J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

ヨルシカ

『夜明けと蛍』(n-bunaセルフカバー)の音域

 こんにちは。今回はn-bunaさんの『夜明けと蛍』(2014)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、n-buna(ナブナ)さんのセルフカバーバージョンの音源については、私自身が確認できたのがYouTubeでの公式アップロードのみでした。また、カラオケでの配信は初音ミクバージョン[最低音m1F#~最高音hiG#]と歌い手のカバーのみで、n-bunaさんのセルフカバーバージョンについては確認できませんでした。ご了承ください。


『夜明けと蛍』(n-bunaセルフカバー)、Yoake to Hotaru
『夜明けと蛍』(n-buna)









【地声最低音】mid1A(A3)  ※Cメロで登場

m1A#[あ]わい月にA#[見と]A#[て]しまうかA#[ら](Aメロ) 
m1A[み]m1A#[ず]に映る花を(花を)見てA#[いた] (Cメロ)

※m1Aはあまりこだわらなくてよいです。m1A#でも違和感は少ない


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※ラストの転調サビ[+1]

★(朝が来ないままで)m2G#[い]m2F#[き]F#[出来]たなら

※通常サビではmid2Gが最高音


【裏声最高音】hiB(B4) ラストの転調サビ[+1]

★朝が来m2F#{ない]hiB[ま]F#[で](ラストサビ)

※通常サビではhiA#が最高音


【補足】mid2Emid2G#を含むフレーズ一覧

★遠m2F#{い]m2E[と]E[い]E[つ]の向こうへ(ラストサビ[転調+1])
★ 淡m2F#[い]m2E[あ]E[焼]F#[の]夜空
★あぁ藍m2G#裏[の]m2F#[色] 夜明けと蛍


 まず、『夜明けと蛍』についてです。同曲は、2014年に、ボカロPで、ヨルシカの詞曲編曲・ギターを担当するn-buna(ナブナ)さんにより制作されました。VOCALOID3専用歌声ライブラリ「IA」(イア)のリジナル・コンピレーション・アルバム『IA THE WORLD ~心~』に収録されております。その後、2015年にリリースされたアルバム『花と水飴、最終電車』に初音ミクバージョンが収録されました。

 先にも述べましたように、n-bunaさんがセルフカバーされた『夜明けと蛍』については、現在音源がYouTubeで公開されたアコースティックバージョン以外は確認できません。原曲はバンドアレンジになっておりましたが、ナブナさんのセルフカバーバージョンは、アコースティックギターを使ったクリーンなアレンジになっております。
 『夜明けと蛍』のセルフカバーバージョンの再生回数は1600万回を超えており、人気も非常に高いです。今後、何かしらの形でリリースされるのではないかと私自身は推測しております。カラオケで歌う際は、初音ミクバージョン【m1F#~hiG#】からキーを3つ上げると、ナブナさんと同じキーになります(厳密には1オクターブ下のキーです)。






 さて、『夜明けと蛍』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A(A3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はラストのサビで2回程度登場します。同曲はラストのサビで転調し、キーが上がります。そのため、通常のサビでは、mid2Gが最高音になります。
 私なりのイメージですが、このmid2G#は裏声気味でも良いかもしれません(地声で出せるに越したことはない)。目安として、mid2F~mid2F#辺りが上手く発声出来ると形になりやすいです。キーが高いと感じられた方は少しキーを下げても良いと思います。

 『夜明けと蛍』は音域自体は広めであり、キー下げの余地は少ないです。歌いなれていない人や、低音域が苦手な人は、低音域がややしんどいかもしれません。難曲ではないですが、ビギナーの練習曲として向いているものは他にもあると思います。

 今回、n-bunaさんのボーカルを初めて拝聴したのですが、とりわけ高音域が非常に温かみのある声質だと感じました。スピッツの草野マサムネさんや、若手のバンドANTENAの渡辺諒さんなどが想起させられました。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。



『風を食む』(ヨルシカ)の音域

 こんにちは。今回はヨルシカの『風を食む』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。
 なお、今回は、地声最高音が自信がありません。地声と裏声の境目が大よそhiA#辺りにあるようです。地声最高音は大よその目安と考えて頂ければ幸いです。その点はご了承ください。


『風を食む』(ヨルシカ)、Kaze wo Hamu(Yorushika)
『風を食む』(ヨルシカ)









【地声最低音】mid2A#(A#3)  

【補足】を参照


【地声最高音】hiA#(A#4)  

hiA#地[タイムカー]ドを押して(Aメロ)

※あくまで目安と考えて下さい。


【裏声最高音】hiD#(D#5) ※サビで登場

★口をhiD#裏[開]hiD[け]hiC[て]風をC[食(は)]む


【補足】mid2GhiA#の注意点

★明日はきっとm2A#{天]m2G[気で](Aメロ)
★悪いことなんm2G[て]ないね
★僕は朝、目をm2G[ひ]らいた

★あm2G[な]たさえ m2A#[あな]m2G[た]さえ(サビ) 
★これはhiA#裏[きっとわから]m2G[な]いんだ
★はにm2G[か]む顔が散らG[つ]く 
★さhiA#[くらの散りぬ]m2G[る]hiC裏[を]
m2G[な]がむ 今、かhiA#[ぜを]hiC[食]A#[む]

★二hiA#[割引のここ]hiC[ろ]A#{は] (2番Aメロ)


 まず、『風を食む』についてです。この楽曲は、2020年に2人組音楽ユニット・ヨルシカによりリリースされたシングル作品です。配信限定にシングルになります。最新作ということもあり、フィジカルリリースは今のところ無く、アルバムにも未収録になります。
 『風を食む』はTBS系のニュース番組NEWS23のエンディングテーマ曲としてタイアップが付きました。作詞作曲を手掛けたn-bunaさんは「消費社会」をテーマに制作したそうです。

 『風を食む』は全体としてゆったりとした落ち着いた楽曲です。「消費することに疲れてしまった心を最後に優しく包むような曲を書きたい」との思いでアレンジされたそうです。そうしたこともあり、歌メロなどはドラマティックな展開があるわけではないですが、全体として温かみを感じる楽曲です。

 歌メロについてです。先にも述べたように、「優しく包むような曲」ということもあり、ボーカルのsuis(スイ)さんの発声も非常に柔らかです。こうしたこともあってか、地声と裏声の区別が極めて難しく感じました。同曲を歌唱する際は、高音部分で刺々しくならないように、柔らかに歌うように意識すると良いと思います。hiA#等を地声で出すと刺々しくなる場合、裏声で歌唱しても良いと思います



 さて、『風を食む』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A#(A#3)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#は判別が非常に難儀しました。ここは大よその目安と考えてください。みなさんが歌唱される場合、「柔らかく発声する」ということを意識されると良いのではないかと思います。その中で、例えばhiA#辺りが刺々しくなる場合は、裏声でもよいのではないかと思います。また、キーを下げて対応するのも良いと思います。
 
 『風を食む』は音域自体は高音寄りになっております。よって、キーを下げて歌唱することも可能です。歌い慣れていない人が合いやすいキーに合わせて歌唱することにも向いていると思います。歌唱をする際は、先にも述べたように、「柔らかさや優しさ」を意識すると良いです。
 
 『風を食む』はカラオケで盛り上がるといった類の作品ではないと思いますが、難易度自体はそこまで高くなく、ヨルシカ作品でも手を付けやすいと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

 ちなみに、音域的には声の高い男性などもチャレンジしやすいのですが、原キーだと柔らかく歌うのが難しいのではないかと私は分析します。男性の場合は、声の高い人でもキーを下げた方が合いやすいのではないかと思います。



『盗作』(ヨルシカ)の音域

 こんにちは。今回はヨルシカの『盗作』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。自選曲です。


『盗作』(ヨルシカ)、Tousaku(Yorushika)
『盗作』(ヨルシカ)









【地声最低音】mid1G#(G#3)  

m1G#[お]とを聞くことは気持ちが良い(Aメロ)
m1G#[ま]え置きはいいから話そう。G#[あ]る時、思い付いたんだ。
m1G#[あ]いつも馬鹿だ。[こ]いつも馬鹿だ。(2番Aメロ)


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※曲全体で1回

m2G#[ずっ]G#[足りないものがわから]hiC#地[な]hiA#[い](ラストサビ)


【裏声最高音】hiD#(D#5) ※曲全体で1回

hiC#[夜は本当に綺麗だ]hiD#[ろう]hiC[か]C#[ら](Cメロ)



【補足】mid2G#hiC#の注意点

m2G#[嗚呼、ま]G#[足り]hiA#[ない]。 (サビ)
m2G#[何]G#[とつも満たさ]hiA#[れ]ない。

★名作をぬhiC#裏[すん]hiC[だ]hiA#[も][だ]からさぁ!(2番Aメロ)

hiA#[そう]m2G#[だ。] A#[何一つもなくなっ]G#[て](Cメロ)


 まず、『盗作』についてです。この楽曲は、2020年7月に2人組音楽ユニット・ヨルシカによりリリースされる予定のアルバム『盗作』に収録されております。表題曲になります。本作は、「音を盗むこと」を一つのテーマとしてアルバム曲が製作されており、『盗作』もそれに沿った内容になっております。

 『盗作』はミディアムテンポのバンドナンバーです。リードギターが非常に心地よいです。 歌メロについては、AメロサビCメロといった形で作れられております。
 
 『盗作』の音域的な特徴についてですが、 女性ボーカルの曲としては、高音域の歌メロが比較的低めに作られております。一部、裏声のhiD#、地声のhiC#も登場しますが、回数としては少なめです。私なりのイメージですが、ヨルシカの作品は歌い慣れていない人にも薦めやすいものが多いです(キー調整が必要な作品もあります)。 




 さて、『盗作』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。おおよそ、一般的な女性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#については、ラストのサビで1回登場します。ラストの盛り上がりの部分ですので、できれば地声で発声することを目標としたいです。声が低い人や、歌い慣れない人は裏声でもよいと思います。

 さて、ボーカルのsuis(スイ)さんについてですが、裏声が奇麗であり、地声と裏声の区別が付きにくい場面もあります。裏声で歌唱する際は、そうした視点も一つの目標としてもよいと思います。「息漏れの少ない裏声」で歌唱されております。

 『盗作』は低音部分に少し余裕があり、キー調整は可能です。高音域が歌いにくい人などは、少しだけキーを下げてもよいと思います。ただ、キーを下げすぎると、低音部分が歌いにくくなる可能性もあります。ヨルシカの他の作品には、もっと音域が狭いものもありますので、興味を持たれた方は、他の曲も探してみるとよいかもしれません。



『思想犯』(ヨルシカ)の音域

こんにちは。今回はヨルシカの『思想犯』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。自選曲です。


『思想犯』(ヨルシカ)、Shisouhan(Yorushika)

『思想犯』(ヨルシカ)










【地声最低音】mid1D(D3)  ※Aメロで複数回登場します

m1D[人]m1E[をの]ろうのが心地良い

※Bメロ、サビはmid1Fが登場し、女性曲としては低めの音階が多い
※同曲は、ラスサビ前でもAメロが登場します。


【地声最高音】hiC(C5)  ※サビの直前(曲全体で2回)

★君だってわhiC[かる]hiA[だ]m2G[ろ](サビ前)


【裏声最高音】hiD(D5) ※サビメロで登場します

hiD裏[つ]hiC[ま]hiA[さ]C[き]立つ、くA[も]が焼ける


【補足】mid2GhiC辺りの注意点

hiA[カ]m2G[ラ]スのう[た]G[あ]A[か]hiC裏[ね] (サビ)
★この孤独も今 おhiA[と]hiC裏[に]A[わ]

※Bメロ・サビの低音部分

★何かの\かm1F[み]F[や]ぶくこと(Bメロ)
★さよならが口をm1F[す]F[る](サビ)



 まず、『思想犯』についてです。この楽曲は、2020年にヨルシカによりリリースされました。アルバム『盗作』に収録される予定です。アルバムのリリースに先立ち、MVが公開されております。

 『思想犯』は女性の音域としては、低めに歌メロが作られております。とりわけAメロが非常に低いです。女性曲というよりは、声の高い男性向けの曲とも言えるかもしれません。女性の場合、少しキーを上げるのも良いかもしれません。逆に、「キー下げ」には向きにくい曲です。

 『思想犯』は「音を盗む泥棒」をテーマとして書かれているようです。これは「商売としての音楽」を『春ひさぎ』(過去記事)とも関連するテーマです。公式チャンネルの解説文には「尾崎放哉の俳句と晩年のオマージュだが、それは同時に盗用とも言える」と書かれています。

 この「音を盗む」ということに関連して、私自身が面白いと感じたのは、この『思想犯』はサビがヨナ抜きの音階(メジャーペンタトニックスケール)で作られている点です。ヨナ抜きのメロディーはピアノの黒鍵盤5つだけで奏でることが出来ます。つまり、意図的に12個ある音階から7音を抜いて、5音だけをリスナーに提供していることになります。
 最近のヒット曲の多くは、楽曲中にヨナ抜き音階を取り入れております(それ以外も当然多いです)。代表例だと、『Pretender』(過去記事)『紅蓮華(過去記事)『パプリカ』(過去記事)『Lemon』(過去記事)『前前前世』(過去記事)などが挙げられます。ヨルシカでは『だから僕は音楽を辞めた』(過去記事)などが当てはまります。
 『思想犯』ではそうした「音を盗む」ということをサビメロでも表現しているのではないかと私は考えました。



 さて、『思想犯』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域より広く、低音部が低いです。以下、見ていきます。

 まず、同曲は楽曲全体を通して、低音域が強調されています。女性の音域と比べると低いです。歌い慣れた高音域が得意な女性の場合、キーを少し上げても良いかもしれません。この楽曲は、高音域が得意な男性の方が歌いやすいかもしれません。

 『思想犯』は音域自体が広めの作品であり、低音域が広いです。よって、キーを下げて歌唱することには向きません。歌い慣れてない人の練習曲としては不向きだと思います。歌慣れていない人は別の曲と並行して練習すると良いと思います。



『春ひさぎ』(ヨルシカ)の音域

こんにちは。今回はヨルシカの『春ひさぎ』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『春ひさぎ』(ヨルシカ)、Haruhisagi(Yorushika) 

『春ひさぎ』(ヨルシカ)









【地声最低音】mid1G(G3)  

m1G[別に]どうともないよ(1番Aメロ)


【地声最高音】hiA(A4)  ※サビで頻出

hiA[大]m2G[丈]夫だよ大丈夫(Aメロ)
★こm2G[と]hiA[な]G[か]A[れ] 愛など忘れておくんなまし(サビ)
★さhiA[よ]うな蜻A[蛉]のひA[とつ]が善いなら
m2G[詮]hiA[無いことば]かり聞いてらG[れ]ないわ

※☆は同じフレーズ裏声で歌唱されている部分もあります。


【裏声最高音】hiD(D5) ※サビで登場

★わhiC裏[すれた]hiD[ほ][う][が]A[し](サビ)



 まず、『春ひさぎ』についてです。この楽曲は、2020年に2人組音楽ユニット・ヨルシカによりリリースされた作品です。7月に発売予定のアルバム『盗作』にも収録されています。アルバムの発売に先立ち、ヨルシカのYouTube公式チャンネルでMVが公開されました。

 『春ひさぎ』はミディアムテンポのバンド曲です。ジャズテイストな楽曲です。ヨルシカはポップなナンバーも非常に魅力的ですが、今回はやや暗めの作品になります。
 同曲の歌メロについては、Aメロサビといった形で作られております。ヨルシカは人気の高いグループですが、歌メロについてはシンプルに構成することが多いように感じます。

 ちなみに、『春ひさぎ』とは売春を意味します。ただ、ここでは一般的な性の売買ではなく、「商売としての音楽」を意味するようです。歌詞の中では、「ポップなアレンジを追求する音楽家の葛藤」のようなものが「比喩的」に描かれています。この辺りは、ヨルシカの人気作『だから僕は音楽を辞めた』(過去記事)とも繋がるテーマ・世界観だと思います。『だから僕は音楽を辞めた』では売れることに執着し過ぎた主人公が、自分を見失っていく姿が直接的に描かれています
 

 さて、最後に『春ひさぎ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiA(A4) 、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAについてはサビを中心に登場します。この辺りは最近の女性ボーカルの楽曲としてはやや低めであります。歌い慣れていない人であっても比較的届きうるのではないかと思います。ただ、当然練習した方が豊かな表現になりやすいです。
 地声最高音のhiAはサビでの登場回数としては少し多いですので、声の低い人などにとっては意外と持久力が要求されるかもしれません。高いと感じられた場合は、キーを少し下げて歌唱しても良いと思います(逆に低いと感じた方は上げてもよいです)。

 『春ひさぎ』は地声音域については、そこまで広い音域で歌われてはいません。キーの調整なども比較的行いやすいです。歌い慣れていない人向けのキー調整もしやすいと思います。同曲はサビで裏声が使われている場面がありますので、慣れない人は少し難しいかもしれません。

 『春ひさぎ』は、全体としては手を付けやすい作品だと思います。ヨルシカの作品(過去記事)は、声域が比較的低めのものが多くあり、声が高くない人でもチャレンジしやすいです。興味を持たれた方は他の曲なども探してみてください。





管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー