J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

X_JAPAN

『X』(X JAPAN)の音域

 こんにちは。今回はX JAPAN[旧バンド名X]の『X』(1989)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。X JAPANについては以前に、『BLUE BLOOD』(過去記事)を取り上げて以来、久々の登場になります。


『X』(X JAPAN)
『X』(X JAPAN)










【地声最低音】mid2C(C3)  ※Bメロ

m2C#[お前は 全]m2C[て]C#[を]失った

※楽曲全体ではm2C#が頻出します


【地声最高音】hiE(E5)  ※曲全体で2回

hiD#[全て]hiC#[脱]hiB[ぎ]C#[捨]hiE[て]C#[ろ](2番・ラストサビ)


【補足】hiBhiD#辺りの注意点

m2G#[さめ]きった 街に 別れをつげ(Aメロ)

★ X かhiC#[んじ]hiB[て]みろ  さC#[けん]B[で]C#[みろ](サビ) 
hiC#[全]hiB[て]脱ぎ捨てろ
hiD#[心]hiC#[も]hiB[や]C#[せ]

hiB[Get Yourself] hiC#[out](Cメロ)
hiC#[Let’s go Crazy!]

※最初のBメロの後に入るフェイクはhiC#です。


 まず、『X』についてです。この楽曲は、1989年にロックバンドX JAPANによりリリースされたアルバム『BLUE BLOOD』に収録されております。タイトルにあるように、バンド名と同じタイトルの楽曲であり、アルバム曲ながらベストアルバムなどにも収録されている人気曲です。1985年にリリースされたインディーズシングルにもバージョン違いが収録されており、Xの初期から存在する楽曲です。

 『X』はアップテンポのスピードメタル曲です。歌メロについては、AメロBメロサビといった形で作られており、その点では馴染みやすい部分もあるかもしれません。

 同曲の音域的な特徴についてですが、図にも示すように非常にキーが高いです。AメロBメロは大体mi2C~mid2G#辺りで歌メロが作られ、サビではhiC#以上の音階が頻出します。音域自体は広くないので、キー調整はしやすいです。ただ、それを考慮してもしっかり歌い慣れておく必要があります(後述)。原曲キーの場合、音域が狭く高音域が密集する分、やはり持久力が求められます
 



 さて、『X』の音域についてですが、【地声最低音】mid2C(C3) ~【地声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid2Cについてです。男声曲としては、地声最低音が極めて高いです。男声曲の中には、まれにm2C辺りを最高音に置くこともあるので、Xの楽曲がいかに高いか分かります。そのため、楽曲全体を通して、持久力が要求されます

 一方、地声最高音hiEは2回目のサビとラストのサビで2回登場します。回数としては少なめですが、この楽曲はここ以外の場面でもhiD#,hiC#等の音が多く登場します。hiC#以上の音階を含んだフレーズは曲全体で20回程度登場するため、非常にしんどいです。
 一般的な男性の場合、キーを下げて歌唱した方が歌いやすいと思います。ただ同曲は、メタルロックということもあり、高音域は少し苦しい位の発声の方が、原曲のニュアンスに近づきやすいです。地声最高音がmid2Gの人が頑張ってhiAくらいを出すような発声の方が、良いのではないかと思います。

 『X』は音域自体はそこまで広くなく、キー調整はしやすいです。ただ、先にも述べましたが、同曲はメタル曲ということもあり、原曲のニュアンスに近づけるためには、高音域を叫ぶように歌唱する必要があります。そのため、キー調整するにしても、ある程度の高音域を破綻せずに歌いこなす必要になります。その点で歌い慣れた人向けの作品といえます。

 『X』はインディーズ自体の作品ということもあり、発声もメタル色が強く、手を付けづらい作品で上級者向けなのではないかと思います。

 X JAPANについては、今後『Rusty Nail』(m2A~hiC)など比較的手を付けやすく、メロディアスな作品を入門曲として取り上げてみても良いかもしれません(入門曲といっても相当難しいです)。



『Tears』(X JAPAN)の音域

 こんにちは。今回はX JAPANの『Tears』(1993)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は久々の自選曲です。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、BURGERCIS MUSICさんのドラムカバー動画を添付いたします。こちらであれば、ボーカルの表現がフル尺で確認できます。


『Tears』(X JAPAN)


【地声最低音】mid2A(A3)  

★旅立ちを夢m2A[見]た(Bメロ)
★流れる涙を 時代(とき)の風にm2A[か]さねて(1番サビ)


【地声最高音】hiC(C5)  ※2番以降のサビ

hiC[Dry] hiB[your] C[tears] B[with] C[love] 

※『Tears』では2番以降のサビが転調によりキーが3つ上がります。


【補足】mid2GhiB辺りの注意箇所

★何処に行けm2G#[ば]hiA[い]い 貴方と離れて
★今は過ぎm2G#[去]hiA[あ]hiB[あっ]A[た] 
★とA[きに問]G#[い][け]A[て]

★なhiA[が]m2G#[す]A[ぎ][た]夜に(Bメロ)
★いhiA[こ]m2G#[く]A[の空見]hiB[つ]G#[め]て 
★孤独を抱きm2G#[し]hiA[めた]hiB[ぁぁ]

★終わらない貴女の 吐息を感じてm2G#[ぇ]
hiA[Dry] m2G#[your] A[tears] G#[with] A[love] (1番サビ)

★Time through the rain has m2G[set] hiA[me] free(2番サビ[+3])
★Alive within your m2G[beat-]hiA[-less] hiB[heart]

『Tears』(X JAPAN)









 まず、『Tears』(ティアーズ)についてです。『Tears』は、1993年にロックバンドX JAPANによりリリースされたシングル作品です。『DAHLIA』(ダリア)を始め、ベストアルバムなどにも収録されています。元々は、紅白歌合戦のテーマソングとして書き下ろされたものですが、X JAPAN自身の楽曲としてリリースされました。X JAPAN最大のヒット曲になるそうです

 『Tears』は壮大なバラード作品です。シングルでは演奏時間が10分を超え、アウトロがアルバムバージョンでも演奏時間が7分を超えております。歌メロについてはAメロBメロサビといった形になっており、耳馴染みしやすいと思います。バラードということもあり、ToshIさんのハイトーンボーカルが非常に活きた作品です。

 音域的な特徴についてですが、図にも示すように女性のような声域で歌われております。女性の場合、原曲キーか少し上げた方が歌いやすいかもしれません。男性の場合は、低音部分に余裕がありますので、キーを下げた方が歌いやすいと思います(後述)。2番以降は英語詞が登場し、その点でハードルになるかもしれません。



 さて、『Tears』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCは2番以降の転調サビで登場し、hiBとのコンボになります。転調前はhiAが最高音です。原曲でははっきり地声で歌唱しておりますので、裏声などでは対処し辛いかもしれません。
 一般的な男子の場合は、キーを下げた方が歌いやすいのではないかと思います。ただ、キーを下げる時は、「少し高いぐらいのキー」で伸びやかに歌った方が原曲のニュアンスに近づけるのではないかと思います。普段歌い慣れていない人の場合は、その点が一つのハードルになるかもしれません。

 『Tears』は音域自体はそこまで広くなく、キーの調整などはしやすいです。その点については融通が利きやすいといえると思います。ただ、ToshIさんのボーカルが非常に特徴的でありますので、キーを下げたとしても原曲のように表現するのは難しいかもしれません。その点は留意しておいてください。 
 キーを下げる場合は、自分なりに上手く表現した方が良いと私は考えております。メロディー自体は美しく、練習曲としては使いやすいのではないかと思います。

 ちなみに、『Tears』は音域的には女性の方が歌いやすいかもしれません。原曲キーでもある程度歌えると思いますが、各々歌いやすいキーに調整してください。男性ほど大きな調整は必要無いと思います。

 『Tears』は2番は英語詞になっており、その点でハードルがあります。ただ、テンポはゆったりしておりますので、比較的手を付けやすいのではないかと私は考えております。同曲は壮大なバラードであり、歌いこなせると非常に映えると思います。古い楽曲ですので「歌ってみた」などで歌われている方も少ないですが、もっと注目されても良いのではないかと感じました。



『BLUE BLOOD』(X JAPAN)の音域

 こんにちは。今回はX JAPANの『BLUE BLOOD 』(1989)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。また、楽曲リリース時はX JAPANではなく、Xとして活動しておりました。



『BLUE BLOOD』(X JAPAN)


【地声最低音】mid2C#(C#4)  

★涙に溶けhiA#[る]m2G#[青]m2C#[血]を欲望にかA#[え]G#[て]

【地声最高音】hiD#(D#5)  ※楽曲ラストで登場

hiC#[あ]hiC[お][い]hiD#[涙]C#[は]
hiD#[悲劇]hiC#[に]D#[踊る][孤]C[独]C#[の]


【補足】mid2G#hiCの注意箇所

hiB[My]m2G#[ face is] covered with G#[blood]
hiB[追い詰]hiA#[めら]m2G#[れ][かいら]B[く]G#[に]
hiB[切りき]hiA#[ざん]G#[だ][ゆ]B[め]A#[は]

hiB[I'll slice my face covered with blue blood]
hiB[Give] hiC[me] B[some more] C[pain]

m2G#[こ]hiB[ど]hiA#[くに]G#[お][び]B[え]A#[る]
★生まれ変hiA#[わっ]m2G#[たす]m2C#[た]を装ってみA#[ても]hiC[ぉ]


※☆の部分はカッコ付きで歌詞表記されているシャウトの部分です。分析ミスがあるかもしれませんが、チャンレジしてみました。

『BLUE BLOOD』(X JAPAN)









 まず、X JAPANについて少し説明します。X JAPANは1982年に結成、1989年にメジャーデビューした5人組のバンドです。「ヴィジュアル系」の起源ともいえるロックバンドの一つであり、後世のバンドに大きな影響を与えました。ジャンルとしてはヘヴィメタル(スピードメタル、シンフォニックメタル、プログレッシブメタル)にあたります。代表的な楽曲としては『紅』、『Forever Love』などが非常によく知られているのではないかと思います。多様な側面があるバンドですが、フロントマンのYOSHIKIさんの紡ぎ出す美しいメロディー、テクニカルな演奏技術、Toshlさんの時に美しく、時に激しいハイトーンボーカルなどが印象的です。

 さて、『BLUE BLOOD』についてです。この楽曲は、1989年にX JAPANによりリリースされたアルバム『BLUE BLOOD』に収録されているナンバーです。シングル曲ではないですが、アルバムのタイトルと同じ表題曲です。

 『BLUE BLOOD』はヘヴィメタル色の強い荒々しいナンバーです。音域的な特徴としては、上図のように高音域で歌唱されている点です。音域自体は1オクターブと少ししかありませんが、非常に広がりを感じさせます。こうした点は演奏技術、アレンジ力などを含めた作曲技術の賜物であると思います。
 ボーカルの音域自体は狭めなので、キーの調整は行いやすいと言えます。ただ、キーを下げたからといって、原曲のニュアンスを表現できるわけではないです。キーを下げて歌唱するにしても、高い歌唱力が要求される作品であると考えてください。




 さて、『BLUE BLOOD』の音域についてですが、【地声最低音】mid2C#(C#4)~【地声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されています。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。


 まず、地声最高音hiD#楽曲の終盤で登場します。この辺りは楽曲の中でも特に高いキーです。
 一方で、終盤の場面を除くと、大体hiBあたりが最高音として多く登場します。このあたりのキーであれば、J-POPなどの楽曲でも多く登場するキーですので、声の高い人であれば届きうるキーであると言えます。
 ただ、原曲のニュアンスを再現するには、声の力強さ、荒々しさなどを伴った発声が求められますので、一般的なポップスのhiBとは違ったロックやメタル色の強い表現力が求められます。その点で、ハードルが高いです。

 『BLUE BLOOD』は先にも述べましたように、音域自体は広くありませんので、キーを下げて歌唱することには向いていると言えます。ただ、楽曲のニュアンスを考えると、キーを下げたとしても高い歌唱力や表現力が要求されます。よって、歌い慣れていない人向けの曲ではありません。難易度の高い曲です。その点は留意しておいてください。

 キーを下げて歌唱する場合、自分が出る高音キーギリギリくらいに調整したほうが原曲のニュアンスが表現しやすいのではないかと私は考えております。自分のキーギリギリを高いレベルでコントロールしなければならないので、楽曲の難易度が高いとも言えます。

 X JAPANは、この曲を含めカラオケなどで歌いこなせると非常にかっこいいです。難易度は非常に高いですが、興味を持たれた方はチャレンジしてみてもよいと思います。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー