J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

YOASOBI

『怪物』(YOASOBI)の音域

こんにちは。今回はYOASOBIの『怪物』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。
 YOASOBIは少し前に別の曲を取り上げて、あまりインターバルが空いていません。ただ、私自身タイアップとなった『BEASTARS』(ビースターズ)が好きで、今回どうしても取り上げたいと思いました。その点についてはご了承ください。


『怪物』(YOASOBI)、Kaibutsu(YOASOBI)
『怪物』(YOASOBI)









【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★このせかm1F#[い]F#[な]にがF#[出]F#[る]のか【Bメロ】
★涙こぼれ落ちm1F#[ないよう]

★清くm1F#[た][し][生][る]こと【2番Bメロ】


【地声最高音】hiD#(D#5)  

★おhiC#-hiD#地[し[え][く]hiB[れ]【Cメロ】

※曲全体で1か所だけ。ラストサビではhiDが頻出

【裏声最高音】hiF(F5) 

★せかhiD地[い]hiC#[の]hiE裏[か] hiF裏[き]E[み]C[に]【ラストサビ[転調+1]】
hiD地[もう]hiC[れ]D[も な][か]hiF裏[い]hiE[よう]
hiC[つ]hiF裏[よ]hiE[く]×2  [な]F[り]E[たいん]C[だ]hiD[よ] 

※ラストサビ[+1]で登場。通常のサビではhiEが最高音


【補足】hiA#hiDを含むフレーズ一覧

★本当hiA#[の]A#[く][な][も][な][だ]【Cメロ】

★よhiA[わい][分]hiC[何]hiD地[度][で]C[も]ずっA[と]【ラストサビ[転調+1]】
★このまちhiD地[が]hiC[い]だらけの
★(世界の中で君には)わhiD[らっ]hiC[て]D[ほ]しいから
hiD[ぼ]hiC[く]が僕でいD[ら]C[れ]るように
hiD[ぼ]hiC[く]の中のぼくC[を]C[え]D[る]


 まず、『怪物』についてです。この楽曲は、2021年に2人組音楽ユニットYOASOBIによりリリースされたシングル作品です。現在、配信のみのリリースであり、CDリリースの予定はありません。
 同曲は、板垣巴留さんによる同名漫画を原作としたテレビアニメ『BEASTARS』(ビースターズ)のオープニングテーマ曲に起用されました。私自身、同漫画が非常に好きであったため、『怪物』を自選曲として取り上げました。

 『怪物』はアップテンポのデジタルポップです。アニメのオープニング曲ということもあってかやや影のあるアレンジになっております。YOASOBIの作品としてもこれまであまり見られなかったタイプだと思います。
 同曲は、『夜に駆ける』(過去記事)のように、場面ごとにサビのキー転調しております。具体的には

1番サビ[±0] ⇒ ラストサビ1回目[-3(♭3)] ⇒ラストサビ2回目以降[+1(#1)]

といった形になっております。特にラストサビ【今日も 答えのない世界の中で】に入った瞬間は慣れていないと音程が取りにくいかもしれません。



 最後に『怪物』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiD#(D#5)、【裏声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiD#についてですが、Cメロで1回だけ登場します。この場面以外では、ラストのサビでhiDが頻出します。目安としてですが、このhiD辺りがしっかり歌いこなせることが1つの基準となると思います。この辺りは女性としては高めですので、キーを少し下げても良いと思います。

 『怪物』は音域自体が広めであり、キーを調整する余地が少ないです。よって、ある程度歌い慣れた人が微調整するといった形になるのではないかと思います。歌い慣れていない人向けのキー調整は難しいと考えて下さい。

 『怪物』はAメロBメロ自体はあまり高くなく、mid2G#までしか登場しません。「低音のAメロBメロ」と、「高音のサビ」でメリハリが付いております。その辺を意識すると、体力の調整なども行いやすいかもしれません。



『ハルカ』(YOASOBI)の音域

こんにちは。今回はYOASOBIの『ハルカ』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 なお、今回は地声最高音がやや見分けにくいと感じました。あくまで目安として考えて下さい。カラオケなどでは、それぞれが歌いやすい範囲で地声と裏声を使い分けると良いと思います。

『ハルカ』(YOASOBI)、Haruka(YOASOBI) 
『ハルカ』(YOASOBI)









【地声最低音】mid1G(G3)  

m1G[お]もい出すのは G[出]会った日のこG[と]【Aメロ】
m1G[わ]すれることhiA[な]い君の笑顔


【地声最高音】hiD#(D#5)  

★思い出があhiC#[ふ]hiB[れ]C#[出]hiD#[し]C#[て]くる【1番サビ】
hiC#[し]hiB{あ]C#[わ]hiD#[せ]hiF裏[なん]だよ

★いつhiC#[ま]C#[も][み][あ][ます]hiD#[よう]C#[に]【2番Bメロ】

※hiD#は裏声でも良いです。ラストのサビではhiEになりますが、こちらは裏声感が少し強いです。


【裏声最高音】hiF#(F#5) 

★流した涙hiC#[も]hiF#[ほ]hiD[ら]【ラストサビ[転調+1]】

※ラストのサビで登場します。転調前の通常サビはhiF


【補足】hiB(一部のみ)hiFを含むフレーズ一覧

★きhiA#[み]のたいせhiC裏[つ]hiC#[が]hiD#裏[せ][が]【2番Bメロ】
あの日のようにえhiC[が]hiF裏[お]hiD[で]

★思い出がhiD[よ]hiC[み]D[が]hiE裏[えっ]D[て]B[る]【ラストサビ[転調+1]】
hiE[だ]hiD[れ]にも見hiC[え]hiB[な]いところで 
hiE裏[こ]hiC#[み]hiD[上]E[げ]C#[て]hiB[く]
hiE裏[お]hiC#[も]hiB[い]はただ ありがとう
hiD[い]hiC#[つ]までhiB[も] C#{あ]D[わ]hiE裏[せ]



 まず、『ハルカ』についてです。この楽曲は、2020年に2人組音楽ユニットYOASOBIによりリリースされた配信シングル作品です。2021年にリリースされたEP作品『THE BOOK』に収録されております。同EPには、『夜に駆ける』、『群青』などかこの配信シングル曲が収録されております。
 『ハルカ』は、ラジオ番組でYOASOBIと放送作家・鈴木おさむさんが共演し、それをきっかけに鈴木さんが書き下ろした『月王子』を原作にして制作されました。
 
 『ハルカ』はミドルテンポのポップナンバーです。ラストのサビでは転調が行われ、サビのキーが1つ上がります(厳密には、AメロBメロから通常サビにかけても転調が行われています)。親しみやすいメロディーなのですが、サビメロの音程が意外と取りづらいと私は感じました。原曲を聴いて、しっかり練習を重ねてください。
 



 さて、『ハルカ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiD#ですが、通常のサビで登場します。ボーカルのikuraさんは地声と裏声の差が分かりにくいため、あくまで目安と考えて下さい。人によってはhiC,hiC#辺りまでを地声にして、hiD#を
を裏声にしても良い
と思います。
 原曲キーの場合、目安としてですが、hiC#~hiD位まで地声で歌えると、安定しやすいのではないかと思います。高い声が苦手な方は少しキーを下げても良いと思います。

 『ハルカ』についてですが、サビで高めの音が多く登場し、裏声を上手く使いこなすことが求められます。ボーカルのikuraさんはhiE~hiFくらいまでは「息漏れの少ない裏声」を駆使しており、地声に近い力強さやニュアンスを生み出しております。初めは「息漏れの多い裏声」でも良いと思います。少しずつ練習を重ね、地声感の強い裏声に近づけていってください。

 『ハルカ』は低音に少し余裕があるため、キー調整は可能ですが、大きな調整には向きません。また、サビでは裏声が多く用いられるため、ある程度歌い慣れておく必要があると思います。キー調整をしても難しいと感じられた場合は、別の易しめの曲と並行して練習してください。
 私自身は、『ハルカ』はサビの音程が若干取り辛い印象を感じました。ただ、リズムやテンポなどはYOASOBIの他の曲と比べて取りやすいと思います。



『幽霊東京』(Ayase[YOASOBI])の音域

こんにちは。今回はYOASOBIのコンポーザーであるAyaseさんの『幽霊東京』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲は、ボーカロイド初音ミクの作品としてもリリースされておりますが、Ayaseさんのセルフカバーバージョンをメインに取り上げたいと考えております。
 カラオケではAyaseさんのバージョンではなく、初音ミクのバージョンが配信されていることが多いようです。初音ミクのバージョンから+5キーする事で、Ayaseさんのキーに設定されます。


『幽霊東京』(Ayase)、Yuurei Tokyo
『幽霊東京』(Ayase)









【地声最低音】mid1D(D3)  

★燦然と輝く街m1D[の]灯り(Aメロ) 
★暗闇の中独りただ迷っている 哀しいひD[と]

★大丈夫、いつm1D[か]大丈夫になる(Bメロ) 


【地声最高音】hiA(A4)  ※ラストサビは転調[+1]

★うhiA[し]m2G#[な]うことm2F#[に](ラストサビ) 
★慣m2F#[れ]hiA[てい]m2G#[く]中で

※転調前の通常サビはmid2G#が最高音


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※ラストのサビ

m2F#[だ]m2F[い]hiC#[な]hiB[想い]C#[を]

※通常サビではhiCが最高音


【補足】mid2Fmid2G辺りの注意点

★対照的な僕を見m2F[下]ろす あの(Aメロ)
★なんておm2F[も]F[日]m2G[々]を幾つF[か]さねた

★ 涙が落m2F#[ち]たのは【ラストサビ[+1]】
★この街でまだ 生きていたいと思うm2F#[から]


 まず、『幽霊東京』についてです。この楽曲は、2019年にAyaseさんによりリリースされたEP作品『幽霊東京』に収録されております。Ayaseさんは、音楽YOASOBIのコンポーザーであり、『夜に駆ける』(過去記事)『ハルジオン』(過去記事)などを制作されております。元々はボカロ作品として発表され、その後、セルフカバーされたものです。

 『幽霊東京』はEDMなどの要素を持ったポップナンバーです。歌メロではラストに転調が行われ、キーが1つ(#1)上がります。YOASOBIのコンポーザーということもあり、アレンジ、歌メロなどを聴いて、Ayaseさんっぽいと感じられる方も居られるかもしれません。
 AyaseさんはボカロP・YOASOBIのコンポーザーとして活躍される以前は、バンドを組んでおり、ボーカルも担当されていたそうです。そうしたこともあってか、声質なども非常に良いと感じました。YOASOBIの作品では、幾田りらさんがボーカルを担当されておりますが、もしかしたら、今後サブボーカル等でAyaseさんが歌声を披露されることもあるかもしれません。







 さて、『幽霊東京』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAはラストのサビで登場します。曲全体で3回程度です。同曲は、ラストのサビで転調が行われ、キーが1つ上がります。通常のサビではmid2G#が最高音になります。
 この辺りは、一般的な男性の音域よりもやや高めですので、キーを少し下げても良いと思います(歌い慣れた男性の場合)。目安として、原曲キーから1~2つ程度下げてみてください。

 『幽霊東京』は低音部分に少し余裕があり、キーを下げることは可能であります。歌い慣れていない人向けのキー調整も可能だと思いますが、裏声が用いられる等難しい部分もあります。音域もやや広めですので、キー調整しても難しいと感じた場合は、別の曲と並行して練習してください。難曲というわけではないですが、ビギナーが手を付けやすい作品とも言い難いです。

 私自身は、この『幽霊東京』は、今後、何かのタイミングで今以上に知られる作品になりうるのではないかと感じました。YOASOBの作品Iが現在、非常にブレイクしておりますが、この楽曲もそうした可能性を秘めていると考えております。

 ※初音ミクのバージョンではmid2A#(A#3)~hiD(D5),hiG#(G#5)で歌メロが作られております。女性キーとしては高めですので、キーを少し下げた方が歌いやすいと思います。音域が広めですので、歌い慣れた人向けの作品だと分析しております。




『群青』(YOASOBI)の音域

こんにちは。今回はYOASOBIの『群青』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

 なお、今回は楽曲終盤の合唱の部分は判別が難しいため、全て裏声で判定しております。MVについては公開され次第添付いたします。
 代わりのブルボン・アルフォートとのコラボ動画を添付します。こちらの動画は【1番Aメ⇒転調ラストサビ⇒転調Bメロ】という構成になっており【2番⇒Cメロ⇒ラストのサビの一部】が省略されてます。


『群青』(YOASOBI)、Gunjou(YOASOBI)
『群青』(YOASOBI)









【地声最低音】mid1F(F3)  ※Aメロで1回

★でもそれでいい そんなもんさ m1F[こ]れでいい


【地声最高音】hiE(E5)  ※ラストの転調サビ[+1]

★見hiE[つ]hiD#[け]hiC#[出し]たあhiF#裏[お]E[いひ]F#[か]D#[り]
★今だってこhiE地[わい]hiD#[こ]hiC#[と]hiB[だ]B[ど]

※転調前の通常サビではhiFが最高音になります。


【裏声最高音】hiG#(G#5) ※ラストの転調斉唱パート

hiD#[今]hiE[も]hiF#[そ]hiG#[こ]F#[に]D#[あ]るよ

※合唱[斉唱]の部分です。1番BメロではhiFが最高音になります(hiGにあたる部分は1番では登場しません)。


【補足】hiB(一部略)hiF#の注意点

★僕にしかできなhiD[い]hiC[こと]C[な]D[だ]【Cメロ】
hiC[い]hiD[で]も自信なんD[か]C[ない]

hiD#[Ah~] hiB[す]べてB[を]B[け]hiC#[て]B[が]C#[く]【ラストサビ[キー+1]】
★朝も夜も走りつhiC#[づ]hiA#[け]

★知hiB[らず]B[らず か]hiC#[く]hiD#[し]hiE[て]D#[た]【転調Bメロ[+1]】
★ほhiC#[ん]hiD#[とう]hiE[の]D#[こ]えを(響かせてよ)、C#[ほ]
★たhiC#[し]hiD#[か]hiE[に]hiF#[そ]C#[こ]に 

※【楽曲の構成】1番(A→B→サビ)⇒2番(A→サビ)⇒Cメロ⇒サビ⇒転調サビ[キー+1]⇒転調Bメロ となります


 まず、『群青』についてです。この楽曲は、2020年に2人組音楽ユニットYOASOBIによりリリースされました。YOASOBIは「小説などを原作に楽曲を制作する」というコンセプトを持っていますが、今作では、山下つばささんの漫画『ブルーピリオド』を原作にして、楽曲制作されております。同曲は、ブルボンの菓子ブランド・アルフォートとのコラボもなされ、『ブルーピリオド』の場面も挿入されております。『ブルーピリオド』は私自身も拝読している漫画作品であり、今回のコラボには非常に驚きました。歌詞内容は物語の序盤をイメージしているのではないかと感じました。興味を持たれた方は原作の『ブルーピリオド』も読んで頂ければと思います。

 『群青』はミディアムテンポのポップナンバーです。特徴的な点は、Bメロで合唱[厳密には「斉唱」]パートが挿入されており、楽曲のラストにも同じフレーズが登場することです。楽曲の終盤には転調してキーが1つ上がるため、合唱パートもキーが1つ(半音)上がります。
 地声最高音hiEについては、大体いつものYOASOBIの高さです。一般的な女性のキーと比べ高いですので、キーを調整しても良いと思います。




 さて、『群青』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3)~【地声最高音】hiE(E5)、【裏声最高音】hiG#(G#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEについては、ラストのサビで2回程度登場します。転調前の通常サビはhiD#が最高音になります。この辺りは、一般的には高めの音階になりますので、キーを少し下げても良いと思います。また、hiE以上の部分を裏声で歌唱しても良いかもしれません。hiD#以下の部分が地声でスムーズに歌いこなせれるならば、違和感は少ないと思います

 合唱部分については、今回は裏声判定としております。カラオケなどで一人で歌唱する場合、ここを地声でしっかり歌いこなすのは一般的には難しいのではないかと思います。「息漏れの少ない裏声」で歌唱した方が良いのではないかと私は考えました。

 『群青』は音域自体がかなり広めであり、キー調整の余地は少ないです。「ある程度歌い慣れた人が少しの調整を行う」といった程度のキー調整になるのではないかと思います。楽曲自体も歌い慣れた人向けの作品といえます。


 

『たぶん』(YOASOBI)の音域

こんにちは。今回はYOASOBIの『たぶん』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。自選曲です。

 リリース直後の楽曲ですので、とりわけラストの地声最高音の部分の分析がやや甘いと思います。その点も踏まえて、参考にしてください。

 

『たぶん』(YOASOBI)、Tabun(YOASOBI)
『たぶん』(YOASOBI)










【地声最低音】mid1D(D3)  

★悪いのは誰m1F[だ] m1D[分か]んないよ

★さよならm1F[だ]
m1F[鳴]F[ひ]F[く]F[れ]F[の]

mid1Fの登場回数が多いです。


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※ラストの転調サビ[+1]

☆思hiC#[わ]hiD#[ず]C#[こ]hiA#[ぼ]C#[れ]た言葉は 違うな

※転調サビのhiD#は地声と裏声の境界が分かりにくいです。目安と考えてください。

【裏声最高音】hiE(E5) ※Cメロで1回

★戻れないhiD地[か]hiC#[ら]D[ぁ]hiE裏[ぁ](Cメロ)


【補足】hiBhiD#辺りの注意点

★これも大衆的恋愛でhiA[しょ](2番Bメロ)
★それhiA#[も]hiC[た]だ よくある聴き慣れhiA#[た]ストーリーだ

★分かり合えないことなんてhiD裏[さ] 幾らでもあhiC[るん]だきっと(Cメロ)
★全てを許し合えるわhiC[け]hiA#[じゃ]C[な]A#[い]から
★辛hiD裏[い]日々と感じhiC[てし]hiD裏[ま っ]C[た]のなら

★僕らはhiA#[何]hiD#[だっ]A#[てきっ]と そう何年hiC#[だっ]てきっと(ラストサビ)
★さよならと共に終わhiC#-hiB[る][け]なん]hiA#[だ]
★始まりに戻ることhiC#-hiB[[が][来][な]
★なんて、おhiD#裏[もっ]hiB[てし]まうよ 

__

 まず、『たぶん』についてです。この楽曲は、2020年に2人組音楽ユニットYOASOBIによりリリースされました。原作⼩説をコンテストで募集し、大賞に選ばれた『たぶん』(しなの著)が原作となっております。

 『たぶん』はミディアムテンポのエレクトロな楽曲です。歌詞は別れの朝が歌われております。これまでYOASOBIはアップテンポの作品が多かったですが、今回は少しゆったり目の作品です。

 同曲は、2番では、1番では無かったBメロが登場します。以前、「最近の曲は『AメロBメロサビ』」という形を繰り返さなくなっている」という話をしましたが、この『たぶん』もそのようなAメロBメロサビという形が少し変形しています。

 歌メロについては、ラストのサビで転調が行われ、キーが通常のサビよりもキーが1つ上がります。歌唱する際は、その辺りも気を付けてください。



 さて、『たぶん』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiD#(D#5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、同曲は、低音部分が非常に低いです。地声最低音はmid1Dです。また、mid1F辺りも多く登場します。高音域が得意な女性は、逆に低音部分がしんどいかもしれません

 一方、地声最高音hiD#は転調したラストのサビで登場します。通常のサビではhiDが最高音です。この辺りは私は地声と裏声の区別が非常に難しかったです。ミディアムテンポの落ち着いた楽曲ですので、皆さんが実際に歌唱する際は、各々の状況を考えて、地声か裏声か選択してよいと思います。
 例えば、地声でhiDを出すとき、声が尖るような場合は、裏声で柔らかく歌唱してもよいです。逆に、hiD辺りを地声で比較的柔らかく発声できるのであれば、地声でもよいと思います。

 『たぶん』は音域自体が広めであり、キーの調整は利きにくいです。歌い慣れた人向けの作品といえます。
 一方で、最高音自体は、hiD#なのでYOASOBIの作品ではやや控えめであります。その点では少し手を付けやすくなっていると思います。




管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー