J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

宮本浩次(エレファントカシマシ)

『冬の花』(宮本浩次)の音域

こんにちは。今回は宮本浩次さんの『冬の花』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『冬の花』(宮本浩次)、Fuyu no Hana(Hiroji Miyamoto)
『冬の花』(宮本浩次)










【地声最低音】mid1E(E3)  

m1E[か]えらぬE[と]き 指おり数えても
m1E[引]き裂かれしわたしm2G[は] 冬の花


【地声最高音】hiD(D5)  ※曲全体で2回

★心がhiB[笑い]hiC#[た]hiD[がっ]C#[て]B[いる](1番・ラストサビ)

この場面以外は裏声です。声質によってはここも裏声でも良いです。


【裏声最高音】hiE(E5) ※2番のサビで1回のみ

★負けるhiC#[わ]hiD[け]hiE裏[ぇ]D[ぇ]C#[が]ない

※瞬間的ですので、聞き逃しやすいです


【補足】hiA(一部略)hiDの注意点

★旅みたm2G[い]hiB[だね]hiA[ぇ] (Bメロ)
★生きm2G[るっ]てどG[ん]hiA[な]G[と]きでも
★ぬくもり求め さまm2G[よ]

★泣かなhiB[い]hiA[で] わA[た]m2G[しの]恋心(サビ) 
★涙は“お前”にはにあm2G#[わ]hiB[ない]hiA#[ぃ]
★ゆけ たhiB[だ]hiA[ゆけ] 
hiB[いっ]hiC#[そ]hiD裏[わ]C#[た]B[し]hiA[が]A[く]


 まず、『冬の花』についてです。この楽曲は、2019年にエレファントカシマシのボーカル宮本浩次さんによりリリースされたデジタルシングル作品です。翌年にリリースされたアルバム『宮本、独歩。』に収録されました。
 『冬の花』は、テレビドラマ『後妻業』のために書き下ろされたナンバーです。リリースに先立ち、宮本浩次さんのYouTube公式チャンネルで公開されたMVは、2020年10月現在、1000万回を超えております。宮本さんのソロ作品でも、人気の高いナンバーであると思います。

 『冬の花』は歌謡色の強いマイナーナンバーです。編曲には、Mr.Children、back numberなどのアレンジでも知られる小林武史さんと、 四家卯大さんによりなされております。
 歌メロについてですが、AメロBメロサビといった形で作られており、その点では馴染みやすいです。一方で、歌メロの音域については高めであり、歌謡曲というより、ロックバラードのような高さであり、ある程度高音域が得意な人向けの作品といえます。キー調整は可能ですが、原曲のニュアンスなどを考えると、しっかり歌い慣れておく必要があります。 



 さて、『冬の花』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDについては、1番とラストのサビで1回ずつ登場します。この辺りは、私自身も判断に迷ったところであり、場合によっては裏声でも良いと思います。
 この場面を除くと、hiBが多く登場します。私なりの分析ですが、hiBを安定的に歌いこなせると、形になりやすいです。
 一般的な男性の場合は、キーを下げた方が歌唱しやすいです。目安としては、原曲キーから3~4つ程度下げて歌唱してみてください(歌い慣れた人の場合)。

 『冬の花』は低音部分に余裕があり、キー調整は可能であります。ただ、歌メロの特徴などを考えると、「ある程度歌い慣れた人が調整する」といったものになると思います。
 難易度としては高いですので、ビギナーなどにはあまり向きません。サビの高音部分はハードロックっぽい発声もありますが、あくまで歌謡曲調の作品なのですが、丁寧な歌唱が求められます。




『Do you remember?』(宮本浩次)の音域 / 映画『宮本から君へ』主題歌

 こんにちは。今回はエレファントカシマシのボーカル宮本浩次さんの『Do you remember』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Do you remember?』(宮本浩次)、Do you remember?(Hiroji Miyamoto)

『Do you remember』(宮本浩次)










【地声最低音】mid1F(F3)  

m1F[ごら]ん ガードレールに(Aメロ冒頭)
★ビm1F[ル]の向こうにゃギラつくたいよm2G[う] 


【地声最高音】hiF(F5)  

★さようhiA#[な]hiF[ら] hiD#[あ]hiD[あ]D#[あ]D[あ]A#[あ]


※個人的には裏声か地声か迷っていますが、地声判定しています。

【補足】hiA辺り~hiD#の注意箇所

★ガードレールにうずくhiA[ま]hiC[る ひ]hiA#[と]A[り]のおとこあり
★なみださえ浮かべhiA[て]hiA#[る]hiD[の]hiC[に] 

★俺の夢hiA[だ]hiC[け]hiD#[が]hiD[消]C[え]A#[て]A[ゆ]A#[く](Bメロ)
★抉られしこころhiA[の]hiA#[その]A[果]A#[て]hiD[にゃ]
★ゆhiA#[た]かななにかhiA[が]A#[あふ]A[れ][る]A#[の]hiC[に]
hiA#[うわぁぁぁぁぁ]

hiA[ひ]hiA#[かり射]A[す]A[の]公園で(サビ)
★m2G[君]にG[語っ]たG[夢]hiA[の]hiA#[ゆ]hiC[め]
★まhiA[ち]hiA#[を]  A#[空]hiC[を]  A#[そ]C[し]hiD[て]C[明]D[日]C[を]A#[ぉ]
hiA[い]hiA#[ま]  俺がA#[全て引き]hiC[受]A#[け]A[よ]A#[う]

hiA#[お]hiC[れ]hiD[は君]C[をあ]A#[い]C[し]A#[て]hiA[るの](2番)
hiA[そ]hiA#[れ]hiC[と]hiD#[も]D[あ]C[いに]A#[あこがれ]A[て]いるの
hiA#[お]hiC[れ]hiD[のす]C[べ]D[てでこ]C[の]A#[世を あ]D[い]C[し]A#[て]A[ゆ]C[こ]A#[う]

hiA#[Do you!Do you! Do] you hiA#~hiA[re--mem-ber?](アウトロ)



 まず、『Do you remember?』についてです。この楽曲は、2019年にエレファントカシマシのボーカル宮本浩次さんによりリリースされたシングル作品です。2020年にリリースされたアルバム『宮本、独歩。』に収録されました。
 『Do you remember?』は新井英樹さんの同名漫画を原作とした映画『宮本から君へ』のために書き下ろされた作品です。新井さんがエレファントカシマシのファンであることもあり、同漫画には「宮本浩」という名の主人公が登場します

 さて、『Do you remember?』は疾走感のあるロックナンバーです。プロデュースにHi-STANDARD(ハイスタンダード)でギターを担当する横山健さんが関わっており、パンキッシュ、ハードコアなアレンジに仕上がっております。宮本浩次さんのパワフルな面が強調されております。

 『Do you remember?』の歌メロについてです。この楽曲は、ボーカルの声域が非常に高いです。歌メロについてはAメロBメロサビといった形で作られておりますが、楽曲全体を通して非常にテンションが高く、hiD辺りの高い音階があちこちに登場します。
 同曲は低音部分に余裕があり、キーの調整も可能です。ただ、キーを調整して歌唱するにしても、ある程度高い音域を上手く使いこなせないと原曲のニュアンスを表現するのは難しいです。キーを調整するにしてもしっかり歌い慣れた人向けの作品であり、難易度は非常に高いです。




 さて、『Do you remember?』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3)~【地声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiFはサビで登場します。このhiFは息漏れの無い裏声のようにも聞こえるのですが、今のところ地声と判定しておきます。この場面以外では、hiD#,hiDといった高い音階が要所要所で登場します。私なりのイメージですが、hiFの場面よりもhiD#等が多く登場する場面の方が肥えのコントロールが難しいのではないかと考えております。
 このhiD辺りの音階になると、原曲キーで歌唱する場合、ハードロックのようなジャンルの曲を歌い慣れておく必要があります。非常に高いキーです。
 一般的にはキーを下げた方が歌唱しやすいと思います。ただ、キーを下げるにしても、原曲のような表現を目指す場合、自分が出せる声域のギリギリのところを安定的に歌い慣れる必要があります。その点で難易度が高いです。

 『Do you remember?』は難易度が高いロックナンバーであり、歌いこなすが大変だと思います。ただ、個人的には非常に好きな楽曲であります。興味を持たれた歌の得意な方は、チャレンジしてみてください。



『ハレルヤ』(宮本浩次)の音域 / ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』主題歌

こんにちは。今回はエレファントカシマシのボーカル宮本浩次さんの『ハレルヤ』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 当ブログでは、エレファントカシマシについては以前に『今宵の月のように』を取り上げております。また、椎名林檎さんと宮本浩次さんのコラボ作品である『獣ゆく細道』についても取り上げました。宮本浩次さんのソロ作品について取り上げるのは今回が最初になります。


『ハレルヤ』(宮本浩次)、Hallelujah(Hiroji Miyamoto)


【地声最低音】mid1B(B2)  

★行こうぜ baby まだ間に合うさそんなm1B[h-]-ot place
★夜風m1C#[が]m1B[ヤ]C#[ケ]に ああ身にしみるこのごろ


【地声最高音】hiB(B4)  ※サビおよびラストサビ

m2F#[しゅ]くふくhiB[あ]hiA[れ] F#[ハレル]
★ばからしくも愛しきこのm2F#{日]hiB[々]hiA[を] F#[イエ]エイ


【裏声最高音】hiD(D5) ※ラストサビで1回

hiD裏[あ]hiC[あ]D[ぁ]m2F#[ぁ]ぁぁ笑いとF#[あれ]m2G[ぇ]



【補足】mid2E(一部のみ)mid2G辺りの注意箇所

★光も闇も切りm2E[裂いて]m2F#[ゆけ]E[ぇ](Bメロ)

★please たm1D[か]鳴る胸をかかm2F#[えて](サビ)
m2F#[そん]な俺m2G[にもう一丁]
★ああなm2F#[み]だぢゃあなく 勇[気]m2G[と]F#{と]もにあれ

★敗れし夢のその先m2F#[にゃあ] (2番サビ)

『ハレルヤ』(宮本浩次)









 まず、『ハレルヤ』についてです。この楽曲は、2020年にエレファントカシマシのボーカルを務める宮本浩次さんによりリリースされたアルバム『宮本、独歩。』に収録されています。テレビ朝日系ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』のために書き下ろされた作品であります。アルバムの発売に先立ち、配信が開始され、宮本さんのYouTube公式チャンネルでもMVが公開されました。MVは2020年4月現在、160万回もの再生回数を記録しています。

 『ハレルヤ』はアップテンポのロックナンバーです。ドラマの主題歌ということもあり、AメロBメロサビと楽曲が盛り上がっていき、歌メロのキーも高くなっていきます。私自身はドラマ自体は視聴していないのですが、ボーカルや歌詞などは宮本さんらしい男臭さや泥臭さが表現されていると思います。エレカシや宮本さんのこれまでの作品の傾向から考えると、歌メロの心地よさが強調された作品といえます。

 音域的な特徴についてですが、図にも示すようにかなり広めの音域で歌われております。キーの調整は少しは可能でありますが、歌い慣れていない人向けではありません。高音域がある程度得意な、歌い慣れた人向けの作品といえるのではないかと思います。



 さて、『ハレルヤ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B2) ~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBについてですが、サビで1回ずつ登場します。登場回数としてはそこまで多くありません。もし、裏声が器用に出せる人であれば、Mrs.GREEN APPLEの大森さんのような息漏れの少ない地声に近い裏声で歌唱しても良いかもしれません。ただ、原曲のニュアンスを考えると、地声の方が良いのは間違いありません。
 この辺りの音階は一般的に高めであります。よって、キーを下げることも考えても良いと思いいます。ある程度低音域を器用に出せることが前提になりますが、原曲キーから3つ程度下げると、地声最高音がmid2G#辺りに設定されます。この辺りが一つの基準になると思います。

 『ハレルヤ』は音域全体でみると広く、キー調整にはそこまで向きません。先にも述べましたが、歌い慣れた人であれば、少しキーを下げたりすることは可能なのではないかと思います。こうした点から、普段歌い慣れていない人の練習などにはあまり向かない作品です。歌い慣れていない人は、別の曲で練習した上でチャレンジすると良いと思います。
 大体mid2G辺りが安定的に発声できるようになると、キー調整すれば、かなりの部分は歌いこなせると思います。

 『ハレルヤ』は難易度的には少し難しめの作品であります。また、宮本さんのような男らしい歌声で綺麗に歌いこなすとなると、更に難しくなります。ただ、こうした表現が出来ると、非常にカッコイイと思います。



『獣ゆく細道』(椎名林檎と宮本浩次)の音域

 こんにちは。今回は"椎名林檎と宮本浩次"の『獣ゆく細道』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

 今回は男性と女性のデュエットで、キーが異なり、ハモリなどもあるということで、従来よりも調査に時間がかかりました(調査出来てない部分もございます)。最高音と最低音の確定は出来ています。ハモリの部分は一部確定されていません。煩雑にならない範囲で記事にしています。


『獣ゆく細道』(椎名林檎と宮本浩次)、Kemonoyuku Hosomichi(Ringo Sheena & Hiroji Miyamoto)

『獣ゆく細道』(椎名林檎と宮本浩次)『獣ゆく細道』(椎名林檎と宮本浩次)2


















【地声最低音】mid1E(E3),mid2A(A3)  

m1E[お]ため[ご]かしか、[と]んだE[か]まとゝ(2番Bメロ)
m1E[能]書きはまう結構です(Cメロ宮本)

※女性パートの最低音は2番AメロBメロで登場
※男性パートはラストでmid1D#が登場しますが、ハモリの部分なので今回は含めておりません

☆狭き道をmid1D#[ゆ]け

【地声最高音】hiC(C5),hiD(D5) 

hiB[だ]hiD[まつ]hiC[て]B[遠]C[く]B[へ]行かう(2番サビ)
hiD[せ]hiC[ま]hiB[き]hiA#[み]B[ち]A[を]ゆけ(ラスト)

※宮本さんのhiC部分は【補足】に記載しております。

【補足】mid2G(一部略)hiCの注意箇所

★こm2G[の]hiA[世]はG[無]A[常] (冒頭)
★m2F[さう]m2G[絶え間]F[ないな]がれに

★飼馴m2G[らし]m2F[てゐるやう]で(Bメロ)
★あm2G[た]hiA[ま]とかG[ら]A[だ](椎名)

★まるごm2G[し]hiA[の]G[い]のちをいま(サビ宮本)
★野放しにhiA[つっ]m2G[ぱ]A{し]G[らう]
hiA[行くさ]hiA#[き]A[は]m2G[と]切れる場A[所] 
hiA[大]hiC[自]hiA#[然]A[とし]A#[てい]G[ざ]行かう

★きhiA[かつ]m2G[てゐる]やうで(2番Bメロ椎名)

★かじm2G[か]hiA[む]hiB[だ]A[い]G[の]ちでこそ(サビ椎名)
★成遂げた結hiB[果]hiA#[が]B[す]hiA[べ]m2G[て]
hiB[孤独とは]hiA[ひ]m2G[換]へりやあ自B[由]

★ものm2G[ほん]hiA[か天]hiB[ぷら]G[か]A[なん]G[ナン]センス(Cメロ椎名)
★勝hiA[敗]hiB[さへ]hiC[も]B[とう]A[に]んだA[け]B{意味が]C[有]B[る]

hiB[さあむさ]hiC[ぼ]B[れ]hiA[らひ]m2G[飛]ばすのB[さ](ラストサビ椎名)


 まず、『獣ゆく細道』についてです。この楽曲は、2018年にシンガーソングライターの椎名林檎さんと、エレファントカシマシのボーカル宮本浩次さんによりリリースされたシングル作品です。配信シングルとしてリリースされ、その後、椎名さんのアルバム『三毒史』 や、ベストアルバムにも収録されました。また、2020年発売の宮本浩次さんのソロアルバムにも収録される予定とのことです。この楽曲は、日本テレビ系報道番組『news zero』のエンディングテーマとして椎名林檎さんにより書き下ろされた作品です。

 『獣ゆく細道』は椎名林檎さんの作詞作曲で、アレンジは笹路正徳さんによりなされました。笹路さんはスピッツなどのプロデュースで広く知られています。サウンドとしてはジャズアレンジですが、メロディーや歌詞のテイストから和の要素も強く感じさせられます。
 歌メロは歌謡テイストなのですが、テンポが速いです。また歴史的仮名遣いなどが用いられており、その点で難しさを感じられる方も多いかもしれません。メロディーやリズム、歌詞をしっかり覚えておきたいです。

 『獣ゆく細道』の音域的な特徴についてです。男性ボーカルについてはかなり高めであり、女性ボーカルについても高めであります。どちらも低音部分に少し余裕がありますので、キーを下げて歌唱することは可能ですが、ハモリなどもあるため歌い慣れた人向けの楽曲といえます。




 さて、『獣ゆく細道』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3),mid2A(A3) ~【地声最高音】hiC(C5),hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。男女ともに一般的な人の音域よりも高めであります。とりわけ男性の音域が高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiD,hiCはそれぞれのサビで登場します。『獣ゆく細道』はサビが男女でキーが異なっており、椎名さんのパートはキーが2つ上がります。ただ、どちらかというのは大変なのは男性のパートではないかと思います。高音域が得意な男性か、低音部分も歌いこなせる女性が居るならば、重宝されます。

 男女どちらも一般的な人の音域も高めですので、キーを下げて歌唱するのが良いと思います。ただ、キーを下げ過ぎると、女性パートが辛くなりやすいです。その点で、『獣ゆく細道』は融通の利きやすい楽曲ではありせん。ある程度歌い慣れた人向けの作品であると言えます。
 『獣ゆく細道』はややハードルの高い作品といえますが、歌いこなせると非常にカッコイイ楽曲なのではないかと思います。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー