J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

Eve

『蒼のワルツ』(Eve)の音域

こんにちは。今回はEveさんの『蒼のワルツ』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『蒼のワルツ』(Eve)、Ao no Walz(Eve)
『蒼のワルツ』(Eve)









【地声最低音】mid1A#(A#2)  

m1A#[懐か]しさに溺れた まだ青かった僕ら【Aメロ】
☆痛みも全部 m1A#[お]ぼえていたくて【Bメロ】

※☆はlowGにも聞こえるのですが、重要性は高くないです。


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※サビで多く登場

★ただ願っhiA#[て]願っA#[て 生まれ]m2G#[変わっ]m2G[て]【サビ】
★とm2G[お]m2G#[く]hiA#[ど]こかへ

★犯してきhiA#地[たあや]m2G[ま]ちも【Cメロ】

※【補足】もご参考下さい


【裏声最高音】hiF(F5) ※各サビで1回ずつ

★ただ灰になって 朧hiA#裏[げ]hiF[なっ]hiD#[て]【サビ】


【補足】mid2GhiD#を含むフレーズ一覧

★不確かm2G[な みら]G[を]hiD[う]hiD#[たっ]hiC[て]hiA#[は]【サビ】
m2G#[触]G[れ]たくて
★ほhiA#[ほ]m2G#[を]G[な]G#[が]hiD裏[れる]
★そのm2G[な]みだのあ[じは] いつG[かの や][そ]hiD#[く]
hiD[た]hiC[だ]灰になって 

★そのhiC裏[後][悔]m2Gさえも かけがえのないものだから【Cメロ】


 まず、『蒼のワルツ』(あおのワルツ)についてです。この楽曲は、2020年に男性シンガーソングライターのEveさんによりリリースされました。フィジカルとしては『廻廻奇譚/蒼のワルツ』のEP作品に収録されております。
 『蒼のワルツ』はアニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』のために書き下ろされました。Eveさんは、同アニメの挿入歌として『心海』も書き下ろしております。『ジョゼと虎と魚たち』は1984年に発表されて田辺聖子さんの短編恋愛小説であり、2003年には実写映画化されております(主題歌はくるりの『ハイウェイ』)。長らく愛されている作品の1つといえます。

 『蒼のワルツ』はゆったり目のバンド曲です。Eveさんの作品は歌メロの節回しが極めて速く、歌唱するのが大変なことが多いです。ただ、本作では歌メロ自体もある程度ゆとりがあり、その点で馴染みやすい形になっております。音域自体は広いのですが、Eveさんの他の作品と比べて取っつきやすい難易度なのではないかと思います(裏声がしっかり歌いこなせることが前提になります)。




 さて、『蒼のワルツ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A#(A#2)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。地声については一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#はサビで登場します。登場回数としては多めです。この辺りは一般的な男性の音域よりも高めですので、キーを下げて歌唱した方が歌いやすいです。目安として2つ程度キーを下げてみてください。

 同曲は、サビで歌声が多用されており、hiC~hiFなどの音が多く登場します。高めの音階になるのですが、裏声は、地声と比べて比較的努力が報われやすいです。少しずつ練習を重ねてください。

 『蒼のワルツ』は音域自体が広めの作品になりますが、少しであればキーを下げることが可能です。歌い慣れた人であれば、何とか形に出来る部分が見つかりやすいのではないかと思います。Eveさんの作品はキー調整が難しいことが多いのですが、『蒼のワルツ』はその点では少し融通が利きます。
 一方で、歌い慣れていない人向けの調整はやはり行いづらいです。その点は留意しておいてください。

 『蒼のワルツ』の難易度としては、歌メロのテンポが緩やかな分、Eveさんの人気作品と比べると取っつきやすい部類になるのではないかと思います。ただ、難易度が低いわけではなく、広めの音域を歌いこなす力と、裏声をしっかり使いこなす力が求められます。「滑舌は良くないけれど、裏声を含めて高音域は得意」といった方には特にお奨めしたいです。



『廻廻奇譚』(Eve)の音域【MV公開】

(2020/11/21)MVが公開されましたので、添付しました。

こんにちは。今回はEveさんの『廻廻奇譚』[かいかいきたん](2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 Eveさんは1週間前に『いのちの食べ方』(過去記事)を取り上げました。ブログで取り上げる楽曲は、出来るだけ同じアーティストばかりにならないように配慮しているのですが、今回は話題曲ということで、特別に間を置かずに取り上げます。


『廻廻奇譚』(Eve)、Kaikai Kitan(Eve)
『廻廻奇譚』(Eve)









【地声最低音】lowF(F2)  ※Cメロで1回だけ

lowG[不]格好に見えたかい lowF[こ]れが今の僕なんだ(Cメロ)

★あとはぱっぱらぱなlowG[な]か身無き人間(Aメロ)
★あの従順に従った欠陥のlowG[罰](2番Aメロ)
lowG[極]楽 往生 現実蹴って

★何者にもなれないだけのしかばlowG[ね]だ(Cメロ)

※最低音lowFはlowGに置き換えても違和感は少ないです


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※サビを中心に頻出

★だけどまだ 応えてくhiA#地[れ]hiA[よ](Bメロ[サビの直前])

★闇をhiA#[は]hiA[らっ]A#[て] 闇を[は][らっ][て]【サビ】 
★戯言などは 吐き捨ていhiA#[けと]hiA[ぉ]
hiA[い]m2G[ま][た]hiA#[だ] 
★呪い呪hiA#[わ]hiA[れ]m2G[た][ぼ][く]G[未]来を想[像し]A#[て] 

★凪いで 命を投げ出さhiA#地[ない]hiA[で](2番Aメロ)


【裏声最高音】hiD(D5) ※サビと2番のBメロ

★このhiD[しょう]hiC[た][を]ぉ(サビ)
★口の脆さにひhiD裏[たっ]hiC[て] (2番Bメロ)


【補足】mid2G(一部略)hiA#の注意点

★夢の狭間でhiA#裏[泣い]hiA[て]m2F[ない]で(Bメロ)

★夜のとm2G[ば]m2F[りが]降りたF[ら]合図だ(サビ)
★誰よりm2G[も][とく] G[在][ま][に][ま][し] 
★走ってこm2F[ろ]んで 消えないいm2G[たみ]抱いては


 まず、『廻廻奇譚』(かいかいきたん)についてです。この楽曲は2020年に男性シンガーソングライターのEveさんによりリリースされたシングル作品です。配信シングルであり、現在フィジカルでのリリースはありません。
 『廻廻奇譚』は、週刊少年ジャンプで連載されている同名漫画を原作としたアニメ『呪術廻戦』のために書き下ろされました。『呪術廻戦』は2020年現在、発行部数が1000万部を超える人気作です。

 『廻廻奇譚』はアニメのオープニング曲ということもあり、アップテンポのロックナンバーです。歌メロについては、Eveらしく非常に広い音域で歌メロが作られております。キーの調整がしにくく、低音も高音も広いので、初心者殺しとも言えると思います。




 さて、『廻廻奇譚』の音域についてですが、【地声最低音】lowF(F2)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高く、広いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音lowFはCメロで1回だけ登場します。ここは、lowG辺りで代用しても違和感は少ないと思います。AメロとCメロを中心にlowGが多く登場します。
 私なりの経験なのですが、低音域が連続するとき、私は低音域向け専用の発声をしています。エッジボイスという少しガラガラしたニュアンスです。

 一方、地声最高音hiA#はサビで頻出します。登場回数が多めであり、くっきりハッキリ歌唱されております。この辺りは一般的には高めの音階になりますので、キーを下げて歌唱するとよいです。ただ、後述しますが、『廻廻奇譚』は音域が極めて広く、キー調整には向きません。キーを調整するにしても低音域が得意な人だけに限られると思います。

 『廻廻奇譚』は音域が広く、キー調整には不向きです。歌い慣れた人が微調整するといった形で、キー調整が行われるのではないかと思います。
 以前申したかもしれませんが、Eveさんは初級中級者殺しの曲が非常に多く、歌いこなせる人が非常に限られます。別の易しめの曲で練習した上でチャレンジすると良いのではないかと思います。歌メロのテンポの速いですので、歌詞をしっかり覚えておいてください。



『いのちの食べ方』(Eve)の音域

こんにちは。今回はEveさんの『いのちの食べ方』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『いのちの食べ方』(Eve)、Inochi no Tabekata(Eve) 
『いのちの食べ方』(Eve)









【地声最低音】lowF#(F#2)  

★きっと君は来ないってないってlowF#[ば] “(Aメロ)
★ビビディバビデlowG#[ブー]

lowF#[フォ]ークの使い方なんて(Cメロ) 
lowF#[だ]れにも教わらなかった


【地声最高音】hiC(C5)  ※曲全体で5回

hiC[よ]hiB[る]hiA[が]ぁ(サビ)


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※曲全体で5回

★(夜が)明hiC#裏[ける]hiB[前]C#[に]B[酔い]A[を]醒まして(サビ)


【補足】mid2F#(ごく一部のみ)hiAの注意点

★退m2F#[屈]F#[今日]hIA[を] (サビ)

※表記はしてませんが、サビ等ではmid2F#も多く登場します。


 まず、『いのちの食べ方』についてです。この楽曲は、2020年に男性シンガーソングライターのEveさんによりリリースされたアルバム『Smile』に収録されております。アニメーション作家まりやすさんによるMVが制作され、EveさんのYouTube公式チャンネルでMVが公開されました。MVは2020年10月現在、1500万回を超える人気作となっております。

 さて、『いのちの食べ方』についてですが、アップテンポのバンドナンバーです。作詞作曲はEveさん、編曲はNumaさんによりなされております。Eveさんの楽曲の特徴としては、歌メロの音域が非常に広いことが挙げられます。同曲も、その傾向に違わず、非常に広い音域になっております。そうしたこともあり、非常に歌い慣れた人向けの作品になります。



 さて、『いのちの食べ方』の音域についてですが、【地声最低音】lowF#(F#2)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めであり、音域が広いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音lowF#については、AメロやCメロで登場します。非常に低いレンジになりますが、Eveさんの楽曲は低音パートと高音パートが明確に分かれておりますので、歌い慣れていれば意外と低いレンジにも届きやすいです(それを考慮してもlowF#は低いですが)。私なりのイメージですが、Aメロの【きっと君は来ないってないってlowF#[ば]】が特にしんどいです。

 さて、地声最高音hiCについては、各サビで2回ずつ登場します。同曲はサビが多くないですので、登場回数としては少なめですが、一般的な男性の音域よりも高いです。よって、キーを下げた方が歌いやすいです。

 『いのちの食べ方』は音域がかなり広めであり、歌い慣れた人であってもキー調整に難儀します。もしキー調整する際は、低音よりも、高音部分が活きるように調整すると良いと思います。そうした工夫をしたとしても、歌いこなせる人が限定されるのではないかと思います。
 以前より申しておりますが、「Eveさんの楽曲を歌いたいけど難しい」という方は、RADWIMPS、BUMP OF CHICKEN、米津玄師さんなどのミュージシャンの易しめの楽曲から手を付けるとよいです。これらのミュージシャンは音楽性などがEveさんと近く、音域が狭めの手を付けやすいナンバーがあります。



『あの娘シークレット』(Eve)の音域

 こんにちは。今回はEveさんの『あの娘シークレット』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『あの娘シークレット』(Eve)、Ano Ko Secret
『あの娘シークレット』(Eve)









【地声最低音】mid1D(D3)  

★これは偶然なんm1D[かじゃ]ない(Bメロ)


【地声最高音】hiB(B4)  ※サビで多く登場

☆届いhiB[てくれ]よっm2F#[て]ぇ【サビ】
★何m2G#[やったっ]て ダhiB[メ]hiA[なん]G#[だっ]
★泡にhiB[なって]m2F#[じ]m2G#[け][るの]

※☆の部分は体感的に裏声でも良いと思います。

【裏声最高音】hiB(B4) ※Bメロとサビ

★帰りhiB裏[道]hiA[の]途中で 君と出m2F#[会っ]てしまった(Bメロ)
m2F#[な]m2G#[に][も手]につかhiB裏[なく]なって[し]G#[まう](サビ)


【補足】mid2F#hiAの注意点

★思m2E[い]m2F#[出し]E[たっ][出し][たっ]E[きっ]F#[と]【Aメロ】 
★僕のm2E[事]なんてE[どこ]にもないよ
★この心臓がm2F#[も]F#[も]m2G[た]F#[な]いよ

★わかm2F#[ら]m2G#[な][いな]いないや 心[がステップ]して【サビ】
☆味方しm2G#[て] hiA[イ]G#[エイ]
★柄にもないことm2G[言う]m2F#[な]
 
☆の部分の【イエイ】は歌詞表記は無いです。


 まず、『あの娘シークレット』についてです。この楽曲は、2017年に男性シンガーソングライターのEveさんによりリリースされました。アルバム『文化』に収録されております。アルバムの発売に先立ちシングル曲としても配信され、MVも制作されております。公開されたMVは、2020年9月現在、3400万回以上の再生回数を記録しています。Eveさんの作品でも人気の高い楽曲の1つであります。

 さて、『あの娘シークレット』についてですが、10代の恋を思わせる爽やかなバンドナンバーです。作詞作曲はEveさん、アレンジはNumaさんによりなされています。

 歌メロの音域についてです。Eveさんの楽曲については、low音階からhi音階まで使った広い音域が特徴的でした。しかし、この『あの娘シークレット』については、低音部分がmid1Dと比較的高めであります。よって、キーの調整なども行いやすいです。
 Eveさんの作品については、当ブログには他にもいくつかリクエストを頂いております。その中で、今回この『あの娘シークレット』を取り上げたのは、音域面での手をの付けやすさがあります。「Eveさんの曲は音域が広すぎて、手が出せない」という人には、この楽曲を試してみて欲しいと思い、今回取り上げました。



 さて、『あの娘シークレット』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見てきます。

 まず、地声最高音hiBについてはサビで登場します。各サビで3回ずつですので、曲全体で地声hiBが10回前後登場します。一般的な男性の音域と比べると高めの印象です。
 一般的な男性の場合は、キーを少し下げて歌唱した方がよいです。原曲キーから3つほど下げてみてください。

 『あの娘シークレット』は音域自体は広めですが、最低音がmid1Dなので、Eveさんの作品としては低音部分に余裕があります。よって、キーの調整は可能です。歌い慣れた人であれば、歌いやすいレンジが見つかる可能性が高いです。
 一方で、歌い慣れていない人向けの調整はやはり難しいです。Eveさんの作品は初心者向けのものが少ないですので、RADWIMPSやBUMP OF CHICKENなどの作品から歌い易いものを探すと良いと思います。とりわけRADWIMPSは歌メロの音域が広くないものが見つかりやすいです。

 『あの娘シークレット』は音域自体は広くないのですが、その分、楽曲全体が高めであり、持久力が求められます。その点は留意しておいてください。音域が高い分、カラオケなどでも向きやすいです。



『僕らまだアンダーグラウンド』(Eve)の音域

こんにちは。今回はEveさんの『僕らまだアンダーグラウンド』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『僕らまだアンダーグラウンド』(Eve)、Bokura Mada Underground

『僕らまだアンダーグラウンド』(Eve)










【地声最低音】mid1A(A2)  

★ああでm1A[もない]こう[でも]ないと 言葉だけが宙を舞って(Aメロ)
★また今日も夜をm1A[越]A[て]しまっA[た]A[だ]

☆冗談で言ったんm1A[じゃ]ないと(略)m1A[こんな街か]らさようなら

※☆はラストのサビ前で登場、サビメロより1オクターブ低い。


【地声最高音】hiB(B4)  

★ろくでもないm2F#[バ]hiB地[ケ]hiA[モ]ノなF[の](Bメロ)
hiB[ダー]hiA[リン] m2F#[ダー]リン 愛しておくF#[れ](サビ)
★この先僕らはhiB地[ずっ]hiA[と](Cメロ)


【裏声最高音】hiD(D5) 

★眠れないよhiB[る]hiD裏[をお]m2F#[どる]るのさ

※サビで複数回登場


【補足】mid2F#(一部略)hiA辺りの注意箇所

★自分を見うしm2F#[なっ]m2G[てし]hiA[ま]うわ(Aメロ)
★その口を僕が今むhiA[すん]m2F#[で]あげ[る]から(Bメロ)

★ワン・ツーの合図をhiA[待っ]m2F#[て](サビ)
★僕らまだm2F#[アンダー]グラウンド

★最終章の合図hiA[だぁぁ]ぁぁぁぁ(Cメロ)
君の出番m2F#[の]時のhiA[よう]F#[だ]
★だm2F#[か]hiA[ら行]F#[か]A[く][ちゃ] [も][う]
m2F#[目]を背F#[け]る事m2G[は]hiA[な][い]から

スポンサードリンク


 まず、『僕らまだアンダーグラウンド』についてです。この楽曲は、2019年に男性シンガーソングライターのEveさんによりリリースされたアルバム『おとぎ』に収録されています。Eveさんのメジャー初のアルバムになります。アルバムの発売に先立ち、この『僕らまだアンダーグラウンド』のYouTube公式チャンネルでMVが公開されました。MVは2020年6月現在、2000万回を超えております。

 さて、『僕らまだアンダーグラウンド』についてですが、疾走感のあるロックナンバーです。イントロやCメロのギターフレーズなどから、爽やかな印象を受けます。編曲は、Eveさんではお馴染みのNumaさんが担当しております。

 


 『僕らまだアンダーグラウンド』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A(A2)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。図にも示すように広めの音域で作られております。

 まず、地声最高音hiBについてです。サビを中心にBメロ、Cメロなど広く登場します。この辺りは一般的な男性の音域よりも高いです。一般的な男性の場合は、キーを下げた方が歌唱しやすいと思います。

 『僕らまだアンダーグラウンド』は音域自体が広めです。キーの調整は可能ですが、あまり融通は利きません。ある程度歌い慣れた上で、広い音域を使いこなせる必要があります。ただ、低音域でlow音階が登場しない分、Eveさんの他の楽曲よりは幾分かマシかもしれません。当然ですが、初心者向けの楽曲では無いです。

 Eveさんの楽曲は全体として音域が広めで、初心者には取っ付きにくいものが多いです。私なりのイメージですが、似た趣向のミュージシャンとしては、RADWIMPS辺りが比較的取っ付きやすいのではないかと思います。曲にも寄りますが、BUMP OF CHICKEN米津玄師さんも良いです。



 
管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー