曲と比べてもキーが少し高めだと思います。

 ちなみに、椎名林檎さん自身がセルフカバーされているバージョンは英語詞で曲が書かれております。
 林檎バージョンの音域については、m2C#~hiEで歌メロが構成されておりTOKIOのバージョンよりも4つ上のキーになります(#4)。林檎さんバージョンは通常だとhiDが最高音になるのですが、ラストのサビメロが一部強調されているため、2回hiEが登場します。
 林檎バージョンは英語詞とラストのサビの分、TOKIOよりも少し難易度が上がりますので、女性の方などは注意してください。




 最後に『雨傘』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#はサビを中心に登場します。回数としても多めになります。また、hiAも登場しますので、男性としては高めです。一般的な男性の場合は、キーを2~3つ程度下げた方が歌いやすいと思います。
 ちなみに、ボーカルの長瀬智也さんの身長(180cm超)を考慮すると、この辺りのキーはかなり大変なキーなのではないかと思います。

 『雨傘』は音域自体はそこまで広くなく、キー調整はしやすいです。大きなキー調整に抵抗がなければ、普段歌い慣れていない人向けの調整も可能だと思います。「歌い慣れるための練習したい」といった場合は、音域が狭い分使いやすいと思います。
 ただ、ボーカルのニュアンスなどしっかり表現したい場合は、自分が使える音域のギリギリ上を上手くコントロールしながら歌う必要があります。その分、難易度は上がります。その辺は留意しておいてください。

 ちなみに、同曲を原曲キーで歌う場合は、①音域が狭い、②キーは高めという特徴を備えているため、持久力が求められます。サビも高めの音が連発されますので、アイドルの曲としてはハードルが高い印象です。TOKIOは前回取り上げた『ひかりのまち』もややアクが強いナンバーでした。今後、TOKIOの歌いやすい作品について取り上げてもよいかもしれません。



『ダンスの理由』(平手友梨奈)の音域

こんにちは。今回は平手友梨奈さんの『ダンスの理由』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『ダンスの理由』(平手友梨奈)、Dance no Riyuu(Yurina Hirate)
『ダンスの理由』(平手友梨奈)









【地声最低音】mid1D#(D#3)  

★夢のようなm1F[ターン]m1D#[決め]F[よう]【サビ】
★誰もいなm1F[かったか]m1D#[ら]【2番サビ終了後】 
m1F[仕方なく踊るしかなかったん]m1D#[だ]

※☆の部分は少し自信が無いです

【地声最高音】hiC#(C#5)  

★私が踊り続けhiC#[れ]hiB[ば] 世界が許すと言うの[な]B[ら]【ラストサビ[+1]】 
★いつまでだって hiC#[Ke]ep going yeah
★何度だっておhiB[どる]hiC#[よ]

※通常のサビではhiCが最高音になります。

【補足】mid2G#hiCを含むフレーズ一覧(通常のサビは除く)

★とおい場所から希望は見えているのm2G#[か?]【Aメロ】

★何も 何も 何もm2G#[ない]【2番サビ前】
★アンhiC[ダー]hiA#[ス]C[タンド]


 まず、平手友梨奈(ひらてゆりな)さんについて少し説明します。平手友梨奈さんは女性アイドルグループ欅坂46(現・櫻坂46)の2016年から2020年初旬まで活動しました。『サイレントマジョリティー』が大きな話題を呼ぶなど、グループでは絶対的エースとして活躍されておりました。2020年末ごろから、ソロとして歌手活動を開始、今回取り上げる『ダンスの理由』が配信限定のシングルとしてリリースされました。
 グループでは中心的な活躍をされたアイドルですが、ソロとしても益々の活躍が期待されます。平手さんは女優としても活躍されておりますので、今後は自身の主演するドラマなどで主題歌を担当することもあるかもしれません。近年は俳優の方が主題歌を一緒に担当し、それに伴るヒットも多くなっております。
___

 さて、『ダンスの理由』についてです。この楽曲は、2020年に女性歌手の平手友梨奈さんによりリリースされたシングル作品です。作詞を秋元康さん、作曲を平手さん、辻村有記さん、伊藤賢さんが担当しております。アレンジは辻村さんと伊藤さんが担当しております。辻村有記さんについては
、当ブログで取り上げた三浦春馬さんの『Night Diver』(過去記事)について、作詞作曲アレンジを担当しております。

 『ダンスの理由』はエスニックなアレンジのポップナンバーです。歌メロについては低音域が強調されており、女性としてはややしんどいです。私なりのイメージですが、高音域が得意な男性は比較的合いやすいかもしれません。ラストのサビでは転調が行われ、キーが1つ上がります(#1)


 さて、『ダンスの理由』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域と比べて、低音域がややきつめです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1D#はサビ等で登場します。低音域は少し音程がズレてもミスが目立ちにくいのですが、苦手な方は少しキーを上げても良いかもしれません。女性曲としては低音部がかなり低めになります。

 一方、地声最高音hiC#はラストのサビで登場します。回数は4回程度で多くはありません。同曲はラストのサビで転調しますので、通常のサビではhiCが最高音となります。ポップスの女性曲としてはそこまで高くなく、一般的な女性であれば、努力すれば届く可能性が高いです。ただ、高音域が苦手な女性は少し歌いにくいかもしれません。

 『ダンスの理由』は音域自体が広めであり、特に低音域が低いです。よって、キーを下げるのはかなり難しいです。高音域が得意な女性がキーを上げて調整するといった形が多くなるのではないかと思います。普段歌い慣れていない人向けのキー調整は難しいです。
 『ダンスの理由』は難易度が滅茶苦茶に高いというわけではないですが、キー調整の融通が利きにくく、練習曲としても使いにくいといえます。主にサビ前まではmid2G#辺りまでが登場し、サビ以降はhiC辺りまで登場します。サビとメロでメリハリが効いております。サビは低音と高音を上手く使いこなすことが求められます。アイドルの曲としてはやや手を付けにくい印象です。

 私自身はまだあまり歌えてないのですが、もしかしたら高音域が得意な男性には意外と合いやすいかもしれません。ヒゲダンなどが歌いこなせる男性はチャンスがあるかもです。女性のみならず、男性も含め、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。



『悲しみの果て』(エレファントカシマシ)の音域

 こんにちは。今回はエレファントカシマシの『悲しみの果て』(1996)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。
 エレカシや宮本浩次さんのソロ曲にはリクエストが集まっているのですが、リクエスト曲の前に同曲を取り上げておきたいと考え、今回自選曲にしました。


『悲しみの果て』(エレファントカシマシ)、Kanashimi no Hate(ELEPHANT KASHIMASHI)
『悲しみの果て』(エレファントカシマシ)









【地声最低音】mid1D#(D#3)  

★浮かんでm1D#[消]えるだろう【サビ】
★笑っm1D#[ち]まうんだろう オーイェD#[エ]【2番サビ】


【地声最高音】hiA#(A#4)  

★見たhiA#[こ]m2G#{と]m2G[も]A#[ない][ぃ]【サビ】

※曲全体で4場面、フェイク含めると5場面(回数としては6回です。フェイクを入れると7回)


【補足】mid2Emid2G#を含むフレーズ一覧

★悲しみの果てに 何があるかm2E[なん]m2G[て]【サビ】
m2G#[ただ あ]m2G[な]m2F[た]のかF[おが][ぁ] 

m2E[部屋をか]m2F#[ざ]m2G#[ろう]【Aメロ】 
m2G#[花を飾]m2G[っ]m2F[て]G[れ]F[よ]

※楽曲の後半に出てくるフェイクはmid2G#,hiA#等です。


 まず、『悲しみの果て』についてです。この楽曲は、1996年にロックバンド・エレファントカシマシによりリリースされたシングル作品です。同年にリリースされたアルバム『ココロに花を』に収録され、ベストアルバムなどにも収録されました。長らく、ヒットに恵まれなかったエレカシですが、この『悲しみの果て』辺りからバンドの知名度が上昇し始めます。エレファントカシマシの代表的な楽曲の1つとして挙げられると思います。

 『悲しみの果て』は演奏時間が2分半程度のロックナンバーです。シングル曲としては極めて短く、楽曲の構成もAサビ、Aメロ、Bサビといった形で作られており、非常に分かりやすいです。ロックナンバーということもあり、ボーカルは力強く歌唱されており、その辺りはカラオケなどで難しい点かもしれません。



 さて、『悲しみの果て』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#はサビで登場します。曲全体で2回程度です。回数としては少ないのですが、mid2G#等も多く登場し、またボーカルがかなり力強いです。高音域をしっかりコントロールすることが求められます。
 一般的な男性よりも高めですので、キーを少し下げた方が歌いやすいです。原曲キーから2~3つ程度を目安に下げてみてください。

 『悲しみの果て』は図で示すよりも低音に余裕があるため、キー調整もしやすいです。歌い慣れた人であれば、ある程度歌いやすいキーが見つかるのではないかと思います。一方で、歌い慣れていない人の場合は、少し難しい部分が出てくるかもしれません。歌メロ自体は、シンプルであるため、覚えやすいです。

 『悲しみの果て』は、原曲キーで歌唱する場合、楽曲全体を通してmid2G以上の高めの音階が多く登場します。また、ボーカルもパワフルであるため、持久力が要求されます。地声最高音がhiA#位の人であっても、意外と体力が削られる印象です。その辺りは留意しておいてください。

 同曲は、演奏時間が2分半程度のロックナンバーでもあり、カラオケなどでも選曲しやすいと思います。簡単な楽曲では無いですが、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。



『Fire Arrow』(milet)の音域

 こんにちは。今回はmiletさんの『Fire Arrow』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。当ブログでmiletさんについて取り上げえるのは、us(過去記事)以来2回目です。


『Fire Arrow』(milet)
『Fire Arrow』(milet)









【地声最低音】mid1D#(D#3)  
m1F[Let’s start] m1D#[the] F[game], come on【サビ】
m1F[Fight on] m1D#[the] F[ground ]we made F[with fire arrow]

※☆の方のmid1D#は少し曖昧です。


【地声最高音】mid2F(F4)  

★Oh m2D#[I] m2F[see] [you], [flying fi][re] [a]rrow【サビ】


【補足】mid1Fを含むフレーズ一覧

m1F[Now I hear the] sound 砕けF[る]【Aメロ】
m1F[でも] yeah [we’re] all [a]lone F[だ]F[らし]がみつく
★Can you m1F[see?] Can you [say?]  【Bメロ】

★ arrow a[rrow]【サビ】
m1F[Just place your cards] face down

m1F[I hear the] sound It’s coming coming【Cメロ】


 まず、『Fire Arrow』(ファイアー・アロー)についてです。この楽曲は、2019年に女性歌手のmilet(ミレイ)さんによりリリースされたEP作品『us』に初収録されました。アルバムとしては、2020年にリリースされたフルアルバム『eyes』に収録されております。
 同曲は、シングル曲ではありませんが、MVが制作されており、再生回数は100万回超を記録しております。

 『Fire Arrow』はダークな雰囲気が特徴的なスローナンバーです。作詞作曲についてはmiletさんの他に、岡嶋かな多さん、Ryosuke "Dr.R" Sakai(サカイ・リョウスケ)さんによりなされております。どちらも多くのアーティストに楽曲提供、アレンジを行っております。岡嶋かな多さんについては、当ブログでは、以前に家入レオさんの『未完成』(過去記事)を取り上げました。サカイ・リョウスケさんは元歯科医からプロデューサーに転身した異色の経歴を持っており、日本のみならずオーストラリアなどでも活躍しております。

 『Fire Arrow』の音域的な特徴についてです。楽曲のダークなイメージとマッチするような低音域が活きた歌唱となっております。図にも示すように、女性キーとしてはかなり低めのレンジで歌メロが作られております。女性が低音域を練習するのに良い楽曲だと思いますし、また男性でも歌唱することは可能だと思います。miletさんのボーカルのニュアンスなども真似してみると良いかもしれません。



 さて、『Fire Arrow』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】mid2F(F4)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも低いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1D#はサビで登場します。低音が苦手な方はmid1Fで代用しても良いかもしれません。同曲は、女声としては低めのmid1Fが頻出します。低音域を練習するには非常に良い曲なのではないかと思います。

 一方、地声最高音mid2Fはサビで登場します。登場回数としてはそこまで多くなく、男性でも歌唱可能だと思います。よって、歌メロを歌うだけであれば、そこまで難易度は高くないと思います。
 ただ、実際に楽曲を聴いてみると分かりますが、エッジがかったmiletさんのボーカルがかなり独特な雰囲気を作り出しております。そうしたmiletさんの歌い方も踏まえた上で練習に励むと表現の幅が広がるのではないかと思います。

 『Fire Arrow』は音域自体も広くなく、キー調整はしやすいです。低音域が苦手な女性はキーを上げて歌唱しても良いと思います。

 『Fire Arrow』は低音が活きたナンバーになっております。最近は女性でも低めのキーを使いこなす人が増えております。低音を練習したい人など、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。私自身は、miletさんの作品でも非常に耳に残った1曲でした。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー