J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

B'z

『DEEP KISS』(B'z)の音域

 こんにちは。今回はB'zの『DEEP KISS』(1997)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『DEEP KISS』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、よこやまーさんのドラムカバー動画を添付いたします。


『DEEP KISS』(B'z)

『DEEP KISS』(B'z)










【地声最低音】mid1D#(D#3)  

★ハヤかったm1D#[り] ヘタクソだったD#[り](1番Aメロ)


【地声最高音】hiG(G5)  

★そりゃhiA#[他]hiC[にお]hiD[とこ]C[も]A#[で][る]わぁhiG[ぁぁ]

※サビの直前です。また、2番終了後のフェイクもhiGです。


【補足】mid2G(一部略)hiD辺りの注意箇所

hiA[イヤイヤ]hiA#[イヤ]A[イヤ]……
★予想m2G[通]りあの娘は逃げちゃった 

hiA#[僕にはぼ]hiA[くの夢]m2G[がある] 
hiA[ふられつづ]m2G[けてもこ]たえない
hiC[強]hiA#[力な][び]C[し]hiD[さ]A#[に]負けなA#[い] 
hiC[ア]hiA#[イアン]マンになりA#[た]hiD[ぁぁい]
hiC[石]hiA#[の]A#[う]D[に]



 まず、『DEEP KISS』についてです。この楽曲は、1997年にロックユニットB'zによりリリースされたアルバム『SURVIVE』に収録されています。アルバムの1曲目を飾ります。同アルバムには『Liar! Liar!』、『Calling』、『FIREBALL』といった楽曲が収録されています。

 『DEEP KISS』は激しいハードロックナンバーです。私なりのイメージなのですが、歌唱難易度が高いB'zの楽曲群の中でも「特に難易度が高い作品の1つ」として、この曲がよく列挙されております。図にも示すように、高音域が非常に高いです。

 『DEEP KISS』の音域については、広めなのですが、低音部分に余裕がありますので、キーを下げることは可能だと思います。原曲キーでの歌唱は大変ですが、キーを下げて歌ってみるのも良いのではないかと私自身は考えております。





 さて、『DEEP KISS』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiG(G5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiGはサビ前で登場します。【そりゃhiA#[他]hiC[にお]hiD[とこ]C[も]A#[で][る]わぁhiG[ぁぁ]】の部分です。この辺りは、一般的な男性の声域ではありませんので、キーを下げて歌ってみた方が良いのではないかと思います。
 『DEEP KISS』は音域自体は広めですが、しっかり歌い慣れた男性であれば、キーを下げれば一通りメロディーをなぞることは可能だと思います。そこから、上手く自分なりの表現に持って行ったり、もしくはB'zの稲葉さんのような表現を目指すのも良いと思います。ただ、やはり原曲キーで歌唱するのは非常に大変だと思います。

 『DEEP KISS』は低音部分に余裕がありますので、キーを下げることも可能です。ただ、原曲のような表現をするにはかなりの努力が必要になります。その点は留意しておいてください。
 普段歌い慣れていない人の場合は、正直最初は手も足も出ないのではないかと思います。『DEEP KISS』は初心者の練習曲としては不向きですので、別の曲で練習した上で少しずつレベルアップしていってください。B'zは1990年代半ば頃までの作品が、比較的キーが低め[hiA~hiBくらい]で歌いやすいですので、まずはその辺りを目指してみると良いのではないかと思います。

 『DEEP KISS』はB'zの楽曲の中でもかなり難しい部類の作品であり、歌う人を選ぶ作品です。ハードルは非常に高いのですが、歌いこなせると非常にカッコイイと思います。。



『Pleasure'91 〜人生の快楽〜』(B'z)の音域

こんにちは。今回はB'zの『Pleasure'91 ~人生の快楽~』(1991)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、sakさんのギターカバー動画を添付いたします。こちらであれば、ボーカル稲葉さんの表現がフル尺で確認できます。
 また、テラーニさんによる『Pleasure 2008』のギターカバー動画も併せて添付いたします。


『Pleasure'91 〜人生の快楽〜』(B'z)、Pleasure'91 ~Jinsei no Kairaku~


『Pleasure'91 〜人生の快楽〜』(B'z)











【地声最低音】mid1E(E3)  

m1E[い]たみ まだ覚m2E[え]てるの 

【地声最高音】hiA(A4)  ※各サビで1回ずつ登場

★そんなm2G#[余]hiA[裕]G#[は]m2F#[い]F#[ない]G#[の]F#[か]


※Pleasure'08では【胸を張って生きるしかhiB[ない]】の2番の部分が最高音です

【補足】mid2Emid2G#辺りの注意箇所

m2E[ひと]E[ん]じゅうギターと女の話で
★盛り上がってたm2E[あ]いつも

★いつm2E[の]m2F#[まに]E[か][の]F#[ま]E[に] (サビ)
★丸m2E[め]m2F#[込ま]E[れ][の]F#[は]m2G#[僕?]



 まず、『Pleasure'91 ~人生の快楽~』についてです。この楽曲は、タイトルにあるように1991年に2人組ロックユニットB'zによりリリースされました。シングル曲『LADY NAVIGATION』のカップリング曲(2nd beat)として収録されましたが、その後ベストアルバムにも収録されるなど人気の高い作品になっています。『Pleasure 2008』といった具合に、ライブで披露されたり、音源化される度にタイトルの西暦が変化していき、歌詞も微妙に変化しているようです。

 『Pleasure’91』はミディアムからアップテンポのロックナンバーです。ライブ盤については私自身把握していないのですが、98年にリリースされた『Pleasure’98』でよりロック色が強くなり、一部ギターのフレーズも加えられました。歌メロについては構成自体は大きく変わっておりませんが、ボーカル稲葉さんの発声についてはよりロックテイストになっております。
 
 





 さて、『Pleasure’91』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAは各サビで1回ずつ登場します。B'zの作品は全体的にキーが高いのですが、活動初期の楽曲についてはhiA辺りが最高音の作品も多く、比較的手を付けやすいです。デビューから1990年代半ばくらいが目安だと思います。ただhiAは一般的な男性としては少し高めでありますので、キーを少し下げる選択肢も考えておいてください

 (※余談ですが、B'zのクリスマスソング『いつかのメリークリスマス』もキーが高くなく、音域も広くないため、記事として取り上げようと考えていたのですが、タイミングを逸してしましました。)

 『Pleasure’91』は音域自体は広くありません。よって、キーの調整も行いやすいです。普段歌いなれていない人がキーを下げて歌唱することも可能です。その点においては融通が利きやすいと思います。
 ただ、B'zの作品はボーカル稲葉浩志さんの力強い声色が特徴的です。キーを下げたからといって、原曲のテイストに近い表現ができるわけではありません。しっかり練習を重ねてください。

 『Pleasure’91』は初期の作品ということもあり、B'zの作品群の中では比較的手を付けやすいです。「B'zに興味があるけど、キーが高すぎて歌えない」という方は、この曲をはじめ、初期の作品にあたってみてください。初期の作品はややポップ色が強いです。



『イチブトゼンブ』(B'z)の音域/ドラマ『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』主題歌

 こんにちは。今回はB'zの『イチブトゼンブ』(2009)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。

 なお、『イチブトゼンブ』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。よって、代わりとしてall-tab.netさんによるギター演奏の動画を添付します。こちらの動画で、歌メロディーおよびボーカルのニュアンスがフル尺で確認できます。


『イチブトゼンブ』(B'z),Ichibu to Zenbu


【地声最低音】mid1G(G3)  

m1G[ア]ナタはわたG[し]のほんのイチブしか知らない


【地声最高音】hiD(D5)  ※楽曲全体で1回

★愛しい理由を見m2G[つ]hiA[け]G[た]A[の]hiD[な]hiB[ら](ラストサビ)

※ここを除くとhiCがサビで複数回登場します。



【補足】mid2GhiCの注意箇所

★勝ち誇るm2G[よう]に笑われても(Aメロ)
★オカズにm1G[な]れるくら2G[い]hiA[で]m2F#[す]

★すm2G[べ]hiA[て]G{知]A[るの]hiB[は](サビ)
hiB[ぼ]hiC[く]m2G[らは]どうB[し]hiA[て]
★せいm2G[ふ]hiA[く]G[し]A[たが]G[る] 
★愛しm2G[ぬ]G[る]hiA[ポ]hiB[イン]A[ト]G[が]
m2G[ひ]hiA[と]hiB[つ]hiC[あ]B[りゃ]A[い]G[い]のに

★僕だけが見m2G[え][い]ること どれもG[ホン]トのこと(Cメロ)

『イチブトゼンブ』(B'z)









 まず、『イチブトゼンブ』についてです。この楽曲は、2009年に2人組のロックユニットB'zによりリリースされたシングル作品です。『DIVE』との両A面シングルとしてリリースされ、アルバム『MAGIC』に収録されております。この楽曲は、フジテレビ系月9ドラマ『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』のために書き下ろされ、大ヒットを記録しました。こうしたこともあり、ファン以外の多くの人にも知られている楽曲であります。

 『イチブトゼンブ』はミディアムテンポのロックナンバーです。サウンドはハードロックなのですが、ドラマのタイアップということもあり、馴染みやすい歌メロディーでもあります。歌メロはAメロとサビ、Cメロで作られており、比較的シンプルな構成です。私なりのイメージですが、サビの直前のメロディーが取りづらいと感じました。

 『イチブトゼンブ』の音域的な特徴についてです。ハードロックナンバーということもあり、非常にキーが高いです。ただ、低音部に余裕がありますので、キーを下げて歌唱することも可能であります。



 さて、『イチブトゼンブ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見てきます。

 まず、地声最高音hiDはラストのサビで登場します。この場面を除くと、サビではhiCが複数回登場しますので、最低でもhiCくらいまで歌いこなせる必要があると思います(hiDまで歌えるに越したことは無い)。

 これらの音域は一般的な男性の音域よりもかなり高いです。よって、キーを下げて歌唱することが一般的なのではないかと思います。私なりのイメージですが、原曲キーから5つ下げて、地声最高音hiA位にするとよいのではないかと考えております。hiAは一般的な男性の音域よりも少し高いですが、サビで頻出するhiCがmid2Gに設定されます。少し苦しいくらいで歌唱した方が原曲のニュアンスに近づけるのではないかと思います。ただ、このキーであっても、歌い慣れた人でないと滑らかな発声が損なわれますので、その点は留意しておいてください。

 『イチブトゼンブ』は低音部分に余裕がありますので、キーの調整はしやすいと言えます。歌い慣れていない人でも歌唱可能なキーまで下げることも可能ではないかと思います。ただ、うまく音程が取れたとしても、ボーカルの細かい抑揚まで再現するには練習が必要です。その点は注意してください。練習をしていく中で少しずつ高いキーにも挑戦できるようになると思います(原曲キーは非常に難しいです)。



『LOVE PHANTOM』(B'z)の音域

(2020/01/12)ラストサビの音域表記に一部ミスがありましたので修正しました(m2F#hiA)。

 こんにちは。今回はB'zの『LOVE PHANTOM』(1995)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。

 なお、『LOVE PHANTOM』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。よって、替わりにtabatie1119さんがギターを演奏している動画を添付いたします。こちらならば、歌メロディーおよびVo稲葉さんの歌声が大よそフル尺で確認できます。


『LOVE PHANTOM』(B'z)


【地声最低音】mid1C#(C#3)  

※ラップパートの部分で登場。そこを除くと、mid1F#が最低音です。カラオケなどでは後者が最低音として記述されているようです。

【地声最高音】hiB(B4)  ※各サビで1回ずつ、ラストは2回

★がまんm2F#[で]hiA[き]hiB[ない] m2F#[ぼ]くを全F#[部あ]げよう
m2F#[ぼ]くを全hiA[部][あ]げ]F#{よ]hiB[う]



【補足】mid2F#hiAの注意箇所

★いらm2F#[ない]F#[も] 捨てF#[て]hiA[し]F#[ま]おう (サビ)
m2F#[き]みを探し彷徨F#[う] hiA[MY] F#[SOUL]

★せわしい街のカンジがいやだm2F#[よ] 君はいないかm2F#[ら]
★「途m2F#[中]]の人」F#{は]F#[いね]ぇ(Aメロ)

『LOVE PHANTOM』(B'z)









 まず、『LOVE PHANTOM』についてです。この楽曲は、1995年にロックユニットB'zによりリリースされたシングル作品です。元々は、シングル曲としてのリリース予定は無かったそうです。アルバム『LOOSE』に収録されており、ベストアルバムなどにも収録されております。ヒット曲の多いB'zですが、この『LOVE PHANTOM』は知名度の高い代表作の一つと言えるのではないかと思います。

 さて、『LOVE PHANTOM』についてですが、歌メロディー自体はAメロとサビの2つしか存在しない比較的シンプルな作りのロックナンバーです。音域分析をやっていて初めて気付いたのですが、歌メロディーは基本的にヨナ抜き音階で作られています。シンプルな歌メロディーでありながらどこか懐かしさや親しみやすさを感じさせるのは、こうした仕掛けがあるのではないかと思います。

 さて、『LOVE PHANTOM』の音域的な特徴についてです。B'zの楽曲は基本的に高音域が高い作品が多いのですが、これはその中では少し抑え気味に作られています。以前、「B'zは初期の作品の方がポップで、音域が低めなので取っ付きやすい」といったようなことを私自身言及した記憶があります。hiBが最高音なので基本的には高いのですが、ラップパートを除けば、キーの調整もしやすいです。B'zを歌いこなしたいと考えている方は、初期の作品に注目してみてもよいかもしれません。 『LOVE PHANTOM』以前だと、更に取っ付きやすい楽曲が多く見られます。




 さて、『LOVE PHANTOM』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiB(B4) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。
  
 まず、先にも述べましたように、地声最低音mid1C#はラップパートで登場します。Aメロとサビの2つの歌メロディーではmid1F#が最低音です。その点に気を付けておくと、キーの調整の際に役に立ちます。

 地声最高音hiBはサビの【がまんm2F#[で]hiA[き]hiB[ない]】の部分です。この辺りの音階は、歌い慣れた高いキーの得意な方であれば、克服可能だと思います。ただ、やはり一般的な男性の場合は少しハードルが高いですので、キーを下げることも選択肢に入れてください。例えば、原曲キーから2つ程度下げて、hiA辺りに設定すると難易度は少し下がります。
 B'zはハードロック系のボーカルですので、高音域をエモーショナルに発声した方がニュアンスが表現しやすいです。原曲に近づけたい場合、余裕を持って歌唱するよりは、少しギリギリぐらいのキーを上手く歌いこなしたいです。よって、今回はhiAを例にしてみました。各々キーが異なりますので、ひとつの参考にしてください。

 先に述べたように、『LOVE PHANTOM』は歌メロの部分だけだと、音域自体はそこまで広くありません。よって、キーの調整なども行いやすい楽曲と言えます。ただ、稲葉さんのような表現を目指したい場合、キーを下げるにしてもしっかり歌い慣れておく必要があります。よって、キーを下げれば、原曲に近い表現が出来るわけではありませんので、しっかり練習を重ねてください。

 ちなみに女性が歌唱する場合、歌い慣れた人であれば、少しキーを上げた方が歌いやすいと思います。歌メロがヨナ抜きで懐かしさを感じさせますので、必ずしもハードな歌声を目指す必要はないと思います(これは男性にも言えます)。


『Real Thing Shakes』(B'z)の音域

こんにちは。今回はB'zの『Real Thing Shakes』(1996)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、『Real Thing Shakes』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVがフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はショートバージョンになります。ご了承ください。


『Real Thing Shakes』(B'z)

『Real Thing Shakes』(B'z)










【地声最低音】mid2A(A3) 
 ※2番サビラスト

★I got something, m2A[I] need to say


【地声最高音】hihiA(A5)  ※2番AメロとCメロ

☆I just hiD[want you] hiE[to] D[get] hiF#[closer to] hihiA[me]
★I can tell you, hihiA[I've been] hiG[ach-][-ing]hiF
★Who's cryin', hihiA[who's] hiG[cry-]hiF[-ing] hiG[no-]F[-w?]

※☆の部分は裏声のようにも聞こえるのですが、今回は地声としました。


【補足】hiB(一部のみ)~hiF#

hiB[Can't] hiD[fall] hiB[a-][-sle-]hiE[-ep], hiB[I don't know] why(Aメロ)
★I know it's hiD[not] cause of the world situa-[-tion]D
hiD[Watching T]hiF#[V] bad news D[all a-]hiE[-rou-]D[-nd]
★But that's hiD[not the] hiE[re-]D[-ason] hiF#[I'm so] hiE[scare]D[d] E[no-]D[-w]

★You and me, we can find hiA[a way to] hiB[fly](サビ)
★Don't wanna lose you, don't wannahiD[ turn] a[way](Cメロ)
★You and me, we can find a way hiD裏[ to fly](ラストサビ)


※hiBを全て記載すると表記がカオスになりますので、ごく一部のみ記載します。



 まず、『Real Thing Shakes』について説明します。この楽曲は、1996年に2人組ロックユニットB'zによりリリースされたシングル作品です。オリジナルアルバムには収録されず、ベスト盤に収録されています。タイアップとして、ドラマ『俺たちに気をつけろ。』の主題歌として起用されました。

 『Real Thing Shakes』はオーストラリアのハードロックバンドAC/DC(エーシー・ディーシー)を想起させるようなハードなナンバーとなっております。B'zのシングル作品は、大体この頃からハードロック寄りになっていった印象があります。
 それまで、B'zはポップ寄りの作品も多くリリースしてましたもし、カラオケなどでB'zを練習したい場合は、『Real Thing Shakes』以前の作品の方が歌いやすいのではないかと思います。
  
 『Real Thing Shakes』の音域的な特徴などについてです。『Real Thing Shakes』は歌唱難易度が高い楽曲の一つとしても知られています。特徴としては、サビの方がキーが低く、逆にAメロはすべてhiA以上のキーで歌唱されています。また、Cメロなども非常に高い音域になります。




 さて、『Real Thing Shakes』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hihiA(A5) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、以前より申し上げている個人的な印象ですが、ハードロック、メタル、ハードコアなどでは一般的なポップミュージックなどとは少し異なる発声がされています。ポップ色の強い楽曲でもそうした発声がされることもよくありますが、とりわけハードロックなどはそうした色合いが強いです。
 個人的なイメージとしては、声をやや強めに張ることで、高いキーが出やすくなります。がむしゃらに声を張るのではなく、上手くコントロールしてください。家で練習するのは近所迷惑にもなりかねないですので、カラオケ等で練習してみても良いと思います。『Real Thing Shakes』を歌唱する場合、間違いなくこうした発声が必要になるといえます。


 それらを踏まえてみていきます。地声最高音のhihiAについてです。hihiAのキーは日本でもたまに見かけますが、多くはありません。『Real Thing Shakes』では3箇所、hihiAが登場します。私の印象ですが、難しいのは2番Aメロの部分です。上述の☆で示されている箇所です。こちらは無理に地声で歌唱しなくてもよいのではないかと思います。起用に裏声が出せる方であれば、それもありだと思います。ハイトーンのシャウトなどに自身のある方はCメロの方からチャレンジしてみてください。

 Real Thing Shakes』は一般的な男性の音域よりもかなり高いです。よって、キーを下げて挑戦してみるのも個人的にはよい選択肢だと思います。こういう高音域の楽曲は、どうしても原曲キーにこだわってしまいがちです。しかし、たとえキーを下げたとしても原曲に近いニュアンスが再現できるのであれば、それはすごい完成度の歌唱であると私は強く信じています。

 たとえば、B'zの作品にしても『Real Thing Shakes』のような高音域ばかりの楽曲はそこまで多くは見られません。ある程度自分が歌いやすいキーから少しずつ幅を広げていけばよいのではないかと思います。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー