J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

福山雅治

『Message』(福山雅治)の音域

こんにちは。今回は福山雅治さんの『Message』(1995)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。
 キーが高くない曲ということで、今回取り上げました。また、同曲は、福山さんの楽曲としては低音が強調されてないので、その点でも選曲の基準となりました。


『Message』(福山雅治)、Message(Masaharu Fukuyama)
『Message』(福山雅治)









【地声最低音】mid1C#(C#3)  

★ねえ不思議だよこんなことあm1D[るなん]m1C#[て] 【Aメロ】

★ほらm1D[む]ねの鼓動痛いよ

【地声最高音】mid2E(E4)  

m2E[絶対き]m2D[み]が好きだよ 軽く言葉交すだE[け]【サビ】

☆もっと君だm2E[け]m2F#[ウォ]ウウォE[オー]【Cメロ】

※m2Eは各サビで頻出します。mid2F#はフェイクですので今回は除外してます。



 まず、『Message』(メッセージ)についてです。この楽曲は、1995年に男性シンガーソングライターの福山雅治さんによりリリースされたシングル作品です。ベストアルバムなどにも収録されております。同曲は、映画『BIRTHDAY PRESENT』の主題歌となりました。

 『Message』はミディアム~アップテンポのバンド曲です。AメロBメロサビといった馴染みやすい形で歌メロが作られており、また曲調も明るく歌いやすいです。歌詞も非常に共感的であり、今の時代にも通じやすいのではないかと思います。
 『Message』の音域的な特徴についてですが、1990年以降の男性ボーカルとしてはそこまで高くないキーで歌メロが作られています(mid2Eが連続するので、少し歌いにくいかもしれませんが)。

 福山雅治さんの作品は、キー自体がそこまで高くなく、高音域が出ない人でも選曲されることが多いようです。ただ、福山さんのような低声域が活きた発声は、意外とハードルが高く、上手くいかないといった人も多いのではないかと感じます。私自身は声質がやや高めなので、『桜坂』、『家族になろうよ』などを歌ってもあまりハマりません

 一方で、『Message』についてですが、低音域がそこまで強調されておらず、歌詞も曲調も初恋のような初々しさがあります。①キーがそこまで高くない②福山さんの歌が合いにくい人でも比較的マッチしやすい(と私が考えた)といった理由で、今回、この楽曲を取り上げました。



 さて、『Message』についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】mid2E(E4)で歌メロディーが構成されております。おおよそ、一般的な男性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2Eはサビで多く登場します。この辺りは一般的な男性の音域の範囲内ですが、登場回数としてはかなり多めです、。場合によっては少しキーを調整してもよいです。一方で、原曲キーでもチャレンジしやすいのではないかと思います。少しずつ歌い慣れてください。
 ちなみに、Cメロのフェイクでmid2F#が一度登場します。ここは慣れないうちは無理して歌わなくてもよいと思います。

 『Message』は音域自体はそこまで広くなく、キー調整の融通も利きやすいです。歌い慣れていない人向けの調整も可能だと思います。同曲は、福山さん特有の低音が強調されたフレーズも少なく、比較的ストレートな歌唱でも合いやすいです。
 
 同曲は、全体的に明るめの楽曲であり、福山さんのボーカルに近い歌唱をしなくても手を付けやすいです。キー自体もそこまで高くないですので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。




『家族になろうよ』(福山雅治)の音域

 こんにちは。今回は福山雅治さんの『家族になろうよ』(2011)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 リクエストを受けた際に、低音部分やエッジボイスについて解説してほしいと要望がありました。今回は低音部分について、少し詳しめに記載しております。


『家族になろうよ』(福山雅治)、Kazoku ni Narou Yo(Masaharu Fukuyama)
『家族になろうよ』(福山雅治)









【地声最低音】lowG#(G#2)  ※Aメロで多く登場

lowG#[ひゃ]く年G#[経]ってもG#[好]きでいてね」(Aメロ)
G#[そ]れでもG#[と]なりでm1D#[笑]ってくれて


【地声最高音】mid2E(E4)  ※ラストサビで1回

★あなたとならm1D#[生き]m2E[て]ゆける(ラストサビ) 

※通常サビの最高音はmid2D#になります。


【補足】低音域(mid1C#,mid1D#)とmid2D#辺り

★ みんなの前で困らせたm1D#[り](Aメロ)
★ 選んでくれm2D#[て]ありがとう
★わからないこともあm1D#[るで]m2D#[しょう](Bメロ)
★「あm1D#[い]m1C#[す]D#[る]ということかもしれないから

m1D#[いつかお]m2D#[と]うさんみたいに大きな背中で(サビ)
m1D#[ど]m1C#[な]こともC#[越]えてゆける
m1C#[し]あわせになろうよ(ラストサビ)


 まず、『家族になろうよ』についてです。この楽曲は、2011年に男性シンガーソングライターの福山雅治さんによりリリースされたシングル作品です。アルバム『HUMAN』をはじめ、2015年リリースのベストアルバムにも収録されております。2012年に結婚情報誌「ゼクシィ」のイメージソングとしてタイアップが付き、CMでも多く流れました。2010年代の福山さんの代表的なシングル作品の1つです。

 『家族になろうよ』はアコースティックギターやキーボードを基調としたゆったりめのポップソングです。編曲は井上鑑(いのうえあきら)さんによりなされています。

 『家族になろうよ』は上述するように、低音域が特に目立つ作品であり、地声最高音はmid2Eがラストに1回登場するだけであります。低音部分にはエッジボイスが用いられております。エッジボイスは多くのミュージシャンが使っておりますが、福山さんの特徴的な発声の一つでもあります(当ブログでも『桜坂』(過去記事)で少し取り上げました)。
 今回の『家族になろうよ』でもlowG#,mid1D#等の部分でエッジボイスが多用されております。ボイストレーナーのしらスタ(白石涼)さんの動画を添付しておりますので、興味を持たれた方は視聴してみてください。

   





 さて、『家族になろうよ』の音域についてですが、【地声最低音】lowG#(G#2)~【地声最高音】mid2E(E4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内ですが、低音部分が低めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音lowG#についてです。1番のAメロで多く登場します。私なりのイメージですが、一般的にはlow音階では、エッジボイスが用いられていることが多いです。男性ボーカルの地声最低音ではエッジがかる傾向にあります(特にフレーズの頭で多い)。low音階などが難しい方は、mid1D#等で代用してもよいです。

 一方、地声最高音mid2Eはラストのサビで1回だけ登場します。それ以外では、mid2D#が高音帯として登場します。この辺りの音階は、歌い慣れていない人であっても手を付けやすいです。その点で、この楽曲はお奨めできます。高音域が高くない分、表現力の向上に努めたいところです。

 『家族になろうよ』は低音部分が非常に低いため、音域自体は広めになります。人によっては、キーを少し上げた方が歌いやすいかもしれません(平井堅さんは原曲+1で歌唱されております)。ただ、多くの男性には原キーでもチャレンジしやすいです。同曲は、低音部分の発声の練習に向いているのではないかと思います。

『桜坂』(福山雅治)の音域

 こんにちは。今回は福山雅治さんの『桜坂』(2000)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『桜坂』(福山雅治)、Sakurazaka(Masaharu Fukuyama)

『桜坂』(福山雅治)










【地声最低音】mid1D(D3)  

★君よずっとm1D[し]あわせに 風にそっと歌うよ (サビ)
★揺れる木漏れ日m1D[か]おる桜坂(Aメロ)
m2E[き]m2D[み]じゃ[な]きゃダメなのm1D[ぉ]に(Bメロ)


【地声最高音】mid2F#(F#4)  

★季節は変わm2E[る]m2D[け]E[ど] [い]E[と]m2F#[しきひ]と(Cメロ)

※曲全体で1回です


【補足】mid2Dmid2E辺りの注意箇所

m2D[Uh~]yeah愛は今も愛のままで(サビ)
m2E[き]m2D[み]m2D[い]た恋をしてD[いた](Bメロ) 
★ひとつにm2D[な]m2E[れず][ぅ]

★抱きしめm2D[ぇ]たい気持ちm1D[ぃ]でいっぱいだった(2番Aメロ)

※サビの最高音はmid2Dで、高くないです。


 まず、福山雅治さんのシンガーソングライターとしての側面について少し説明します。俳優としても活躍される福山雅治さんは1990年に歌手デビューします。シングルの『IT'S ONLY LOVE』がシングルチャートで1位を獲得、ミリオンヒットを記録します。この楽曲は、コーヒーのCMソングなのですが、福山さん自身も出演しておりました。
 ヒットの多い福山さんですが、代表的な作品としては『HELLO』、『桜坂』、『家族になろうよ』辺りがよく知られているのではないかと思います。ジャンルとしては、ポップロック、ロックンロールですが、アコースティックギターを主体としたフォーキーなアレンジも多いです。

____

 さて、『桜坂』についてです。同曲は、2000年に福山雅治さんによりリリースされたシングル作品です。アルバム『f』やベストアルバムなどにも収録されております。CDシングル200万枚以上のセールスを記録した福山雅治さんの代表的な作品の1つです。
 『桜坂』はバラエディー番組の1コーナーである恋愛ドキュメンタリー『未来日記』のテーマソングとしてタイアップが付きました。この枠は、サザンオールスターズの『TSUNAMI』やGLAYの『とまどい/SPECIAL THANKS』などもテーマソングを担当しており、これらも大ヒットになっております。ヒットが多く生まれた番組です。

 『桜坂』はアコースティックギターやピアノを主体としたしっとりとしたバラードです。AメロBメロサビという形で作られておりますが、サビのキーはそこまで高くなく、BメロとCメロの方が高いです。歌詞は、「夢のために、永久の誓いを願った恋人と別れる」といった内容になっており、別れを惜しむ記述がメインとなっております。

 『桜坂』の音域的な特徴についてです。最高音はmid2F#ですが、楽曲全体で1か所しか登場せず、mid2E,mid2Dといった音階が高音域の主体となっております。hiA以上の高音階を得意とする人には少々歌いにくいかもしれません。ただ、高音域が苦手な人には是非ともお奨めしたい一曲(ミュージシャン)だと考え、今回取り上げることにしました。福山雅治さんの作品は高音域が得意でない人にもお奨めできる作品が多いです。



 さて、『桜坂』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】mid2F#(F#4) 
で歌メロディーが構成されております。おおよそ、一般的な男性の音域の範囲内であります。以下、見てきます。

 まず、地声最高音mid2F#はCメロで1回だけ登場します。この辺りは一般的な男性の音域の範囲内ですが、歌い慣れていない人の場合、スムーズな発声が損なわれる可能性もあります。少しずつ練習を重ねてください。高い音が得意でない場合は、裏声気味でも良いと思います。
 この1場面を除くと、『桜坂』はmid2E,mid2Dといった音階が高めの部分になります。その点で、高い音が苦手な人でも取っ付きやすい部分があると思います。

 『桜坂』は音域自体もそこまで広くありません。よって、キーの調整は行いやすいです。高音域が苦手な人は少し下げても良いですし、逆に高い音が得意な方はキーを上げても良いと思います。融通は利きやすいと思います。

 ※福山雅治さんの作品は、mid2D~mid2E辺りに最高音が置かれる作品が非常に多いです。高い音が出づらいという人にもお奨めできます。興味を持たれた方は好きな曲を探してみてください。

 ※福山雅治さんは「エッジボイス」という発声を多用しております。言葉では説明し辛いのですが、「ゆれる木漏れ日かおるさくらざか 」というAメロの歌詞で言えば、「ゅ”うれる木漏れ日」「ヵ"ぉるさくらぁ”ぁ”ざか」といったイメージになります。福山雅治さんの発声の独特な部分です。
 こうした発声は多くの歌手が使用しております。平井堅さん、ONE OK ROCKのTakaさんなど例を挙げればキリがありません。余裕がある方はチャレンジしてみても良いと思います。エッジボイスは切なさなどを表現する際に役に立ちます。




管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー