J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

ボカロ作品

『乙女解剖』(初音ミク[DECO*27])の音域

こんにちは。今回は初音ミクの『乙女解剖』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。なお、今回は地声と裏声を区別しておりません。その点は、ご了承ください。


『乙女解剖』(初音ミク[DECO*27])、Otome Kaibou(Miku Hatsune[DECO*27])
『乙女解剖』(初音ミク[DECO27])










【地声最低音】mid2B(B3)  

m2B[ドキ]ドキしたいじゃんか誰だって【サビ】
★病ごm2B{とも]全部君のもB[とへ]添付【Bメロ】


【地声最高音】hihiC#(C#6) 

★恥をしhiC#[たい い]hiE[たい]hiD#[くら]いがC#[良いん]hiE[だっ]hiG#[て]hihiB[知っ]hihiC#[た] 

※サビで登場。曲全体で4回です。裏声でもよい


【補足】hiC#~hihiB辺りを含むフレーズ一覧

★hiC#[あ]hiG#[のよ]hiF#[る]hiE[から]【冒頭サビ】

hiE[そう]hiD#[言]えばC#[いいん]hiE[だっ]hiG#[た]【1番サビ】 
hiG#[ら]hihiA[く]G#{にな]hiF#[れる]hiE[かな]

★ドキドキしhiA[たい]hiC#[じゃん]hiB[か]誰だって【ラストサビ】
★ hiC#[あ]hiG#[のよ]hiF#[る]hiE[み]hihiB[たい]G#[に] 


 まず、DECO*27(デコニーナ)さんについて少し説明します。DECO*27さんは、2008年にボカロPtとして『僕みたいな君 君みたいな僕』を発表し、活動を開始いたします。これまでに、多くのボカロ曲を制作し、ミリオンヒット曲数では歴代1位を記録しているとのことです(2021年1月現在)。代表的なボカロPの一人であると思います。
 大きなヒットを生み出したボカロPは、その後、バンドやソロなどに重きを置かれる方も多いです。その中で、DECO*27さんに関しては、今もなお断続的にボカロ作品をリリースされる一人であり、ボカロファンにとっては思い入れのある作品も多いと思います。代表的な作品としては、『モザイクロール』、『ゴーストルール』、『ヒバナ』、『妄想感傷代償連盟』などが挙げられます。私自身は『夜行性ハイズ』という曲も好きです。

___

 さて、『乙女解剖』についてです。この楽曲は、2019年にDECO*27さんにより発表されたボカロ作品です。歌唱は初音ミクが行っており、アルバム『アンドロイドガール』に収録されました。2019年に発表された楽曲でありますが、再生回数が2400万回を超えており、最近では非常に人気の高い作品の1つになっております。

 『乙女解剖』はミディアム~アップテンポのボカロナンバーです。アレンジにemon(Tes.)さんとRockwellさんが携わっております。DECO*27さんは、最近は外部からアレンジャーを起用することも増えております。『ヒバナ』はRockwellさん、『妄想感傷代償連盟』はemon(Tes.)さんがアレンジを担当しております。
 
 『乙女解剖』の音域的な特徴についてです。全体的にみると、そこまでキーが高いわけではないのですが、サビの一部で極端に高いキーが登場し、その点で非常に苦しめられます。私自身もこの曲は歌ったことがあるのですが、原曲キー+4くらいにして、オク下げ位が合う感じです。男性の場合は、ゲンキーをオク下げで歌ってもよいかもしれません。



 さて、『乙女解剖』の音域についてですが、【地声最低音】mid2B(B3)~【地声最高音】hihiC#(C#6)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域と比べて、非常に高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hihiC#ですが、曲全体で4回程度登場します。ここは裏声でよいと思います。私なりのイメージなのですが、大体hiE(可能であればhiF#)くらいまで地声で歌えると、原曲キーでもかなり安定してくるのではないかと思います。一般的な女性の場合は、キーを下げて歌唱した方が歌いやすいと思います。原曲キーから3つ程度を目安に下げてみてください。

 『乙女解剖』は音域自体は非常に広いのですが、低音部分に余裕がありますので、キー調整は可能です。ただ、同曲は高音域が極端に高いですので、裏声を上手く使いこなせることが重要になります。このメロディーラインでの裏声は非常に難しいのですが、少しずつ練習してみてください。ボカロ曲の多くに言えるのですが、この曲も歌い慣れた人向けの作品といえると思います。

 ちなみに、男性でこの楽曲を歌唱する場合は、私自身の経験でいうと、1オクターブ下でもよいのではないかと思います。当然、1オクターブ下であっても裏声は必須になります。

 『乙女解剖』は一部高音域が非常に高く、そこまでしっかり歌いこなすのは大変です。しかし、それ以外は比較的親しみやすいメロディーですので、カラオケでも歌いやすいです。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。




『泥中に咲く』(ウォルピスカーター)の音域

こんにちは。今回はウォルピスカーターさんの『泥中に咲く』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲は、転調が多く、同じサビメロでもキーが大きく変化します。その辺も含めて、細かく記述していきます。


『泥中に咲く』(ウォルピスカーター)、(Deichuu ni Saku )Wolpis Kater
『泥中に咲く』(ウォルピスカーター)









【地声最低音】mid2A#(A#3)  

★砕けた心が濾過できなm2A#[くて]【Aメロ】 


【地声最高音】hiF(F5)  ※ラストサビ[転調+6(+3)]

hiC[その]hiD#[しゅん]hiF[か]D#[んが]【ラストサビ】 
hiF[ある]hiD#[と]すればD#[ぁ]
★こhiD#[の]hiF[世]D#[の闇] D#[切り]F[裂]D#[いてさ]  

※転調が多い。2番のサビでキーが3つ、ラストサビで更に3つ上がります。
※hiFは計20回以上登場します。

【補足】hiChiD#を含むフレーズ一覧

★あなたhiA#[を]hiC[さ][えぎる]C[迷][路]の荊A#[棘]【通常サビ】
★じょhiA#[く]hiC[せ][の闇] [立ち]hiC[は][だかる]   

★きょhiC#[う]hiD#[もあ]C#[したも] hiD#[その]C#[つ]ぎの日C#[も]【2番サビ[+3]】 
★みhiC#[と]hiD#[め][るのは] その[く]D#[ら]C#[いでいい]  
★みんな別々のいhiC#裏[きを]食べてる

★ひとつと欠けると生まhiA#[れ]hiC[ない]【Cメロ】 
★ぼhiA#[く][き][も] hiC[あ]hiA#[の]A#[と]C[も] 
hiD#[なんでもない]hiC[と]言いながC[ら] 
hiC[過]去の荷物をC[君に背]負わせる

★このhiC[身体]C{投げ出]す その瞬間が【ラストサビ[+3]】
★ここに生まhiC[れた]hiC#[意味]hiD#[を探]そうか
★今しかない「時」hiD#裏[がある]のだろう



 まず、『泥中に咲く』についてです。この楽曲は、2018年に歌い手のウォルピスカーターさん(男性)によりリリースされたアルバム『これからもウォルピス社の提供でお送りします。』に収録されております。自身3枚目のフルアルバムです。同曲は、アルバムの発売と同時期にMVが公開されました。2020年12月現在、3200万回もの再生回数を記録しています。ウォルピスカーターさんの作品の中でも非常に人気の高い楽曲の1つです。

 『泥中に咲く』はバンドテイストのバラード曲です。ストリングスなども用いられております。同曲は、転調が多く見られ、同じ歌メロであっても場面によりキーが大きく変化します。具体的には、1番のサビを基準とすると、2番のサビではキーが3つ(#3)、ラストサビでは更に3つ上がります(※AメロやCメロでも転調が行われているため、正確な表現ではないです。あくまでサビだけを基準にしております)。サビだけでもキーが6つ変わるので、ラストのサビではキーが滅茶苦茶に高くなります。作詞作曲をはりーさん、編曲を前略Pさんが担当しております。



 さて、『泥中に咲く』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A#(A#3)~【地声最高音】hiF(F5)、【裏声最高音】hiD#で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域と比べて極めて高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiFはラストのサビで20回以上します。この辺りは、男性は言うまでもなく、女性としても相当高いです。男性の場合はオク下げで歌唱しても良いかもしれません。「オク下げ」とはキーを調整せずに、1オクターブ下を歌唱(演奏)することです。

 『泥中に咲く』は音域自体は滅茶苦茶には広くなく、キー調整などはしやすいです。キー調整に違和感が無いのであれば、融通は利きやすいです。ただ、ビギナーなどには難しい部分も出てくるかもしれません。その辺りは各々歌唱してみて、試してみてください。

 私自身はキー調整にあまり抵抗がないタイプなのですが、「カラオケ等でキー調整をしない人」というのはかなり多いそうです。そうした男性の場合、オク下げして歌唱してみて、合いにくいのであれば、同曲はあまり合わないかもしれません。

 『泥中に咲く』は男声が原曲キーで歌うには至難ですが、高音に自信のある方はチャレンジしてみてください。高音域が得意な女性だとアプローチしやすいかもしれません。



『猛独が襲う』(初音ミク[一二三])の音域

こんにちは。今回は初音ミクの『猛独が襲う』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『猛独が襲う』(初音ミク[一二三])、Moudoku ga Osou(Miku Hatsune[Hihumi])
『猛独が襲う』(初音ミク[一二三])









【地声最低音】mid1F#(F#3)  ※Aメロで登場

★適当に生きても息は続m1F#[く]【Aメロ】 


【地声最高音】hiF#(F#5)  ※サビを中心に登場

★切れhiD#[た]hiC#[え]にしの端hiF#[に]【サビ】
hiD#[目を]hiC#[伏]hiF#[た][の]
hiD#[また]hiF#[も]hiC#[う][ど]くが[お]D#[そ]

★握りhiC#[つ]hiD#[ぶ]hiF#[し]D#{て][い]C#[ん]だろう【Cメロ】

★月hiD#[が]hiF#[照][ら]hiC#[し]たって【ラストサビ】
hiF#[猛]hiD#[ど]hiC#[く][お]D#[そう]

hiD#を地声最高音として、hiF#を裏声にしてもよい


【補足】hiB(一部略)hiD#を含むフレーズ一覧

★何も分からずにいるんhiA#[だっ]hiB[て]【Aメロ】

★誰hiD#[が]hiC#[何]hiB[と]言っB[たっ]C#[て]【サビ】 

★消えhiB[ない] ×3[事実]hiC#[だ]hiD#[け]B[み][て]【ラストサビ】
★ 隠していたhiC#[こ]hiD#[え][ぼ][くを] 


 まず、『猛独が襲う』についてです。この楽曲は、2017年にボカロPの一二三(ひふみ)さんにより公開された初音ミクの作品です。一二三さんは和楽器などを用いたロックナンバーを得意とするボカロPです。この『猛独が襲う』で、自身初の殿堂入り(再生回数10万回超)を果たしました。

 さて、『猛独が襲う』は和のテイストを感じさせるロックナンバーです。楽器としても三味線が使われており、歌メロの哀愁が漂っております。歌メロについては、AメロサビCメロという形で作られており、覚えやすいと思います。
 



 さて、『猛独が襲う』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiF#(F#5)で歌メロディーが構成されております。地声最高音をhiD#として、裏声最高音をhiF#としても良いと思います。一般的な女性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiF#ですが、サビで登場します。先にも述べましたが、このhiF#は裏声でも良いと思います(hiD#の一部を地声で歌唱すると良いです)。hiD#を地声とした場合、一般的な女性の音域よりは高めとなりますので、キーを少し下げて歌唱した方が歌いやすいです。

 『猛独が襲う』は音域自体が広めであり、キー調整にはあまり向きません。歌い慣れた人が少しの調整を行うといった形が多くなるのではないかと思います。キー調整をするにしても、歌い慣れておく必要があると思います。
 一方で、『猛独が襲う』は歌メロのテンポについては、一般的なポップスのような馴染みやすい形です。サビの直前などは息継ぎが少し難しいかもしれません。

 ボカロ曲はテンポが速く、キーが広いなど難しいものが多いです。個人的には、『からくりピエロ』(過去記事)辺りが取っつきやすいです。
 ※当ブログでは、『からくりピエロ』は40mpさんのセルフカバーバージョンを記事にしています。初音ミクバージョンはm2C(C3)~hiD(D5)が原曲キーとなります。キー調整などは行いやすく、歌メロのテンポもゆったり目です。


 

『夜明けと蛍』(n-bunaセルフカバー)の音域

 こんにちは。今回はn-bunaさんの『夜明けと蛍』(2014)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、n-buna(ナブナ)さんのセルフカバーバージョンの音源については、私自身が確認できたのがYouTubeでの公式アップロードのみでした。また、カラオケでの配信は初音ミクバージョン[最低音m1F#~最高音hiG#]と歌い手のカバーのみで、n-bunaさんのセルフカバーバージョンについては確認できませんでした。ご了承ください。


『夜明けと蛍』(n-bunaセルフカバー)、Yoake to Hotaru
『夜明けと蛍』(n-buna)









【地声最低音】mid1A(A3)  ※Cメロで登場

m1A#[あ]わい月にA#[見と]A#[て]しまうかA#[ら](Aメロ) 
m1A[み]m1A#[ず]に映る花を(花を)見てA#[いた] (Cメロ)

※m1Aはあまりこだわらなくてよいです。m1A#でも違和感は少ない


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※ラストの転調サビ[+1]

★(朝が来ないままで)m2G#[い]m2F#[き]F#[出来]たなら

※通常サビではmid2Gが最高音


【裏声最高音】hiB(B4) ラストの転調サビ[+1]

★朝が来m2F#{ない]hiB[ま]F#[で](ラストサビ)

※通常サビではhiA#が最高音


【補足】mid2Emid2G#を含むフレーズ一覧

★遠m2F#{い]m2E[と]E[い]E[つ]の向こうへ(ラストサビ[転調+1])
★ 淡m2F#[い]m2E[あ]E[焼]F#[の]夜空
★あぁ藍m2G#裏[の]m2F#[色] 夜明けと蛍


 まず、『夜明けと蛍』についてです。同曲は、2014年に、ボカロPで、ヨルシカの詞曲編曲・ギターを担当するn-buna(ナブナ)さんにより制作されました。VOCALOID3専用歌声ライブラリ「IA」(イア)のリジナル・コンピレーション・アルバム『IA THE WORLD ~心~』に収録されております。その後、2015年にリリースされたアルバム『花と水飴、最終電車』に初音ミクバージョンが収録されました。

 先にも述べましたように、n-bunaさんがセルフカバーされた『夜明けと蛍』については、現在音源がYouTubeで公開されたアコースティックバージョン以外は確認できません。原曲はバンドアレンジになっておりましたが、ナブナさんのセルフカバーバージョンは、アコースティックギターを使ったクリーンなアレンジになっております。
 『夜明けと蛍』のセルフカバーバージョンの再生回数は1600万回を超えており、人気も非常に高いです。今後、何かしらの形でリリースされるのではないかと私自身は推測しております。カラオケで歌う際は、初音ミクバージョン【m1F#~hiG#】からキーを3つ上げると、ナブナさんと同じキーになります(厳密には1オクターブ下のキーです)。






 さて、『夜明けと蛍』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A(A3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はラストのサビで2回程度登場します。同曲はラストのサビで転調し、キーが上がります。そのため、通常のサビでは、mid2Gが最高音になります。
 私なりのイメージですが、このmid2G#は裏声気味でも良いかもしれません(地声で出せるに越したことはない)。目安として、mid2F~mid2F#辺りが上手く発声出来ると形になりやすいです。キーが高いと感じられた方は少しキーを下げても良いと思います。

 『夜明けと蛍』は音域自体は広めであり、キー下げの余地は少ないです。歌いなれていない人や、低音域が苦手な人は、低音域がややしんどいかもしれません。難曲ではないですが、ビギナーの練習曲として向いているものは他にもあると思います。

 今回、n-bunaさんのボーカルを初めて拝聴したのですが、とりわけ高音域が非常に温かみのある声質だと感じました。スピッツの草野マサムネさんや、若手のバンドANTENAの渡辺諒さんなどが想起させられました。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。



『ダーリンダンス』(かいりきベア feat.初音ミク)の音域

 こんにちは。今回はかいりきベアさんのボカロ作品である『ダーリンダンス』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。かいりきベアさんの作品を取り上げるのは今回が初になります。

 なお、同曲はmid2F#~hihiCで歌メロが作られておりますが、オク下げの方が現実的ですので、基本的にはmid1F#~hiCで表記します。

『ダーリンダンス』(かいりきベア feat.初音ミク)、Darlin' Dance(Kairiki Bear feat.Miku Hatsune)
『ダーリンダンス』(かいりきベア feat.初音ミク)









【地声最低音】mid1F#(F#3),mid2F#(F#4)  

m1F#[存]在証明 愛だって愛だって吐いたって

ここ以外ではm2A(hiA)が低音です

【地声最高音】hiC(C5),hihiC(C6)  ※ラストサビ(転調+1)で頻出

★ダhiA[ダダダ]ダリ[ダ]hiB[リ]hiC[ダー]A[リン] hiC[FU][NNY]hiA 
★どうしようもない感情論hiB[に]hiC[らっ][た]hiA[り] 
★駄 hiA[ダダダダ]hiB[ダー]リン[脳]B[裏汚] hiC[DIR][TY] 偽DU[MMY]hiA
★会いたい衝動埋めhiB[て]hiC[ダダダ]B[ー]hiA[リン]
★無無無無 hiA[無い無い反応] 返答A[を] hiB[き]hiC[た]A[[い]C[た]A[り]

※通常のサビではhiB(hihiB)が最高音になります


【補足】hiA#hiBの注意点

★踊れ 踊れ  ルラッパパ ルhiA#[ラッ]hiB[パ]A#[パ](Cメロ) 
★もう ドッキン ドッキン脳 しんhiA#[ど期 ドッ]hiB[キン]A#[脳] 
★はーい 素顔は全部 無hiB[く]hiA#[し]



 まず、 かいりきベアさんについて少し説明します。かいりきベアさんはボカロPとして、2011年に『ワカレノオト』でデビューしました。2020年現在、かいりきベアさんの最も知られた楽曲としては、『ベノム』が挙げられます。カラオケなどでも上位にランクインしており、最近のボカロ曲でも非常に人気の高い作品です。私自身は『アルカリレットウセイ』という曲が非常に好きです(こちらも人気作の1つです)。非常に人気の高いボカロPの1人であります。

 『ダーリンダンス』についてです。この楽曲は、2020年にボカロPのかいりきベアさんによりリリースされたボカロ作品です。クレジットにあるように、初音ミクが歌唱しております。

 『ダーリンダンス』の楽曲の特徴としてはアップテンポのポップナンバーです。ボカロ曲ということもあり、歌メロのテンポが速く息継ぎの余裕も少ないです。実際に歌唱してみて、どこで息継ぎをするかなどを考えておいた方が良いと思います。
 同曲はラストのサビで転調し、キーが1つ上がります。原曲キーではサビでhihiAなど超高音域が連続しますので、女性であっても1オクターブ下げて歌った方が歌いやすいのではないかと思います。



 さて、『ダーリンダンス』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3),mid2F#(F#4)~【地声最高音】hiC(C5),hihiC(C6)で歌メロディーが構成されております。原曲キーの場合は、人間には極めて歌いにくい音域ですが、1オクターブ下の場合は、一般的な女性の音域の範囲内になります。以下、見ていきます(今回は1オクターブ下を想定して解説します)。

 まず、地声最高音hiCはラストのサビで登場します。通常のサビではhiBが最高音です。hiC,hiBだと女性の音域の範囲内ですが、同曲はサビで高音域の音が連続して登場し、息継ぎのポイントも少ないですので、見た目よりもしんどいです。人によっては、キーを下げて歌唱しても良いと思います。

 ちなみに、表記はしておりませんが、サビ以外のAメロ、Bメロではmid2G、mid2F#辺りが高音部分となります。

 同曲は、ボカロ曲ということもあり、息継ぎのポイントが少ないです。どこで息継ぎをするのかを意識しておくことが極めて重要だと思います。場合によっては、歌わない箇所を決めておくのも良いと思います。
 
 『ダーリンダンス』は音域自体は、そこまで広くなく、キー調整なども可能なのではないかと思います。ただ、歌い慣れていない人が調整して、気軽に歌いこなせる曲ではないと思いますので、その点は留意しておいてください。せめて、歌詞などはしっかり覚えておきたいところであります。

 私なりのイメージなのですが、かいりきベアさんの作品では『アルカリレットウセイ』がお奨めです。『アルカリレットウセイ』は音域自体はそこまで狭くはないですが、歌メロのテンポがゆったり目で、通常のJ-POPなどと近いです(キー調整は必要です)。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー