J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

GRANRODEO

『Can Do』(GRANRODEO)の音域/アニメ『黒子のバスケ』オープニングテーマ

 こんにちは。今回はGRANRODEOの『Can Do』(2012)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 GRANRODEOは、当ブログでは以前に、セツナの愛を取り上げて以来、2回目の登場になります。


『Can Do』(GRANRODEO)


【地声最低音】mid1E(E3)  ※Aメロ

★弱さをウリにしたって前になんか進めやしないんだm1E[ぜ]


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※サビで登場

★叫hiC#[ぶん]hiB[だ] 俺のC#[番]B[だ] Can you m2G#[do] m2F#[it?]



【補足】mid2F#hiB辺りの注意箇所

★強がる弱い自分を認められるm2F#[つ]m2G#[よ]F#[さ]を(Bメロ)
★始めhiB[る]んだ やれるB[モン]
m2F#[そ][か][前][向][ちゃって] 
m2F#[歩け] [走れ] 何度でF#[も]

m2F#~m2G#[調ハズだっ]て(サビ)
m2F#[それ]m2G#[が]hiA[どうし][たん]F#[だっ]G#[て]
m2F#[怖]m2G#[く][なん][か]hiA[なく]hiB[なっ]G#[てん]F#[ぜ]
★今日が我m2F#[が]m2G#[身]hiA[だ]
★ I can m2G#[do] m2F#[it] You can m2G#[do] hiA=G#[it]

★汗m2F#[ま]みれにF#[なっ]て 全F#[身]m2G#[全]F#[霊](Cメロ)
★そうさ No m2F#[sur-]m2G#[-ren-]hiA[-der]

『Can Do』(GRANRODEO)









 まず、『Can Do』(キャン・ドゥ)についてです。この楽曲は、2012年に2組ロックユニットGRANRODEOによりリリースされたシングル作品です。アルバム『CRACK STAR FLASH』、またベストアルバムなどにも収録されています。
 『Can Do』は、週刊少年ジャンプで連載されていた漫画(藤巻忠俊作)を原作とするテレビアニメ『黒子のバスケ』のオープニングテーマとしてタイアップが付きました。ボーカルを務める谷山紀章さんも、アニメでは氷室辰也役として出演しております。余談ですが、本日(1月31日)は主人公である黒子 テツヤの誕生日だそうです。タイミングを狙っていたわけでは無いですが、偶然にも記事の公開日と主人公の誕生日が重なりました。

 さて、『Can Do』は直球ロックナンバーです。アニメの主題歌ということもあり、AメロBメロサビと楽曲が盛り上がっていき、それに伴い、歌メロの音域も上がっていきます。Cメロについてはサビのメロディーが少し変形したような形になっております。この辺りも特徴的な点の一つです。ちなみに、同曲ではLUNA SEAの真矢さんがドラムを担当しているそうです。
  
 『Can Do』の音域的な特徴についてです。高音域はhiC#,hiBなど一般的な男性にとって高い音階が登場しますが、低音部分については少し余裕があります。高音域が苦手な方はキーを下げて歌唱するということも選択肢になります。




 さて、『Can Do』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiC#(C#5) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#はサビで登場します。また、その近辺にはhiB等の音階も登場し、一般的な男性の音域より高いレンジでサビメロが歌われます。
 普通の男性の場合は、キーを下げて歌唱するのが有力な選択肢の一つになります。例えば、原曲キーから4つ程度下げて、地声最高音をhiAあたりに設定するとより歌いやすくなると思います。hiAというと一般的な男性にとっては少し高い音階ですが、ちょっと苦しいくらいのキーの方が原曲のニュアンスが表現しやすいのではないかと思います。高音域が得意な方は原曲に近いキーで歌唱しても大丈夫です。
 
 『Can Do』は低音部に余裕があるため、キーの調整は比較的行いやすいです。ただ、キーを下げたからと言って、原曲のような歌唱が出来るわけではありません。『Can Do』では谷山さんの独特な抑揚や、早回しの歌メロディーなども登場するため、しっかり練習しておく必要があります。その点は留意しておいてください。
 例えば、同曲のAメロについては、mid2Eが最高音であり決してキーは高くありません。しかし、このAメロをカッコよく歌いこなすにしても、やはりしっかり歌い慣れておく必要があります。私自身はサビもですが、AメロBメロが非常に良いと感じました。



『セツナの愛』(GRANRODEO)の音域

 こんにちは。今回はGRANRODEOの『セツナの愛』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『セツナの愛』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルなどでMVがフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても1番のみ公開されているショートバージョンの動画を添付いたします。ご了承ください。


『セツナの愛』(GRANRODEO)、Setsuna no Ai


【地声最低音】mid1G(G3)  ※2番Bメロ

★愛する為の後悔なんてもうm1G[2]億年前に捨ててきた


【地声最高音】hiD(D5)  ※各サビで登場

★心m2G[ふ]hiC[え]hiD[る]hiA[ほ]G[ぉ]どA[に]



【裏声最高音】hiD(D5) ※各サビで登場

★支hiD裏[配]hiC[さ]れていhiA[る]m2G[の]



【補足】mid2GhiCの注意箇所

★絡みつくようにうねってm2G[る](Aメロ)
★同時にそんなに求めないで刺激と安らぎm2G[の]矛盾を(Bメロ)
★ゼツミョーにビミョーm2G[く]るおしいんhiA[です]

hiA[愛されるた]m2G[め]G[行]G[なん]A[て](サビ) 
hiA[味わうた]m2G[め]hiC[超]A[な]G[やん]A[で]
hiA[苦]m2G[痛]G[た]いかG[を]しはG[ら]い続ける
hiA[もっ]m2G[と]感じるhiA[く]G[の]A[う]hiC裏[で]
hiA[セ]m2G[ツ]G[の]G[と]hiC裏[知っ]ていても

『セツナの愛』(GRANRODEO)









 まず、GRANRODEO(グランロデオ)について説明します。GRANRODEOは、2005年にボーカルKISHOW(谷山紀章)さんとギタリストe-ZUKA(飯塚昌明)さんで結成された音楽ユニットです。谷山紀章さんは声優としても活躍されていますので、ご存知の方も多いと思います。最近の作品では『進撃の巨人』のジャン役が有名なのではないでしょうか。作詞をKISHOWさんが、作編曲を主にe-ZUKAさんが担当されています。

 GRANRODEOは、ジャンルとしてはハードロックなどを基軸としたバンドサウンドが一つの特徴として言えると思います。声優の谷山さんがボーカルを務めているということもあり、アニメなどのタイアップも多く歌われております。


 さて、『セツナの愛』についてです。この楽曲は2019年に、GRANRODEOによりリリースされたシングル作品です。タイアップとして、アニメ『文豪ストレイドッグス』のオープニングテーマに起用されております。ちなみに、ボーカルのKISHOWさんは声優として、同アニメの中で中原中也役を熱演しております。


 


 さて、『セツナの愛』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3) ~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiD(D5)でメロディーが構成されております。男性の音域としては高く、どちらかと言えば女性のキーに相当します。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音のhiDやそれに準ずるhiCがサビで登場します。これは一般的な男性の音域と比べてかなり高いです。上にも記述しましたが、hiA,mid2Gあたりのキーは当たり前に登場します。基本的には、一般的な男性が歌唱する場合はキーを下げた方が良いと思います。目安として、原曲キーより5~6程度は下げると、mid2G#あたりに設定されるようになります。

 先ほど申しましたが、GRANRODEOはジャンルとしてはハードロックなどに分類されます。ハードロックはボーカルの声が力強く、キーも高めになりやすいです。あくまで私の個人的な経験ですが、ハードロックなどで歌唱されるボーカルになると、通常のポップスとは少し違った練習を意識することが必要になります。イメージとしては声をやや強く張るのですが、それにより高めキーで発声ことが可能になります。ただ、日本の住宅事情などを考えると、家で練習したりするのは難しいかもしれません。

 こうしたハードロックなどの発声が出来るようになると、力強く高い声が出せるようになりますが、弱点もあります。それは、声にトゲが立ちすぎて、メロディアスなポップス等には向きにくくなることです。また、音程をスムーズに上下に動かすのが難しくなる印象です。自動車などで、アクセルを強く踏み込むとスピードは出ますが、一方でカーブの操作が大変になります。そうしたイメージに近いです。
 
 ハードロック・ヘヴィメタルなどのジャンルに興味がない人でもこうした発声が出来ると、ポップスなどで一部、急激にキーが高くなるような場面にも対応しやすくなります。
 
 当ブログで過去に取り上げた楽曲においても、キーが異常なほどに高い場面が登場することがありました。その際に「ハードロックなどのように、声を張った高いキーで瞬間的に対応」すれば、上手く歌いこなせた楽曲も何度もありました。Official髭男dismの『Stand By You』などはそうした例の一つだと思います。ミセスの楽曲などでもあったと思います。ちなみにOfficial髭男dismはボーカル含めメンバーがヘヴィメタル好きでもあります。難易度が高く、誰もが出来ることではないかもしれませんが、興味を持たれた方は、他のサイト等で調べてみても良いかもしれません。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー