こんにちは。今回は桑田佳祐さんの『白い恋人達』(2001)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『白い恋人達』(桑田佳祐)、Shiroi Koibito Tachi(Keisuke Kuwata)
『白い恋人達』(桑田佳祐)









【地声最低音】mid1D(D3)  ※Aメロ

★夜に向かって雪が降り積もm1D[る]と (Aメロ)
★悲しみがそっと胸m1E[に]こみ上E[げ]


【地声最高音】mid2G(G4)  ※サビとラスト

★こm2E[よ]m2F#[い]m2G地[な]F#[みだこ]E[らえてか]なでる【サビ】 
★よm2E[る]m2F#[に]m2G地[ホワア]m2F[ア]アイト ラG裏[ァブ]

hiB裏[こ]G[い]しくてm2G地[な]m2F#[み]G[だ]【ラスト】


【裏声最高音】hiB(B4) ※ラストサビの後半

m2G[た]hiA[だ]hiB[逢]A[い]B[たく](ラストサビ後半)
hiB[もう]hiA[せ]m2G[つ][なく]
★ hiB裏[こ]G[い]しくてm2G地[な]m2F#[み][だ]


【補足】mid2Emid2G辺りの注意点

★涙m2F#[で]m2G裏[こ]ころの灯を消しm2E[て](Bメロ) 
★通m2E[り]過ぎてゆく季節を見ていた
★(二度と帰らない誰かを待ってる)m2E[Woo…]

★愛のm2E[セ]m2F#[レ]ネード【サビ】
★いm2E[ま]も忘れないE[こ]いのうm2G裏[た]


※3:48秒あたりの【Ah Ah Ah】最高音はhiA#

____

 まず、桑田佳祐(くわたけいすけ)さんについて少し説明します。桑田佳祐さんは、1978年にメジャーデビューしたサザンオールスターズのボーカル&ギターとして知られております。サザンはCDの総売上枚数が5000万枚に達する日本を代表するロックバンドです。

 サザンの活動の傍ら、桑田さんはソロでの活動も多く行っております。ソロでのセールスも1000万枚を超えており、代表曲も多く存在します。代表的な作品としては、『真夜中のダンディー』、『祭りのあと』、『波乗りジョニー』、『明日晴れるかな』などが列挙されますが、ここに挙げたもの以外にも多くのヒット曲が存在します。
 私なりのイメージですが、ソロでの作品は、サザンオールスターズのサウンド作りよりもロック感やダーク感が強いイメージです(線引きとしては少し難しいかもしれませんが)。

___

 さて、『白い恋人達』についてです。この楽曲は、2001年に桑田佳祐さんによりリリースされたシングル作品です。ベストアルバム『TOP OF THE POPS』などに収録されております。
 同曲は、前作『波乗りジョニー』と同じく、桑田さん自身が出演するコカ・コーラのキャンペーンソングとしてタイアップが付きました。2曲は好セールスを記録し、桑田佳祐さんの代表的な楽曲として、広く知られております
 
 『白い恋人達』は冬のバラードとなっており、失恋が歌われております。オルガンの音色が非常に冬っぽさを感じます。
 歌メロについては、ラストのサビを除くと、mid1D~mid2Gとそこまで音域が広くありません。その中で、裏声が効果的に使われており、表現を学ぶ上で非常に参考になります



 さて、『白い恋人達』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】mid2G(G4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2Gはサビを中心に登場します。この辺りは一般的な男性の音域の範囲内なのですが、同じレンジで裏声が効果的に使われております。歌い慣れていない人などは少しキーを下げても良いかもしれません。

 
 『白い恋人達』は低音部分に余裕があり、キー調整の余地はあります。歌い慣れていない人向けの調整も可能なのではないかと思います。一方で、裏声が多用されるなどしているため、キーを下げ過ぎると歌いにくくなるかもしれません。キーを下げたからといって、がすぐに原曲に近いような表現が出来るわけではありません。その点は留意しておいてください。慣れないうちは地声だけで歌うなどしても良いかもしれません。

 『白い恋人達』は、裏声と地声の行き来を学ぶ上で非常に役に立つのではないかと感じました。桑田佳祐さん自身はしゃがれたボーカルも魅力的であり、そうした発声も切なさを演出しております。人気の楽曲ですが、歌唱についてはテクニカルで、非常に練られていると感じました。
 同曲は、男性シンガーソングライターの平井堅さんもカバーされておりますが、そちらも参考にされてもよいかもしれません。