J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

平井堅

『切手のないおくりもの』(平井堅[カバー])の音域

 こんにちは。今回は平井堅さんのカバー曲『切手のないおくりもの』(2014)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲となります。


『切手のないおくりもの』(平井堅[カバー])、Kitte no Nai Okurimono(Coverd by Ken Hirai)
『切手のないおくりもの』(平井堅[カバー])









【地声最低音】mid1D#(D#3)  ※通常のメロ

m1D#[わ]たしからあなたD#[へ] 


【地声最高音】mid2F#(F#4)  ※転調後、曲全体で1回

★広い世界m2E[に]m2F#[たっ]E[た]ひと[り]


【補足】mid2D#mid2Fを含むフレーズ一覧

★広い世界m2D#[に]m2F[たっ]D#[た]一人の【通常メロ】
★御礼がm2D#[わ]りにこの歌を
☆名刺がm2D#[わ]りにこm1D#[の]歌を m2G#[oh] hiC[fu] hiA#[fu] G#[fu]

★私の好きなあなたへ 私のm2E[好]きなあなたへ【転調[+1]メロ】

★私のm2F[好]きなあなたへ【転調[+2]メロ】


 まず、『切手のないおくりもの』についてです。この楽曲は、2014年に平井堅さんによりリリースされたカバーアルバム『Ken's Bar III』に収録されております。アルバムの発売に先立ち、同曲のMVが公開されました。作詞作曲はチューリップの財津和夫さん、アレンジは大橋トリオさんによりなされております。サウンドはジャズテイストになっております。

 平井堅さんの『切手のないおくりもの』はラストのメロで転調が行われ、キーが1つ上がります。また、最後の【ラララ】の部分ではさらに1つキーが上がります(このラララの部分でmid2Gが地声で登場しますが、今回は音域に含めておりません)
 この転調は原曲とは少し異なっております。原曲では最初はmid1D~mid2Eで歌われており、ラストのメロでキーが2つ上がり、mid1E~mid2F#で歌われます(財津和夫さんのバージョンです)

 『切手のないおくりもの』は、元々、1977年にNHKの『歌はともだち』という番組のために財津和夫さんにより制作されました。親しみやすいメロディーと歌詞が特徴的で、多くのアーティストによりカバーされております。比較的最近では、2016年に3人組バンドのWANIMAがロックアレンジでカバーしております(音域m2A~hiC#)キー調整もしやすく、多くの人にお勧めしたい楽曲です。










 さて、『切手のないおくりもの』についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】mid2F#(F#4)で歌メロディーが構成されております。 大よそ、一般的な男性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2F#はラストのサビで1回だけ登場します。同曲はラストのメロで転調しますので、通常はmid2Fが最高音となります。最後の【ラララ】の部分ではmid2Gが最高音となります。
 この辺りは一般的な男性の音域の範囲内ですが、人によっては少しキーを下げて歌唱しても良いと思います。原曲の財津和夫さんのバージョンは平井堅さんのものよりキーが1つ低い形で歌われております。

 『切手のないおくりもの』は音域はそこまで広くないので、キー調整なども行いやすいです。先に述べたようにキーを下げて歌唱しても良いですし、WANIMAのように、高音域で歌唱しても良いです。元々親しみやすいメロディーを意識して作られているので、キー調整の融通は非常に利きやすく、練習曲としても使いやすいです。

 『切手のないおくりもの』はカラオケで盛り上がる形の曲ではないですが、親しみやすく、練習曲としても使いやすいです。平井堅さんの発声なども非常に参考になります。興味を持たれた方はカラオケなどでチャレンジしてみてください。



『POP STAR』(平井堅)の音域

こんにちは。今回は平井堅さんの『POP STAR』(2005)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 なお、平井堅さんの公式チャンネルでは、MVが6月末までの期間限定の公開となっております。その点についてはご了承ください。

『POP STAR』(平井堅)、POP STAR(Ken Hirai)

『POP STAR』(平井堅)










【地声最低音】mid1C(C3)  

m1C[君に]出会えた喜びとC[君に]会えない淋しさの(Aメロ)


【地声最高音】mid2G(G4)  

★使命はきm2F[み]m2G地[だ]F[け]のヒーロー(Bメロサビ前)
m2F[羽根を広]m2G地[げ] (サビ)

★誰もが誰m2F[か]m2G[の]pop G[sta--r]F(ラストサビ前)
m2F[神]さまが 僕に下しm2G地[た] [使命はきみだけのヒーロー]


【裏声最高音】hiA#(A#4) ※サビで登場

★魔法をかhiA裏[け]hiA#[て]A[あ]G地[よ]F[う](サビ)


【補足】mid2E(一部のみ)mid2G辺りの注意点

m2F[I wanna be a pop] star (冒頭サビ)
m2F[夢中にさ]せてあげるからF[ね]
★キラキラのpop m2F[star] 羽根を広F[げ] 
m2F[魔法をか]けてあF[げ]m2G裏[よう] m2F[君][け][ぃ]

★初めて君を抱きしめm2E[た しゅ]m2F[ん][か][に]ぃ(Bメロ)

※一部しか記述してませんが、mid2Eも多く登場します。



 まず、『POP STAR』(ポップ・スター)についてです。この楽曲は、2005年に平井堅さんによりリリースされたシングル作品です。ドラマ『危険なアネキ』主題歌の主題歌としてタイアップが付きました。この楽曲は着うた配信でミリオンを記録する等、リリース当初から非常に話題呼びました。

 『POP STAR』はアイドル松田聖子さんの『夏の扉』をイメージして作られた作品だそうです。そうしたこともあってか、同曲は女性を中心にカバーされています。
 私自身はキラキラ感やポップ感も耳に残ったのですが、編曲が亀田誠治さんということもあり、ベースギターの音色も非常に印象的でした。

 『POP STAR』の音域的な特徴についてです。同曲は、一般的な男性の音域の範囲内で歌メロディーが作られております。低音部分にも余裕がありますので、キーの調整は少しであれば可能です。一方で、裏声も使われているので、音域はやや広いです。歌い慣れていない人は、キーを調整してもスムーズにいかない部分が出てくるかもしれません。
 


 最後に、『POP STAR』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3) ~【地声最高音】mid2G(G4) 、【裏声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。おおよそ、一般的な男性の音域の範囲内であります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2GはサビおよびBメロなどで登場します。ラストサビ近辺では登場回数が増えます。この辺りは一般的な男性の音域の範囲内であります。ただ、上述のようにmid2F,mid2Eなども多く登場するため、意外と余裕がないと思います。歌メロも切れ目が少ないですので、「地声最高音mid2Gの楽曲」としては難しめだと考えてください。
 私自身で歌唱してみての印象ですが、一般的な男性の場合、少しキーを下げた方が歌いやすいのではないかと思います

 『POP STAR』は低音部分に余裕があり、キー調整は可能です。ただ、歌い慣れていない人の場合、キー調整しても難しい部分が出てくるかもしれません。その点は留意しておいてください。キー調整しても難しいと感じた場合は、別の曲と並行して練習すると良いと思います。ポップな良曲ですが、難易度は低くないです。

 『POP STAR』は一般男性の音域の範囲内であり、最高音自体は高くないです。よって、『瞳をとじて』のように歌い慣れた人が表現を磨くのに良い曲ではないかと私は分析しております。



『瞳をとじて』(平井堅)の音域 / 映画『世界の中心で、愛をさけぶ』主題歌

 こんにちは。今回は平井堅さんの『瞳をとじて』(2004)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、添付されているMVは2020年6月末までの期間限定動画です。その後は、代わりの動画を添付します。その点はご了承ください。


『瞳をとじて』(平井堅)、Hitomi wo Tojite(Ken Hirai)

『瞳をとじて』(平井堅)










【地声最低音】mid1C(C3)  

★朝目覚める度に 君の抜けがm1C[らが]横にいる(Aメロ)


【地声最高音】mid2G#(G#4)  

m2G#[そ]れだG#[けで]G[ぇ]いいぃG[ぃ](サビ)
G[Your love] m2G#-m2G[for--e-]ver(ラストサビ)

※各サビで1フレーズ。ラストサビでは3回


【裏声最高音】hiC(C5) ※ラストのサビで1回

★越えhiC[る]hiA#[つ]m2G[よ]G[を]


【補足】mid2F(一部略)hiA#辺りの注意箇所

★消し去ろうとねがm2F[う]度に (Bメロ)
★こころが からだが 君を 覚えていm2F[る]

★Your m2G#[love] hiA#裏-m2G[for--e-]ver (サビ)
★瞳を閉m2F[じて 君を描]m2G[く]F[よ]G[ぉ] 
★たとえ季節が ぼm2G#裏[くの]m2G[こ]ころG[を]ぉぉ 

★心は 体は 君で輝いてm2G[る]m2F[ぅ](2番サビ前)
★過ぎ去m2G[ろう]m2F[ぅと]しF[も]ぉぉぉG[おぉぉぉ](2番サビ)
m2F[君を探]hiA#裏[す]F[よ]G[ぉ] (ラストサビ)



 まず、『瞳をとじて』についてです。この楽曲は、2004年に男性シンガーソングライターの平井堅さんによりリリースされたシングル作品です。アルバム『SENTIMENTALovers』を始め、ベストアルバムにも収録されております。平井堅さんの代表的な楽曲の1つです。
 『瞳をとじて』は、片山恭一さんの同名恋愛小説を原作とした映画『世界の中心で、愛をさけぶ』の主題歌として書き下ろされました。映画の記録的ヒットとも相まって、同曲は2004年のシングル年間セールス1位を記録しました。

 『瞳をとじて』はピアノやストリングスなどが用いられたバラード作品です。作詞作曲は平井堅さん、編曲は亀田誠治さんによりなされています。歌メロはAメロBメロサビといった形で作られており、楽曲の進行にしたがって音域も高くなっていきます。サビは楽曲全体で3回登場しますが、それぞれに少しずつ変化がつけられています。

 『瞳をとじて』の音域的な特徴についてです。裏声を考慮すると、広い音域になりますが、低音部分に少し余裕があります。高音域が苦手な人はキーを少し下げて歌唱することも可能です。ただ、普段歌い慣れていない人向けにキー調整を行うのは難しいのではないかと私は考えております。非常に高い音域などが登場するわけではないですが、その分歌い手の表現力が試されます。



 さて、最後に『瞳をとじて』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はサビで登場します。このmid2G#辺りは、歌い慣れた人であっても発声が難しくなります。場合によってはキーを下げることも考えてください。カラオケなどで歌い慣れている人の場合は、原曲キーから1~2つ下げると良いと思います。
 
 『瞳をとじて』は音域自体がやや広めでありますが、低音部分に少し余裕があり、キーの調整は可能です。ある程度歌い慣れた人ならば、ちょうど合うキーが見つかるのではないかと思います。
 一方、歌い慣れていない人の場合、キーを下げても歌いにくい部分で出てくる可能性もあります。その点は留意しておいてください。歌いにくい場合は、別の楽曲と並行する形で練習するとよいと思います。

 『瞳をとじて』は音域的には難しいという作品ではないです。ただ、平井堅さんのような高いレベルの表現を考慮すると、難易度が非常に上がります。
 まずは、ある程度歌メロディーを歌いこなせることを目指したうえで、少しずつ表現力を磨いていくと良いのではないかと思います。




『怪物さん feat.あいみょん』(平井堅)の音域

 こんにちは。今回は平井堅さんの『怪物さん feat.あいみょん』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。
 なお、当ブログで、平井堅さんの作品を取り上げるのは今回が初めてです(平井堅さんの楽曲はリクエストをいくつか頂いておりますが、まだ記事に出来ておりません)。


『怪物さん feat.あいみょん』(平井堅)、Kaibutsu san feat.Aimyon(Ken Hirai)

『怪物さん feat.あいみょん』(平井堅)










【地声最低音】mid1E(E3)  

m2E[そん]なには賢m1E[くな]れないわ(Aメロ)

※周りにmid1Fなども登場します。低いです


【地声最高音】hiA(A5)  ※サビの部分です

★いっm2G[そ] m2G#[いっ]m2E[そ] hiA[い]E[な]くなE[れ]
m2G[わかってなんて言わな]hiA[いか]G[ら]


【裏声最高音】hiC(C5) ※Aメロで1回ずつ登場

★あなたにふhiC裏[さ]わしいかm2F[なん]m2E[て] 


【補足】mid2E(一部略)mid2G辺りの注意箇所

★私をそこらのm2G[お]m2E[ん]なと(Aメロ)
★おhiA裏[な]E[じ]様にm1G[扱っ]m2F[て]E[よ]

★でm2F[も]F[ん]m2G[と]うは  G[いなく]なれ(サビ)
★いなくなれ m1G[あなたを好きな]
m2E{嫌な] 嫌な 嫌な 嫌な 嫌なわm2F[た]E[し]

m2E[ほ]m2F[ら] m2G[大丈夫?ってたや]F[す]E[く]F[聞]G[く]
★ダm2E[メ]m2F[な]E[わ]たし
☆いなくF[な]m2G[れ] hiA[yeah] G[yeah] F[yeah] yeah

※☆の部分はコーラスになっており、平井さんとあいみょんさんでキーが異なります。


 まず、平井堅さんについて少し説明します。平井堅さんは1995年にデビューした男性シンガーソングライターです。長らくヒットに恵まれませんでしたが、2000年に『楽園 』がヒットを記録。その後、『大きな古時計』、『LIFE is... 〜another story〜』、『思いがかさなるその前に…』、『POP STAR』などがヒットします。中でも人気映画『世界の中心で、愛をさけぶ』の主題歌にもなった『瞳をとじて』は2004年のベストセールスを記録しました。2000年代の日本を代表するシンガーソングライターの一人ではないかと思います。ジャンルとしては、ソウル、R&B、ジャズなどに分類されます。

___

 さて、『怪物さん feat.あいみょん』についてです。この楽曲は、2020年に平井堅さんによりリリースされた配信限定シングルです。新しいシングル曲ですので、アルバムなどには収録されておりません。この楽曲は、タイトルにあるように、女性シンガーソングライターあいみょんさんとのコラボ作品です。ちなみに、あいみょんさんは平井堅さんの作品から影響を受けたことを公言しております。

 『怪物さん』はエレクトロの要素が強いアップテンポのR&B作品です。ボーカルに所々エフェクトがかかっております。歌メロは必ずしもポップではありませんが、中毒性を感じさせるものであり、口ずさみたくなるようなになっております。コラボの相手である、あいみょんさんはこれまでバンド色の強いアレンジが多かったのですが、この作品では彼女の新しい面が見えた気もしました。

 こうしたこともあり、公開されたMVは10日で既に200万回を超えております。今後、もっと注目を集める作品になるかもしれません。作詞作曲は平井堅さん、編曲はトオミヨウさんが行っております。トオミヨウさんはこのブログでも度々話題に上がっており、菅田将暉さんの『まちがいさがし』編曲でも知られています。

 




 さて、『怪物さん feat.あいみょん』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】hiA(A5)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりは少し高く、女性の作品としては少し低いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Eについてです。これはAメロで登場します。ここではmid1Fなども一緒に登場し、女性にとっては低い音階だと思います。相方の男性が高音域が得意な場合、キーを上げても良いかもしれません。

 一方、地声最高音hiAについてです。これはサビで登場します。【m2G[わかってなんて言わな]hiA[いか]G[ら]】の辺りは男性にとっては少し高いかもしれません。裏声が器用に出せる方は、息漏れの少ない裏声を使って歌唱しても良いと思います。
 一般的な男性の音域よりもやや高いですので、キーを少し下げるのも選択肢です。男性がソロで歌唱する場合、キーを下げる余地があります。
 一方、原曲に忠実に女性とのコンビで歌唱する場合はキーを下げるのが難しいかもしれません。女性ソロの場合はキーを上げた方が歌いやすいかもしれません。

 『怪物さん feat.あいみょん』は地声部分はそこまで広い音域ではありません。ただ、この楽曲は男女のコラボ作品でありますので、その辺りで調整が難しいのではないかと思います。男女がそれぞれがソロで歌唱する場合は、キーの調整は行いやすいです。
 一方で、原曲のように男女でデュエットする場合は、キーの調整が難しいです。どちらかといえば男性が高音域歌いこなせた方が合いやすいのではないかと思います。その点は留意しておいてください。

 この作品について、私自身は非常に気に入っており、アレンジも面白いと感じました。平井堅さんやあいみょんさんのパブリックイメージとは少し異なる作品かもしれませんが、広く知られてほしいと考えております。。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー