J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

Janne Da Arc

『月光花』(Janne Da Arc)の音域

 こんにちは。今回はJanne Da Arcの『月光花』(2005)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『月光花』(Janne Da Arc)、Gekkouka(Janne Da Arc)
『月光花』(Janne Da Arc)









【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★悲しげに咲く花に 君のおm1F#[もか]げを見た【Aメロ】
m1F#{夜]に揺られて m1F#[溜][息]一つ【Bメロ】 


【地声最高音】hiA(A4)  

★月のm2F#[か]hiA[ら]m2G[を][あ]F#[め]【サビ】

※曲全体で8回です。

【補足】mid2F#mid2Gを含むフレーズ一覧

★堕ちたはm2E{な]m2F#{び]【Bメロ】

m2G[ゆ]m2F#[め][か]ざり眠る【サビ】
m2G[あ]m2F#[の][ろ]へ還F#[れ]G[な][い]

m2F#{い]まはもう君[は]m2G[い][な]m2F[い]F#[よ]【2番サビ】


 まず、『月光花』(げっこうか)についてです。この楽曲は、2005年に5人組ロックバンドJanne Da Arc(ジャンヌダルク)によりリリースされたシングル作品です。アルバム『JOKER』や、シングルコレクションにも収録されており、ジャンヌのシングル作品としては最高売上を記録しています(次点は『振り向けば…/Destination』になります)。

 同曲は、手塚治虫さんの同名漫画を原作としたテレビアニメ『ブラックジャック』のオープニング曲としてタイアップが付きました。同曲はアニメへの書き下ろしではなく、元々、前作のアルバム『ARCADIA』の頃から存在していた曲だそうです。そうしたこともあってか、アニメのオープニング
では、歌詞がシングル版と一部異なっており
ます。アニメファンなどはカラオケの際には気を付けられてください。
 余談ですが、私自身は『ブラックジャック』が非常に好きな漫画であり、アニメも視聴しておりました。同アニメを見ていた人にとっては思い入れの強い作品でもあると思います。

 『月光花』はストリングスなどが用いられたバラード作品です。私は同バンドの全ての曲を把握しているわけではないですが、『月光花』はJanne Da Arcの作品としてはやや異色なのではないかと思います。私なりの印象では、ジャンヌはもっとバンドサウンドやテクニカルな演奏がが前面に出たアレンジのものもが多いと考えております。



 さて、『月光花』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAはサビで複数回登場します。また、hiA以外にもmid2Gなども多く登場します。このhiAやmid2G辺りをしっかり歌いこなせることが、同曲を歌いこなす肝になります。
 このhiA辺りは一般的な男性の音域よりもキーがやや高めですので、少しキーを下げてもよいです。原曲キーから2つ程度下げて歌唱すると合いやすいのではないかと思います。

 『月光花』は音域自体は広くなく、キー調整もしやすいです。キー調整に抵抗がないのであれば、歌い慣れていない人向けの調整も可能だと思います。バラードなのでややリズムがとりにくい部分もあるのですが、練習曲としては比較的使いやすいです。

 『月光花』は原曲キーの場合は、サビでは高めの音が連続します。ただ、当ブログで過去に取り上げた『DOLLS』(過去記事)『桜』(過去記事)と比べると、『月光花』サビが長くなく、hiAの登場回数も少ないので、取っつきやすいのではないかと私は分析しております。また、AメロBメロとサビでメリハリが利いているので、その点でも歌いやすい印象です。




『桜』(Janne Da Arc)の音域

こんにちは。今回はJanne Da Arcの『桜』(2000)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。Janne Da Arcは以前に『DOLLS』を取り上げて以来、2回目の登場になります。

 なお、『桜』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。替わりの動画として、bassistizmさんのベースカバー動画を添付いたします。こちらはLive版の動画をベースに演奏しているのですが、ボーカルyasuさんのニュアンスがフル尺で確認できます。


『桜』(Janne Da Arc)、Sakura


【地声最低音】mid1G(G3)  

★しm2G[ろ]m2F[い]世界がm1G[彩]づきだし(Aメロ) 
★また僕を立ちどm1G[ま]らせた 春をまとm2F[うこ]いびとたち(Bメロ)


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※各サビで4回ずつ

m2G[舞]m2G#[い]hiA#[散]G#[る]G[は]F[な]びらを見て(サビ)
★約束おもm2F[い]m2G[出]hiA#[し]m2G#[て]G[る]F[の]?



【補足】mid2Fmid2G#の注意箇所

★淡く 淡く 優しい雪m2G[はあ]m2F[め]にとけて(Aメロ)
★まばたきさえm2F[わ]m2G[す]m2G#[れ]G[て](Bメロ)

★いm2G[ま]m2F[ご]ろ君F[も]m2G#[ど]G[こ]F[かで](サビ)
★あのm2G[日]m2F[び]きりした

『桜』(Janne Da Arc)









 まず、『桜』についてです。この楽曲は、2000年にロックバンドJanne Da Arc(ジャンヌダルク)によりリリースされたアルバム『D・N・A』(ディー・エヌ・エー)に収録されている楽曲です。
 Janne Da Arcはシングルコレクションはリリースされていますが、アルバム曲を含めたベスト盤というものはリリースされていません。よってアルバムでは、2000年にリリースされた『D・N・A』でしか視聴することしかできないのですが(配信やストリーミングでは視聴可能)、個人的には、Janne Da Arcをあまり知らない人にも届きうる普遍性の高い楽曲なのではないかと思います。

 『桜』はミディアムテンポのラブソングです。メロディーが美しく、アコースティックバージョンなどもリリースされておりますが、オリジナル版はバンドアレンジです。個人的にはギターとドラムのアレンジが非常に好きなのですが、楽曲全体に渡ってサウンドが良いです

 『桜』の音域的な特徴についてです。図にも示すように、音域自体は広くなく、キーの調整などは行いやすいです。ただ、原曲キーで歌唱する場合、楽曲全体を通して中高音域が頻出しますので、見た目以上にしんどい楽曲です。持久力が要求される楽曲です。
 昨日、当ブログではスピッツの『バニーガール』mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiB(B4)】を取り上げました。『バニーガール』と『桜』を比べると、音域の広さは同じですが、『桜』の方が半音低いです。ただ、フルコーラス歌う際に持久力が要求されるのは『桜』の方ではないかと思います。
 



 さて、『桜』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3) ~【地声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#は各サビで4回ずつ、楽曲全体で18回登場します。ラストではサビのフレーズが繰り返されるため非常に持久力が要求されます。この辺は以前に取り上げた楽曲『DOLLS』とも共通していることだと思います。高音域が得意な方でもしんどい場面です。

 一般的な男性の場合は、キーを下げて歌唱した方が歌いやすいと思います。目安として、原曲キーから2~3程度下げてみてください。これで最高音がmid2G(#)に設定されます。個人差がありますので、このキーで高い人はもっと下げても大丈夫です。

 『桜』は音域自体は広くありませんので、キーの調整は行いやすいです。普段歌い慣れていない人がキーを大きく下げて練習曲として使用することも可能です。その点では融通が利きやすい楽曲です。ただ、yasuさんのような抑揚やニュアンスを表現するためにはある程度練習が必要になります。その点は留意しておいてください。

 『桜』は女性が歌唱しても合いやすいと思います。歌詞内容的にも性差をあまり感じません。キーについては、ある程度歌い慣れた女性ならば、少しキーを上げた方が歌いやすいと思います。その辺は各々微調整してください。
 
 個人的には、『桜』は今後もっと多くの人に知られることになるのではないかと考えています。カラオケなどで盛り上がる類の作品ではありませんが、お勧めしたい一曲です。



『DOLLS』(Janne Da Arc)の音域

 こんにちは。今回はJanne Da Arcの『DOLLS』(2004)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても、添付動画はありません。ご了承ください。


『DOLLS』(Janne Da Arc)


【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★恋しm2F#[くて]~ 想い出m1F#[た]どる様に


【地声最高音】hiA(A4)  

★なm2F#[み]m2G[だ]hiA[が]溢れて(Aメロ)

m2F#[もう好きじゃ]hiA[な]m2G[い]F#[の?](サビ)
m2F#[君は涙]m2G[こ][ら]hiA[な]G[が]F#[ら]

hiA[声に]G[な][らな]G[い]F#[よ](ラスト)



【補足】mid2F#hiAの注意箇所

m2F#[ Lost] m2G[a] hiA[day]

★一人m2F#[きり]~ [たた]m2G[ぁ]F#[ず]む浜辺(Aメロ)
m2F#[あ]の日のき[み]m2G[連]F#[れ]てくる

m2F#[私じゃダ]m2G[メ]F#[なの?](サビ)
m2F#[強い君が]m2G[ふ]F#[る]えてF#[た]

m2F#[う]m2G[ご][け]ないまま 
★そしm2F#[て] [僕に]G[は][~]F# [い]ま 
★なm2G[に]m2F#[が]できるのだろう

『DOLLS』(Janne Da Arc)









 まず、Janne Da Arc(ジャンヌダルク)について説明します。Janne Da Arcは1991年に結成、1999年にメジャーデビューしたヴィジュアル系バンドです。ジャンルとしてはポップロック、ハードロックなどに分類されると思います。2007年に活動休止、2019年には解散いたしました。ボーカルのyasuさんは、2007年より行われているソロプロジェクトAcid Black Cherryとしても知られています。代表曲は様々あると思いますが、アニメ『ブラック・ジャック』のオープニングテーマにもなった『月光花』は大きなヒットとなり、ファンでない人でも広く知られているのではないかと思います。


 さて、『DOLLS』についてです。この楽曲は、2004年にJanne Da Arcによりリリースされたシングル作品です。アルバム『ARCADIA』(アルカディア)に収録されています。先に上げた『月光花』などとともに人気の高い作品なのではないかと思います。

 『DOLLS』はアコースティックギターのイントロから始まり、バンドの音が重なっていくメロディアスな楽曲です。特にAメロが非常に美しく、カラオケなどで歌いたい人も多いのではないかと思います。個人的にはアコギの音色も切なさを誘います。

 『DOLLS』の声域的な特徴についてです。図にも示すように音域自体はやや狭めの楽曲なのではないかと思います。一方で、この楽曲の難しい点はサビです。細かい点は後述しますが、サビの音色のほとんどがmid2F#~hiAの音階で作られております。しかも、サビ自体が長い尺を占めております。
 以前、星野源さんの『Friend Ship』、スピッツの『楓』の回でも取り上げましたが、この『DOLLS』も「キー自体がそこまで高くないのに歌いづらい曲」に分類されるのではないかと思います。

___________

 さて、『DOLLS』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiA(A4) で歌メロディーが構成されています。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAはAメロ、サビ、ラストと要所要所で登場します。AメロのhiA部分は楽曲のニュアンスなどを考えると、裏声気味で歌唱しても違和感は少ないと思います。

 問題は、サビです。この楽曲は「キー自体はそこまで高くないのに、なぜか歌いづらい楽曲」に当たると私自身は考えています。

m2F#[私じゃダ]m2G[メ]F#[なの?]
m2F#[もう好きじゃ]hiA[な]m2G[い]F#[の?]
m2F#[強い君が]m2G[ふ]F#[る]えてF#[た]
m2F#[君は涙]m2G[こ][ら]hiA[な]G[が]F#[ら]

とあるように、歌詞は異なるものの基本的にこれらのメロディーフレーズで1番も2番もサビが作られています。サビのほとんどがmid2F#~hiAに当たります。「hiAくらいなら上手く歌いこなせる」という人でもじわじわ体力を削られていきます。

 よって、『DOLLS』はある程度hiAなどが歌いこなせる方でも最初はキーを下げて歌唱した方が良いのではないかと個人的には感じました。
 また、普段歌い慣れていない人は、各々歌いやすいキーに設定して歌唱しても良いと思います。原曲キーから4つ程度下げて最高音をmid2Fあたりに設定しても良いと思います。『DOLLS』は音域自体は狭いため、キーの調整などは行いやすいです。また、メロディー自体も難しい部分は少ないですので、練習曲としても向いていると、私自身は考えております(MVがYoutubeに上がっていないのは残念ですが、Spotifyなどでも視聴できます)。


管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー