J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

WANDS

『世界が終るまでは…』(WANDS)の音域

 こんにちは。今回はWANDSの『世界が終るまでは…』(1994)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。リクエストによる選曲です。


『世界が終るまでは…』(WANDS)、Sekai ga Owaru made ha

『世界が終るまでは…』(WANDS)









【地声最低音】mid1E(E3)  ※Aメロで登場

★大都会にm1E[ぼ]くはもう一人[で] (Aメロ)


【地声最高音】hiA(A4)  ※各サビで2回ずつ

★(世界が終るまでは) 離hiA[れる]m2G[ぅ事]ぉもG[ない](サビ)


【補足】mid2Emid2G辺りの注意点


★ 愛ならばいっm2E[そ]m2F[と]E[わ]に眠[ろ]うか(サビ前)

m2F[世界が終る]m2E[ま][は] (サビ)
★そm2F[う]m2G[願][って]いた 幾m2G[千]F[の]F[る]ぅと
★はm2E[か]m2F[な]E[き]想い こ[の] F[Tra][ge]dy Night


 まず、『世界が終るまでは…』についてです。この楽曲は、1994年にロックバンドWANDS(ワンズ)によりリリースされたシングル作品です。アルバム『PIECE OF MY SOUL』を始め、ベストアルバムなどにも収録されております。シングルでミリオンヒットを記録しており、WANDSの代表的なシングル作品の1つといえます。
 この楽曲は、テレビアニメ『SLAM DUNK』(スラムダンク)のエンディングテーマ曲としてのタイアップが付きました。こうしたことも、楽曲の知名度の向上に大きく貢献しております。

 さて、『世界が終るまでは…』についてですが、ミディアムテンポのロックナンバーです。ロックバラードなどにもあたると思います。歌メロはAメロBメロサビといった形で馴染みやすいのですが、私なりにはAメロBメロの流れがスムーズで、サビに繋がっていると分析しました。
 作詞は初代ボーカルの上杉昇さん、作曲は織田哲郎さん、編曲を葉山たけしさんが担っております。ビーイング系アーティストのヒット曲の多くは、この織田哲郎さんと葉山たけしさんが担当していることが多い印象です。一方で、WANDSはメンバーで作詞作曲した作品も多くのヒットがあり、その点でバンドの独立性とヒットが両立していたイメージです。






 さて、『世界が終るまでは…』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高めです。

 まず、地声最高音hiAはサビで登場します。曲全体で6回です。この辺りは一般的な男性の音域よりもやや高めです。また、サビ全体を通して、mid2E~mid2G辺りの音が連続して登場します。
 ある程度高音域が得意な方は手を付けやすいかもしれませんが、一般的には少しキーを下げた方が歌いやすいと思います。一般的な男性の場合、原曲キーから1~2程度下げるとよいと思います(歌い慣れていない人等はもう少し下げても良いです)。

 『世界が終るまでは…』は低音部分に余裕があり、キー調整はしやすいと思います。歌い慣れていない人向けの調整も可能であると思いますが、この楽曲より練習曲に向いているものは他にもあると思います。また、ボーカルの上杉さんのロック色の強い表現などは、歌い慣れていない人には少し難しいかもしれません。キーを調整しても難しいと感じた場合は、別の曲と並行して練習してください。

 『世界が終るまでは…』はとりわけアニメを見ていた人や90年代に青春を迎えた人には非常に馴染み深い楽曲だと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
 
 ※余談になりますが、漫画『SLAM DUNK』(スラムダンク)は日本の漫画の金字塔とも言える作品であり、とりわけ今の(スポーツ)漫画の雛形になったような表現が多いです。25年以上前の作品ですので、時代にそぐわない表現が一部あるかもしれませんが、表現を学ぶ方などには、お奨めしたい作品の1つです。バスケットボールがテーマの漫画です。



『真っ赤なLip』(WANDS)の音域 / 『名探偵コナン』オープニングテーマ

 こんにちは。今回はWANDSの『真っ赤なLip』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『真っ赤なLip』(WANDS)、Makka na Lip


『真っ赤なLip』(WANDS)










【地声最低音】mid1C(C3)  ※ラストサビ前で登場します

★雪のような 艶m1C[め]いたC[は]だの

※ラストサビ前のBメロ(通常のBメロよりもキーが1つ低い)

【地声最高音】hiC(C5)  

hiC[溶]hiA#[け]m2F[て]m2G[く] ゆF[め]G[の]A#[な]

※各サビで1回ずつ登場


【補足】mid2FhiA#辺りの注意箇所

m2F[no] way "[無邪]気"に隠した(Aメロ)
★僕が壊れてくなんて想定m2F[外]m2F#[だ](Bメロ)

m2G[真っ]赤なLipのグラデーm2F[ション][惑][て][招]待(サビ)
★ヤm2G[バイ]hiA#[き]G[み]m2F[の]m2F#[しょう]G[たぁい]
m2G[逃]F[れ][れ]ない
hiA#[き]m2G[み]m2F[を]もう A#[は]G[な]F[さ]ない
★so I’m going m2F[to] m2G[cra-]m2F#[-zy] F[cr-]azy!
★全m2F[て]m2G[君の思い通り]

★もう衝動が止まらm2F[なぁぁ]F#[あい](ラストサビ前)
m2G[こ]m2F[の]G[ま] hiA#[い]m2G#[つ]m2G[ま]Fで]も(ラストサビ)


 まず、WANDS(ワンズ)について少し説明します。WANDSは1991年に結成された3人組ロックバンドです。ボーカルの上杉昇さん、ギターの柴崎浩さん、キーボードの大島康祐さんという構成でした。90年代半ば頃までに、『もっと強く抱きしめたなら』、『時の扉』、『恋せよ乙女』、『世界が終るまでは…』などが爆発的なヒットを飛ばします。その後、音楽性の違いにより、ボーカルの上杉さんが脱退することになりました。

 そして、現体制のWANDSは作曲陣、楽器のメンバーはそのまま、新たにボーカルにの上原大史(うえはらだいし)さんが迎えられることにより2019年に再始動しました。今後の活躍がますます期待されます。

___

 さて、『真っ赤なLip』についてです。この楽曲は、2020年にWANDSによりリリースされたシングル作品です。上原大史さんを迎えての第一弾のシングルになります。この楽曲は、人気テレビアニメ『名探偵コナン』のオープニングテーマ曲としてのタイアップが付きました。2020年初頭よりオンエアされており、アニメを見ている人にとってはお馴染みの楽曲だと思います。

 『真っ赤なLip』はジャズテイストのデジタルロックナンバーです。非常にオシャレで中毒性が強いです。
 この楽曲の歌メロは、ラストサビ前のBメロが特徴的です。3回目のBメロは、通常のBメロよりもキーが1つ下がります。実際に楽器を弾いてみないと気付かないかもしれません。非常に珍しいアレンジだと思います。恐らく、ラストのサビを盛り上げるための工夫なのだと私は分析しました。サビについては、全て同じキーです。




 さて、『真っ赤なLip』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3)~【地声最高音】hiC(C5) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Cについてです。こちらはラストサビ前のBメロで登場します。この楽曲は先に述べたように、ラストサビ前のBメロはキーが1つ下がります。通常のBメロはmid1C#が最低音になります。

 一方、地声最高音hiCはサビで1回ずつ登場します。その他、hiA#辺りもサビで複数回登場し、高めの音階が続きます。一般的な男性は少しキーを下げた方が歌いやすいのではないかと思います。原曲キーから3つ程度下げるのが目安になるのではないかと思います(この場合、最高音はhiAに設定されます)。

 『真っ赤なLip』は音域全体でみると、広めであり、サビのキーも高めです。キーの調整は可能なのですが、低音部分の余裕が非常に少ないです。その点で、歌い慣れた人向けの作品といえます。
 私はWANDSの作品は代表的なものしか知らないのですが、WANDS作品の中でも難しい部類に入るのではないかと考えております。

 『真っ赤なLip』はやや難易度が高い楽曲ですが、オシャレであり、またロックの良さもある作品です。歌いこなせると非常にカッコイイと思います。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー