J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

夏代孝明

『ニア』(夏代孝明)の音域

 こんにちは。今回は夏代孝明さんの『ニア』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『ニア』(夏代孝明)、Near(Takaaki Natsushiro)
『ニア』(夏代孝明)









【地声最低音】mid1C#(C#3)  ※AメロとBメロ

★ねえニア m1C#[誰か]を笑い飛ばさなきゃ(通常Aメロ)
m1C#[ケ]イサンをクルワC#[セテ]しまうの」 だけど(Bメロ)


【地声最高音】hiB(B4)  ※ラストサビで2回

★こhiB[の]m2F#[ほ]しを 忘F#[れ]m2G[た][く]はないんだよ(ラストサビ)


【補足】mid2FhiA辺りの注意点

★くだらないm2F[ぼ]m2F#[く]F[た]ちのこと(ラストサビ前のAメロ) 
★キミはF[どう]思う?

hiA[ああ ぼ]m2F#[く]はまA[だ] 期[待][し]てる【ラストサビ[キー+1]】
★ボロm2F#{ボ]m2G[ロ]F#[で]もう見る影G[も]F#[な]いけれhiA[ど]
★あたm2F#[た]m2G[か]hiA[か]ったかF#[ら]


 まず、『ニア』についてです。この楽曲は、2017年に男性シンガーソングライターの夏代孝明さんによりリリースされました。アルバムとしては、2018年リリースの『Gänger』に収録されました。同曲は、シングル曲などではないのですが、MVが制作され、夏代孝明さんのYouTube公式チャンネルでも公開されております。公開されたMVは300万回以上の再生回数を記録し、夏代さんの作品の中でも高い人気を誇っております。

 さて、『ニア』についてですが、アップ~ミディアムテンポのポップナンバーです。ラストのサビで転調が転調が行われ、通常のサビよりもキーが1つ上がります。カラオケなどでは注意が必要です。
 キー調整については、低音部分に少し余裕があるのですが、図に示すよりは、キー調整の融通は利きにくいと思います。その点で歌い慣れた人向けの作品ともいえるかもしれません。その辺りは、各々試してみてください。 



 さて、『ニア』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBはラストのサビで2回登場します。回数としては少なめです。同曲はラストのサビで転調しますので、通常のサビではhiA#が最高音となります。この辺りの音階は一般的な男性の音域よりも高めですので、キーを下げた方が歌いやすいです。

 『ニア』は図で示すように低音部分に余裕があります。ただ、私なりのイメージですが、見た目ほどにはキー調整の融通は利き難いのではないかと思います。
 よって、歌い慣れた人向けの調整は可能かもしれませんが、ビギナーには少し難しい部分が出て来やすいです。もし、キー調整しても難しいと感じた場合は、別の曲と並行して練習してください。同曲は、難曲というわけではないですが、歌い慣れていない人やキーの低い人には取っ付きにくい部分も多いです。

 私個人としては、この曲は比較的最近知ったのですが、非常に耳に残り、今回取り上げてみようと思いました。夏代孝明さんは今回の曲のみならず、『ユニバース』(過去記事)など、普遍性を感じるが多いです。何かをきっかけに楽曲が広く知られるようになるのではないかと、私は考えております。


 

『トランジット』(夏代孝明)の音域

 こんにちは。今回は夏代孝明さんの『トランジット』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。夏代孝明さんは、以前にユニバースを取り上げて以来、2回目の登場です。

 なお、『トランジット』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルで音源やMVがフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても、ショートバージョンの動画を添付いたします。ご了承ください。


『トランジット』(夏代孝明)、Transit(Takaaki Natsushiro)


【地声最低音】mid2A(A3)  

★繋がった希望の明日を知っm2A[たぼ]m2G[く]らは


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※各サビで登場

hiA[全身な]hiA#[が]hiC[れ]hiC#[落]hiA[ち]て行く 輝く結A[晶]


【裏声最高音】hiC(C5) ※Cメロで登場

★くm2G[や][な]hiC裏[み]hiA#[だ]hiA[に]



【補足】mid2G(一部略)hiCの注意箇所

★それでもまたhiA[僕]m2G[ら] 挑んでいく hiA#[今日も][ぉ]A(冒頭サビ)
hiC[きっ]hiC[きっ]と hiC[きっ]m2G[と]
★越えhiA[て]m2G[行]hiA#[くん]A[だよ]

★うm2G[ご]hiA[き出][した]hiA#[世][界][ま]んなG[か]A[で]
★どm2G[ん]hiA[な未][を] 作G[り出]すのか

★It’s hiC[Brand] hiA#[new!] hiA[Wake] m2G[Up!](サビ)
hiA[限界超え]hiA#[て]A[駆]m2G[け]G[せ]
★ひm2G[と][き][じゃな]hiA[い] G[Ne-]-ver give up

★みm2G[ら]hiA[い]hiA#[を]A[変]A#[え]A[ら]G[れる]ぅ(Cメロ)
m2G[きっ]と照[ら]m2G#[す][ん]G[よ]

『トランジット』(夏代孝明)









 まず、『トランジット』についてです。この楽曲は、2017年にシンガーソングライターの夏代孝明さんによりリリースされたシングル作品です。『トランジット』は、渡辺航さんの漫画を原作としたテレビアニメ『弱虫ペダル NEW GENERATION』のオープニングテーマとしてタイアップがつきました。この楽曲は、現在シングル作品としてのリリースのみであり、夏代さんのアルバムには収録されておりません。

 『トランジット』は疾走感のある爽やかなロックナンバーです。作詞作曲編曲は夏代さんではなく、渡辺拓也さんが担っております。渡辺拓也さんは声優、アイドルなどの楽曲の制作に多く携わっているアレンジャーです。歌詞内容も非常に前向きであり、アニメの主題歌にピッタリなのではないかと思います。
 ちなみに、タイトルの『トランジット』は、飛行機の乗り継ぎで立ち寄る経由地のことを意味します。私自身の経験でいえば、たとえば福岡空港ー仁川国際空港ー北京首都国際空港という飛行機での旅をしたとき、仁川国際空港が経由地になります。この楽曲では「目標の経由地(中間点)」というニュアンスがあるのだと私は考えております。

 『トランジット』の音域的な特徴についてです。以前、ユニバースの会でも取り上げましたが、全体として高音域寄りの楽曲です。ただ、ユニバースとは異なり、低音部分は余裕がありますので、キーの調整はしやすいです。その分、手をつけやすい楽曲といえます。




 さて、『トランジット』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声際高音hiC#は各サビで1回ずつ登場します。また、上述のようにhICがサビで頻出します。これらは一般的な男性の音域よりもかなり高いです。高音域が得意な方は原曲キーで歌唱してもよいと思いますが、一般的にはキーを下げたほうが歌いやすいのではないかと思います。たとえば、原曲キーから5つ下げると、地声最高音がmid2G#あたりに設定され、現実味が増します。

 先にも述べましたが、『トランジット』は音域が高音寄りであり、低音部に余裕があります。よって、キーを下げて歌唱したり、練習することには向いています。普段歌いなれていない人はキーを大きく下げて歌唱してもよいと思います。

 『トランジット』は音域的には女性の方が原曲キー近くで歌いやすいと思います。個人差はありますが、原曲キーあたりか少し上げてもよいかもしれません。声が低い方は下げることになるかと思います。興味がある女性の方は、試してみるのもよいと思います。非常に前向きな楽曲です。



『ユニバース』(夏代孝明)の音域

 こんにちは。今回は夏代孝明さんの『ユニバース』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『ユニバース』(夏代孝明)、Universe、Takaaki Natsushiro


【地声最低音】mid1B(B3)  

★進めば進m1B[む]ほど足りないものばっか


【地声最高音】hiD(D5)  ※転調後サビで1回

hiA[き]hiD[み]A[だ]m2G[け]A[のス]G[トー]リー


【裏声最高音】hiF(F5)  ※転調後サビで1回

★主hiF裏[人]hiC[公]hiA#地[は]hiA[き]A#[み]m2G[さ] 


【補足】mid2F#hiD辺りの注意箇所

★雨に打たれすm2F#[ぎ]て笑っF#{て]
★きm2F#[み]m2G#[を見]hiA[て]F#[く]も笑っちゃった

★叶m2G[わ]ないゆ[め]ばっかな[ら]hiA[べ]hiA#[て]A[は](転調後サビ)  
★夜m2G[が]明ける[ま]で笑いhiD裏[あっ]hiC[て] 
hiA[おと]hiA#[な]hiC地[になっ]ていくんだよ  
★ぼhiC[くたち]hiA[は]m2G[き]A[っ]と 
★矛盾だらけm2G[の]hiA[せい]hiA#[めい]A[た]G[い]

『ユニバース』(夏代孝明)









 まず、夏代孝明さんについて少し説明します。夏代孝明さんは2008年にネット上にカバー音源を公開するなど音楽活動を開始しました。2011年には作曲活動を始め、2015年にはメジャーデビューを果たします。更に、2016年にはボカロPとして音源も公開し始めております。公開された動画では『ニア』、『エンドロール』、そして今回取り上げる『ユニバース』といった楽曲が人気を集めております。また、アニメのタイアップなども盛んに行われており、今後がますます注目されます。

 さて、今回の『ユニバース』についてです。『ユニバース』は、2017年にシンガーソングライターの夏代孝明さんによりリリースされたシングル『ケイデンス』に収録されている楽曲です。2018年に発売されたアルバム『Gänger』にも収録されております。シングル『ケイデンス』についてはアニメ『弱虫ペダル NEW GENERATION』のタイアップが付いておりますが、この『ユニバース』についてはノンタイアップのようです。
 『ユニバース』シングルの発売に先立ち、2016年にYouTubeやニコニコ動画でMVが公開されました。公開されたMVは2019年10月現在、約90万回もの再生回数を記録しております。


 さて、『ユニバース』はバンドサウンドを基調とした疾走感の溢れるナンバーになっております。また、歌詞を見ると、少年アニメの主題歌にマッチしそうな非常に前向きかつ青いメッセージに溢れております。この作品は先にも述べましたように現在はノンタイアップでありますが、今後タイアップを受けるのではないかと私自身は強く感じました。歌詞やメロディー、アレンジなどは多くの人に届きうる普遍性を感じます。





 さて、『ユニバース』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B3) ~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiF(F5)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、『ユニバース』は最後のサビで転調をします。これにより、キーが1つ上がります。地声最高音、裏声最高音などはこのラストのサビで登場します。

 地声最高音hiDはラストのサビで1回登場します。このhiDが登場する場面は、「主hiF裏[人]hiC[公]hiA#地[は]hiA[き]A#[み]m2G[さ] hiA[き]hiD[み]A[だ]m2G[け]A[のス]G[トー]リー」とあるように、hiFの裏声の場面の直後ですので全体的に余裕がありません。非常に高いキーです。

 このようにhiD等の音域が登場する『ユニバース』ですが、一般的な男性が歌唱する場合はキーを下げた方がよいと思います。ただ、『ユニバース』についてですが、一つ大きな問題があります。それは低音域もmid1Bとかなり低いのです。『ユニバース』の音域的特徴は、キーが高いだけでなく、音域自体がかなり広いです。よって、キーを下げて歌唱する余地があまりありませんゆえに、キーを調整して歌唱するということには向きません。

 『ユニバース』は少年アニメにマッチするような爽やかかつ前向きなナンバーですが、高音域が非常に得意な人向けの楽曲といえます。普段歌い慣れていない人は歌唱するには困難を伴いますので、別の曲で歌い慣れた上でチャレンジた方が良いと思います。ただ、この楽曲は、努力すれば高い確率歌える楽曲ではありません。歌う人を選ぶ楽曲といえると思います。その点は留意しておいてください。


管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー