J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

04 Limited Sazabys

『swim』(04 Limited Sazabys)の音域

 こんにちは。今回は04 Limited Sazabys(フォー・リミテッド・サザビーズ)の『swim』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『swim』(04 Limited Sazabys)
『swim』(04 Limited Sazabys)










【地声最低音】mid2B(B3)  

m2B[あの]日の自分がゆm2G#[る]せないG#[な]【Aメロ冒頭】


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※各サビで1回ずつ

★なhiB[や]んでhiC#[る]B[き]みの好きm2G#[な]方へ【1番サビ】
hiB[な]みだhiC#[の]B[意]味が分かG#[ら]ない oh C#[oh] B[oh]【2番サビ

※曲全体で3回


【裏声最高音】hiE(E5) ※各サビで2回ずつ登場

hiB[ひ]hiE裏[か]hiD#[り]B[射]hiA[し]G#[た]【サビ】

※曲全体で6か所です。


【補足】mid2G#hiBのフレーズ一覧

★えhiB[らび間違]えた日々m2G#[を]hiA[返]G#[せ]【Aメロ】

★泳いでおいで夜の冷たhiA[さ]m2G#[も]【Bメロ】
hiB[心配な]いそのさm2G#[き]には

hiB[何億通り奪]hiA[い]G#[合っ]A[て]【サビ】

★溺れた理想の保障のくhiA[せ]m2G#[に] 【Cメロ】
★信hiB[じろ] m2G#[みら]いを


 まず、『swim』についてです。この楽曲は、2014年にロックバンド04 Limited Sazabys(フォー・リミテッド・サザビーズ)によりリリースされたインディーズ時代のシングル曲(『YON』収録)であります。メジャーフルアルバム『CAVU』に収録されました。レーベルの公式チャンネルで公開されているMVは1000万回を超えており、フォーリミ作品でも人気の高い1曲となっております(ジョイサウンドのカラオケでも1番人気のフォーリミ作品だそうです)。

 『swim』はアップテンポのメロコアナンバーであります。演奏時間が3分半程度であり、非常に濃密であります。歌メロについてもシンプルで親しみやすく、何度か聴いていると口ずさめるようになります(ただ、原曲キーで歌うのは男声には至難です)

 『swim』の音域的な特徴についてです。この楽曲は、一部のフレーズを除いた、曲全体のほとんどのフレーズでhiA以上の音階が登場します。とりわけhiBが曲の頭から最後まで乱舞します。図にも示しておりますが、どちらかといえば女性の方が歌いやすいのではないかと思います。キー調整は可能ですが、男性の場合は、キーを上げて1オクターブ下を歌唱するという方がよいかもしれません。



 さて、『swim』の音域についてですが、【地声最低音】mid2B(B3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid2Bについてです。この高さが最低音になると、男性には極めて高い楽曲になることが多いです。逆に、女性にはチャンスです。

 さて、地声最高音hiC#はサビで1回ずつ登場します。ここもしんどいのですが、この楽曲は、全体を通してhiBが頻出します。そちらの方が、楽曲の難易度を上げる強い要因になるのではないかと思います。こうしたこともあり、持久力が強く要求される作品です。
 一般的な男性の場合は、キーを下げた方が歌唱しやすいです。カラオケ的には、原曲キーから5つ上げて、1オクターブ下を歌唱するのがわかりやすいと思います。逆に、女性の場合は、原曲キー付近でも手を付けやすいです。

 『swim』は音域自体はそこまで広くなく、キー調整の融通は利きやすいです。ただ、歌い慣れていない人向けの調整も可能だとは思いますが、ビギナーがすぐにGENさんの表現ができるというわけではないので鍛錬を重ねてください。
 今回は①音域は広くない、②キーは高いという特徴を備えた楽曲ですので、原曲キーの場合は持久力も要求されます。hiB辺りの高音域を安定的に歌いこなせることと、それを1曲持続させる持久力が必要になりますので、原キーの場合は、高い難易度になります。

 先にも述べましたように、同曲は音域的には女性の声域に近いですので、女性で興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、チャレンジしてみてください。



『Jumper』(04 Limited Sazabys)の音域

 こんにちは。今回は04 Limited Sazabysの『Jumper』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Jumper』(04 Limited Sazabys)
『Jumper』(04 Limited Sazabys)










【地声最低音】mid2A(A3)  

※1番Aメロが大よそmid2B~mid2Aを行ったり来たりしてます

【地声最高音】hiE(E5)  ※曲全体で1回

★あたhiC#[らし]C#[ぼ]hiE[くが]hiD[ぁ](ラスト)


【補足】hiAhiDの注意点

hiB[閉]hiA[じ]込めた 錆び付いm2B[た蓋]B[が開く]A[ぅ](Bメロ)

hiA[こんな]hiB[は]A[ぁ]  hiD[き]hiC#[み]D[と]A[と]おくまで(サビ)
★飛びhiA[たい]よだから あたA[ま]冴えた君を乗りこなA[す]

★たまに立ち止まり一時hiA[休]戦 あhiB[し]A[の]向くま[ま](ラスト)
★あhiB[た]hiC#[ら]hiD[し]C#[い]B[き]みと
★あたhiC#[ら]hiD[し]C#[い]C#[は]D[ば]C#[で]C#[す]D[む]

______

 まず、『Jumper』についてです。この楽曲は、2020年にロックバンド04 Limited Sazabys(フォーリミテッドサザビーズ)によりリリースされたシングル作品です。デジタルシングルになります。新しい作品ということもあり、現在はシングルとしてのリリースのみです。
 『Jumper』はスポーツ用品ブランドのリーボックとのコラボでから生まれた楽曲です。シューズとのコラボということもあり、躍動感のMVは躍動感が強調された仕上がりになっています。

 さて、『Jumper』についてですが、フォーリミらしいアップテンポのメロコアになっています。演奏時間が3分弱と非常にタイトです。この辺りもフォーリミらしい構成だと思います。

 歌メロの音域についてですが、男性曲としてはあまり登場しない地声hiEがラストに登場します。サビの中心はhiDであり、全体的にキーが高いのが特徴的です。




 さて、『Jumper』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEは楽曲のラストに1回登場します。回数としては少なめです。一方で、サビなどの目立つ場面ではhiDが何度も登場します。多くの男性にとっては、キーを下げて歌唱した方が歌いやすいのではないかと思います。原曲キーの場合は、音域が広くない分、持久力も要求されます。

 『Jumper』は音域自体は広くなく、キーの調整はしやすいです。ただ、キーを調整するにしても歌い慣れた人向けの作品だと思います。この楽曲は、音域的には女性の方が歌いやすいかもしれません。女性で興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、チャレンジしてみてください。



『monolith』(04 Limited Sazabys)の音域

こんにちは。今回は04 Limited Sazabysの『monolith』(2014)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。04 Limited Sazabysは以前に、『My HERO』を取り上げて以来、2回目の登場になります。


『monolith』(04 Limited Sazabys)


【地声最低音】mid1G(G3)  

★揺ら揺らいだこのかんm1G#[しょ]m1G[く]G#[を](Aメロ)


【地声最高音】hiC(C5)  

hiC[いつ]hiA#[か]m2G#[ら 悲]hiC[しい]A#[と][か](サビ)
m2G#[な]hiC[み]hiA#[だ]G#[の こう]A#[じ][つ]
m2G#[嗅][分][た]hiC[希]hiA#[望]G#[で]さえG#[も](Bメロ)
m2G#[君に]hiA#~G#[いい]hiC[の]A#[さ]
★きm2G#[み以外に何も]hiC[な]hiA#[い]G#[だろ](ラストサビ)



【補足】mid2G(一部略)hiA#の注意箇所


★きm2G#[み以外に何を]m2G[取]る(サビ)
m2G#[み以外にな]m2G[に]をのG[ぞ]G#[む]

m2G#[きっとま]m2G[ち]がえられないな (Aメロ)
★覚めない夢をm2G#[し]m2G[ず]G#[かに]みたい
m2G[モ]m2G#[に]G[の]G#[こ]G[さ]れた(Bメロ)

m2G#[触]れそうG#[で]G#[触]れないG#[な] (2番Bメロ)

『monolith』(04 Limited Sazabys)









 まず、『monolith』(モノリス)についてです。この楽曲は、2014年に4人組ロックバンド04 Limited Sazabys(フォーリミテッドサザビーズ) によりリリースされたアルバム『monolith』に収録されているナンバーです。アルバムのタイトルにあるように、表題曲でありリード曲です。インディーズ時代の楽曲ということもあり、タイアップなどは確認できませんが、レコード会社のYoutube公式チャンネルでもMVが公開されており、2020年2月現在、500万回超の再生回数を記録しています。人気の高い楽曲の一つです。
 
 『monolith』は疾走感のあるパンキッシュなロックナンバーです。演奏時間が3分ということもあり、非常に密度の高い楽曲になっております。冒頭からサビが始まり、AメロBメロサビと展開していきます。こうした短い時間で早い展開が行われるのは最近の一つの傾向のように感じます。

 『monolith』の音域的な特徴についてです。フォーリミのGENさんは非常に高い音域でのボーカルが特徴的なミュージシャンです。この『monolith』においても、hiCといった高めの音階がサラッと登場します。図にも示しますが、どちらかといえば女性の方が歌いやすい音階なのではないかと思います。一方で、低音域に余裕がありますので、男性はキーを下げて歌唱するのが一般的なのではないかと思います。 




 さて、『monolith』 の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3) ~【地声最高音】hiC(C5) で歌メロディーが構成されています。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCはサビおよびBメロなどで多く登場します。このあたりの音階は一般的な男性にとってはしんどい音階になります。『monolith』は低音部に余裕がありますので、キーを下げて歌唱することも選択肢の一つになります。原曲キーから4つ程度下げると、mid2G#あたりに最高音が設定されます。このあたりが一つの目安になると思います。高音域が得意な男性の場合は、もっと高い音域で歌唱してもよいと思います。

 『monolith』は高音域にレンジが寄っていますので、低音域に余裕があります。音域自体は決して広くないですので、キーの調整は行いやすいです。普段歌い慣れていない人も大きなキー調整が行いやすいです。場合によっては、少しテンポを落として練習してもよいかもしれません。
 一方で、音域自体が広くない高音域の楽曲は、原曲キーで歌唱すると持久力が要求される場合が多いです。原曲キーで歌唱するのは難易度は高いと考えてください。

 『monolith』は女性の方が歌いやすい音域かもしれません。原曲キーあたりを一つの目安として、微調整してみてください。テンポも速く、カラオケなどでも盛り上がりやすいナンバーです。



『My HERO』(04 Limited Sazabys)の音域

 こんにちは。今回は04 Limited Sazabysの『My HERO』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 ※なお、『My HERO』は楽曲のラストにシャウトのように歌唱される場面【さらに進むだけ】があります。その点については分析の対象から外しております。ご了承ください。
 
『My HERO』(04 Limited Sazabys)


【地声最低音】mid1F#(F#3)  

m1F#[ゆ][のゆ][え] 取り戻せ(Aメロ)


【地声最高音】hiD(D5)  ※全体で2回(Aメロ・転調後サビ)

hiA[耐]m2G#[え]て 超えてhiC#[来]hiD[た]C#[け]hiB[し]hiA[き](Aメロ)
hiA#[Rollin' Rollin' 飛]hiA[びこみ あ][の]hiC[日]hiD[のお]hiC[も]hiA#[いを](転調後サビ)


【裏声最高音】hiF(F5) ※転調後サビで1回

hiA#[超え]hiC[て]hiD裏[行]hiD#[き]hiF[た]hiA#[い]hiA[ My] hiC[HE]hiA#[RO]


【補足】mid2G#hiC#辺りの注意点

★あhiA[の眼]差し たhiA[め息 飲み込み お]m2G#[宝をさ]hiA[が]hiB{し]A[に](Aメロ)

★(不hiA[甲][な][げ][か]い) hiC#[感受性] A[うる]hiB[おし]A[て](Bメロ)
hiA[研]ぎ澄まし 見る前に飛[べ]

『My HERO』(04 Limited Sazabys)









 まず、04 Limited Sazabys(フォー・リミテッド・サザビーズ)について少し説明します。通称・フォーリミと呼ばれる4人組のロックバンドで、2008年に名古屋で結成されました。ジャンルとしては、メロディック・ハードコア、ポップ・パンクなどに分類されると思います。ボーカルGENさんの少年性を帯びたハイトーンボイスが特徴的です。
 
 さて、『My HERO』についてですが、2018年に04 Limited Sazabysによりリリースされたシングル作品です。『夕凪』との両A面シングルです。タイアップとして、テレビ東京系ドラマ『オー・マイ・ジャンプ! 〜少年ジャンプが地球を救う〜』のオープニングテーマに起用されております。シングルのリリースに先立ち、レコード会社の公式チャンネルでMVが公開されました。2019年10月現在、約190万回もの再生回数を記録しています。

 『My HERO』はアップテンポなギターサウンドです。演奏時間が2分半超と非常にコンパクトかつ濃密にまとまっております。カラオケなどで歌唱すると、非常に盛り上がるのではないかと思います。歌詞内容も少年ジャンプに関連したドラマの主題歌ということもあり、「夢」・「冒険」など青さを感じさせるものであります。こうした点も多くの人を惹きつけるのではないかと感じました。




 さて、『My HERO』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiF(F5)でメロディーが構成されております。男性の音域よりもむしろ、女性の音域に一致するキーです。以下、見ていきます。


 まず、『My HERO』についてですが、ラストのサビで転調し、キーが一つ上がります。それまではhiC#が地声最高音だったものが、hiDになります。
 hiDが登場するのはAメロと転調後のサビで、曲全体で2回です。hiC#、hiC,hiBといった音階が楽曲全体を通して多く登場するのが特徴的です。こうしたこともあり、一般的な男性の音域よりはかなり高めです。普通の男性の方が歌唱する場合は、原曲キーから5つ程度下げた方が良いと思います。それでも、辛いと感じる人もいるかもしれません。

 『My HERO』は音域的には女性の方が合いやすいキーです。よって、女性が歌唱しても違和感はあまり無いと思います。歌詞内容についても、「冒険」、「夢」など少年性を帯びたテーマになっていますが、女性にも合いやすいと思います。
 
 『My HERO』はラストでシャウト気味の歌唱が見られます。シャウトなどに抵抗がある人も多いと思います。この場面については、無理にシャウトで歌唱しなくてもよいと思います。また、カラオケなどで点数を気にしないのであれば、別のメロディーを当ててもよいと私は考えております



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー