J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

MY FIRST STORY

『失踪FLAME』(MY FIRST STORY)の音域

 こんにちは。今回はMY FIRST STORYの『失踪FLAME』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『失踪FLAME』(MY FIRST STORY)
『失踪FLAME』(MY FIRST STORY)









【地声最低音】mid2C#(C#4)  

【補足】の☆参照

【地声最高音】hiD(D5)  

★ hiA[I don't] hiC#-hiD[un][der][stand] hiB[it no-][-w]A【Aメロ後半】

hiA[Until the] hiC#[day] hiD[I'll] C#[reach], B[the wa]C#-B-A[y][y][y]【ラストサビ後半】


【補足】hiAhiC#を含むフレーズ一覧

hiA[The stars] m2G#[will] cry m2C#[Be]A[co][ming]G#【Aメロ】

hiA[Why don't] hiB[you want] A[to] [find] B[a "Rea-][-son]A 【Aメロ後半】
m2G#[and the] hiA[time] G#[has] [gone].

★永hiA[遠]?終[焉]?A[なん]【Bメロ】
hiB-hiA[もう][明なん]か]hiC#[なく]B[なっ]A[て]
hiA-hiB[ま[た]消し[去っ]てい]hiC#[た]

★When hiA[I'm] hiC#[done], hiB[I'll ne][ver] C#[fall] B[into] [the] B[gro][un]d【サビ】
★t's hiC#-hiB[co-][-ming back] hiA[to] [me] C#[now] 
★何hiC#[度]hiB-hiA[もずっ][う]そかB[さなっ]C#[て]
hiB[止め]hiC#[られ][ない]hiA[ぼ][くを]C#[待っ][てい][る]B[の]A[ぉ]

hiA[All] m2G#[I] [know] G#[is] [I'm] hiB[not yo][u]【Cメロ】
hiC#[I] hiB[ask] hiA[you]  [Will] [you] Stay [With] [Me?]

hiC#[I] hiB[will] hiA[be For]ever with [you]. 【ラストサビ後半】


 まず、『失踪FLAME』についてです。この楽曲は、2015年にロックバンドMY FIRST STORYによりリリースされたシングル作品『ALONE』に収録されております。アルバムとしては、2019年にリリースされたミニアルバム『THE PLUGLESS』に収録されました。いわゆるカップリング曲でありますが、MVも制作されております。

 『失踪FLAME』はアップテンポのロックナンバーです。イントロはゆったりとしたテンポ、サウンドで始まりますが、途中から徐々に激しさを増していきます。同曲は、ラストのサビの後にアウトロで特別な歌メロが用意されております。その点で、ドラマティックな構成でもあります。

 『失踪FLAME』の音域的な特徴についてです。上述のように、音域自体は広くないですが、キーは男声としてはかなり高めです。音域が広くない分、高めの音階が頻出します。声域的には女性の方が歌いやすいかもしれません。



 さて、『失踪FLAME』の音域的な特徴についてですが、【地声最低音】mid2C#(C#4)~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDについてはAメロとラストのサビ後半で登場します。曲全体で4回程度です。また、上述のようにhiC#が乱舞します。どのフレーズにもhiA以上の音階が登場しますので、持久力も要求されます
 一般的な男性の場合、キーを下げた方が歌いやすいです。ただ、ボーカルのニュアンスなどを考えると、自分が使いこなせる音域のギリギリ位を激しく歌いこなす必要があります。ただキーを調整するだけでは、原曲のような表現にはなりにくいかもです。

 『失踪FLAME』は音域自体はほぼ1オクターブで広くありません。そのため、キー調整などはしやすいです。ただ、先にも述べたように、ボーカルがかなり激しめですので、キー調整するにしても歌い慣れておく必要があります。

 同曲を原曲キーで歌唱する場合は、hiC#が乱舞する等極めて難易度が高いです。①音域が狭い、②キーは高いという特徴を備えているため、持久力も要求されます。どちらかといえば、女性の音域に近いといえます。女性にも強くお奨めしたいです。



『REVIVER』(MY FIRST STORY)の音域

こんにちは。今回はMY FIRST STORYの『REVIVER』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『REVIVER』(MY FIRST STORY)
『REVIVER』(MY FIRST STORY)









【地声最低音】mid1D(D3)  

★濡れたm1D[世]界は僕一人D[だと] (ラストサビの低音部分)


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※サビで登場

★This is my on[ly]hiA hiA#[way]hiD[の]hiD#[ま][ま]【サビ】
hiD[I] will hiC[stay] alive D[pray]ing C[for] hiD#[my][self]D 

※曲全体で6回

【補足】hiA#hiDを含むフレーズ一覧

★いhiA-hiA#[ま[朽]ち]A[て][た]A[だ]A#[め][の]中で【サビ】 
★(闘いながら)手hiC[に入]hiD[れた]

★何処か遠く知らない場所で目hiA[覚]hiA#[め]
★たっhiA#[た]hiA[ひ]とつのいA#[の]A[ち][で][yeah]hiC
★何千、何百、何十、何hiB[年]hiC[だっ]B[て]

※2番終了後の英語詞ラップパートは高音部分がhiC。後半で連発される


 まず、『REVIVER』についてです。この楽曲は、2017年にロックバンドMY FIRST STORYによりリリースされました。アルバム『S・S・S』に収録されております。スマートフォンゲーム「オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-」の主題歌としてタイアップが付きました。

 『REVIVER 』マイファスらしいアップテンポのハードコアナンバーです。ラストのサビでは一旦キーが3つ下げられて、その後通常のキーに戻っております。こうすることにより、通常サビと同じキーであっても、ラストを上手く強調することが期待できます。

 歌メロの音域については、hiD#、hiDが多く登場するなど、男性曲としては極めて高いです。一般的な男性の場合、キーを下げて歌唱した方が歌いやすいです。



 さて、『REVIVER』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiD#は各サビで2回ずつ登場します。同時にhiD辺りも多く登場するので、男性の楽曲としては極めて高いです。一般的な男性の場合はキーを下げて歌唱した方が歌いやすいです。

 また、私なりのイメージなのですが、サビ後半の【hiD[I] will hiC[stay] alive D[pray]ing C[for] hiD#[my][self]D】の部分は、ヘッドボイス気味に歌唱しても良いかもです。そうすることにより、地声ですべて歌唱するよりも体力を節約できます(声量が少し減退するというデメリットはあります)。裏声の得意な方などは試してみてください。

 『REVIVER』は音域自体が広めであります。キー調整をするとしても歌い慣れておく必要があります。声の高い歌い慣れた人向けの楽曲といえます。また、2番終了後に登場する英語詞のラップパートは、キーも高めですが、歌詞をしっかり覚えておく必要があります。
 原曲キーの場合は、サビメロでhiC~hiD#辺りの高めの音が続くので難易度としては高めになります。Hiroさん自身もライブでは半音下げて歌唱することもあるようです。




『1,000,000 TIMES feat. chelly (EGOIST)』(MY FIRST STORY)の音域

こんにちは。今回はMY FIRST STORYの『1,000,000 TIMES feat. chelly (EGOIST)』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。リクエストによる選曲です。


『1,000,000 TIMES feat. chelly (EGOIST)』(MY FIRST STORY)
『1,000,000 TIMES feat. chelly (EGOIST)』(MY FIRST STORY)









【地声最低音】mid1G#(G#3)  

m1G#[と]おい宇宙の星 hiB[平]hiA#[衡]したまま(Aメロ)
★同じ夜をm1G#[ね]がいながら見上げた


【地声最高音】hiE(E5)  ※各サビ1回ずつ

★乗り越hiB[え]る意B[味]があhiE[る]hiD#[から](サビ)


【裏声最高音】hiE(E5)  ※サビ前で登場

★手を伸hiA#[ば]しhiE裏[て]hiD#[る](Bメロ)


【補足】hiB(一部略)hiD#の注意点

★本hiB[当の]B[りに] hiC#[い][ま(Bメロ) 

★悪かしくhiB[うる]B[しいじん]hiD#[せ]いが 息苦しく[ても](サビ)
★目標(かべ)はhiB[た]かければ hiC#[た]hiB[かい]B[ど] 
★闘い続けていhiD#[く]から

hiB-hiC#[[な][が][な]きゃ[は]]hiD#[ま][ら]ない[よ] (サビ後半)
★「誰」も「何」hiD#[も]hiC#[言]hiB[えやし]ないB[よ]
hiB[か][や][り]hiC#[せ]hIB[か]いへと 変えれB[る]
★ひとhiB[り]じゃhiC#[な]B[か]hiD#[ら]

★心hiB[を]hiC#[か]hiD[たく]閉ざし(2番Aメロ)
★あのhiB[日の] B[や]くそB[く]をぉ 果hiC#[た]ihD#[して](ラスサビ前)



 まず、『1,000,000 TIMES feat. chelly (EGOIST)』についてです。この楽曲は、2020年にロックバンドMY FIRST STORYによりリリースされたシングル作品で、音楽ユニットEGOISTのchellyさんとのコラボ曲です。タイトルは、「ミリオンタイムズ」と読みます。同曲は、ゲームアプリ『デュエル・マスターズ プレイス』のために書き下ろされました。

 『1,000,000 TIMES』はシングル曲は、EGOIST・chelly(チェリー)さんとのコラボになっておりますが、アルバム『Ⅴ』ではボーカルHiroさんのソロとして歌唱されております。今回の音域調査は、シングル版を調査しておりますが、2つのバージョンを聴き比べてみるのも面白いと思います。

 さて、『1,000,000 TiMES』の音域についてですが、男性曲としては極めて高く、むしろ女性曲に近いです。上述しておりますが、サビメロが長く、hiD#が頻出します。音域自体はでたらめには広くないので、キー調整は可能です。ただ、そうした特徴こそが、原曲キーでの難易度を非常に高めております。






 さて、『1,000,000 TIMES feat. chelly (EGOIST)』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiE(E5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEは各サビで1回ずつ登場します。ここも重要なのですが、上述のようにサビを中心にhiD#が多く登場します。このhiD#辺りが安定的に歌えると形になりやすいです(男性には難しいです)。
 マイファスにはhiD#が頻出する『Missing You』(過去記事)という曲があるのですが、感覚的にはこちらよりも『1,000,000 TIMES』の方がずっと難しいです(『Missing You』が簡単というわけではない)。
 この辺りは一般的な男性の音域よりもかなり高いですので、キーを下げたりして調整してください。ただカラオケの際は、男性の場合はキーを下げるよりも、キーを4つ程度上げて、1オクターブ下を歌唱した方が調整しやすいと思います。

 『1,000,000 TIMES』は音域自体は滅茶苦茶には広くないですので、キー調整はしやすいです。ただ、歌いこなすには、やはりしっかり練習を重ねておく必要がありますので、キーを調整するにしても歌い慣れていた人向けの楽曲です。

 ちなみに、この楽曲は、女性でも歌唱することが可能です。原曲キーで歌唱することも可能だとは思いますが、一般的にはキーを少し下げて、歌唱した方が歌いやすいのではないかと思います。(キーを調整する場合でも、歌い慣れていない人向けの作品です)。




『アンダーグラウンド』(MY FIRST STORY)の音域

(2020/12/07)地声最高音をhiC⇒hiDに変更しました。

こんにちは。今回はMY FIRST STORYの『アンダーグラウンド』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲ですが、後々リクエストもいただきました。


『アンダーグラウンド』(MY FIRST STORY)、Underground
『アンダーグラウンド』(MY FIRST STORY)









【地声最低音】mid1D(D3)  ※1番Aメロのみ

m1E{そう]m1D[じゃ]E[ない] [そう]D[じゃ][ない](Aメロ)


【地声最高音】hiD(D5)  ※曲全体で2回


hiA[じぶ]A[の]A[ころを]hiD[こ]hiB[ろしな]A[が]ら(1番・ラストサビ)

※hiDは落としても違和感は少ないです。
※他の同じフレーズではhiDのところがhiCになっています。


【裏声最高音】hiD(D5) ※曲全体で2回

hiB[ひ]hiD裏[と]B[り]hiA[で]A[か]hiA#[え]A[込]むだけ(2番Aメロ)
★このいのhiD裏[ち]hiA[ぃを]A[け]hiB[る]のは(2番Bメロ)


【補足】hiAhiCの注意点

★ただの自分至上hiB[主義]hiA[な]だけ(Bメロ)
★ 優しい嘘はやめて 金hiB[輪]hiA[際] ねえ?
★小さな夢を思hiA[い]hiB[出]してA[た]hiC裏[も]hiB[う]…嫌」
★願い事はひhiA[と]A[だ]hiB[け]

★「愛されhiB[たい]」愛されないhiC[ぼ]B[く]hiA[は]B[ぁ] (サビ)
★何か求hiC[め]hiB[て] hiA[ほ]んとhiC[うは]B[ぁ]
★「こんなせhiA[か]いには居hiC[たく]hiB[な]い」と
★ 立ちhiB[去ったアンダーグラウンド](サビ)

※hiCがサビで頻出します’(計25回)

 まず、『アンダーグラウンド』についてです。この楽曲は、2020年にロックバンドMY FIRST STORYによりリリースされたアルバム『V』に収録されております。アルバムの発売に先立ち、MVが公開されました。TVなどでも歌唱されており、リード曲といった位置付けだと思います。

 『アンダーグラウンド』はミディアムテンポのロックナンバーです。イントロのギターフレーズなどが非常に印象的です。また、Bメロサビを中心に歌メロが美しいと感じました。私自身は映画などの主題歌かと思ったのですが、タイアップは今のところ確認できません。

 音域については、地声最高音がhiCです。マイファスのシングル曲はhiD以上が登場することも多いので、それと比べると高音が抑え気味であります。ただ、登場回数が27回(裏声を含めると30回以上)ですので、難易度がいつもより低いというわけではありません。




 さて、『アンダーグラウンド』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiD(D5) 、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDについては、1番とラストのサビで1回ずつ登場します。ただ、瞬間的ですので、hiC等で代用しても違和感は少ないです。
 一方で、hiDに次ぐ高音としてhiCサビで頻出
します。各サビで8~9回、曲全体で25回登場します。登場回数が多いですので、hiCが歌いこなせるという人でも相当しんどいと思います。一般的な男性の場合、キーを下げた方が歌いやすいです。原曲キーから5つ程度を目安にしてみてください。

 『アンダーグラウンド』は当ブログがこれまで取り上げてきたマイファスの楽曲と比べて、音域は広めであります。キー調整は可能でありますが、それを考慮してもある程度歌い慣れた人の楽曲であります。

 一方、原曲キーの場合は、これまでのマイファスの作品同様に歌う人を選ぶ楽曲といえます。高音域が得意な人向けの作品です。私自身まだあまり歌唱していないのですが、恐らく歌メロがメロディアスな分、しっかり歌いこなせてないとミスが目立ちやすいです。最高音自体は、マイファスの人気曲と比較して高いわけではありませんが、難易度がそれらと比べて低いというわけではないと思います。



『不可逆リプレイス』(MY FIRST STORY)の音域 / アニメ『信長協奏曲』主題歌

こんにちは。今回はMY FIRST STORYの『不可逆リプレイス』(2014)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『不可逆リプレイス』(MY FIRST STORY)、Fukagyaku Replace
『不可逆リプレイス』(MY FIRST STORY)









【地声最低音】mid2A(A3)  ※Cメロのみ

★I don’t know why But you saved m2A[me].(Cメロ)

※Cメロで登場します。Cメロ以外では、mid2A#が低い


【地声・裏声最高音】hiD(D5)  ※曲全体で24回

★Wake in hiD-hiC#-hiA[Lone-li-ness!!] [Lone-li-ness!!](サビ)
★Falling hiA-hiD-hiC#[in-si-de] [your] hiB[sto]A[ry] 
☆何年hiD裏[経っ]hiC#[て]A[も]D[待っ]C#[て][も] 失くさぬD[様]C#[に]

※裏声のhiD部分は☆のところが分かりやすいと思います。


【補足】hiAhiA#の注意点

★walking after hiA[you!] after A[you!!](サビ)

★僕の影と重hiA[なって] 今 I can’t go back.(Aメロ)
★時代を今超えて ものがhiA#[た]hiA[る]
★I will be the brand hiA[new] hiA#[age] A[yeah] from this day!!
★I will save myself and the hiA[time] is A[now!!](サビ前)

hiA[I will prove] myself that I have lived today S-[tar]-ting Now!!(サビ)
★For the hiA[brigh]ter future(Cメロ)


 まず、『不可逆リプレイス』についてです。この楽曲は、2014年に5人組ロックバンドMY FIRST STORYによりリリースされたシングル作品です。2016年にリリースされたアルバム『ANTITHESE』に収録されました。
 『不可逆リプレイス』はテレビアニメ『信長協奏曲』の主題歌として書き下ろされた作品です。マイファスのファン以外の方にも知られている作品かもしれません。レーベルで公開されていたMVは2500万回を超えるなど、MY FIRST STORYの中でも人気の高い作品の一つであると思います。ちなみに、レーベルで公開されていたMVは現在削除され、マイファス自身の公式チャンネルで再公開されています。

 『不可逆リプレイス』は疾走感のあるハードコアサウンドです。要所要所でメタル風のフレーズも散見され、個人的にはワクワクします。歌メロについては、冒頭からサビが登場します。全体としてサビメロの割合が高い印象です。

 『不可逆リプレイス』の音域的な特徴についてです。ボーカルのHiroさんの特徴でもありますが、女性ボーカルのような声域で歌メロが作られております。とりわけ最高音hiDが裏声地声を含め、24回も登場します。一般的な男性の場合はキーを調整した方が歌いやすいのではないかと思います。音域自体はそこまで広くないですが、ボーカルのニュアンスなどを考慮すると歌い慣れた人向けの作品といえます。



 最後に、『不可逆リプレイス』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声・裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域と比べてかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDは各サビで3回ずつ登場します。 同曲はサビメロが多めであるため、楽曲全体で24回も登場します。Hiroさんは「静」の場面では裏声で歌唱し、バンド感の強い「動」の局面では地声に切り替えております。
 この辺りは、一般的な男性の音域と比べてかなり高いですので、キーを下げた方が歌いやすいと思います。ただ、ボーカルのニュアンスを考えると、自分の得意な音域でギリギリ出せる辺りに最高音を設定した方が、原曲のニュアンスが表現しやすいのではないかと思います。そうしたことから考えても歌い慣れた人向けの作品といえます。

 『不可逆リプレイス』は音域自体はそこまで広くなく、キーの調整は行いやすいです。ただ、ボーカルHiroさんのアクが強いですので、キーを下げるとしても表現力が要求されます。キーを大きく下げれば、歌い慣れていない人が合うレンジに設定することも可能ですが、上手く歌いこなすのは難しいと思います。キーを調整するにしても、歌い慣れた人向けの作品です。
 ちなみに、音域が「狭い分難易度が低い」というわけではなく、「高めの音域が連続して続く」という点で、持久力が要求されると思います。
 
 同曲は、音域的には女性の方が合いやすいかもしれません。男性のみならず、女性で興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。




管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー