J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

GLAY

『Winter, again』(GLAY)の音域

 こんにちは。今回はGLAYの『Winter, again』(1999)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Winter, again』(GLAY)
『Winter, again』(GLAY)









【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★歴史の深い手に引かれm1F#[て](Aメロ)


【地声最高音】hiD(D5)  ※曲全体でここだけ

★あなたを想うほど hiA[ウー]hiD[ウー](ラストサビ)


【補足】mid2F#hiC#の注意点

★厳しくも日々強く生きてるもm2F#[の]m2E[よ](サビ前)

★いつか二人で行m2E[き]たいね【1番サビ】
m2F#[逢いたい]m2E[か]ら、こ[い]しくて
m2F#[あなたを想]hiA[うほど] A[ウー]hiB[ウ]

★戸惑い立ち止m2G[まる]m2F#[ぅ] hiA#[ウー](2番Aメロ)
★遠くを見つめm2E[てた]m2F#[あ](2番サビ)

m1F#[降]り続くしm2E[ろ]m2F[い]E[ゆ]きは(Cメロ)
★むじょm2G[う]なる 人m2G[の]m2F#[世]を 
★すm2F#[べて 許すように降り続いて]hiC#[行く]hiB[ぅ]

★雪が積もるこm2E[ろ]m2F#[に](ラストサビ)
★鐘の音hiB[が]hiA[聞こ]hiA#[え]B[るぅ]
hiB[想い出]m2G[には]ぁ、二人hiA#[があ]m2F#[る]F#[た] 
★あしあhiB[とを]hiA[残]hiA#[し]B[て…]


 まず、『Winter, again』についてです。この楽曲は1999年にロックバンドGLAYによりリリースされたシングル作品です。アルバム『HEAVY GAUGE』をはじめ、ベストアルバムなどにも収録されております。同曲は、GLAYのシングル作品としては最大のヒットを記録しており、代表的なGLAYの作品の1つに挙げられます。
 同曲は、JR東日本「JR SKI SKI」キャンペーンソングとしてのタイアップがつきました。私自身は西日本出身であり、実感が湧きにくいのですが、このJRキャンペーンは多くのヒット曲が生まれている枠です。この辺りについてはback numberの『ヒロイン』(過去記事)の際に少し触れております。

 『Winter, again』はミディアムテンポのバンド曲です。北海道出身のバンドということもあり、冬の厳しさが荒々しいギターサウンドで上手く表現されております。
 歌メロについては、AメロとサビCメロで構成されております。シンプルな構成ですが、サビが長めであります。サビの前半はmid2E~mid2F#くらいが最高音ですが、サビの後半からhiA~hiD以上の音が登場します。こうした構造はGLAYのシングル曲で時々見られます。こうした構造はキー調整を難しくさせるのではないかと私は分析しております。



 さて、『Winter, again』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDについては、ラストのサビで1回登場します。厳密にいうと、ここは歌詞の無い部分なので「フェイク」になるのですが、カラオケでも採点に含められており、また私自身も重要だと考え、最高音に含めました。
 この場面を除くと、Cメロで1回hiC#が登場します。【すm2F#[べて 許すように降り続いて]hiC#[行く]hiB[ぅ]】の部分です。『Winter, again』を原曲キーで歌いこなすには、hiB辺りの音階を使いこなす力と、瞬間的にhiD,hiC#等を使いこなす能力が求められ、その点でハードルが高いです。

 一般的な男性の場合は、キーを下げた方が歌いやすいです。『Winter, again』が低音部分に余裕があるためキー調整はしやすいです(詳細は後述)。

 一方で、この楽曲はサビの一部で急激にキーが上がる場面があり、その辺りでキー調整を難しくしております。最高音hiDを基準にキーを下げると、サビの前半が歌いにくくなります。逆に、hiBを基準にキー調整すると、最高音の部分で高めのキーが求められます。キー調整などは可能ですが、サビでの表現などを考えると、歌い慣れた人向けの作品といえます。



『SOUL LOVE』(GLAY)の音域

 こんにちは。今回はGLAYの『SOUL LOVE』(1998)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『SOUL LOVE』(GLAY)
『SOUL LOVE』(GLAY)










【地声最低音】mid1B(B2)  ※Aメロで複数回登場

m1B[あ]たらしい日々の始まり(Aメロ)

★そんなあるm1E[日の]m1D#[午]後に(Aメロ)
★言葉は今必要さm1E[を]なくしm1D#[てる]ぅ(Bメロ)

※m1Bはだわらなくてもよい。ここ以外ではm1D#が低音


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※曲全体で1回

hiC#[こ]hiB[こ]hiA#[ろの]ぉまA#[まに]B[ぃ](ラストサビ)


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※2番サビ終盤で1回

★(さんざめく気持ち おさえきれずにいる) hu hiC#裏[hu] hiA#[hu hu] hiB[hu]


【補足】mid2E(一部略)hiBの注意点

★ふいに心を奪m2E[っ]た瞬間の(サビ前半) 
★あのm2E[トキメキよ]りも眩しい程に

★いつかm2F#[出逢う]F#[の中] oh m2G[oh](サビ後半) 
m2G[ここ]hiA#[ろの]m2G#[ぉま]A#[まに]hiB[ぃ]
m2E[あなた][こ][し]m2F#[て Wow]

★あなたは こんな俺に m2E[示して]くれた(2番Aメロ)


 まず、『SOUL LOVE』(ソウル・ラブ)についてです。この楽曲は、1998年に4人組ロックバンドGLAYによりリリースされたシングル作品です。アルバム『pure soul』を始め、ベストアルバム等にも収録されております。シングル曲では歴代3位、YouTubeの公式チャンネルでも2020年9月現在、4番目の再生回数(1700万回超)を記録しており、人気の高いシングル曲の1つではないかと思います。

 『SOUL LOVE』は夏の始まりを思わせるような爽やかなロックナンバーです。同時に発売された『誘惑』がロック色の強いナンバーですので、それと対になるようなイメージです。
 歌メロについても、AメロBメロサビといった形で作られており、曲が進むごとに高音域が登場していきます。

 『SOUL LOVE』の音域的な特徴についてです。図で見ると、非常に広い音域で歌メロが作られています。ただ、見た目ほど広さは感じないと思います。サビについては、前半はmid2Eが主体で、後半にhiBやhiC#が使われたレーズが各サビ1回ずつ登場します。その点で、「高音域のパート」と「中低音域」が明確に分かれた作品だと思います。私なりのイメージですが、GLAYの人気曲『HOWEVER』(過去記事)もそうした特徴を持っているように感じました。




 さて、『SOUL LOVE』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1BについてはAメロで登場します。ただ、このm1Bはあまり意識しなくても良い気がします。キー調整をする際は、mid1D#辺りを低音の基準として考えた方がよいと私は分析しました。

 一方、地声最高音hiC#については、ラストのサビで1回だけ登場します。通常のサビではhiBが最高音になります(2回登場)。この3か所がこの楽曲の一番の見せ場になります。この辺りは一般的な男性の音域よりも高めですので、キーを下げた方が歌いやすいと思います。
 ただ、『SOUL LOVE』は、先にも述べたように、この3か所以外はそこまでキーが高くありません。キーを下げ過ぎるとそれ以外のサビの部分が意外と歌いにくくなる可能性があります。
 私なりのイメージですが、「自分が魂を振り絞ってギリギリ出せる」くらいの音を最高音に設定すると良いと思います。そうしたことを考えると、この楽曲は、キー調整するにしてもある程度歌い慣れた人向けの作品といえます。「歌い慣れてきたけど、更にもう少し高い音が出せるようになりたい」という人に良い楽曲かもしれません。

 『SOUL LOVE』は音域自体は広めですが、図で示す程低音は辛くないですので、キーを下げる余地はあります。ただ、それでもやはり歌い慣れた人向けの作品であり、慣れていない人向けのキー調整は難しいのではないかと思います。

 最近は、あいみょんさんなど90年代に影響を受けたミュージシャンなども誕生しています。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。





『HOWEVER』(GLAY)の音域

こんにちは。今回はGLAYの『HOWEVER』(1997)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。当ブログでGLAYの楽曲を取り上げるのは、『Will Be King』『春を愛する人』以来、3回目です。


『HOWEVER』(GLAY)

『HOWEVER』(GLAY)










【地声最低音】mid1E(E3)  

★あなたを幸せm1F[に]m1E[したい](サビ)

※1番と2番のサビで登場します


【地声最高音】hiD(D5)  

hiA[ゆっ]hiC[くりと]hiB[あ][る]B[き出]hiD[す]C[ぅ][ぅ]

※ラストサビで1回


【裏声最高音】hiC(C5) 

hiA[優]hiC[し]hiB[さ]C[の]B[意]A[味]B[を知る]C裏[ぅ]

※ラストサビで登場


【補足】mid2FhiC辺りの注意箇所

★やm2F[わ]m2G[ら]かなかF{ぜ]G[が]吹く こF[の場]G[所で]ぇ(冒頭サビ)
★絶え間なく注ぐ愛のm2F[名を]ぉ(1番サビ)
★言葉では伝える事が どうしてもできなm2G[か]m2F[っ]
★かm2F[な]m2G[しみのなみ]F[だ]に濡m2G#[ら]G#[ぬ]hiA[う]

★やっぱり二人がいいね いつm2F[も]m2G[ぉ](2番Aメロ)
hiA[誰]hiC[よりも あ]hiB[い]A[し]B[て]m2G[ると]A[ぉ](2番サビ)

★恋した日の胸m2F[さ]F[ぎを]m2G[ぉ] 何気ないG[しゅ]F[う]まつを(ラストサビ)
hiA[幼さの]m2G[こ]m2F[る]F[の]声を 気の強いG[ま]F[な]G[ざ]しを
★やm2F[わ][か][か][が吹く]m2G[ぅ] G[こ]F[の]場所で



 まず、『HOWEVER』についてです。この楽曲は、1997年に4人組ロックバンドGLAY(グレイ)によりリリースされたシングル作品です。アルバム作品としては、オリジナルアルバムには収録されておらず、ベストアルバムに収録されております。GLAYの代表的な作品の1つです。

 『HOWEVER』はストリングスなども用いたバンドナンバーです。歌メロについては、Aメロサビというシンプルな構成なのですが、サビがメロに変化を加えるなど工夫し、ドラマティックに仕上げております。上に記したものを見ると気付くかもしれませんが、1番サビ(地声最高音hiA)、2番サビ(hiC)、ラストのサビ(hiD)と歌メロが少し異なり、楽曲が進行するにしたがって盛り上がっていきます。また、サビメロが長く、豪華な印象を与えます。

 『HOWEVER』の音域的な特徴についてです。最高音のキーが非常に高いですが、楽曲全体で高いわけではなく、サビの一部分だけが非常に高くなっております。よって、一般的な男性の音域を安定して歌いこなす力に加えて、瞬間的(1~2フレーズの間)に高い声を出す爆発力が要求される作品なのではないかと私は考えております。



 さて、『HOWEVER』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDについてですが、ラストのサビで1回だけ登場します。よく聴いていないと分かりにくいかもしれません。この辺りの音階は一般的な男性にとっては非常に高く、地声で歌いこなすのは困難です。
 裏声が器用に出せる人はここは裏声で歌唱しても良いのではないかと思います。ただ、裏声を使うにしても「息漏れの少ない」裏声を使った方が良いです。息漏れの少ない裏声はMrs. GREEN APPLE辺りの大森元貴さん辺りが非常に上手い印象です。

 一般的な男性の場合は、キーを下げて歌唱した方が歌いやすい可能性が高いです。ただ、キーを下げるにしても下げ過ぎない方が良いのではないかと私は考えております。「自分が出るか出ないかギリギリの高さ」を最高音に持ってきた方が、原曲のニュアンスが表現しやすいと思います。

 『HOWEVER』は低音部分に余裕があり、キーの調整などは可能です。ただ、この楽曲はサビで最低音が登場するため、キーを下げ過ぎると、1番2番辺りのサビが少ししんどいかもしれません。その点は留意しておいてください。音域は広めの作品ですので、キーを調整するにしてもある程度歌い慣れておく必要があると思います。歌い慣れていない人は、別の練習曲で歌い慣れた上でチャレンジした方が良いと私は考えております。



『春を愛する人』(GLAY)の音域

 こんにちは。今回はGLAYの『春を愛する人』(1996)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。当ブログでは、GLAYはWill Be Kingを取り上げて以来、2回目の登場です。

 なお、『春を愛する人』はMVが公開されておりませんが、音源のみが公式チャンネルで公開されております。よって、当ブログにおいても、公式の音源のみを添付いたします。

『春を愛する人』(GLAY)、Haru wo Aisuru Hito

『春を愛する人』(GLAY)









【地声最低音】mid1D(D3)  ※楽曲全体で1回

m1D[A]h その昔 (Cメロ)

※落としても違和感は少ないです。ここを除くとmid2Aが最低音

【地声最高音】hiA#(A#4)  ※サビで登場

hiA[I want you I want you I want you 生きて]hiA#[く]m2F#[こ]F#[は]


【裏声最高音】hiA(A4) ※楽曲全体で1回

★ふあんhiA裏[て]いな恋にm2F#[な]m2E[やむ] 

※2回目の同じ個所は地声hiAになります

【補足】mid2E(一部のみ)hiAの注意箇所

★遥かなm2F#[る]大地 m2G[あし]たへと続m2F#[く]m2G[み]
hiA[た]だ訪れm2F#[る]春の花の芽のいm2G[ぶ]m2F#[き]に似た
★愛する事 あm2G[い]m2F#[さ]れる事」と

★いくつものm2F#[ね]m2E[む]E[ぬ]夜は(Aメロ)
★飲みm2E[込]まれた Oh yesterday
★ねぇ m2F#[そう]m2G[だ]m2F#[ろう?]
★遠い異国のm2E[そ]
★ここm2E[に辿り着き この地に何を見た?た]m2F#[び]m2G[び]E[と] F#[oh] G[oh]
★わずかなじm2F#[か]m2E[ん]E[か]m2F#[ない]m2G[さ]F#[ぁ]

※アウトロのuh [uh]はhiAです。


 まず、『春を愛する人』についてです。この楽曲は、1996年に4人組バンドGLAYによりリリースされたアルバム『BELOVED』(ビーラブド)に収録されているナンバーです。アルバム曲ながら、ベストアルバムにも収録されており、人気の高い作品になります。

 『春を愛する人』はタイトルから想起されるように、爽やかな疾走感あふれるロックナンバーになります。Liveでの演奏などでは特に感じたのですが、サビのギターフレーズの一部がアイルランド出身のロックバンドU2っぽさを思わせます

 図で見ると非常に分かりにくいですが、『春を愛する人』は歌メロ自体は殆どの部分が狭い音域で成り立っております。約1オクターブです(詳細は後述します)。よって、キーの調整などはしやすいです。反面、原曲キーで歌唱しようとすると想像以上にしんどい楽曲であり、体力を削られます。

 私自身が音域調査を続けてきて感じたことなのですが、音域の狭い曲はキーの調整は行いやすく、練習曲に向いていることが多いです。反面、「音域が狭くてもキーが高い曲」を原曲キーで歌唱する場合は非常に持久力が必要となります。今回の『春を愛する人』もそういう類の楽曲です。




 さて、『春を愛する人』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Dについてですが、Cメロで1回のみ登場します。ここは、落としてもあまり違和感はありません。この場面を除くと、mid2A辺りが最低音になります。よって、図に示すよりもかなり狭い音域で歌メロディーが構成されていることが分かります。

 さて、地声最高音hiA#についてはサビで登場します。【hiA[I want you I want you I want you 生きて]hiA#[く]m2F#[こ]F#[は]】という象徴的なフレーズで、同じようなメロディーが楽曲全体で5回登場します。
 この辺りは一般的な男性の音域よりも高めです。場合によっては、キーを下げることも考えておいてください。例えば、原曲キーよりも3つ程度下げて、地声最高音をmid2G辺りに設定しても良いと思います。

 先にも述べましたが、『春を愛する人』は音域全体では狭めです。よって、原曲キーというこだわりが無ければ、キーの調整も行いやすく、練習曲としても使いやすいのではないかと思います。普段歌い慣れていない人もキーを大きく下げて歌唱することが可能です。その際は、地声最低音についてはこだわる必要はありません。

 女性がこの楽曲を歌唱する場合、原曲キーでも可能だとです。ただ、歌い慣れた人の場合は、もう少しキーを上げても良いと思います。歌詞内容についてはあまり性差を問わないと思いますので、歌いやすいです。



『Will Be King』(GLAY)の音域

こんにちは。今回はGLAYの『Will Be King』(1999)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。
 なお、『Will Be King』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルなどでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はありません。ご了承ください。


『Will Be King』(GLAY)


【地声最低音】mid1A(A2)  

★Days of the roses m1A[In the] heart In the heart
m1A[あ]の空の上 A[て]んしにも似た 
A[い]のちのキラメキA[を]憶えてる

【地声最高音】hiB(B4)  

★Last m2G[Ga-]m2F#[-te] hiB[え]hiA[る][ま][で][~]
★ 超hiB[え]hiA[る][ま][で][~]B[~](2回目以降)
hiB[勝てるまで]


スポンサードリンク


【補足】mid2F#hiAの注意箇所

★いつも2人で 分け合えたものは やm2F#[す]らぎに満ちていて
★輝やいていたm2F#[な] believin' you m2F#[ooh] hiA[ooh]

★まだ見ぬ世界へと助走をつけて飛べばいm2G裏[い]
★時を急ぎすぎた 2人の代償m2G[を]
★(Just m2G[Ga-]m2F#[-te]) m2F#[遠くまで][~]G


※(Just Gate),(Last Gate)の部分は歌詞カードには表記されていません
『Will Be King』(GLAY)









 まず、GLAY(グレイ)について簡単な説明します。GLAYは1988年に結成、94年にメジャーデビューした4人組のロックバンドです。外見的な特徴からヴィジュアル系として知られています。音楽的なジャンルとしては、パワーポップ、ビートロックなどに当たります。また、プログレッシブロックの要素を持った作品も見られます。
 代表的な楽曲は多くありますが、『BELOVED』、『HOWEVER』、『Winter Again』、『誘惑』などが非常に知名度が高いのではないかと思います。1997年にリリースしたベストアルバムは500万枚ものセールスを記録、99年に行われた幕張メッセのライブでは1度のライブで20万人を動員するなど、当時爆発的な人気を印象付けました。90年代を代表する日本のロックバンドの一つといえると思います。

 さて、『Will Be King』についてです。この楽曲は1999年にリリースされたGLAYのアルバム『HEAVY GAUGE』(ヘヴィ・ゲージ) に収録されている楽曲です。このアルバムには先に上げた人気曲『Winter,again』などが収録されているため、『Will Be King』はやや知名度が低い作品かもしれません。テレビCMのタイアップが付いております。

 『Will Be King』は2つの楽章からなる曲であり、7分を超える作品となっております。前半のゆったりとした部分と、ミディアムテンポで、サビのような盛り上がる場面を持った後半部分に分かれております。個人的には前半の荒涼とした世界を思わせるギターの音色が非常に好きです。

 音域的には前半の部分で地声最低音などの箇所が登場します。前半部分はmid2F#あたりが最高音になり、非常にテンポも緩やかです。普段歌い慣れていない人は、この前半の楽章を中心に練習しても良いかもしれません。そして、後半の部分で高音域のメロディーが登場します。このあたりになると、一般的にはやや高い音階が登場します。




 さて、最後に『Will Be King』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A(A2) ~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されています。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBについては、楽曲の後半部分に登場します。サビのような盛り上がる場面です。この中で、GLAYのボーカルTERUさんが特にエモーショナルに歌唱してる箇所が大体hiBになります。このあたりの音階はTERU自身もやや苦しそうに歌唱されていますが、一般的にもかなり高い音階になります。楽曲のニュアンスを考えると、少しコントロールできないような声色で歌唱しても差し支えないと思います。しかし、音が大きく外れたり、声が出なかったりする場合はキーを下げたほうが良いかもしれません。

 一般的な男性の場合は、原曲からキーを2つ程度下げるとよいのではないかと思います。この場合だと、地声最高音がhiAになり、やや高めになります。しかし、その高めの部分を苦しそうに歌う方が楽曲のニュアンスを上手く表現できるのではないかと私は考えております。
 
 一般的な音域の男性は、まずはmid2G,mid2Fといった音階を目標にして練習するのが良いのではないかと思います。『Will Be King』の盛り上がる場面【(Just m2G[Ga-]m2F#[-te]) m2F#[遠くまで][~]G…】の部分がちょうどそうした音階になりますので、hiBの部分もこのフレーズで歌唱するのも良いと思います。ただ、この場面は、mid2G,mid2F#といった音階が連続的に登場していますので、少し難易度が高いと思います。

 また、『Will Be King』は音域が広めですので、普段歌い慣れていない人は楽曲全体を歌いこなすのが非常に難しいと思います。前半の楽章のみで練習するか、もしくは別の曲で歌い慣れたうえでチャレンジするのが良いのではないかと思います。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー