J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

MY_FIRST_STORY

『1,000,000 TIMES feat. chelly (EGOIST)』(MY FIRST STORY)の音域

こんにちは。今回はMY FIRST STORYの『1,000,000 TIMES feat. chelly (EGOIST)』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。リクエストによる選曲です。


『1,000,000 TIMES feat. chelly (EGOIST)』(MY FIRST STORY)
『1,000,000 TIMES feat. chelly (EGOIST)』(MY FIRST STORY)









【地声最低音】mid1G#(G#3)  

m1G#[と]おい宇宙の星 hiB[平]hiA#[衡]したまま(Aメロ)
★同じ夜をm1G#[ね]がいながら見上げた


【地声最高音】hiE(E5)  ※各サビ1回ずつ

★乗り越hiB[え]る意B[味]があhiE[る]hiD#[から](サビ)


【裏声最高音】hiE(E5)  ※サビ前で登場

★手を伸hiA#[ば]しhiE裏[て]hiD#[る](Bメロ)


【補足】hiB(一部略)hiD#の注意点

★本hiB[当の]B[りに] hiC#[い][ま(Bメロ) 

★悪かしくhiB[うる]B[しいじん]hiD#[せ]いが 息苦しく[ても](サビ)
★目標(かべ)はhiB[た]かければ hiC#[た]hiB[かい]B[ど] 
★闘い続けていhiD#[く]から

hiB-hiC#[[な][が][な]きゃ[は]]hiD#[ま][ら]ない[よ] (サビ後半)
★「誰」も「何」hiD#[も]hiC#[言]hiB[えやし]ないB[よ]
hiB[か][や][り]hiC#[せ]hIB[か]いへと 変えれB[る]
★ひとhiB[り]じゃhiC#[な]B[か]hiD#[ら]

★心hiB[を]hiC#[か]hiD[たく]閉ざし(2番Aメロ)
★あのhiB[日の] B[や]くそB[く]をぉ 果hiC#[た]ihD#[して](ラスサビ前)



 まず、『1,000,000 TIMES feat. chelly (EGOIST)』についてです。この楽曲は、2020年にロックバンドMY FIRST STORYによりリリースされたシングル作品で、音楽ユニットEGOISTのchellyさんとのコラボ曲です。タイトルは、「ミリオンタイムズ」と読みます。同曲は、ゲームアプリ『デュエル・マスターズ プレイス』のために書き下ろされました。

 『1,000,000 TIMES』はシングル曲は、EGOIST・chelly(チェリー)さんとのコラボになっておりますが、アルバム『Ⅴ』ではボーカルHiroさんのソロとして歌唱されております。今回の音域調査は、シングル版を調査しておりますが、2つのバージョンを聴き比べてみるのも面白いと思います。

 さて、『1,000,000 TiMES』の音域についてですが、男性曲としては極めて高く、むしろ女性曲に近いです。上述しておりますが、サビメロが長く、hiD#が頻出します。音域自体はでたらめには広くないので、キー調整は可能です。ただ、そうした特徴こそが、原曲キーでの難易度を非常に高めております。






 さて、『1,000,000 TIMES feat. chelly (EGOIST)』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiE(E5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEは各サビで1回ずつ登場します。ここも重要なのですが、上述のようにサビを中心にhiD#が多く登場します。このhiD#辺りが安定的に歌えると形になりやすいです(男性には難しいです)。
 マイファスにはhiD#が頻出する『Missing You』(過去記事)という曲があるのですが、感覚的にはこちらよりも『1,000,000 TIMES』の方がずっと難しいです(『Missing You』が簡単というわけではない)。
 この辺りは一般的な男性の音域よりもかなり高いですので、キーを下げたりして調整してください。ただカラオケの際は、男性の場合はキーを下げるよりも、キーを4つ程度上げて、1オクターブ下を歌唱した方が調整しやすいと思います。

 『1,000,000 TIMES』は音域自体は滅茶苦茶には広くないですので、キー調整はしやすいです。ただ、歌いこなすには、やはりしっかり練習を重ねておく必要がありますので、キーを調整するにしても歌い慣れていた人向けの楽曲です。

 ちなみに、この楽曲は、女性でも歌唱することが可能です。原曲キーで歌唱することも可能だとは思いますが、一般的にはキーを少し下げて、歌唱した方が歌いやすいのではないかと思います。(キーを調整する場合でも、歌い慣れていない人向けの作品です)。




『アンダーグラウンド』(MY FIRST STORY)の音域

こんにちは。今回はMY FIRST STORYの『アンダーグラウンド』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲ですが、後々リクエストもいただきました。


『アンダーグラウンド』(MY FIRST STORY)、Underground
『アンダーグラウンド』(MY FIRST STORY)









【地声最低音】mid1D(D3)  ※1番Aメロのみ

m1E{そう]m1D[じゃ]E[ない] [そう]D[じゃ][ない](Aメロ)


【地声最高音】hiC(C5)  ※曲全体で27回

★「愛されhiB[たい]」愛されないhiC[ぼ]B[く]hiA[は]B[ぁ] (サビ)
hiA[じぶ]A[の]A[ころを]hiC[こ]hiB[ろしな]A[が]
★何か求hiC[め]hiB[て] hiA[ほ]んとhiC[うは]B[ぁ]
★「こんなせhiA[か]いには居hiC[たく]hiB[な]い」と

※サビで頻出します’(各サビ9回)


【裏声最高音】hiD(D5) ※曲全体で2回

hiB[ひ]hiD裏[と]B[り]hiA[で]A[か]hiA#[え]A[込]むだけ(2番Aメロ)
★このいのhiD裏[ち]hiA[ぃを]A[け]hiB[る]のは(2番Bメロ)


【補足】hiAhiCの注意点

★ただの自分至上hiB[主義]hiA[な]だけ(Bメロ)
★ 優しい嘘はやめて 金hiB[輪]hiA[際] ねえ?
★小さな夢を思hiA[い]hiB[出]してA[た]hiC裏[も]hiB[う]…嫌」
★願い事はひhiA[と]A[だ]hiB[け]

★ 立ちhiB[去ったアンダーグラウンド](サビ)


 まず、『アンダーグラウンド』についてです。この楽曲は、2020年にロックバンドMY FIRST STORYによりリリースされたアルバム『V』に収録されております。アルバムの発売に先立ち、MVが公開されました。TVなどでも歌唱されており、リード曲といった位置付けだと思います。

 『アンダーグラウンド』はミディアムテンポのロックナンバーです。イントロのギターフレーズなどが非常に印象的です。また、Bメロサビを中心に歌メロが美しいと感じました。私自身は映画などの主題歌かと思ったのですが、タイアップは今のところ確認できません。

 音域については、地声最高音がhiCです。マイファスのシングル曲はhiD以上が登場することも多いので、それと比べると高音が抑え気味であります。ただ、登場回数が27回(裏声を含めると30回以上)ですので、難易度がいつもより低いというわけではありません。




 さて、『アンダーグラウンド』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiC(C5) 、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCについてはサビで頻出します。各サビで9回、曲全体で27回登場します。登場回数が多いですので、hiCが歌いこなせるという人でも相当しんどいと思います。一般的な男性の場合、キーを下げた方が歌いやすいです。原曲キーから5つ程度を目安にしてみてください。

 『アンダーグラウンド』は当ブログがこれまで取り上げてきたマイファスの楽曲と比べて、音域は広めであります。キー調整は可能でありますが、それを考慮してもある程度歌い慣れた人の楽曲であります。

 一方、原曲キーの場合は、これまでのマイファスの作品同様に歌う人を選ぶ楽曲といえます。高音域が得意な人向けの作品です。私自身まだあまり歌唱していないのですが、恐らく歌メロがメロディアスな分、しっかり歌いこなせてないとミスが目立ちやすいです。最高音自体は、マイファスの人気曲と比較して高いわけではありませんが、難易度がそれらと比べて低いというわけではないと思います。



『不可逆リプレイス』(MY FIRST STORY)の音域 / アニメ『信長協奏曲』主題歌

こんにちは。今回はMY FIRST STORYの『不可逆リプレイス』(2014)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『不可逆リプレイス』(MY FIRST STORY)、Fukagyaku Replace
『不可逆リプレイス』(MY FIRST STORY)









【地声最低音】mid2A(A3)  ※Cメロのみ

★I don’t know why But you saved m2A[me].(Cメロ)

※Cメロで登場します。Cメロ以外では、mid2A#が低い


【地声・裏声最高音】hiD(D5)  ※曲全体で24回

★Wake in hiD-hiC#-hiA[Lone-li-ness!!] [Lone-li-ness!!](サビ)
★Falling hiA-hiD-hiC#[in-si-de] [your] hiB[sto]A[ry] 
☆何年hiD裏[経っ]hiC#[て]A[も]D[待っ]C#[て][も] 失くさぬD[様]C#[に]

※裏声のhiD部分は☆のところが分かりやすいと思います。


【補足】hiAhiA#の注意点

★walking after hiA[you!] after A[you!!](サビ)

★僕の影と重hiA[なって] 今 I can’t go back.(Aメロ)
★時代を今超えて ものがhiA#[た]hiA[る]
★I will be the brand hiA[new] hiA#[age] A[yeah] from this day!!
★I will save myself and the hiA[time] is A[now!!](サビ前)

hiA[I will prove] myself that I have lived today S-[tar]-ting Now!!(サビ)
★For the hiA[brigh]ter future(Cメロ)


 まず、『不可逆リプレイス』についてです。この楽曲は、2014年に5人組ロックバンドMY FIRST STORYによりリリースされたシングル作品です。2016年にリリースされたアルバム『ANTITHESE』に収録されました。
 『不可逆リプレイス』はテレビアニメ『信長協奏曲』の主題歌として書き下ろされた作品です。マイファスのファン以外の方にも知られている作品かもしれません。レーベルで公開されていたMVは2500万回を超えるなど、MY FIRST STORYの中でも人気の高い作品の一つであると思います。ちなみに、レーベルで公開されていたMVは現在削除され、マイファス自身の公式チャンネルで再公開されています。

 『不可逆リプレイス』は疾走感のあるハードコアサウンドです。要所要所でメタル風のフレーズも散見され、個人的にはワクワクします。歌メロについては、冒頭からサビが登場します。全体としてサビメロの割合が高い印象です。

 『不可逆リプレイス』の音域的な特徴についてです。ボーカルのHiroさんの特徴でもありますが、女性ボーカルのような声域で歌メロが作られております。とりわけ最高音hiDが裏声地声を含め、24回も登場します。一般的な男性の場合はキーを調整した方が歌いやすいのではないかと思います。音域自体はそこまで広くないですが、ボーカルのニュアンスなどを考慮すると歌い慣れた人向けの作品といえます。



 最後に、『不可逆リプレイス』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声・裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域と比べてかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDは各サビで3回ずつ登場します。 同曲はサビメロが多めであるため、楽曲全体で24回も登場します。Hiroさんは「静」の場面では裏声で歌唱し、バンド感の強い「動」の局面では地声に切り替えております。
 この辺りは、一般的な男性の音域と比べてかなり高いですので、キーを下げた方が歌いやすいと思います。ただ、ボーカルのニュアンスを考えると、自分の得意な音域でギリギリ出せる辺りに最高音を設定した方が、原曲のニュアンスが表現しやすいのではないかと思います。そうしたことから考えても歌い慣れた人向けの作品といえます。

 『不可逆リプレイス』は音域自体はそこまで広くなく、キーの調整は行いやすいです。ただ、ボーカルHiroさんのアクが強いですので、キーを下げるとしても表現力が要求されます。キーを大きく下げれば、歌い慣れていない人が合うレンジに設定することも可能ですが、上手く歌いこなすのは難しいと思います。キーを調整するにしても、歌い慣れた人向けの作品です。
 ちなみに、音域が「狭い分難易度が低い」というわけではなく、「高めの音域が連続して続く」という点で、持久力が要求されると思います。
 
 同曲は、音域的には女性の方が合いやすいかもしれません。男性のみならず、女性で興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。




『無告』(MY FIRST STORY)の音域

 こんにちは。今回はMY FIRST STORYの『無告』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『無告』(MY FIRST STORY)、Mukoku


【地声最低音】mid1G(G3)  

★この広い地球m1G[の]上で [おと]なになった僕等は(Aメロ)
★理想郷は離れて崩れ落ちm1G[てきた](Bメロ)


【地声最高音】hiD(D5)  ※サビで頻出

★今も何処かhiA[に]hiD[あ]る叶hiD[わ]ぬ(サビ)
★本hiD[当]のこA[と]hiB[ばで]


【裏声最高音】hiD(D5) Bメロとラストサビ

★“サヨナhiA[ラ”]夢にhiD裏[や]hiB[ぶ]hiA[れ]たおA[さ]なき人 
★すhiA[べ]て闇hiD裏[に]hiB[ほ][う]むりhiA[去]るたA[めに]ぃ(2番Bメロ)
★どんな過去もhiA[い]hiD裏[ま]もみらhiD[い]



【補足】mid2G(一部のみ)hiCまでの中位箇所

★もう何回も 何m2G[回]も 知らん顔G[し]hiA[て]G[た](Aメロ)
★憧れたヒーローにはなれやしなhiB[いん]hiA[だ](Bメロ)

hiA[ねえ?] hiA[答]hiB[え]てよ(Bメロ~サビ)
★「ゆhiB[め]hiA[を]hiC[たい]hiB[の]A[な]B[ら]
★「心」を隠hiA[す]hiB[こ]hiC[と]A{も]A[く] 

★美しすぎる羽根など見せつけhiC[な]hiB[いで](2番Bメロ)
★ 最期の火を付け 燃やしてhiC[く]hiB[れ]

『無告』(MY FIRST STORY)









 まず、『無告』について説明します。この楽曲は、2019年にロックバンドMY FIRST STORYによりリリースされたシングル作品です。タイアップなどはないようです。最新シングルであるためアルバムなどには現在のところ収録されておりません。

 『無告』は疾走感のあるエモーショナルハードコアのナンバーです。音域的な特徴ですが、ボーカルのHiroさんの高音域が強く活かされています。当ブログでは、これまでにコラボ曲を含めて3曲マイファス関連の作品を調査していますが、HiroさんはおおよそhiDくらいまでは安定的に地声で発声しております。一方で、音域自体はそこまで広いわけではないので、キーの調整などは行いやすいと思います。



 さて、『無告』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3) ~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDについてはサビで多く登場します。また、その他にhiCなどの音階も登場し、全体的に高音部がしんどいです一般的な男性の場合は、キーを下げた方がよいと思います。原曲から5つ程度下げると、最高音がhiA辺りに設定されます。音域には個人差がありますので、各々の状況に従って微調整してください。

 ちなみに、『無告』は音域自体は広いわけではありません。よって、カラオケなどでもキーの調整を行いやすいです。地声最高音をmid2G,mid2F#辺りに設定して、歌唱することも可能です。その点では柔軟性が高いですが、ボーカルのニュアンスを表現するのはやはり一層の努力が必要になります。その点は留意しておいてください。

 以前、シンガーソングライターのさユりさんとのコラボ曲『レイメイ』の回でも申し上げましたが、ボーカルのHiroさんは本作でも女性のようなキーで歌唱されています。今回取り上げた『無告』も女性が歌唱が可能な音域であります。興味を持たれた方はチャレンジしてみても良いかもしれません。人によってはキーが高かったり、低かったりすると思いますので、その点は調整してください。男性ほど大きなキー調整は必要無いと思います。



『Missing You』(MY FIRST STORY)の音域

こんにちは。今回はMY FIRST STORYの『Missing You』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『Missing You』(MY FIRST STORY)


【地声最低音】mid1G#(G#3)  

★Whenever you are feeling lone[ly]m1G#(Aメロ)
m1G#[大]切な[モ]ノは[ココ]にある[のに](ラストサビ直前)
★君と僕だけが[今]、ま[だ][だ][だ][だ]遠く[て]


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※サビで頻出(曲全体で18回)

★We can’t hiD#[find] hiC[you] hiA#[a-]-ny-[-thing] C[now!!]



【補足】hiA#hiC#の注意箇所

★暗hiA#[闇の]中 切りhiC[裂][かれ]A#[た](Bメロ)
★きおhiC[く]hiC#[を][よ]C#[み]C[が]hiA#[ぁ][ら]せ[て]
★たった一つのhiA#[ぉ]hiC[も][いで]も丸めて投げ捨て[て]

★I will hiA#[ne]ver [ne]ver [ne]ver [ne]ver A#[ne-]hiC[-ver]A#[say] it

★You’ll decide, it hiA#[may] be hard to achieve and(Cメロ)
★if you could leave it hiA#[some-]hiC[-where] [in] your heart
★Today, it will now hiC[be with you]

『Missing You』(MY FIRST STORY









 まず、MY FIRST STORYについて少し説明します。MY FIRST STORYは、2011年より活動する5人組のロックバンドです。現在、メンバーの一人が無期限活動休止中であり、2015年以降は、主に4人で活動しております。音楽のジャンルとしては、エモーショナルハードコア、スクリーモ、オルタナティブメタルなどに当たります。当ブログでは、少し前にシンガーソングライターさユりさんとのコラボ作品『レイメイ』を取り上げました。
 歌声を聴いた方にはピンとくるかもしれませんが、MY FIRST STORYのボーカルHiroさんは、ONE OK ROCKのボーカルとして活躍されるTakaさんの弟に当たります。声質的には、Hiroさんの方が若干声色が高く、クリアです。音域的には、『レイメイ』でも取り上げましたが、男性ボーカルとしては非常に高いです。

 
 さて、『Missing You』についてです。この楽曲は、2016年にマイファスによりリリースされたアルバム『ANTITHESE』に収録されています。シングル作品などではありませんが、アルバムの発売に先立ち、レーベルのチャンネルでMVが公開されました。
 『Missing You』の再生回数は2019年10月現在、2000万回近くに上っております。非常に人気の高い作品のひとつです。また、外国の方々によるコメントも目立つ点も特徴的です(現在は、レーベルのMVが消去され、マイファス自身の公式チャンネルで公開されております)。




 さて、『Missing You』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3) ~【地声最高音】hiD#(D#5) で歌メロディーが構成されています。女性のような音域で歌メロディーが構成されています。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音のmid1G#ですが、Aメロで登場します。また、ラストのサビの直前では、サビのフレーズよりも1オクターブ下のメロディーが登場します。その場面で、mid1G#が多く登場します。これは言い換えれば、通常のサビの部分ではmid2G#が頻出することも意味します。ちなみに、今回、mid2G#を表記すると、図がごちゃごちゃになりますので、上図では割愛しています。

 さて、地声最高音hiD#についてですが、各サビで6回ずつ、楽曲全体で合計18回登場します。かなり高いキーです。『Missing You』は疾走感あふれるバンドサウンドであり、ボーカルも力強く歌唱されています。よって、裏声で対処することも難しいです。

 一般的な男性の場合、キーを下げた方が歌いやすいと思います。原曲から7つキーを下げると、hiD#からmid2G#に設定されます。もしくは、原曲キーから5つ上げて1オクターブ下を歌唱するのも良いかもしれません(この場合でも最高音はmid2G#)。男性が原曲キーで歌うには非常に高い音域です。

 『Missing You』は音域的には決して広い方ではありません。よって、キー調整を行って練習することにもある程度向いています。普段歌い慣れていない人は、キーを3つ上げて、1オクターブ下を歌うのが良いかもしれません。その場合、音域はmid1B~mid2F#に設定されます。キーを下げ過ぎると、低音部分が歌いにくくなりがちです。このキーで難しい場合は別の曲で歌い慣れた方が良いかもしれません。

 ※余談ですが、『Missing You』は女性のような音域です。一般的に、「女性ボーカルの楽曲を男性が歌唱する場合は、キーを3つ程度上げて1オクターブ下を歌唱すると合いやすい」と言われます。これは、女性ボーカルの最高音がhiC~hiEあたりに当たることが多いから、3~4つ上げると男性の最高音(のちょうど1オクターブ上)になるからだと思います。女性ボーカルの楽曲を男性が歌唱する場合、覚えておいてもいい法則かもしれません。
 ただ、女性ボーカルの楽曲も音域が非常に高い曲や、逆にキーが低い曲など様々ありますので、あくまで目安と考えてください。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー