J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

Mr.Children

『Birthday』(Mr.Children)の音域

 こんにちは。今回はMr.Childrenの『Birthday』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲は、公式で動画がフル公開されておりません。その点については、ご了承ください。


『Birthday』(Mr.Children)
『Birthday』(Mr.Children)









【地声最低音】lowG#(G2)  

m1B[し]ばらくして 気付いたんだ 本物だって【Aメロ】
☆「否定しか出来ないなんて子供だしね」lowG#[って]【2番Aメロ】

※lowG#の部分は、低音が苦手な方は無理しなくてもよい


【地声最高音】hiA(A4)  

★心のm2F#[火]m2G#[そっ]F#[と]hiA[震]G#[わせ]【サビ】

※各サビ1回ずつ、曲全体で3回


【補足】mid2F#mid2G#を含むフレーズ一覧

★It’s m2E[my] birth[day] E[え] [い]【サビ】
★(ひとつひとつ)増m2E[やし]E[が]m2F#[ら] 
★そう m2G#[いつだって] It’s G#[my birthday]

★讃えなm2F#[が]m2G#[今日]F#[を]祝いたい【ラストサビ】


 まず、『Birthday』についてです。この楽曲は、2020年に4人組ロックバンドMr.Childrenによりリリースされたシングル作品です。『君と重ねたモノローグ』との両A面シングルであり、アルバム『SOUNDTRACKS』に収録されております。
 同曲は、映画『ドラえもん のび太の新恐竜』のために書き下ろされました。コロナ禍の中で公開が延期されましたが、映画を見られた方には強く印象に残った楽曲であると思います。

 『Birthday』はストリングスと優しいサウンドが印象的なバンドナンバーです。同曲をはじめアルバム『SOUNDTRACKS』は、スティーヴ・フィッツモーリスさん、サイモン・ヘイルさんが編曲に携わっております。両氏は日本では宇多田ヒカルさんの『Fantome』などにも携わってろいます。
 歌メロの音域については、Mr.Childrenとして標準的なレンジであり、一般的な男性の音域よりもやや高めです。
 


 さて、『Birthday』の音域についてですが、【地声最低音】lowG#(G2)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。 一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAは各サビで1回ずつ登場します。登場回数としてはそこまで多くないですが、mid2G#とコンボになっております。また、同曲ではmid2G#も多く登場します。これらは一般的な男性の音域よりも高めですので、少しキーを下げた方が歌いやすいと思います。目安として、原曲キーよりも2つ程度下げてみてください。

 『Birthday』は音域自体が広めであります。キー調整は可能ですが、ある程度歌い慣れた人向けになるのではないかと思います。その点でビギナーにはややハードルが高いかもしれません。一方で、「低音部が多いAメロBメロ」と「高音域のサビ」など、場面ごとにメリハリが付いておりますので、歌い慣れた人であれば、比較的手を付けやすいです(キー調整込みで)。ただ、リズムなどが少し取りにくいので、その点はハードルになります。

 『Birthday』は原曲キーの場合はhiA、mid2G#辺りがしっかり歌えるかが試されます。この辺りが歌いこなせると、カラオケなどでは選曲の幅が広がります。



『Brand new planet』(Mr.Children)の音域

 こんにちは。今回はMr.Childrenの『Brand new planet』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『Brand new planet』(Mr.Children)
『Brand new planet』(Mr.Children)









【地声最低音】mid1D(D3)  

★終わってしまうってm1D[は]しり[つ][け]た(Aメロ)


【地声最高音】hiA#(A#4)  

★こm2F[の]手で飼いこhiA#[ろ]F[た](ラストサビ[転調+1]) 

※通常のサビではhiAが最高音


【裏声最高音】hiA(A4) ※ラストサビ前半

★さm2E[よ]うならを告hiA裏[げ]るうE[た]

※通常のサビと同じキーです


【補足】mid2Emid2G#辺りの注意点

★でも歩道橋の上 きらめくm2E[ほ]しは(Aメロ) 
★宇宙の大きさでそれをわm2E[らっ]m2F#[て]E[いた]

★消えm2F{か]m2G[けの]可能F[せ]G[いを] (ラストサビ[転調+1])
m2F[見つ]F[に]m2G#[こ]G[う]


 まず、『Brand new planet』(ブランド・ニュー・プラネット)についてです。この楽曲は、2020年末にリリース予定のMr.Childrenのフルアルバム『SOUNDTRACKS』に収録されております。同曲は、テレビドラマ『姉ちゃんの恋人』のために書き下ろされました。
 『Brand new planet』はアルバムの発売に先立ち、Mr.ChildrenのYouTube公式チャンネルでMVが公開されました。公開されたMVは1週間で140万回もの再生回数を記録しております。

 『Brand new planet』の歌メロについてです。私なりのイメージなのですが、ミスチルはこれまでドラマの主題歌を担当する際、AメロBメロサビCメロといった形を取ることが多かったです。ただ、今回の楽曲は、Aメロとサビで歌メロが作られており、シンプルです。ラストのサビでは転調が行われ、キーが1つ上がります
 歌唱難易度としては、ミスチル作品としては標準的(もしくは少し手を付けやすい)といったところだと思います。



 さて、『Brand new planet』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#については、ラストのサビで登場します。登場回数は4回です。同曲はラストのサビで転調が行われ、キーが1つ上がります。よって、通常のサビではhiAが最高音になります。
 この辺りの音階は一般的な男性の音域よりもやや高めですので、通常はキーを下げた方が歌いやすいです。原曲キーから2つ程度下げるのを目安に調整してみて下さい。
 一方で、hiA,hiA#を裏声で歌唱するというのも表現としてはアリなのではないかと思います。裏声が器用に使える人などは、そうしたアレンジを試してみても良いかもしれません。

 『Brand new planet』は低音部分に少し余裕があり、キー調整をすることが可能です。ただ、地声最低音の登場回数は多いですので、図で示す程に余裕はないかもしれません。よって、キーを下げ過ぎると低音部分が少し歌いにくくなる可能性があります。その点で、歌い慣れていない人などは少し取っ付きにくいかもしれません。

 ちなみに、女性が同曲を歌唱する場合は、原曲キーから2つ程度キーを上げると歌いやすいです。高音が得意な人はもう少し上げても良いです。



『名もなき詩』(Mr.Children)の音域

こんにちは。今回はMr.Childrenの『名もなき詩』(1996)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。当ブログで1990年代の作品を取り上げるのは久々です。

 なお、同曲はミスチルの代表曲の1つでもありますが、MVが制作されておりません。公式ではLive動画がアップされておりますので、そちらを添付します。


『名もなき詩』(Mr.Children)、Namonaki Uta(Mr.Children)
『名もなき詩』(Mr.Children)









【地声最低音】mid1C(C3)  ※Bメロ

m1C[かん]m1D[じょ]うさえもD[リ]アルに(Bメロ)


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※ラストサビで2回

★あるがまm2G#[ま]hiA#[の]m2G[こ]G#[こ]G[ろ]

※ラストのサビで転調してキーが1つ(#1)上がります。


【補足】mid2FhiAの注意点

★愛、自由、希望、ゆm2F[め] (Cメロ前半)
★足m2G[も]m2F#[とを]ごらん[よ] きっG[と][転]がっ[てる]G[さ]

★とm2F#[き]に[]だ[]か[]き[ずつけ]た[として]も(Cメロ後半)
★そm2F#[の]た[]こ[]ろ[]た[]る[]な[]だ[]m2G[じゃない]
★誰かを想いやりゃあだにm2F#[なり] 
★じぶm2F#[ん]m2G[の胸につ]F#[き]G[さ]hiA[さる]

★生きようと願うから 人はまた傷つm2F[い]てゆく(転調サビ[+1])
★自分らしさの檻の中で もがm2F[いてい]m2G[る]m2G#[なら]


 まず、『名もなき詩』(なもなきうた)についてです。この楽曲は、1996年にロックバンドMr.Childrenによりリリースされたシングル作品です。アルバム『新海』および、ベストアルバムにも収録されております
 この楽曲は、テレビドラマ『ピュア』の主題歌としてタイアップが付きました。200万枚以上のセールスを記録し、Mr.Childrenの代表的な楽曲の1つとして挙げれらます。

 『名もなき詩』はアップテンポのロックナンバーです。とりわけ2番サビ終了後、メロが次々と変化し、ラストのサビで転調します(キーが通常サビと比べて1つ上がります)Cメロの早口の部分成り行きまかせの恋におち時には誰かを傷つけたとしても~が非常に難しいのではないかと思います。

 ちなみに、今回動画として取り上げたのは2007年のライブの模様になります。ミスチルの櫻井和寿さんは、経年とともに少しずつ歌い方を変化させております。可能であれば、CDやストリーミングなどの音源、90年代辺りのライブ映像などもご参考下さい。非常に参考になると思います。私自身は低音域を広げる上で、参考にしたロックバンドの1つです。



 さて、『名もなき詩』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3)~【地声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#についてですが、ラストのサビで2回登場します。通常のサビではhiAが最高音になります。この辺りは一般的な男性よりも高めですので、キーを2つ程度下げても良いと思います。同曲は、サビのアップダウンが激しく、見た目のキーよりもしんどいです。
 私なりの印象なのですが、90年代から00年代くらいの楽曲は、見た目の音域よりもしんどい作品が多いイメージです。

 さて、『名もなき詩』は音域自体は低音部分に少し余裕があります。ただ、この楽曲は見た目よりも低音がしんどいですので、ある程度歌い慣れた人向けのキー調整になるのではないかと思います。Cメロの早回しの部分など、難しい部分もありますので、歌い慣れていない人は最初は避けた方がよい作品だと思います。

 『名もなき詩』は音域以上に難しい作品なのではないかと思います。私見なのですが、この楽曲は「低めの声質でありながら、hiA#辺りの高音域が使いこなせる人が合いやすい」と思います。以前、シンガーソングライターの秦基博さんがこの楽曲をテレビでカバーされていたのですが、そのバージョンも素晴らしいと思いました。



『未完』(Mr.Children)の音域

 こんにちは。今回はMr.Childrenの『未完』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、bearqquartettoさんのベースカバー動画を添付いたします。


『未完』(Mr.Children)、Mikan(Mr.Children)
『未完』(Mr.Children)










【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★さm1F#[ぁ]行こF#[うか常]識という壁を超m2F#[え](Aメロ)


【地声最高音】hiB(B4)  ※サビで多く登場

★いっhiA[そ]hiB[べ]hiA[ない]B[り]A[の] (サビ)
★はhiB[ね]hiA[な]んかm2G[も]A[が]G[れち]まえG[ばい]


【裏声最高音】hiB(B4) ※Bメロ

★あとm2F#[少]しでロックはhiB裏[解]F#[除]できるはず(Bメロ)


【補足】mid2F#hiAの注意点

★どhIA[のみちいつ]かほm2G[ね]m2F#[に]なっちまF#[う](Aメロ)
★当てずっぽうのm2G[パス]m2F#[ワ]F#[ド](Bメロ)

★そのぬm2F#[か]るみを越えきっとたF#[ど]hiA[り着]く(サビ)
★胸m2G[の]m2F#[な]G[か]F#[の]約束[の][所]F#[Oh] Oh Oh

★だからもうユニホームをhiA[脱]m2F#[いで]A[脱]F#[いで](ラストサビ)
m2G-hiA[[由][由][由]


 まず、『未完』についてです。この楽曲は、2015年にロックバンドMr.Childrenによりリリースされたアルバム『REFLECTION』に収録されております。アルバムの1曲目(限定生産バージョンではラスト曲)に収録されており、リード曲にあたります。

 『未完』はミディアムテンポのロックナンバーであり、作詞作曲は桜井和寿さん、アレンジはMr.Children、四家卯大さんによりなされておりいます。
 歌メロについては、サビではhiBがhiAとのコンボが繰り返されます。私なりのイメージですが、Mr.Childrenの作品でも高音域がしんどいの作品の1つなのではないかと思います




 さて、『未完』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的なん男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBはサビで登場します。hiAとのコンボになっており、各サビで2回ずつ繰り返されます。この辺りの音階は男性の声域としてはしんどいです。
 一般的な男性の場合、キーを下げた方が歌唱しやすいと思います。原曲キーから3~4つ程度下げるのを目安にしてみてください。

 『未完』は音域自体はそこまで広くなく、キーの調整はしやすいです。歌い慣れていない人向けの調整も可能だとは思いますが、人によっては低音部がしんどくなるかもしれません。ある程度歌い慣れた人向けの作品です。
 原曲キーの場合は、音域が広くない分、中高音域が多く登場するので、持久力も要求されます。サビだけでなく、AメロなどでもhiA,mid2G辺りの高めの音が登場します。

 『未完』はMr.Childrenの作品では、高音が強調された難しめの曲の1つだと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。メロディー自体は明るめのナンバーですので、カラオケなどでも歌いやすいと思います。




『innocent world』(Mr.Children)の音域 

(2020/04/07)MVを添付しました。

 こんにちは。今回はMr.Childrenの『innocent world』(1994)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。女性ボーカルの楽曲をアップするつもりでしたが、予定が狂ったため、こちらに切り替えました。



『innocent world』(Mr.Children)


【地声最低音】mid1C#(C#3)  

★抱き合えたあの頃が m1C#[む]ねをかすめる
★哀れな自分(おとこ)が m1C#[い]とおしくもある C#[こ]の頃では


【地声最高音】hiB(B4)  ※各サビで1回ずつ&ラスト

m2G#[会]hiA[え]hiB[る]A[と]G#[い]A[ぃ]G#[い]F#[な]
★そのhiB[と]hiA[き]m2G#[は]m2F#[ら]って


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※ラストサビで1回

★果てしなhiC#[く]m2G#[つ]G#[く]m2F#[ぅ]



【補足】mid2E(一部略)hiAの注意箇所

★歩m2E[き]続E[け]て行E[くよ] E[いい]だろう? mr. myself(Bメロ)

m2E[い]E[の]日も [こ]m2F[#[の]E[む]E[に] (サビ)
★なhiA[が]m2G#[れ]m2F#[て]る F#[メ]ロディー
★こころをつm2G#[た]hiA[う]m2F#[よ]

★のhiA[ぼ]m2G#[る]m2F#[そ]F#[ま]m2G#裏[に]
★まhiA[た]m2G#[ど]m2F#[こ]F#[で]
★イノセント m2F#[ワー]m2G#[ル]

★生まれてくる m2E[Oh] m2F#[い]E[ま]にも(ラストサビ前)

『innocent world』(Mr.Children)









 まず、『innocent world』(イノセント・ワールド)についてです。この楽曲は、1994年に4人組ロックバンドMr.Childrenによりリリースされたシングル作品です。アルバム『Atomic Heart』(アトミック・ハート)に収録され、またベストアルバムなどにも収録されています。Youtubeで音源などは公開されていませんが、第36回日本レコード大賞で大賞を受賞したMr.Childrenの代表的な楽曲の一つであるといえると思います。

 『innocent world』についてですが、ミディアムテンポのバンド曲で、全体として爽やかさと切なさが同居したような作品になっております。また、歌詞については、これまではMr.Childrenの楽曲は「恋愛」がテーマになったものが多かったのですが、この『innocent world』から「風刺」や「人生」「自分らしさ」などもテーマになり始めました。歌詞の部分でも転機の楽曲といえます。

 歌メロについてですが、AメロBメロサビという形のなじみやすい構成です。AメロBメロ、サビへとホップステップジャンプのように進行していき、キーも上がっていきます。Bメロまではそこまで高くないのですが、サビは高めの音階が連続して続きます。
 音域については、図に示す以上に広めであります。キーの調整は可能ですが、初心者向けに調整するのは難しいです。この辺りもミスチルの楽曲の特徴といえます。




 さて、『innocent world』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1C#についてです。音階の上ではそこまで低くないですが、AメロBメロは全体として低めの音域が続きます。見た目以上に低いと考えてよいです。

 地声最高音hiBは各サビで1回ずつ登場します。この場面もそうですが、サビではhiA,mid2G#辺りの高めの音階が連続的に続きます。一般的な男性の音域としては高めですので、キーを下げることも考えてください。目安として、原曲キーから3つ程度下げると、最高音がmid2G#に設定されます。ただ、この楽曲は音域が広めですので、キーの調整できる余地は少ないです。

 『innocent world』は音域が広めであり、キーの調整はやや行いにくいです。図を見ると、低音部分に余裕があるように見えるのですが、AメロBメロは低音域が連続して続きますので、意外と余裕がありません。Official髭男dismなどの楽曲が歌える人であれば、キーを少し上げても良いと思います。
 よって、ある程度歌い慣れた人であれば、キー調整可能ですが、歌いなれていない人向けに低く設定するのは難しいです。その点は留意しておいてください。
 Mr.Childrenの楽曲は音域が広めなものが多く、その点がキー調整のハードルになることもあります。

 『innocent world』は歌い慣れた高音域がある程度得意な人には手を付けやすいですが、初心者や高音域が苦手な人には少しハードルが高いです。ただ、有名な作品ですので、歌いこなせると非常にかっこいいと思います。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー