J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

King Gnu

『千両役者』(King Gnu)の音域

 こんにちは。今回はKing Gnuの『千両役者』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 同曲は、歌メロのパートがオクターブ違いで重ねてあります。どのパートを歌うかにより、音域が大きく変化します。その辺りを把握の上で、音域を参考下さい。私自身も出来るだけ解説や補足を加えていきます。また、2番Aメロの【お腹パンパンだ パッパラパーな頭ん中 馬鹿な儘だ】は今回は省略しています。


『千両役者』(King Gnu)、Senryou Yakusha(King Gnu)
『千両役者』(King Gnu)









【地声最低音】mid1A(A2)  ※通常のAメロのオク下げ

★出鱈目m1A[なげ]きを繰り返A[し]て【ラストAメロ】
★迷路の先は何時も振m1A[り出]

※低音域が難しい場合は、通常Aメロと同じキーで歌っても良い


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※サビで登場[計4回]

★あなたと相思m2F#[相]m2E[愛]F#[で]E[居]m2G#[たい]【サビ】
★しょうm2F#[が]F#[を] [た]F#[生きるため] [抗体]m2G#{頂戴]

※常田さんが主旋律、井口さんは1オクターブ上のhiG#が最高音


【裏声最高音】hiA(A4) ※Bメロ[井口パート]

★其の眺めhiA裏[は]m2E[あ]たい千金か万金か


【補足】mid2Emid2Gの注意点

★筋書きはいm2E[つ]も無理矢理で【Aメロ】
★迷路のm2F[さ]きは何時も振り出し

★薪尽きて火のm2F[滅]m2G[する]時 【Bメロ】
★駆け巡っm2E[た走馬]灯の
★此のm2E[目]m2F[には]E[ぁ] E[絶景]F[かな]E[ぁ]

★一世一代の大舞台 有名無m2F#[名]m2E[も]E[係]ない【サビ】

※2番終了後の【DA DA DA DA】は高音パートを歌唱した場合、裏声最高音hiC#になります。


 まず、『千両役者』についてです。この楽曲は、2020年にロックバンドKing Gnuによりリリースされたシングル作品です。『三文小説』(過去記事)との両A面です。この楽曲は、NTTドコモのCM曲としてタイアップが付きました。意外にも、King Gnuとしてはメジャーデビュー後初のフィジカルでのシングルリリースとなります。つまり、出世作の『白日』などもシングル曲としては配信のみでのリリースであります。

 『千両役者』はアップテンポのロックナンバーです。目まぐるしい転調が行われており、全体としてテクニカルです。そうした楽曲ゆえに、歌メロのテンポも極めて速く、リズムが取りづらいです。
 
 『千両役者』の歌メロの音域についてですが、井口さんと常田さんのツインボーカルで歌われているだけでなく、井口常田それぞれのパートについてもオクターブ違いでボーカルが重ねられている場面があります。そのため、音域を定めるのが難しいです。当ブログでは、Aメロとサビを常田さん、Bメロを井口さんのボーカルを軸に、音域を定めております。
 



 さて、『千両役者』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A(A3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。大よそ一般的な男性の音域の範囲内(もしくはやや高い)といったところです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1AラストのAメロで登場します。ここは通常のAメロよりも1オクターブ下のキーです。低音域が苦手な方は、通常のAメロと同じキーで歌唱しても良いと思います。ここを除くと、Bメロのmid1Eが最低音になります。低音については、図などで示す程、辛いイメージは無いと思います。

 一方、地声最高音mid2G#はサビで登場します。回数としては4回程度です。この辺りは、大よそ一般的な男性の音域の範囲内といえます。ただ、『千両役者』は歌メロのテンポが速く、息継ぎのタイミングも難しいです。場合によっては、キーを下げて歌唱するのもよいです。

 『千両役者』は先にも述べましたように、歌うパートにより音域が大きく異なります。今回は、図に示すレンジで音域を定めましたが、工夫次第で、mid1E~hiAくらいのレンジにすることも可能です。よって、キーの調整もある程度可能であるといえます。
 ただ、先にも述べましたが、同曲は歌メロのテンポが速く、リズムも取りにくいです。普段歌い慣れていない人だけでなく、歌が得意な方であってもある程度の練習が求められます。その点は留意しておいてください。
 私なりのイメージですが、「慣れるまでに努力を要する楽曲だが、完成度は高めやすい。ただ、2番Aメロなどを含めると完璧に歌うのは困難」であると分析しました。可能であれば、原曲のように2人で歌唱すると、より安定しやすいです。




『三文小説』(King Gnu)の音域

 こんにちは。今回はKing Gnuの『三文小説』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲なのですが、リクエストも頂戴しました。


『三文小説』(King Gnu)、Sanmon Shousetsu
『三文小説』(King Gnu)









【地声最低音】mid2B(B3)  ※Aメロ、Bメロ

★一人にならなきゃいけない時があm2B[る](Aメロ)

※【補足】も参照ください

【地声最高音】mid2G(G4)  

このm2F#[せ]m2G[か]いの誰もが(Aメロ)
★随m2F#[ぶ]m2G[ん老]F#[け]たねっF#[て] 

m2G[あゝ駄文]m2F#[ば]かりのG[脚]hiC[本]hiB[と](サビ頭)


【裏声最高音】hiG(G5) ※曲全体で1回

hiD[あゝ 僕]D[く]hiE[だ]hiF#[ら]hiG[ない](ラストサビ)


【補足】hiBhiD#辺りの注意点(特記が無ければ裏声)

★このせかhiD[い]hiC[の]hiB[だ]れもが(Aメロ)
m2B地[今日]もとなりhiA裏[でわ]hiB[ら]hiC[う]B[か]A[ら]

hiC[しん]hiB[じ]B[と]hiA[向き]合うためにA[は](Bメロ)
★描き続けたい物語がhiB[あ]hiC[る]hiD[よ]

★三hiB[文芝居]hiC[に]B[い]つ迄も【サビ】
★付hiB[き]合っていB[た]hiC[い]hiD[の][さ]
★あゝ君の不器用な ひょうhiC#[じょ]hiD[う]
★ (救われる)ぼhiB[く]がいhIC[る]B[から]

★こhiC[と]hiD#[ば]hiB[ひ]とつで【ラストサビ】 
☆(救われる僕がいる)hiD[から]
hiD-hiC[あゝ立][尽]く]した
★ (今なら強く押して見せるか)hiD[ら]

※☆の部分【hiD[から あゝ]】の部分は、コーラスの中で地声が聞こえますが、今回は裏声と判断しておきます。今後、ライブやテレビ放送などで確認し、場合によっては、hiDが地声最高音に変わるかもしれません。

____


 まず、『三文小説』についてです。この楽曲は、2020年12月に4人組ロックバンドKing Gnuによりリリース予定のシングル作品です。『千両役者』との両A面シングルです。フィジカルの前に配信やストリーミングでのリリースがされており、既に大きな反響を呼んでおります。
 
 『三文小説』はテレビドラマ『35歳の少女』の主題歌として書き下ろされたものであります。ドラマの主題歌ということもあってか、井口さんのボーカルが強調されたナンバーになっており、ストリングスなども大々的に用いられております。

 同曲の歌メロについては、とりわけ井口さんの「裏声」が活かされた作品となっております。私自身は、過去に当ブログでも取り上げたアルバム曲の『Don't Stop the Clocks』(過去記事)を想起させられました(アレンジは大きく異なります)。『三文小説』を練習する際は、この『Don't Stop the Clocks』も一緒にお勧めしたいです(どちらも難曲ですが)。
 



 さて、『三文小説』の音域についてですが、【地声最低音】mid2B(B3)~【地声最高音】mid2G(G4)、【裏声最高音】hiG(G5)で歌メロディーが構成されております。地声音域については一般的な男性の音域の範囲内といえますが、裏声がかなり高いです。以下、見てきます。

 まず、地声最高音mid2GについてはAメロ、サビ等で登場します。この辺りは一般的な男性の音域の範囲内といえるのですが、非常にコントロールされており、裏声への移行もスムーズです。

 私なりのイメージなのですが、「ギリギリmid2Gが出る」という位の人は、キーを下げるか、もしくはm2Gも裏声で歌ってもよいのではないかと思います。ただ、サビ頭の【m2G[あゝ駄文]m2F#[ば]かりの】の部分は、できれば地声成分を多めに発声したいところです。

 『三文小説』については、図にも示すように楽曲全体を通して裏声が使われており、ボーカルが非常に制御されております。このレベルにまで歌いこなすにはたゆまぬ努力が必要なのですが、少しずつ練習してください。
 これも私なりの経験なのですが、地声では届かないキーの高めの曲や、男性の場合は女性ボーカルの曲などを「裏声」で歌うというのも良い経験なのではないかと思います。
 カウンターテナーとして知られる声楽家の米良美一さんはアイドル松田聖子さんのボーカルを裏声で真似ることが、声楽家としての原点だったそうです。歌い慣れている人は、米良さんの『もののけ姫』なども練習曲にしても良いと思います。

 『三文小説』は音域は非常に広いのですが、低音部分に余裕があり、キー調整は可能です。原曲キーでいえばmid2G~hiA辺りの「地声と裏声が混ざるようなレンジ」を自分なりに見つけ出して、キーを調整し練習してください。各々得意な声の領域は異なりますので、この作業は非常に重要だと思います。hiC以上の高音域が得意な人などは少しキーを上げても良いと思います。

 『三文小説』はかなり難しい楽曲で、高いレベルで歌いこなせると称賛されるような難易度なのではないかと思います。人気も高い作品ですので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。



『小さな惑星』(King Gnu)の音域

 こんにちは。今回はKing Gnuの『小さな惑星』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。リクエストによる選曲です。

 なお、『小さな惑星』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、うとくんさんのドラムカバー動画を添付いたします。こちらであれば、ボーカルの表現がフル尺で確認できます。


『小さな惑星』(King Gnu)、Chiisana Wakusei


【地声最低音】mid1C#(C#3)  

★決まっm1C#[た時]間に今日[も](Aメロ)
★叩きm1C#[起こ]されるん[だ]


【地声最高音】hiA#(A#4)  

★わm2G[らい]m2F#[合]G[う]m2G#[の]hiA#地[さ]

※2番サビのラストで1回だけ

【裏声最高音】hiC#(C#5) 

★街m2G#[から][か]hiC#裏[に]hiC[は]hiA#[る]G#[の]

※サビで複数回登場します


【補足】mid2Emid2G#の注意箇所

★ずっとm2E[ゆ]めを見ていたいのに(Aメロ)
★小m2E[さ]な惑星 いつもの街角の(Bメロ)

★こm2G#[おった]G#[がし]m2F[ず]かに溶け出したん[だ](サビ)
m2F[に]F[い]F#[が]G#[し]
★くm2F#[しゃ]m2F[み]をした

『小さな惑星』(King Gnu)









 まず、『小さな惑星』についてです。この楽曲は、2020年に4人組ロックバンドKing Gnuによりリリースされたアルバム『CEREMONY』に収録されています。『小さな惑星』はHonda「VEZEL」のCMソングとして書き下ろされました。

 『小さな惑星』はアップテンポのバンドナンバーです。個人的にはドラムなどリズム隊が非常に耳に残るナンバーでした。アルバム『CEREMONY』の楽曲は演奏時間が短いものが多いですが、この『小さな惑星』は演奏時間が2:30程度と特に短いです。ただ、演奏時間の短さを感じさせない濃密さがあります。

 『小さな惑星』の歌メロはAメロBメロサビという構成で作られており、その点で馴染みやすい部分もあると思います。ボーカルの音域は広めなのですが、今回はツインボーカルでない分、King Gnu作品の中では手を付けやすくなっていると思います。hiA#1か所を除くと、mid2G#が一番高い地声音階になりますので、その点からもお奨めといえます。



 さて、『小さな惑星』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3) ~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#は2番サビのラストで登場します。King Gnuらしい転調が行われる場面です。この場面は歌メロの最も美味しい部分でもありますので、地声でハッキリ発声したいところです。
 この一場面を除くと、基本的にはmid2G#が高い箇所になります。その点を考えると、King Gnu作品の中では手を付けやすい一曲とも言えます。当ブログではこの楽曲のほかに、『Vinyl』『Flash!!』辺りも歌いやすい曲と分析しております。

 地声最高音hiA#は曲全体で1か所ですが、上手く発声できない場合はキーを下げるのも選択肢です。原曲キーから2つ程度下げて、mid2G#辺りに設定すると歌いやすくなります。

 さて、『小さな惑星』は音域自体は広めですが、キーの調整はある程度であれば可能であります。ただ、キーを下げて過ぎると、低音部分がしんどくなりうるので、注意してください。普段歌い慣れていない人が歌いやすくなるまでキーを下げるのは難しいかもしれません。キーを調整しても歌いにくい場合は、別の曲で練習した上でチャレンジするのが良いと思います。

 『小さな惑星』はKing Gnu作品の中では比較的手を付けやすい作品だと私は考えております。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。



『どろん』(King Gnu)の音域 / 映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』主題歌

 こんにちは。今回はKing Gnuの『どろん』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『どろん』(King Gnu)、Doron


【地声最低音】mid1A#(A#2)  ※Aメロ

m1A#[ぼ]くらA#[な]にを大A#[事]
m1A#[に]ぎりしめ切れているんだろうか


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※サビで登場

★みm2G[か]m2F[たは]何処にhiA#[い]m2G#[るん]G[だ?]

※サビが繰り返される楽曲ですので、hiA#が何度も登場します


【補足】mid2Fmid2G#の注意箇所

★いつだm2F[っ]m2G[て]期限F[付]G[き]なんだ(サビ)
★血m2G[ば]m2F[しっ]て噛G[み]F[付]いた 

★白黒で単純に割り切m2G[れ]m2F[やし]ないよ(Aメロ)
★人生にガードレールは無いよm2G[な] (Bメロ)

★駅前m2F[を]流れる 人々を眺めてる(Cメロ)
★会話さえ やけにわずm2F[ら]わしくて
★ここはm2G#[ど]m2G[こ]、私はG#[だ]G[れ] 
★日常へ吸い込m2F[ま]れ、おやすみ

※楽曲ラストに登場するシャウトのロングトーンはhiGです

『どろん』(King Gnu)









 まず、『どろん』についてです。この楽曲は、2020年に5人組のロックバンドKing Gnuによりリリースされたアルバム『CEREMONY』に収録されているナンバーです。アルバムの2曲目ですが、同アルバムは1曲目がインストですので、歌メロディーがある作品としては『どろん』がアルバムのオープニング曲になります。
 『どろん』は映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』の主題歌として書き下ろされました。アルバムの発売から1か月後にYouTubeで『どろん』のMVが公開され、再生回数を伸ばしております。最近のミュージシャンは、アルバムの発売後に何曲かMVを公開することが増えているように感じます。

 『どろん』は疾走感のあるバンド曲です。少し前に取り上げたTeenager Foreverもアップテンポのバンド曲でしたが、サウンドや歌メロの色合いとしては『どろん』の方がやや暗めであります。イメージとしては、『Teenager Forever』よりも『どろん』の方がKing Gnuのパブリックイメージに近いのではないかと思います。

 『どろん』の歌メロについてですが、テンポがサビやCメロなどで特にテンポが速く、呼吸を入れる隙間が少ないです。高音を担当されているボーカルの井口さんは非常に大変なのではないかと思います。地声最高音もhiA#ですので、男性ボーカルとしては高めです。

 ボーカルの音域については、低音部分を担当する常田さんがmid1A#~mid2G辺り高音を担当する井口さんがmid2A#~hiA#辺りです。高音域が得意な歌い慣れた男性であれば一人で歌唱することも可能でありますが、2人でツインボーカルにするのも良いと思います。音域的には高音部分を女性が担当するのもアリだと私は考えております。





 さて、『どろん』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A#(A#2)~【地声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#についてですが、サビで複数回登場します。ラストのサビでは【しないんだ】の部分が繰り返されますので、見た目以上に難易度は高いです。サビメロのテンポも速く、大変です。一般的な男性の場合、キーを少し下げることも選択肢に入れておいてください。原曲キーから2つ程度を目安にすると良いと思います。
 
 一方で、音域とは異なりますが、この楽曲はサビやCメロのテンポが非常に大変な部分があります。歌詞とリズムをしっかり覚えておくというのも非常に重要です。基本的なことですが、テンポが速い楽曲では特に気を付けてください。

 『どろん』は音域が広めの楽曲であるため、キーの調整は行いにくいです。ある程度歌い慣れた人であれば少しキーを下げることは可能であります。ただ、普段歌い慣れていない人向けのキー調整が難しいです。その点は留意しておいてください。別の曲で歌い慣れた上で歌唱するのが良いのではないかと思います。
 King Gnuはツインボーカルのバンドであり、高音と低音を上手くパート分けしております。その分、カラオケなどで歌唱する難易度も高くなります。可能であれば、2人でボーカルを担当する方が、対応しやすいです。

 ※ラストのシャウトについてですが、音階としてはhiG(G5)になります。B'zやワンオクなどハードロック系のミュージシャンが参考になります。興味を持たれた方は調べてみても良いと思います。


『あなたは蜃気楼』(King Gnu)の音域

 こんにちは。今回はKing Gnuの『あなたは蜃気楼』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。自選曲になります。


『あなたは蜃気楼』(King Gnu),Anata ha Shinkirou


【地声最低音】lowG#(G#2)  ※Aメロで登場

★ひらりと 翻したの 風の吹くlowG#[ま]mid1A#[ま]


【地声最高音】hiB(B4)  ※転調後(+1)サビ

★"あhiB[な]hiA[た]m2F[は]しんhiA[き]m2G[ろ]F[う] 

※転調前はhiA#が最高音。歌唱は井口さんが行っております。

【補足】mid2Emid2G#の注意箇所

★あなたが蜃気m2F[楼]に見m2G#[え]m2F#[た]F[の](Bメロ)

★生きるこm2F#[と]m2F[は]大変F[で](Cメロ)
★歩いてりゃ誰か失っm2F[て]
★世界はさっかm2F[く]だらけ"

★無邪m2E[気]に笑っm2F#[て]みせて(転調後サビ)
★ぼm2E[く]を振りまm2G[わし]m2F#[て]
★心のうm2E[ち]m2G[なん]m2F#[て] わかりゃしE[ないっ]

『あなたは蜃気楼』(King Gnu)









 まず、『あなたは蜃気楼』についてです。この楽曲は、2017年に4人組ロックバンドKing Gnuによりリリースされたアルバム『Tokyo Rendez-Vous』(トーキョー・ランデブー)に収録されているナンバーです。初のフルアルバムになります。『あなたは蜃気楼』はアルバムの発売後にMVが公開され、2020年2月現在、約500万回もの再生回数を記録しています。

 『あなたは蜃気楼』はミディアムテンポのロックナンバーです。冒頭のデジタル色の強いキーボードが印象的です。ストリングスなどが使用されることも多いKing Gnuですが、この楽曲はバンド色が強いです。歌メロディーについてもAメロBメロサビのような形を取っており、多くの人に馴染みやすい構成なのではないかと思います。メインボーカルは、バンドのフロントマンで低音パートを担当する常田大希さんが担っております。

 『あなたは蜃気楼』の音域的な特徴についてです。ツインボーカルということもあり、非常に広い音域です。メインボーカルの常田さんはlowG#~mid2G#辺りを担当しています。もし高音パートを担当してくれる方が居るならば、低音パートは大体mid2F#辺りまで歌唱できれば良いと思います。一方、高音パートはhiB辺りまで歌唱しております。場合によっては、高音パートは女性が担当しても良いかもしれません。サビは一人で歌うのは大変なのではないかと思います。
 


 さて、『あなたは蜃気楼』の音域についてですが、【地声最低音】lowG#(G#2) ~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高く、広いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBについてですが、転調後のラストサビで登場します。通常サビはhiA#が最高音になります。メインボーカルの裏のコーラスのような形なのですが、歌詞表記もしっかりされており、表現として重要な場面です。
 ただ、仮にhiBを歌いこなせたとしても、メロディーが矢継ぎ早に登場し、2つのパートが重なっている場面もございます。サビのメロディーを一人で歌うのは難しいです。ベストな選択としてはボーカルを2人用意して、高音パートと低音パートに分けることです。高音パートは女性でも良いと思います。仮に一人で歌唱する場合は、メロディーのどこかをカットした方が良いと思います。

 『あなたは蜃気楼』は音域が広めであるため、キーの調整は行いにくいです。低音パートの常田さんでも2オクターブの音域で歌唱されておりますので、普段歌い慣れていない人は別の曲で練習した上でチャレンジするのが良いと思います。

 King Gnuの曲全般に言えるのですが、メインボーカルが低音と高音を分けて歌唱するようなグループはボーカルを二人用意した方が完成度を高めやすいです。King Gnuのような高音パートは女性の方が適任者が見つかりやすいかもしれません(最近は動画投稿サイトなどでハイトーンボーカルを披露する男性も増えています)。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー