J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

back_number

『エメラルド』(back number)の音域

 こんにちは。今回はback numberの『エメラルド』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『エメラルド』(back number)、Emerald(back number)
『エメラルド』(back number)









【地声最低音】mid1E(E3)  

m1E[そ]れでいて深いきE[ずを]残す(Aメロ)
★降り注ぐスパンコールの雨 m1E[よく]目を凝らせば(Bメロ)


【地声最高音】hiA(A4)  ※ラストサビ[転調+1]

★エメm2F[ラ]ルドのシャツのおhiA[く]m2G[で]F[き]らめく
m2G[夢見るぼ]m2F[く]G[の]hiA[せ]G[つ]F[な]さよ
m2F[と]m2G[ど]hiA[めを]F[指し]てよ A[oh] G[oh]

※通常のサビではmid2G#が最高音です。


【裏声最高音】hiB(B4) ※1番Aメロで2回

hiB裏[世界中]m2G#[の灯]ぁりG#裏[が](1番Aメロ)

※1番でしか登場しないフレーズです


【補足】mid2E(一部のみ)hiAの注意点

m2E[撫でるよ]りも丁寧E[に] (Aメロ)
※君のm2F#[6秒か]m2E[ん]のキス 

★僕の愛が吹m2F#[き]m2G#[こ]F#[ぼ]れた(Bメロ)
m2F#[泡だ]F#[ら]m2G#[え]hiA裏[る]G#[ね] G#[アー×2]

m2E[僕に聞こ]えないE[様に](Cメロ) 
★なm2F#[に]F#[つ]m2G#[ぶ]F#[や]いて

★生身m2E[の]m2F[き]E[み]の正体を(ラストサビ)

※のフレーズの後に登場するフェイクは最高音がm2G


 まず、『エメラルド』についてです。この楽曲は、2020年に3人組ロックバンドback numberによりリリースされたデジタルシングル作品です。現在のところ、フィジカルリリースの発表はありません。
 同曲は、東野圭吾さんの小説を原作としたテレビドラマ『危険なビーナス』のために書き下ろされた作品です。

 『エメラルド』はダンサブルなロックナンバーです。四つ打ちのリズムでノリが良いですが、マイナー調であり、どこか憂いや艶っぽさが演出されております。共同編曲として、back number以外に蔦谷好位置さんがアレンジを担当されております。ラストのサビでは転調が行われ、キーが1つ上がりますので、カラオケなどでは注意が必要です。




 さて、『エメラルド』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAはラストのサビで登場します。同曲はラストのサビでキーが#1上がりますので、通常のサビではmid2G#が最高音となります。
 この辺りは一般的な男性の音域よりも少し高めです。場合によっては、キーを少し下げることも選択しても良いと思います。

 『エメラルド』は、back numberとしては比較的狭めのレンジで歌メロが作られております。音域自体は男声としてはやや高めですので、原キーの場合は意外と持久力が要求されるナンバーとも言えます。上述している音域は、mid2Eの部分がかなり省かれております。楽曲全体を通して、mid2E~mid2G#(ラストサビではhiA)あたりが多く登場します。
 『エメラルド』は音域がそこまで広くない分、キーの調整はしやすいです。低音域が少し辛くなるかもしれませんが、歌い慣れていない人向けのキー調整も可能なのではないかと思います。ただ、練習曲としてビギナーに強く薦められる程には歌いやすいわけではないです。もしキー調整しても歌いにくい場合は、別の曲と並行して練習してください。

 『エメラルド』は歌い慣れた人であれば、手を付けやすい作品なのではないか(キー調整込みで)と思います。ノリも良いですので、カラオケなどでも歌いやすいです。興味を持たれた方はチャレンジしてみて下さい。



『春を歌にして』(back number)の音域

こんにちは。今回はback numberの『春を歌にして』(2009)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。リクエストによる選曲です。


『春を歌にして』(back number)、Haru wo Uta ni Shite
『春を歌にして』(back number)









【地声最低音】mid1A#(A#2)  ※2番Aメロ

★見せたいのはまだm1A#[あ]なただA#[ぁ]から

※mid1Cに置き換えてもよい

【地声最高音】hiA#(A#4)  ※サビやCメロ等

★(呼ばれたら何も)m2G[言]hiA#地[え]G-F[な][か]ら](サビ)
★せめm2F[て]m2G[泣]F[か]hiA#地[い]G[よう]F[に]しよう

☆会えm2G[ない]とゆうことG[よ]りなにG[よ]hiA#[り]G[も](Cメロ)
☆このm2G[は]るをhiA#[う]G[た]にしてぇぇG[ぇ](ラストサビ)

※☆では記載してませんが、mid2Fも多く登場します


【裏声最高音】hiA#(A#4) ※1番サビとCメロ

★はm2G[る]G[お]G[に]G[た]hiA#裏[よう]m2G[な]G[え]で(1番サビ)
★悲しいG[の]hiA#裏[は]G[君]が僕に会えなくG[ても](Cメロ)

※☆では記載してませんが、mid2Fも多く登場


【補足】mid2F(一部略)mid2Gの注意点

★さよなら 二人m2G[で言]m2F[い]合っF[て] (Bメロ)
★それm2F[で]一体m2G#[な]m2G[に]が終わっF[た]G[の?]
★このm2G[お]m2F[も]F[と]伝えたい言葉が

★もういm2F[ち]m2G[ど]F[ぼ]F[を] 僕の名前G[を](サビ)

★想いも言葉も温もりも m2G[な][み]F[も](2番Bメロ)
★(胸の深くに)刻みこまm2F[れ]m2G#[る]G[のは](2番サビ)
  
★平気ってゆう事m2G[ぉぉぉ]m2F[ぉ]ぉ(Cメロ)


 まず、『春を歌にして』についてです。この楽曲は、2009年に3人組ロックバンドback numberによりリリースされたミニアルバム『逃した魚』に収録されております。インディーズ時代の作品ですが、ベストアルバム『アンコール』にも収録されました。。MVも制作されており、アルバムのリード曲のような位置付けになります。

 さて、『春を歌にして』はミディアムテンポのバンドナンバーです。歌メロの構成、失恋と弱さがテーマになった歌詞など今のback numberのイメージに近い作品だと思います。インディーズ時代の作品ということもあり、back numberの人気曲と比べてバンド色が強いです。
 歌メロの音域については、全体的に広めであり、キー調整などは行い難いです。歌唱難易度が滅茶苦茶に高いわけではないですが、ある程度歌い慣れた人向けの作品だと思います。





 さて、最後に『春を歌にして』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A#(A#3)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見てきます。

 まず、地声最低音mid1A#については、2番のAメロで登場します。この辺りは、男性としても低めの音程になります。低音が苦手な場合は、mid1Cなどに置き換えても違和感は少ないです。

 一方、地声最高音hiA#はサビ等で登場します。登場回数は比較的多めです。また、上述しておりますが、mid2G,mid2F辺りも頻出します。この辺りは、一般的な男性の音域よりも高めですので、2つ程度キーを下げても良いです。

 『春を歌にして』は音域自体が広めであり、キー調整はしにくいです。歌い慣れた人が微調整する程度になるのではないかと思います。
 歌い慣れていない人は、別の曲と並行して練習しても良いと思います。当ブログがこれまで取りあげた作品では、『大不正解』(過去記事)辺りが比較的手を付けやすいです。




『あかるいよるに』(back number)の音域

(お詫び)
※今回の記事が「下書きの段階で公開設定」されておりました。アクセスされた方にはお詫び申し上げます。
____

 こんにちは。今回はback numberの『あかるいよるに』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『あかるいよるに』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても、添付動画はありません。ご了承ください。


『あかるいよるに』(back number)、Akarui Yoru ni


【地声最低音】mid1A(A2)  

m1A[く]もが避けてアスファルト照らして


【地声最高音】hiA(A4)  ※2番で1回で登場

m2F#[かか]m2G[っ]hiA[たひ]G[とに]F#[だ]


【裏声最高音】hiD(D5) ※サビと2番で登場

★誰にm2F#[で]も分けられたhiD裏[ら]hiB[いい]hiA[のに](サビ)
★呼びhiC#裏[か]hiD[た]hiB[が] 違うだけ(2番)



【補足】mid2FhiB辺りの注意箇所

★とm2F#[き][超]m2G[えて][ぇ]F# (Aメロ)
★とても見hiA裏[つ]からない物じゃなきゃ嫌だったり

★生まれた時からm2F#[ず]hiA[っ][と い]っしょにいるわF#[り]
★ずm2F#[い]m2G[ぶん]hiB裏[息の]hiA[合][わ]ない 心とF#[わ]たし

★とめどm2F#[なく]溢れた[な]hiB裏[ら]hiA[いい]F#[に](サビ)
m2F#[ああ]色味もかたF#[ちも]
★人とm2F#[違]ったっF#[て]hiB裏[い]hiA[いんだ]B[よ]
★寝転ぶm2F#[よ]うにそっとhiB裏[そ]hiA[だて]B{ら]F#[れ]たら

★恋も愛もあこm2F#[がれ]ぇも夢もしm2F[ん]ねんも
m2G[価]m2F#[値]G[生]F#{ま]れる魔法 の話

★アブm2F[ラ]カタブラ テクマクF[マ]m2G[ヤ] hiA裏[リン]リロン
★スリートゥーm2F[ワン] ラララhiA裏[ラ]
『あかるいよるに』(back number)









 まず、『あかるいよるに』についてです。この楽曲は、2019年に3人組バンドback numberによりリリースされたアルバム『MAGIC』に収録されているナンバーです。アルバム12曲中の4曲目に収録されております。back numberは小林武史さん、蔦谷好位置さん、島田昌典さんなどとともに共同でアレンジすることが多いのですが、今回の『あかるいよるに』についてはアルバム曲ということもあり、セルフプロデュースになります。

 『あかるいよるに』はミディアムテンポの爽やかなラブソングです。一人称が『私』でもあるように女性的な目線で解釈することもでき、性差を選ばないような普遍性のある楽曲です。セルフプロデュースなのですが、バンドサウンドを基調としながらもアレンジにはストリングスを用いており、この辺りは非常に柔軟性を感じました。私自身は歌メロディーなどを含め、全体としてシンガーソングライターのaikoさんの楽曲を彷彿とさせられました。この辺りが具体的に言語化できればよいのですが、私自身の今後の課題とさせていただきます。

 さて、『あかるいよるに』の音域的な特徴についてです。上図にあるように、裏声なども交え非常に音域が広いです(大体hiA以上の音階は裏声で歌唱しております)。原曲に忠実に歌唱すれば、歌い慣れた人向けの楽曲と言えます。ただ、上手く工夫すれば、比較的狭い音域で歌唱することも可能です(後述参照)。

___________


 さて、最後に『あかるいよるに』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A(A2)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。また、音域は広めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音はmid1Aになります。『あかるいよるに』は楽曲の構造としては1番のAメロ冒頭が1オクターブ低く始まります。具体的に申し上げると、1番は【Aメロ①(1オクターブ低い)⇒Aメロ②⇒Bメロ⇒サビ⇒サビ】という構造です。最初のAメロを1オクターブ上(Aメロ②と同じ高さ)で歌唱すると、最低音をmid1F辺りに設定できます。音域が広すぎて歌えないという方は、最初のAメロを1オクターブ上げても良いです。女性などは特に参考にしてみてください(※)

 一方、地声の最高音はhiAであり、これは2番で1回だけ登場します。その他はmid2G、mid2F#辺りが頻出します。この辺りは一般的な男性の音域の範囲内でありますので、比較的努力が報われやすいです。ただ声質的に難しい場合は少しキーを下げてもよいと思います。

 『あかるいよるに』は、原曲に忠実に歌唱すると音域は非常に広いです。よって、練習曲としてはあまり向きません。ただ先に述べましたように、一番最初のAメロを1オクターブ上を歌うなどの工夫をすれば、キーの調整は利きやすくなります。原曲のニュアンスは壊れやすいですが、参考にしてみてください。

 普段歌い慣れていない人も工夫次第(※の方法)とキー調整を行うことで歌いやすくなるのですが、手間が多いため、慣れていないと上手くいかないかもしれません。最初に別の曲で歌い慣れるというのも手だと思います。



『青い春』(back number)の音域と感想

 こんにちは。今回はback numberの『青い春』(2012)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『青い春』(back number)、Aoi Haru


【地声最低音】mid1D(D3)  ※歌詞の無い部分でmid1B

m1D[け]いさんは合ってるはず[な]のに[ぃ] m1B[oh] oh(Aメロ)
m1D[負]けじと明日へと向かう(Bメロ)


【地声最高音】hiC(C5)  ※転調後(+1)のサビ

★そhiA#[れでも それ]hiC[で]G[も](転調後サビ)



【補足】mid2FhiA#あたり

★型にはめ込まm2F#[れたっ]て(Bメロ)
★ m2F#[立ち上がっ]てはまm2G[た][あ]こがれて(Cメロ)
★さまm2G[よ]m2F#[っ]

★踊m2G[り]m2F[な]がら羽ばたく為のス[テー]ジで(転調後サビ)
★這hiA#[いつくばっ]m2G#[てい]m2G[て][も][~]
★そm2F[の]m2G[な]m2G#[か]G[で][~]F [ね]hiA#[がっ][て][る][の]F[さ]
★光m2G[につ]m2F{つま]れるその日々を

『青い春』(back number)









 まず、『青い春』についてです。この楽曲は、2012年に3人組バンドback numberによりリリースされたシングル作品です。フジテレビ系のドラマ『高校入試』のために書き下ろされ、主題歌に起用されました。同年にリリースされたアルバム『blues』およびベストアルバムに収録されています。
 この『青い春』はback numberのYouTube公式チャンネルでMVが公開されており、2019年9月現在、3200万回もの再生回数を記録しています。back numberのMVでは数少ないフル公開の作品です。個人としては、「back numberの楽曲の中で好きなものはどれか」と問われれば、この『青い春』が最初に思い浮かぶ曲の一つです。

 次に『青い春』のサウンドについてです。back numberは他のプロデューサーと共同で編曲を行うことが多いのですが、この『青い春』はバンドのセルフプロデュースであります。 バンドのセルフプロデュースということもあり、ギター、ベース、ドラムといった音色が主体となっております。ミディアムテンポの楽曲で、歌メロディーはやや憂いを帯びております。アコースティックギターも使われており、Mr.Childrenなどを彷彿とさせます。

 歌メロディーについては、AメロBメロサビCメロという馴染みやすい形ですが、Bメロがやや短めでテンポよくサビに向かいます。また、ラストのサビで転調が行われます。キーが通常のサビに比べて1つ上がり、楽曲を盛り上げます。演奏時間が4分弱で、非常にまとまっています。個人的にはドラマの主題歌は5分近く、もしくはそれ以上になることが多いイメージですが、その点で『青い春』はやや特徴的であると思いました。

 『青い春』の歌詞についてです。書き下ろされたドラマが高校入試をテーマとしたミステリードラマというこということで、そうした内容に沿っているものなのだと思います。ただ、私としてはドラマの主題歌というものを超えて、今の若者などが抱えた苦悩のようなものが描かれているのではないかと思います。私自身も楽曲を聴いたときに非常に共感する部分が多くありました。
 個人的に好きだと思ったフレーズは「まぁいいやが増えたのは 大人になったからじゃなく きっと空気の中に変なものを 俺らが考え過ぎんのを よしとしない誰かさん達が 混ぜて垂れ流しているんだろう」という2番のAメロBメロの部分です。私自身は「陰謀的」、「裏から誰かが糸を引いている」といった考え方はあまりしません。ただ、個人的には「まあいいや」ではなく、「何で」と考えたりするのが好きなのです。私自身は、この部分については「『まあいいか』で本当にいいの?」という清水依与吏さんのメッセージなのではないかと考えています。



 さて、最後に『青い春』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】hiC(C5) でメロディーが構成されております。ちなみに、歌詞の無い部分で、mid1Bが登場します。一般的な男性の音域よりも高いです。

 まず、『青い春』はラストのサビで転調が行われ、キーが1つ上がります。転調前のサビではhiB、転調後はhiCが地声最高音になります。各サビで1回ずつですのでhiBが2回、hiCが1回登場することになります。歌メロディーのテンポがやや速めですので、仮にこの場面(hiB,hiC)を落としたとしても、そこまで目立たないと思います。当然その場合、他の場面は安定的に歌える必要があります。
 目安として、hiA,hiA#辺りのキーを安定的に出せることが一つの目標になるのではないかと思います。具体的にはサビの「這hiA#[いつくばっ]m2G#[てい]m2G[て][も][~]」のhiA(hiA#)が続く部分です。ここは確実に発声したいです。

 一般的な男性の場合、原曲キーから2~3程度下げると歌いやすくなると思います。先に挙げたhiA#の部分がmid2G(#)に設定されます。やや高いですが、キーを下げる場合、この辺りを目安にしたら良いのではないかと私は考えています。
 ちなみに、普段歌い慣れていない人は、このキーでも滑らかに歌いこなせない可能性があります。その点は留意しておいてください。

 この『青い春』は低音部分はやや余裕がありますが、高音部分がかなり高いですので、キー調整をして練習するのには向かないのではないかと思います。サビのやや早口な言い回しなども難易度を上げています。別の曲である程度歌い慣れた上でチャレンジした方が良いと思います。



『僕の名前を』(back number)の音域と感想

(2020/08/01)MVがフル公開されましたので、添付いたします。

 こんにちは。今回はback numberの『僕の名前を』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

『僕の名前を』(back number)、Boku no Namae wo


【地声最低音】mid1A#(A#2)  

m1A#[ぼ]くの痛いところを


【地声最高音】mid2G#(G#4)  

★良m2G#[かっ]m2F#[た]m2F[ら]残りF[の]F#[ぜ]F[ん]ぶ(サビ)
★つm2G#[ながってしまう]m2F#[の]m2F[が]怖くて(Cメロ)


【裏声最高音】hiA(A4) 

★大切m2F[に]m2F#[す]hiA裏[るっ]F[て]F[も](サビ)



【補足】mid2Fmid2G#辺りの箇所

★ 君m2F[は]きっと未来から来たんだろう(Aメロ)
★いらm2F[ない]m2F#[もい]F[で]だらけの(Bメロ)
★僕m2F[の]m2F#[あ]F[た]まを
★君はわm2F[ら]m2F#[っ]F[て]抱きしめm2F#[て]m2F[く]れた

m2F#[い]m2F[ま] 君F[の]手をにF[ぎ]F#[っ]F[て](サビ)
★出来るm2F[だ]m2F#[け]F[目]を見F[て]
★まとめて君に全部あm2F[げ]m2F#[る]F[か]
★だかm2F[ら]m2F#[もう ぼ]m2F[く]は君2F[の]ものだ

★形があるといつかm2F[こ]われてしF[ま]F[な]ら(Cメロ)
★初めからつm2F[く]m2F#[ら]m2G#裏[な]2F[け]ればその方がF[いい]
m2F[なのに君]m2F#[は]2F[何]度も
★何度も僕m2F[のな]m2F#[ま]F[えを] F[oh~]


『僕の名前を』(back number)









 まず、『僕の名前を』についてです。この楽曲は2016年に3人組バンドのback numberによりリリースされたシングル作品です。八田鮎子さんの同名漫画を原作とした映画『オオカミ少女と黒王子』のために書き下ろされた楽曲で、主題歌になっております。back numberはここ4年ほどは映画のタイアップなど書き下ろし作品が好評で、数も増えていっている印象です。そうした中で、この『僕の名前を』も熱烈なオファーがあったのではないかと思います。

 『僕の名前を』のサウンドについてです。まず、編曲はback numberと蔦谷好位置さんによる共同クレジットになっています。少女漫画を原作とした映画の主題歌ということもあり、ストリングスを交えた緩やかなバンドナンバーになっています。ストリングスを交えたアレンジと聞くと、バンドサウンドとの比重が気になりますが、この『僕の名前を』ではバンドの音色も非常に映えるアレンジであると思います。イントロのストリングスの音色などが印象的ですが、個人的にはこの場面で刻まれるドラムも非常に耳に残ります。

 歌メロディーについてです。1番ではAメロBメロサビという馴染み深い展開であると思います。一方で、2番はAメロの後に、Cメロが挟まれ、最後のサビに突入していきます。こうしたメロディー展開は最近の作品である『HAPPY BIRTHDAY』でも見られます(ちなみにこちらは小林武史さんがプロデュースに関与しています)。こうしたメロディー構成は、サビが1回少ない分、楽曲全体がタイトになり、密度が高くなります。その中で、Cメロは2番のサビのような役割と、最後のサビへのくさびのような役割を果たしていると私は感じました。楽曲全体で非常に重要な役割を担っています。

 歌詞についてです。私は原作の漫画も映画も見ていないので、そちらからの論評は出来ないのですが、個人的に「君と出会って知ったんだよ だからもう(中略)僕の全ては君のものだ」というサビメロのフレーズが耳に残りました。好きになった異性に対して、自分をそこまで捧げることが出来るという
フレーズにまず驚きました。良い意味で、非常に突き刺さるフレーズだと感じました。多くの人に届きうる強いフレーズだと思います。

 

 さて、最後に『僕の名前を』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A#(A#2) ~【地声最高音】mid2G#(G#4) 、【裏声最高音】hiA(A4)でメロディーが構成されております。大よそ一般的な男性の音域の範囲内だと言えます。

 まず、地声最高音mid2G#についてですが、サビやCメロで登場します。このmid2G#辺りが一般的な男性の音域のボーダーラインになります。よって、ある程度歌い慣れた一般男性の場合、『僕の名前を』は歌いこなせるか否かのギリギリのラインになる人が多いかもしれません。

 『僕の名前を』は、日本の男性ボーカルのポップスで多く登場するmid2F,mid2Gといった音階がスムーズに歌いこなすことが非常に重要になる楽曲です。それらをチェックするのに役に立ちそうな作品と言えると思います。上述しておりますが、楽曲内では、特にmid2F,mid2F#といった音階が頻出します。

 この『僕の名前を』は曲全体を見ると、音域が少し広めです。最低音部分はmid1A#ですので、一見するとあまり余裕がないように感じます。ただ、こうした場面はAメロで1回ずつですので、キーを下げて練習するといったことも可能だと思います。もしキーを下げて練習する場合は、地声最低音などはこだわらなくてよいと思います。

 『僕の名前を』はややゆったりしたテンポでカラオケなどで盛り上がる類の楽曲ではないと思いますが、歌いこなせるとかっこいい作品なのではないかと思います。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー