J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

LiSA

『炎』(LiSA)の音域

 こんにちは。今回はLiSAさんの『炎』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

』(LiSA)、Homura(LiSA)
『炎』(LiSA)









【地声最低音】mid1F#(F#3)  ※Bメロで1回ずつ

m1F#[ぼ]くらの明日を描いていた

※ここを除くと、m2Aが頻出。キー調整の際は、m2Aを低音の基準にすると良い。


【地声最高音】hiE(E5)  ※曲全体で1回

hiE[未]hiD#[来]hiB[の]B[め]に(ラストサビ)

※ラストのサビで1回。通常のサビでは裏声です


【裏声最高音】hiE(E5) ※サビで登場

hiE[未]hiD#[来]hiB[の]B[め]に(サビ)
★僕hiB[は君をお]hiC[も]hiC#[う]hiD#[だ]hiE裏[ろう]

※ラストのサビでは☆の部分は地声になります。


【補足】hiBhiC#の注意点

★ 温hiA[もりと]hiB裏[い]A[た]みに間に合うように(Aメロ)

★手をhiB[取り そして]hiC#[は]B[なし]た(サビ) 
hiC#[つ]hiB[よ]くなB[り]たいと願い泣いた

★僕は守り抜くとちhIC#[かっ]hiA#[た]んだ(2番Bメロ)

※2番サビの歌詞の無い部分【ウォウオー…】はhiCが一番高いです。


 まず、『炎』(ほむら)についてです。この楽曲は、2020年に女性歌手のLiSAさんによりリリースされたシングル作品です。新曲ということで、アルバムなどには未収録です。配信リリースとともにフィジカルでのリリースもなされました。
 『炎』はアニメ『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』のために制作された楽曲であります。LiSAさんは2019年にアニメ『鬼滅の刃』の主題歌『紅蓮華』(過去記事)を担当し、昨年記録的なヒットとなりました。

 『炎』はゆったりとしたテンポのバンド曲であり、作曲編曲を梶浦由記さんが担当しております。梶浦由記さんはアニメやゲームなどでも多くの主題歌や劇中音楽を担当しており、『鬼滅の刃』でも劇中音楽を担当しております。LiSAさんの作品では、『from the edge』を担当し、同アニメのエンディングテーマとなりました。

 『炎』は転調サビで転調がなされるなど、凝った作りになっております。歌い慣れていないとリズムや音程が取りにくいかもしれません。ゆったりとしたテンポの楽曲ではありますが、歌い手の歌唱力が試されます。音域自体も広めであります。



 さて、『炎』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声・裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEについては、ラストのサビで1回だけ登場します。通常のサビでは同じフレーズを裏声で歌唱されております。
 この辺りは、女性の音域としては高いですが、回数が少ないので、余裕のある方は頑張ってみても良いです。高音域が苦手な方は通常のサビ同様に裏声でも良いのではないかと思います(ニュアンスは変化します)。
 hiEは一般的の女性にとっては高い音階ですので、一般的にはキーを少し下げた方が歌いやすいです。目安として、原曲キーから2~3つ程度下げてみてください。
 
 『炎』は地声最低音mid1F#が登場するフレーズは少なく、落としても目立ちにくいです。よって、キーを下げる余地も少しあります。歌い慣れた人であれば、歌いやすいレンジが見つかりやすいと思います(低音部分が少ししんどくなるかもしれませんが)。
 一方で、『炎』は音域自体はやはり広めであり、キーを調整したとしても、声域の狭い人や歌い慣れていない人には取っ付きにくい部分が出てきます。その点では、やはり歌が得意な人向けの作品であるといえます。また、転調が要所要所で行われるため、音程が取り辛い場面もあります。
 
 『炎』はやや難しめの作品でありますが、人気アニメの主題歌ということもあり、話題性もあります。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。



『Catch the Moment』(LiSA)の音域

こんにちは。今回はLiSAさんの『Catch the Moment』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『Catch the Moment』(LiSA)
『Catch the Moment』(LiSA)









【地声最低音】mid1G(G3)  ※Aメロ

★そっと 吐き出す ため息を吸い込んm1G[だ](Aメロ) 
m1G[後]悔は苦いG[味]残して


【地声最高音】hiC(C5)  ※サビやCメロで頻出

★ナイフhiA[で]切り刻んhiC[で]hiB[もう][度]ぉ(Bメロ)
★キミに出hiA[会]hiB[え]hiC[ない]hiB[かも]A[ぉ]

hiB[ぼ]hiA[く]hiC[声]B[が] C[びい]B[た](サビ)
★終わらhiC[ない]hiB[願]hiA[ぁい]
hiA[あ]hiC[何]hiB[回 キ]A[ミ][わ]らえるA[の]
★ hiB[た]hiA[めし]hiC[るん]B[だ]A[く]

hiB[揺]らいhiC[だ]B[り]B[し]C[ない](2番サビラスト) 

hiC[何]hiB[度]hiA[で][追い][い]A[り](Cメロ)
hiA[キ][が][いに]hiB[分]hiC[かん]B[なく]A[なっ]
hiB[う]hiC[れし]B[く]なっB[たりし]C[て]
★えいhiB[え]hiC[ん]B[にし]て行けるかB[な]

hiB[こ]B[と]hiC[き]B[を]B[か]C[め](ラスト) 
hiC[Cat][ch]B the Moment

※一部hiAを省略してる箇所があります


 まず、『Catch the Moment』についてです。この楽曲は、2017年に女性歌手のLiSAさんによりリリースされたシングル作品です。アルバム『LiTTLE DEViL PARADE』に初収録されました。同曲は、人気アニメの映画『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』のために書き下ろされた作品であります。
 LiSAさんは2019年に『鬼滅の刃』の主題歌でもある『紅蓮華』(過去記事)が爆発的にヒットしました。そのため、どうしても『紅蓮華』に注目が集まりがちなのですが、この『Catch the Moment』も人気の高い作品であり、配信では20万回のDLを記録し、プラチナ認定されております。

 『Catch the Moment』はアップテンポのロックナンバーです。同曲は、作曲をUNISON SQUARE GARDENのベーシスト田淵智也さん、編曲を江口亮さんが担当しております。田淵さんが担当していることもあってか、上述のように、地声最高音hiC、それに次ぐ高音階hiBが乱舞します。この辺りは、カラオケでユニゾンを歌う人などには、お馴染みかもしれません。サビやCメロではほとんどのフレーズにhiC,hiBが登場するため、一般的な女性の音域であってもかなりしんどいと思います。





 さて、『Catch the Moment』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内であります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCについてですが、サビやCメロなどを中心に頻出します(上述した音域は基本的に重複しない形で全て記載していますが、それでもこれだけの分量になりました)。hiC辺りは一般的な女性の音域の範囲内でありますが、登場回数が尋常ではないですので、高音域が得意な女性であってもかなり辛いと思います。
 一般的な女性の場合は、キーを少し下げて歌唱しても良いと思います。各々キーを調整しながら、ちょうどよい部分を見つけてください。

 『Catch the Moment』は音域自体は滅茶苦茶に広いわけではないです。よって、キー調整などは行いやすいです。最高音自体はそこまで高くないですので、歌い慣れていない人であっても合いやすいレンジが見つかると思います。その点で、練習曲として使用することも可能だと思います。
 ただ、先にも述べましたように、最高音が頻出しますので、1曲歌い切るには持久力が必須になります。その点は留意しておいてください。

 『Catch the Moment』はLiSAさんの作品でも人気の高い楽曲の1つです。『紅蓮華』以外にもLiSAさんの作品について知りたいと思われた方にお勧めしたい1曲です。



『ADAMAS』(LiSA)の音域 / アニメ『テレビアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション』OPテーマ

 こんにちは。今回はLiSAさんの『ADAMAS』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。LiSAさんは以前に『紅蓮華』を取り上げて以来、2回目の登場になります。

 なお、『ADAMAS』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。替わりの動画として、桿子 Drumstickさんのドラムカバー動画を添付いたします。こちらであれば、LiSAさんのボーカルが確認できます。


『ADAMAS』(LiSA)


【地声最低音】mid2A(A3)  ※Bメロ

★にやついm2A[た]ぁしhiA[に]hiB[がみ]A[呼]A[こ]えがする


【地声最高音】hiE(E5)  ※サビで頻出、Cメロで登場

hiB[そ]hiC#[れ]hiD#[ぞ]hiE[れ]D#[のひ]C#[か]B[りを]目指していく
★何度だって立hiC#[ち]hiD#[上]hiE[がっ]D#[て]C#[僕]
★さぁかhiB[が]hiE[や]hiD#[け]

hiC#[とき]hiD#[め]hiE[く]D#[ほ]C#[ど]眩しい奇跡を(2番)
hiD#[僕]hiE[た]hD#[ち]hiB[の]“core”掲げB[て](Cメロ)


【補足】hiAhiC#の注意箇所

★期待m2G#[外]れ 風向きかきまhiB[わ]G#[せ]
hiC#[加速]hiB[し]m2G#[て]いくマグマG#[の]鼓動 確かめてすG#[す]hiA[め]
★僕ははhiB[じ]hiA[ま]m2G[っ]た栄光のゴールを見たいhiB[のさ]A[ぁ]

hiC#[SHi-]hiB[-NY] SWORD MY C#[Di-]B[-A-]MOND(サビ)
★悲しみと願いの結晶体hiB[に]

★世界が待っm2G#[て]hiB[る]

★No hiB[way] to [prove], just follow [through]! (DON’T B[BLOCK MY WAY]!!)
★守りたいもの 守りhiB[抜く]hiA[だ]

『ADAMAS』(LiSA)









 まず、『ADAMAS』(アダマス)についてです。この楽曲は、2018年に女性歌手のLiSAさんによりリリースされたシングル作品です。両A面シングルの1曲であります。『ADAMAS』はテレビアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション アリシゼーション・ビギニング編』のオープニングテーマになっており、非常に人気の高い楽曲の一つです。
 ちなみに、『ADAMAS』とはギリシャ語で、「征服されない」といった意味があります。アダマントやダイヤモンドの語源になっており、ダイヤモンドは同曲のサビの歌詞としても登場します。

 『ADAMAS』は疾走感のあるロックナンバーです。作詞はLiSAさん、作曲はカヨコさん、編曲は堀江晶太さんによりなされております。作曲のカヨコさんは当ブログでも以前取り上げた『鬼滅の刃』主題歌の『紅蓮華』でも作曲を担当しております。歌メロについては、Cメロが大部分が英語詞になっており、歌い慣れていない人にとってはハードルになるかもしれません。

 『ADAMAS』の音域的な特徴についてです。一般的な女性の音域よりも高いのですが、低音部に余裕がありますので、キーを下げる余地はあります。ただ、先にも述べましたが、英語詞があり、最高音がサビで多く登場する等、キーを下げたとしてもハードルが高い部分も多いです。



 さて、最後に『ADAMAS』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3) ~【地声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEについてですが、サビを中心に頻出し、BメロやCメロでも登場します。「最高音が楽曲の中で1~2か所登場する」ような作品ではなく、「各サビで頻出」しますので、非常にしんどいです。
 この辺りは一般的な女性にとっては高い音階ですので、キーを下げて歌唱するのがオーソドックスな選択肢なのではないかと思います。目安として、原曲キーから3~4つ下げてhiC(#)辺りにするとかなり歌いやすくなるのではないかと思います。

 『ADAMAS』は高音域が高い楽曲ですが、低音部に余裕があります。よって、キーを下げる余地もあります。キーを調整する余地があるいう点では、以前取り上げた『紅蓮華』よりも融通が利きやすいといえます。ただ、普段歌い慣れていない人が歌いこなせるほど低くキーを下げることは難しいと思います。キーを下げ過ぎると逆に低音部が辛くなる可能性もあります。キーを下げても辛い場合は、別の曲で練習した上でチャレンジすることも考えてください。

 『ADAMAS』はCメロが英語詞になっており、この辺りも一つのハードルになります。しっかり歌詞を覚えておきたいところです。この楽曲はアニメのオープニング主題歌ということもあり、上手く歌えるとカラオケなどでも盛り上がりやすいと思います。



『紅蓮華』(LiSA)の音域と感想

(2020/04/11)THE FIRST TAKEでのアコースティックの動画がアップされましたので添付しました。

 こんにちは。今回はLiSAさんの『紅蓮華』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 なお、『紅蓮華』はYouTube公式チャンネルでフル配信されておりませんが、LiSAさんがピアノ伴奏で歌唱している動画がございます。こちらを添付いたします。


『紅蓮華』(LiSA)、Gurenge


【地声最低音】mid1E(E3)  ※Aメロ

★泥だらけの走馬灯に酔[う] [こ]わばる心


【地声最高音】hiD(D5)  ※曲全体で多く登場します

★変わっていけるhiB[の]はじ[ぶ][じ]hiD[し][ん]だけ(Bメロ)

★どうしたっhiB[て!][せ]hiD[な][い][めも](サビ) 
★ありhiB[が]とう 悲[し]hiD[み][よ]

★散りゆくけhiB[つ]まつ 無情に破れた 悲鳴のhiD[か]hiC[ぜ][吹]く(Cメロ)
★ありhiB[が]とう 悲B[し]hiD[みよ](ラストサビ)


【裏声最高音】hiG(G5) ※サビで1回ずつ登場

★紅蓮hiB[のは]hiG裏[な]hiF#裏[よ]hiD地[咲][き]誇れ!


【補足】hiBhiDの注意箇所

★強くなれる理由を知った 僕を連れて進hiB[め](冒頭)
★震える手は掴hiB[み][い][の]hiC[が][あ]
★誰かのために強hiD裏[く]hiC[な]hiB[れ]るなら(サビ)

★透けて見える偽善hiB[に](2番Bメロ)
hiD[Tell me why], hiB[tell me why], tell me why, tell me… I don’t need [you!]

★挑み続け咲いた一輪hiB[が]hiC[う][つ][く][しい](Cメロ)
★誰かのhiB[泣き]声 誰もが幸hiD裏[せを]願っ[てる]
★うんめhiB[い]を照らし[て](ラストサビ)


『紅蓮華』(LiSA)









 まず、『紅蓮華』についてです。この楽曲は2019年に女性歌手のLiSAさんによりリリースされたシングル作品です。『紅蓮華』はテレビアニメ『鬼滅の刃』のオープニングテーマとなっており、当アニメのために書き下ろされました。私自身が原作の漫画が好きだということもあり、今回取り上げようと考えました。作詞はLiSAさん、作曲は草野華余子さん、編曲は江口亮さんにより行われています。江口亮さんはLiSAだけでなく、いきものがかりなどの編曲でも知られています。

 『紅蓮華』のサウンドについてです。ロック色の強いアッパーチューンです。この辺は少年漫画原作のアニメのオープニングテーマということもあると思います。楽曲の要所要所でも登場しますが、ピアノのイントロが楽曲の「静」の部分を上手く表現していると思います。
 歌メロディーについて、特徴的な点はBメロの展開が1番と2番で異なるという点です。これにより、全体としてドラマティックさが強くなっていると思います。また、サビのメロディーについては、ヨナ抜き音階になっております。具体的には、サビの中で「 誰かのために強く(な)れるなら」、「紅蓮の華(よ)咲き誇れ」と丸カッコでくくった2音以外はすべてヨナ抜きの音階です。アニメが大正時代の日本を舞台としたダークファンタジーということもあるでしょう。「和」のテイストを演出するのに非常に役に立つ音階です。ヨナ抜きの楽曲というのはこれまで当ブログでも多く取り上げてきました。『小さな恋のうた』、『打上花火』などがそうですが、『紅蓮華』にも同じような構造が見られます。





 
 さて、最後に『紅蓮華』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】hiD(D5) 、【裏声最高音】hiG(G5)でメロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高いです。

 まず、添付された画像に示されるように、全体として音域がかなり広いです。地声だけに限定しても広めです。故に、キーを調整して歌うという融通は効きにくく、練習曲としてもあまり向かないと私は考えます。高音が得意で、かつ歌い慣れている人向けの楽曲だと思います。その点は留意しておいてください。仮にキーを下げて歌う場合は、原曲から2~3程度下げると良いと思います。これにより、hiC(hiB)辺りに最高音が設定されます。ただ、当然低音部はよりきつくなります。

 地声の最高音hiDについてですが、上述するように、楽曲の要所要所で何度も登場します。このあたりの音階(hiD)を安定的に歌えるということが原曲キーで歌う一つの基準になります。原曲のニュアンスが崩れる可能性も高いですが、hiD箇所を裏声気味に歌うというのもありかもしれません。裏声が得意な方はhiD箇所のみを裏声で歌い、残りを地声で歌うという方法を試してみても良いと思います。ある程度歌いこなせているのであれば、そうした裏声での対応でも格好がつくと思います。ただ、ラストのサビの「ありhiB[が]とう 悲B[し]hiD[みよ]」の部分は出来れば地声で歌えた方が良いと思います。その辺も各々試行錯誤してみてください。


 『紅蓮華』はキーを大きく下げることも難しいため、一般的な音域の女性にとっては全体として難易度が高めの楽曲だと思います。ただ、歌いこなせるとかっこよく、非常に盛り上がる楽曲だと思います。


管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー