J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

Official髭男dism

『Universe』(Official髭男dism)の音域

 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『Universe』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲ですが、自選曲としてもリストアップしておりました。


『Universe』(Official髭男dism)
『Universe』(Official髭男dism)









【地声最低音】mid1G#(G#3)  

m2G#[未]m2F#[来]がどうとか m1G#[理]想がどうとか 【Aメロ】
m1G#[ブ]ランコに揺られふと考えてた

★タ日に急かされm2G#[伸]m2F#[び]た影をm1G#[見]つめ【Bメロ】
m1G#[しゃがん][分]m2G#[か]m2F#[るは]ずなくても探した

★わm2F#[ら]ってm1G#[泣い]て こF#[たえ]G#[知]って【通常サビ】


【地声最高音】hiD(D5)  

★(いつの日も野に咲く) hiD[ユ]hiC#[ニ]D[バース]【ラストサビ[転調+1]】

※曲全体で1回。転調前の通常サビではhiC#,hiCのコンボ


【裏声最高音】hiD#(D#5) 

★行っhiC[た]hiA#[り]hiD#裏[た]hiC#[り]C[し]C#[て]【Cメロ】

※曲全体で1回


【補足】mid2GhiC#を含むフレーズ一覧

☆拍手も声もなくhiC#[未]hiC[来][は] C#[Oo]h,【2番サビ】

★はhiC[しゃい]hIA#[で]m2G#[る]姿は【Cメロ】
★巡る過去m2F#[の]向こうかm2G#[ら][み]hiA[は]

★暗hiA[いここ]A[に]やっhiB[て]A[き]た流A[星]【ラストサビ[転調+1]】 
hiA[きょ]m2G[う]は帰ろう
hiA[た]m2G[だ]一つだけ A[Yeah]

※☆の部分は通常のサビです、hiC#のフェイクとコンボになりますので、記載しました。


 まず、『Universe』(ユニバース)についてです。この楽曲は、2021年にロックバンドOfficial髭男dismによりリリースされたシングル作品です。現在は配信でのリリースであり、2月にCDシングルでのリリースが予定されております。
 同曲は、アニメ映画『ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021』のために書き下ろされました。映画は今年3月公開予定です。

 『Universe』はアップテンポのシティポップです。どことなくジャジーなアレンジもなされており、オシャレです。シティポップに親しんだ方には懐かしさを覚えるナンバーかもしれません。私自身もアレンジが非常に耳に残りました。同曲はラストのサビで転調が行われ、キーが1つ上がります。カラオケなどでは気を付けてください。



 さて、『Universe』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDはラストのサビで登場します。曲全体で1回ですが、hiC#とのコンボであり、ロングトーンです。通常のサビではhiC#が最高音となります。この辺りは一般的な男性の音域よりも高いですので、キーを下げた方が歌いやすいです。

 『Universe』は低音部分に余裕があり、キー調整はしやすいです。キー調整に抵抗が無ければ、歌いやすいレンジが見つかると思います。ただ、歌い慣れていない人の場合、少し難しい部分が出てくるかもしれません。その点は、留意しておいてください。

 同曲は、①音域が広くなく、②キーが高めという特性を備えております。よって、原曲キーで歌唱する際はある程度持久力も求められます。記載はしておりませんが、曲は、全てのフレーズでmid2F以上の音階が登場します。それらを踏まえた上で、練習に努めてください。

 ちなみに、『Universe』は、音域的には男性よりも女性に歌いやすいです。一部高い部分もありますが、女性の皆さんも選択肢に入れてみてください。



『ニットの帽子』(Official髭男dism)の音域

こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『ニットの帽子』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『ニットの帽子』(Official髭男dism)、Knit no Boushi 
『ニットの帽子』(Official髭男dism)









【地声最低音】mid1E(E3)  

★夜と光が彩るみm2G[ち]は1人で歩くには冷た過ぎm1E[た](Aメロ)


【地声最高音】hiC(C5)  ※ラストサビで1回

★ hiA[あ]m2G#[の][ゆ][の]hiB[きみ]hiC地[を](ラストサビ)


【裏声最高音】hiC(C5)  ※サビで登場

★いhiC裏[た]hiB[い]C[よ](サビの最後)

※曲全体で2回登場[1番、2番サビ]


【補足】mid2FhiA辺りの注意点

★そっm2G[と]m2F[ま]G[え]をつぶhiA[や]G[いたよ](Bメロ)

hiA[ニッ]m2G[ト]G[帽子]A[が]今年も街に溢m2F[れ]たら【サビ】
★無意識にきm2F[み][さ]がし[てし]まう癖も治るF[か]m2G[な]
★(何度もこっちを振り向いて)浮かべたえm2F[が]m2G[お]


 まず、『ニットの帽子』についてです。この楽曲は、2016年に4人組ロックバンドOfficial髭男dismによりリリースされたEP『What's Going On?』に収録されています。インディーズ時代の作品であり、冬がモチーフになった失恋ソングになります。

 『ニットの帽子』はジャズ色の強いゆったりめのバンド曲です。ヒゲダンはアルバム曲の中にゆったりしたジャジーな作品が見られることがあり、同曲も、私自身非常に気に入っております。
 
 歌メロについては、AメロBメロサビといった馴染みやすい形で作られております。アルバム曲ということもあり、歌メロのキーはヒゲダンの楽曲としてはやや抑え気味であります。それでも、一般的な男性の音域よりは高いですので、多くの人はキー調整をした方が歌いやすいと思います。




 さて、『ニットの帽子』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~
【地声・裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCはラストのサビで1回だけ登場します。登場回数としては少なめですが、全体として落ち着いた作品ですので、このhiC場面でもあまり声を張り上げすぎないように上手くコントロールしたいところです。通常のサビではhiAが地声の高音になります。
 hiC等は一般的には高めの音階になりますので、男性の場合はキーを下げた方が歌いやすいと思います。原曲キーから3つ程度を目安に下げてみてください。

 『ニットの帽子』は高音寄りの音域であり、低音部分に余裕があります。よってキー調整は可能なのですが、音域自体が広めですので、歌い慣れた人向けの作品になると思います。歌い慣れていない人は別の易しめの作品から練習した方がよいのではないかと思います。

 『ニットの帽子』はメロなどは難しい部分もあまり見られず、難易度自体は滅茶苦茶には高いわけではないです。アルバム曲ということもあり、ヒゲダン作品の中でも手を付けやすい部類に入ると私は分析しました(一般的には少し難しめ)。冬の季節にも合いやすいですので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。



『HELLO』(Official髭男dism)の音域

こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『HELLO』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲ですが、リリース直後ということもあり、タイミングよくリクエストも頂きました。

 ※当ブログがこれまで取り上げたヒゲダン作品についてはご覧ください⇒ヒゲダンの音域一覧

『HELLO』(Official髭男dism)
『HELLO』(Official髭男dism)









【地声最低音】mid1E(E3)  ※Aメロで多い

m1E[ア]ンバランスなBGM E[う]たい出した僕ら(Aメロ)
m1E[お]世辞も背伸びもE[要]らないただのぼE[くらで 
m1E[そのま]までいいっ[て] E[信じ]られた[から] 


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※楽曲ラストで1回

★何度でも言m2G#[う]hiC#[HE--LLO]hiB


【裏声最高音】hiB(B4) ※曲全体で1回

hiA[じ]m2G#[ん]せいG#[にま]hiB裏[よう]たびに(2番Aメロ)


【補足】mid2F#(一部のみ)hiBの注意箇所

★まちじゅm2F#[う]hiA[のけし]m2G#[きで]F#[も敵い]やしない(Bメロ)
★ぶごm2F#[え]m2G#[のよ][うな]ハーF#[モニー]G#[を] 

hiA[HE-][LLO]G#  m2F#[さん]びゃくろF#[くじゅ]うど(サビ)
hiB[無]hiA[傷]A[生]B{き]A[る]
m2G#[バ]G#[ア]G#[張っ]hiA[て]G#[たっ]てことを
★気m2F#[付]hiA[か]m2G#[せ]F#[てく]れた僕[のヒ]G#[ロー]

★まちじゅm2F#[う]hiA[のけし]hiB[き]m2G#[は](Cメロ)
★あhiA[る]m2G#[いて]hiB[こう] 


 まず、『HELLO』についてです。この楽曲は、2020年にロックバンドOfficial髭男dismによりリリースされました。EP作品としてリリースされ、前回取り上げた『Laughter』(過去記事)も収録されております。同曲は、朝の情報番組『めざましテレビ』のために書き下ろされた作品であり、お馴染みの方も多いと思います。

 『HELLO』はシャッフルのリズムが用いられた軽快なロックナンバーです。シャッフルの作品としては、当ブログでは、Mrs. GREEN APPLEの『lovin'』(過去記事)、UVERworldの『AS ONE』(過去記事)などが挙げられます。興味を持たれた方は視聴してみてください。

 


 さて、『HELLO』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#は楽曲のラストで1回だけ登場します。それ以外では、hiBがサビとCメロで登場します。一つの目安として、このhiBやhiAを安定的に歌いこなせると形になりやすいです。
 一般的な男性の音域としては高めですので、キーを下げた方が歌いやすいと思います。原曲キーから3~4つ程度下げてみてください。

 『HELLO』は低音部分に余裕があり、キーの調整は可能であります。ただ、キーを調整するにしても、ある程度歌い慣れておいた方がいいと思います。キーを調整しても歌いにくい場合は、別の曲と並行して練習してください。

 『HELLO』は音域的には、女性の方が歌いやすいです(低音部分が少し歌いづらいかも)。原曲くキーか、もしくは1つ程度キーを上げてもよいと思います。男声のみならず、女性にもチャレンジしてほしい1曲です。

ヒゲダンの音域一覧


『Laughter』(Official髭男dism)の音域

 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『Laughter』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

 当ブログがこれまで取り上げたヒゲダン作品についてはご覧ください⇒ヒゲダンの音域一覧

『Laughter』(Official髭男dism)

『Laughter』(Official髭男dism)










【地声最低音】mid1E(E3)  ※AメロとBメロで登場

★鏡m1E[の]中を[の]ぞいても(Aメロ)
[羽]根ひとつも見つからm2F#[ない]けど
☆鳥の急かすようなさm1E[え]ずりがE[聞]こえる

※☆の[聞こえる]はm1Bにも聞こえるのですが、現状m1Eとします


【地声最高音】hiB(B4)  

★(確かにどれも) かhiA[が]hiB[や]A[い]て見A[える]けど(Bメロ)
★自分自身にhiB[しょ]うりを告げるたm2G#[め]の歌(1番・ラストサビ)
☆ほhiA[こ]hiB[れ]A[る]人で在A[り]B[た]い(2番Bメロ)

※Cメロ終了後の4:38辺りのロングトーンは地声hiBです


【裏声最高音】hiE(E5) ※曲全体で2回

★諦めるものm2G#[は] hiE裏[たし]hiD#[か]hiC#[に][ど]G#[も] (Bメロ)


【補足】mid2G#hiC#辺りの注意点

m1E[抜]け出す事に決めたm2F#[よ] hiC裏#[い]hiB[ま](Aメロ)

★そm2G#[れ]hiA[を]A[き留め]G#[る]G#[葉]A[も](Bメロ)
★気hiA[持ちだけ受け取]m2G#[るよ]
★悔やm2G#[む]hiA[け][ん]りも捨G#[て去っ]てた

★翼は動きm2F#[ます]か?本当に飛べhiA[ます]G#[か?](サビ)
m2G#[Yesもノ][も][わ]hiA[ずに] 真っ直G#[ぐに]A[そ][ら]を見てた
★膝を抱えたきm2G#[のうま]hiA[で]G#[のじ]G#[ん]

★それでも胸m2G#[はあ]つくhiC#裏[なっ]て(Cメロ)

 
 まず、『Laughter』(ラフター)についてです。この楽曲は、2020年に4人組ロックバンドOfficial髭男dismによりリリースされたデジタルシングル作品です。フィジカルとしては、8月にリリース予定のEP作品『HELLO EP』に収録される予定です。
 『Laughter』はテレビドラマの映画版『コンフィデンスマンJPプリンセス編』のために書き下ろされた楽曲です。ヒゲダンは過去に同ドラマのために、『ノーダウト』『Pretender』を書き下ろしており、本作で3曲目になります。

 『Laughter』はロックバンド色の強いミディアムテンポの作品です。映画の主題歌ということもあり、ストリングスなども交えられております。ヒゲダンはこれまでファンク、ピアノポップなどのイメージが強かったのですが、『Laughter』はロックバンドとしての側面が出たアレンジだと思います。ボーカルについても、低音域が強調された場面が多く見られます。



 さて、『Laughter』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBはBメロとサビで登場します。楽曲全体では4フレーズです。この辺りは一般的な男性の音域よりも高めでありますので、キーを下げた方が歌いやすいです。原曲キーから3つ程度下げると、手を付けやすいのではないかと思います。

 ヒゲゲンの楽曲群はhiCなどの音階が多く登場し、非常に大変なものが多いです。しかしながら、この『Laughter』については、地声最高音がhiBであり、ヒゲダン作品としては比較的手を付けやすいです。当然、一般的には難易度は高いですが、「高音域が得意だけど、ヒゲダンは少し高い」と考えている人にはお奨めしたいです。


ヒゲダンの音域一覧






『たかがアイラブユー』(Official髭男dism)の音域

 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『たかがアイラブユー』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。長らくリストアップしていた作品ですが、ちょうどリクエストも頂きました。

 同曲はOfficial髭男dismのYouTube公式チャンネルでライブ版の映像が公開されております。地声最低音などが確認できないなどスタジオ音源とは微妙に違うところもありますが、参考として添付します。


『たかがアイラブユー』(Official髭男dism)、Takaga I love you

『たかがアイラブユー』(Official髭男dism)









【地声最低音】mid1C(C3)  ※2番Aメロで1回だけ

m1C[そ]つぎょうアルバムみたいにいつか笑えるように

※こだわらなくていいです。ここ以外ではmid1Fが低音

【地声最高音】hiC(C5)  

hiA[あ][い]hiA#[れ]hiC地[な]A#[く]A[たっ]

※Cメロで1回のみ。それ以外ではhiA#


【裏声最高音】hiC(C5) 

★もたm2G[げ]hiA#[あっ]hiA[て]生まG[れ]hiC裏[てい]

※サビで登場します


【補足】mid2GhiA#辺りの注意点

★とても不安にm2F[なっ]てしm2G[まう]F[よ](Aメロ)
★つないm2G[だ][り][たりな]hiA[こ]hiA#[と]A[葉]G[さ]きには(Bメロ)
m2G[奇]hiA[跡が]hiA#地[あっ]G[た]

★たかがm2F[ア]m2G[ラ]F[ブユー](サビ)
m2G[常]hiA[套]G[句][NEED] 
★(それでも僕ら相も変わらず)愛をm2G[さ]hiA#[け]hiA[ぶ] 

★サイケm2G[デリッ]クでやっ[ぱり]hiA#[わ]hiA[くて] G[で]も(Cメロ)
★ 聞き飽m2F[き]m2G[NEED] hiA[YOU](ラスト)



 まず、『たかがアイラブユー』についてです。この楽曲は、2018年にOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『エスカパレード』に収録されています。アルバムの4曲目です。
 同曲は、ライブ映像がYouTube公式チャンネルで公開されており、300万回以上の再生回数を記録しています。

 『たかがアイラブユー』は打ち込み主体のシンセポップナンバーです。ボーカルにエフェクトがかけられるなどの趣向がなされています。バンドでありますが、クラブミュージック感が強いです。歌メロについては、AメロBメロサビといった形で作られており、馴染みやすいと思います。

 歌詞については、「愛してる」の言葉の大切さを歌った内容になっています。付き合い始めた頃の恋の熱量が無くても、聞き飽きた「アイラブユー」を忘れずに続けていれば、良い着地点を見出せるのではないかという歌詞だと私は解釈しています

 

 さて、『たかがアイラブユー』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3)~【地声最高音】hiC(C5) 、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Cについてです。ここはライブ音源では確認できません。あまりこだわらなくても良いと思います。ここを除くと、mid1Fが最低音になります。

 次に地声最高音hiCはCメロで1回だけ登場します。声にエフェクトがかけられている場面です。ただ、地声にこだわる必要性は少ないと思います。場合によっては裏声でもよいです。この場面を除くと、hiA#,hiAといった音階が時々登場します。

 これらの音階は、一般的には高めですので、キーを下げることを選択肢に入れても良いです。同曲は図で見ると分かりにくいですが、ヒゲダン作品の中ではかなり手を付けやすい部類です。hiA#辺りが安定的に発声できる人は原曲キーでチャレンジしてみても良いと思います。また、地声最高音がmid2G辺りの人もhiA#辺りを裏声で歌唱してもよいです。裏声による歌唱が合いやすいアレンジです(ライブ版よりCD音源の方がより落ち着いたアレンジです)。

 『たかがアイラブユー』は図に示すように広めの音域で作られております。ただ、先にも述べたように、最低音のmid1Cはこだわる必要はなく、地声hiCについても裏声でも良いと思います。それらを考慮すると、見た目以上にキーの調整はしやすいと思います。個人的には、中上級者だけでなく、歌い慣れない人向けにもキー調整できるのではないかと解釈しています。図では分かりにくいですが、個人的には狙い目のヒゲダン作品です。

管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー