J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

YOASOBI

『幽霊東京』(Ayase[YOASOBI])の音域

こんにちは。今回はYOASOBIのコンポーザーであるAyaseさんの『幽霊東京』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲は、ボーカロイド初音ミクの作品としてもリリースされておりますが、Ayaseさんのセルフカバーバージョンをメインに取り上げたいと考えております。
 カラオケではAyaseさんのバージョンではなく、初音ミクのバージョンが配信されていることが多いようです。初音ミクのバージョンから+5キーする事で、Ayaseさんのキーに設定されます。


『幽霊東京』(Ayase)、Yuurei Tokyo
『幽霊東京』(Ayase)









【地声最低音】mid1D(D3)  

★燦然と輝く街m1D[の]灯り(Aメロ) 
★暗闇の中独りただ迷っている 哀しいひD[と]

★大丈夫、いつm1D[か]大丈夫になる(Bメロ) 


【地声最高音】hiA(A4)  ※ラストサビは転調[+1]

★うhiA[し]m2G#[な]うことm2F#[に](ラストサビ) 
★慣m2F#[れ]hiA[てい]m2G#[く]中で

※転調前の通常サビはmid2G#が最高音


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※ラストのサビ

m2F#[だ]m2F[い]hiC#[な]hiB[想い]C#[を]

※通常サビではhiCが最高音


【補足】mid2Fmid2G辺りの注意点

★対照的な僕を見m2F[下]ろす あの(Aメロ)
★なんておm2F[も]F[日]m2G[々]を幾つF[か]さねた

★ 涙が落m2F#[ち]たのは【ラストサビ[+1]】
★この街でまだ 生きていたいと思うm2F#[から]


 まず、『幽霊東京』についてです。この楽曲は、2019年にAyaseさんによりリリースされたEP作品『幽霊東京』に収録されております。Ayaseさんは、音楽YOASOBIのコンポーザーであり、『夜に駆ける』(過去記事)『ハルジオン』(過去記事)などを制作されております。元々はボカロ作品として発表され、その後、セルフカバーされたものです。

 『幽霊東京』はEDMなどの要素を持ったポップナンバーです。歌メロではラストに転調が行われ、キーが1つ(#1)上がります。YOASOBIのコンポーザーということもあり、アレンジ、歌メロなどを聴いて、Ayaseさんっぽいと感じられる方も居られるかもしれません。
 AyaseさんはボカロP・YOASOBIのコンポーザーとして活躍される以前は、バンドを組んでおり、ボーカルも担当されていたそうです。そうしたこともあってか、声質なども非常に良いと感じました。YOASOBIの作品では、幾田りらさんがボーカルを担当されておりますが、もしかしたら、今後サブボーカル等でAyaseさんが歌声を披露されることもあるかもしれません。







 さて、『幽霊東京』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAはラストのサビで登場します。曲全体で3回程度です。同曲は、ラストのサビで転調が行われ、キーが1つ上がります。通常のサビではmid2G#が最高音になります。
 この辺りは、一般的な男性の音域よりもやや高めですので、キーを少し下げても良いと思います(歌い慣れた男性の場合)。目安として、原曲キーから1~2つ程度下げてみてください。

 『幽霊東京』は低音部分に少し余裕があり、キーを下げることは可能であります。歌い慣れていない人向けのキー調整も可能だと思いますが、裏声が用いられる等難しい部分もあります。音域もやや広めですので、キー調整しても難しいと感じた場合は、別の曲と並行して練習してください。難曲というわけではないですが、ビギナーが手を付けやすい作品とも言い難いです。

 私自身は、この『幽霊東京』は、今後、何かのタイミングで今以上に知られる作品になりうるのではないかと感じました。YOASOBの作品Iが現在、非常にブレイクしておりますが、この楽曲もそうした可能性を秘めていると考えております。

 ※初音ミクのバージョンではmid2A#(A#3)~hiD(D5),hiG#(G#5)で歌メロが作られております。女性キーとしては高めですので、キーを少し下げた方が歌いやすいと思います。音域が広めですので、歌い慣れた人向けの作品だと分析しております。




『群青』(YOASOBI)の音域

こんにちは。今回はYOASOBIの『群青』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

 なお、今回は楽曲終盤の合唱の部分は判別が難しいため、全て裏声で判定しております。MVについては公開され次第添付いたします。
 代わりのブルボン・アルフォートとのコラボ動画を添付します。こちらの動画は【1番Aメ⇒転調ラストサビ⇒転調Bメロ】という構成になっており【2番⇒Cメロ⇒ラストのサビの一部】が省略されてます。


『群青』(YOASOBI)、Gunjou(YOASOBI)
『群青』(YOASOBI)









【地声最低音】mid1F(F3)  ※Aメロで1回

★でもそれでいい そんなもんさ m1F[こ]れでいい


【地声最高音】hiE(E5)  ※ラストの転調サビ[+1]

★見hiE[つ]hiD#[け]hiC#[出し]たあhiF#裏[お]E[いひ]F#[か]D#[り]
★今だってこhiE地[わい]hiD#[こ]hiC#[と]hiB[だ]B[ど]

※転調前の通常サビではhiFが最高音になります。


【裏声最高音】hiG#(G#5) ※ラストの転調斉唱パート

hiD#[今]hiE[も]hiF#[そ]hiG#[こ]F#[に]D#[あ]るよ

※合唱[斉唱]の部分です。1番BメロではhiFが最高音になります(hiGにあたる部分は1番では登場しません)。


【補足】hiB(一部略)hiF#の注意点

★僕にしかできなhiD[い]hiC[こと]C[な]D[だ]【Cメロ】
hiC[い]hiD[で]も自信なんD[か]C[ない]

hiD#[Ah~] hiB[す]べてB[を]B[け]hiC#[て]B[が]C#[く]【ラストサビ[キー+1]】
★朝も夜も走りつhiC#[づ]hiA#[け]

★知hiB[らず]B[らず か]hiC#[く]hiD#[し]hiE[て]D#[た]【転調Bメロ[+1]】
★ほhiC#[ん]hiD#[とう]hiE[の]D#[こ]えを(響かせてよ)、C#[ほ]
★たhiC#[し]hiD#[か]hiE[に]hiF#[そ]C#[こ]に 

※【楽曲の構成】1番(A→B→サビ)⇒2番(A→サビ)⇒Cメロ⇒サビ⇒転調サビ[キー+1]⇒転調Bメロ となります


 まず、『群青』についてです。この楽曲は、2020年に2人組音楽ユニットYOASOBIによりリリースされました。YOASOBIは「小説などを原作に楽曲を制作する」というコンセプトを持っていますが、今作では、山下つばささんの漫画『ブルーピリオド』を原作にして、楽曲制作されております。同曲は、ブルボンの菓子ブランド・アルフォートとのコラボもなされ、『ブルーピリオド』の場面も挿入されております。『ブルーピリオド』は私自身も拝読している漫画作品であり、今回のコラボには非常に驚きました。歌詞内容は物語の序盤をイメージしているのではないかと感じました。興味を持たれた方は原作の『ブルーピリオド』も読んで頂ければと思います。

 『群青』はミディアムテンポのポップナンバーです。特徴的な点は、Bメロで合唱[厳密には「斉唱」]パートが挿入されており、楽曲のラストにも同じフレーズが登場することです。楽曲の終盤には転調してキーが1つ上がるため、合唱パートもキーが1つ(半音)上がります。
 地声最高音hiEについては、大体いつものYOASOBIの高さです。一般的な女性のキーと比べ高いですので、キーを調整しても良いと思います。





 さて、『群青』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3)~【地声最高音】hiE(E5)、【裏声最高音】hiG#(G#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEについては、ラストのサビで2回程度登場します。転調前の通常サビはhiD#が最高音になります。この辺りは、一般的には高めの音階になりますので、キーを少し下げても良いと思います。また、hiE以上の部分を裏声で歌唱しても良いかもしれません。hiD#以下の部分が地声でスムーズに歌いこなせれるならば、違和感は少ないと思います

 合唱部分については、今回は裏声判定としております。カラオケなどで一人で歌唱する場合、ここを地声でしっかり歌いこなすのは一般的には難しいのではないかと思います。「息漏れの少ない裏声」で歌唱した方が良いのではないかと私は考えました。

 『群青』は音域自体がかなり広めであり、キー調整の余地は少ないです。「ある程度歌い慣れた人が少しの調整を行う」といった程度のキー調整になるのではないかと思います。楽曲自体も歌い慣れた人向けの作品といえます。


 

『たぶん』(YOASOBI)の音域

こんにちは。今回はYOASOBIの『たぶん』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。自選曲です。

 リリース直後の楽曲ですので、とりわけラストの地声最高音の部分の分析がやや甘いと思います。その点も踏まえて、参考にしてください。

 

『たぶん』(YOASOBI)、Tabun(YOASOBI)
『たぶん』(YOASOBI)










【地声最低音】mid1D(D3)  

★悪いのは誰m1F[だ] m1D[分か]んないよ

★さよならm1F[だ]
m1F[鳴]F[ひ]F[く]F[れ]F[の]

mid1Fの登場回数が多いです。


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※ラストの転調サビ[+1]

☆思hiC#[わ]hiD#[ず]C#[こ]hiA#[ぼ]C#[れ]た言葉は 違うな

※転調サビのhiD#は地声と裏声の境界が分かりにくいです。目安と考えてください。

【裏声最高音】hiE(E5) ※Cメロで1回

★戻れないhiD地[か]hiC#[ら]D[ぁ]hiE裏[ぁ](Cメロ)


【補足】hiBhiD#辺りの注意点

★これも大衆的恋愛でhiA[しょ](2番Bメロ)
★それhiA#[も]hiC[た]だ よくある聴き慣れhiA#[た]ストーリーだ

★分かり合えないことなんてhiD裏[さ] 幾らでもあhiC[るん]だきっと(Cメロ)
★全てを許し合えるわhiC[け]hiA#[じゃ]C[な]A#[い]から
★辛hiD裏[い]日々と感じhiC[てし]hiD裏[ま っ]C[た]のなら

★僕らはhiA#[何]hiD#[だっ]A#[てきっ]と そう何年hiC#[だっ]てきっと(ラストサビ)
★さよならと共に終わhiC#-hiB[る][け]なん]hiA#[だ]
★始まりに戻ることhiC#-hiB[[が][来][な]
★なんて、おhiD#裏[もっ]hiB[てし]まうよ 

__

 まず、『たぶん』についてです。この楽曲は、2020年に2人組音楽ユニットYOASOBIによりリリースされました。原作⼩説をコンテストで募集し、大賞に選ばれた『たぶん』(しなの著)が原作となっております。

 『たぶん』はミディアムテンポのエレクトロな楽曲です。歌詞は別れの朝が歌われております。これまでYOASOBIはアップテンポの作品が多かったですが、今回は少しゆったり目の作品です。

 同曲は、2番では、1番では無かったBメロが登場します。以前、「最近の曲は『AメロBメロサビ』」という形を繰り返さなくなっている」という話をしましたが、この『たぶん』もそのようなAメロBメロサビという形が少し変形しています。

 歌メロについては、ラストのサビで転調が行われ、キーが通常のサビよりもキーが1つ上がります。歌唱する際は、その辺りも気を付けてください。



 さて、『たぶん』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiD#(D#5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、同曲は、低音部分が非常に低いです。地声最低音はmid1Dです。また、mid1F辺りも多く登場します。高音域が得意な女性は、逆に低音部分がしんどいかもしれません

 一方、地声最高音hiD#は転調したラストのサビで登場します。通常のサビではhiDが最高音です。この辺りは私は地声と裏声の区別が非常に難しかったです。ミディアムテンポの落ち着いた楽曲ですので、皆さんが実際に歌唱する際は、各々の状況を考えて、地声か裏声か選択してよいと思います。
 例えば、地声でhiDを出すとき、声が尖るような場合は、裏声で柔らかく歌唱してもよいです。逆に、hiD辺りを地声で比較的柔らかく発声できるのであれば、地声でもよいと思います。

 『たぶん』は音域自体が広めであり、キーの調整は利きにくいです。歌い慣れた人向けの作品といえます。
 一方で、最高音自体は、hiD#なのでYOASOBIの作品ではやや控えめであります。その点では少し手を付けやすくなっていると思います。




『ハルジオン』(YOASOBI)の音域

 こんにちは。今回はYOASOBIの『ハルジオン』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲ですが、私自身もリストアップしていた曲です。


『ハルジオン』(YOASOBI)、Harujion

『ハルジオン』(YOASOBI)










【地声最低音】mid1G(G3)  

★過ぎてゆく時間の中 あなたを思m1G[い]出す(Aメロ)
★ただ過ぎる日々にm1G[呑]み込まれた[の](Bメロ)


【地声最高音】hiE(E5)  ※転調サビ(+1)

★あhiE地[の]hiD#[日]hiB[の][な]hiC#[たの] (転調サビ)
★うhiB[つ]hiC#[く]hiE[し]hiD#[い]B[と][きと]
hiB[失]くしたはhiC#[ず]hiC[の]C#[み]D#[ら]hiE地[を]D#[つ]B[ない]C#[でいく][ぅ]

※ラストのサビで転調。通常サビは最高音がhiD#


【裏声最高音】hiE(E5) ※転調サビで登場

★これからhiC#[も]hiC[あ]C#[な]hiD#[た][い]hiE裏[な]D#[く]hiB[て]


【補足】hiA#hiC#辺りの注意箇所

★物憂げに眺めhiA#[る]画面に[う]つったA#[ふ]たり(Aメロ) 
★「現実は」って見hiA#[ない]フリをしていた(2番Aメロ)

★二人でhiC#[過]hiB[ご]したあの景色が(転調サビ)
hiB[あ]の日の二人に手をB[振]れば 確かに動き出しhiB[た] 未来へ


 まず、『ハルジオン』についてです。この楽曲は、2020年に2人組音楽ユニットYOASOBIによりリリースされました。YOASOBIは小説を原作に曲を作り上げる独特のスタイルでありますが、本作は橋爪駿輝さんの短編小説『それでも、ハッピーエンド』を元に楽曲を書き上げております。

 『ハルジオン』はエレクトロなニュアンスを持ったダンサブルなバンドナンバーです。『夜に駆ける』ではエレキギターのストロークが登場しましたが、『ハルジオン』はアコースティックギターのストロークになっております。ボーカルのikuraさんはアコギの弾き語り配信など行っておりますので、実際にライブなどでどのように演奏されるかが気になるところです。ちなみに、タイトルの『ハルジオン』は「追想の愛」といった花言葉があり、この辺りは歌詞とリンクしているように私には感じます。

 『ハルジオン』の歌メロについてです。同曲はAメロBメロサビといった馴染みやすい展開がなされますが、AメロBメロ辺りはそこまでキーが高くありません。サビに入ると一気に高音域が登場するるタイプの楽曲です。
 同曲は、ラストのサビで転調が行われ、キーが1つ上がります。この時、最高音がhiE(転調前はhiD#)となり、一般的な女性の声域より高くなります。低音部分に少し余裕があり、キーの調整は可能です。ただ、音域自体が広めであり、歌い慣れた向けの作品といえます。ただ、音域的には、人気曲『夜に駆ける』(最高音hiF)よりも手を付けやすいかもしれません。




 最後に、『ハルジオン』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3) ~【地声最高音】hiE(E5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEはラストのサビで登場します。先にも述べましたが、同曲はラストのサビで転調が行われますので、通常のサビでは最高音がhiD#になります。この辺りは一般的な女性の音域よりも高いですので、キーを下げることも選択肢に入れておいて良いと思います。また、裏声が器用に扱える人は、hiE,hiD#などの部分で裏声を駆使しても良いかもしれません。

 『ハルジオン』は音域自体が広めの作品であります。キーの調整は可能ですが、歌い慣れていない人向けにキーの調整を行うのは難しいです。別の楽曲などと並行しながら練習するのが良いと思います。例えば、当ブログでも多く取り上げいるヨルシカ辺りの作品は練習曲としては扱いやすいです。



『あの夢をなぞって』(YOASOBI)の音域

こんにちは。今回はYOASOBIの『あの夢をなぞって』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。YOASOBIについては、以前『夜に駆ける』を取り上げて以来、2回目となります。


『あの夢をなぞって』(YOASOBI)、Ano Yume wo Nazotte

『あの夢をなぞって』(YOASOBI)










【地声最低音】mid1D#(D#3)  ※曲全体で1回だけ

★思わず目を逸らしてしまっm1D#[た]のは

※落としても違和感はほぼ無いです。ここ以外ではmid1Fが最低音


【地声最高音】hiE(E5)  ※転調(+1)サビで登場

★たhiC#[ど]hiB[り]C#[着]hiD[い]hiE[た]C#[み]B[ら]いで
★あの日見たhiB[ゆ]hiC#[め]B[の]C#[さ]hiD[き]hiE[へ]

※3回登場します

【補足】mid2G#(一部略)hiD辺りの

m2G#[どう]やったって わhiA#[す]れられないき[み]hiA[の](Bメロ)
★ことG#[ば] 今も]ずっ[と][い]G#[る]hiC[か]hiA#[ら]

★夏の空に未来m2G#[と]hiC[い]hiA#[ま](Cメロ) 
hiA#[繋]hiC[が]A#[る]G#[様]に開くはA#[な]hiA[び]
★あG#[の]A#[ゆ]hiC[め]G#[な]C[ぞ]A#[る]

hiC#[Ah] hiA[よ]hiD[る]C#[の]hiB[な]C#[かで] (転調サビ)
★大hiC#[丈夫]hiD[お]C#[もい]hiB[は]hiA[きっ]と 大hiB[丈夫]A[わる]
hiB[ほら]hiA[さ]B[い]C#[ご]B{の]A[は]なびが
★いA[ま] hiD[ふ]hiC#[た]hiA[りをつ]B[つ]A[む]



 まず、『あの夢をなぞって』についてです。この楽曲は、2020年に音楽ユニットYOASOBIによりリリースされたシングル作品です。配信限定作品です。この楽曲は、いしき蒼太さんの小説『夢の雫と星の花』をモチーフに書かれた楽曲です。

 『あの夢をなぞって』はピアノを基調とした疾走感のあるポップナンバーです。以前レビューした『夜に駆ける』と比べて、エバーグリーンかつ爽やかな作品です。10代の恋愛を思わせるような歌詞内容も非常に甘酸っぱくて良いです。私自身は、少し前にレビューしたsupercellの『君の知らない物語』などが想起させられました。アニメの主題歌などに起用されても違和感が無いように感じます。

 『あの夢をなぞって』の音域的な特徴についてです。この楽曲は、音域が広めであり、キーの調整などは行いにくいです。また、サビのキーも高めであります。ラストのサビでは転調し、キーが1つ上がります。ある程度歌が得意な人向けの作品なのではないかと思います。




 さて、『あの夢をなぞって』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域と比べて高く、そして広いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1D#についてです。この辺りは女性ボーカルの曲としてはかなり低いです。ただ、曲全体で1回だけで、mid1Fなどに置き換わっても違和感は少ないです(カラオケの機種によってもmid1Fで判定しているものもあるようです)。あまり気にしなくてよいと思います

 一方、地声最高音hiEについては、ラストのサビで3回登場します。同曲はラストのサビで転調するので、通常のサビではhiD#が最高音になります。この辺りの音階は一般的な女性の音域よりも高いです。キーを下げることも選択肢として考えてください。ただ、同曲は音域が広めですので、キーを下げる余地は少ないです。

 『あの夢をなぞって』は音域が広めであり、低音にも高音にも余地が少ないです。よって、キーの調整などは行いにくい作品といえます。歌い慣れた人が、少し調整するといった形でのキー調整が自然なのではないかと思います。
 よって、普段歌い慣れていない人にはあまり向かない作品といえます。練習曲などにも使いづらいと私は考えております。難易度としては滅茶苦茶に高いわけではないですので、別の曲で歌い慣れた上で、この楽曲にチャレンジした方が良いと思います。

 『あの夢をなぞって』は難しめの作品ですが、爽やかで疾走感もあり、若い人を中心にカラオケなどでも歌いやすいのではないかと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。多くの人に届きうる普遍性のある作品だと思います。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー