J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『夢追いベンガル』(あいみょん)の音域と感想

 こんにちは。今回はあいみょんさんの『夢追いベンガル』(2019)を取り上げたいと思います。この楽曲は、2019年の2月に発売されたアルバム『瞬間的シックスセンス』に収録されています。よろしくお願いします。
 
 あいみょんさんは過去に
『マリーゴールド』『今夜はこのまま』『愛を伝えたいだとか』『君はロックを聴かない』『満月の夜なら』『ふたりの世界』『○○ちゃん』、『ナウなヤングにバカウケするのは当たり前だのクラッ歌』『恋をしたから』『プレゼント』を取り上げています。興味を持たれた方はどうぞ。

『夢追いベンガル』(あいみょん)Yumeoi Bengal(Aimyon)




【地声最低音】mid1G(G3)

★裏(ら)切ったはずのあいつが笑ってて 裏(ら)切られた自分がこんなに不幸だ
★あ んて 無様で皮肉なんだ
りったけの水をちょうだい


【地声最高音】hiC(C5)

★エ今(らない hiB#(B#5)
★平成うまれのカリスマが 溢れる世の中についてあい 



【フェイク】hiD#(D#5) 

★デジタルも流行りもいらないよ エロも今はいらない イェイ イェイ


『夢追いベンガル』(あいみょん)
















 さて、この『夢追いベンガル』ですが、あいみょんさんも言及されているとおり、andymoriの影響を受けております。楽曲ももちろんですが、『夢追いベンガル』というタイトルは、andymoriの代表曲の一つである『ベンガルトラとウイスキー』という楽曲から拝借したものであると考えられます。


 
 他のミュージシャンから影響を受けることは「パクリ」だとか「オリジナリティが無い」だとか言われることがあります。しかし、芸術というものは基本的に、先人の模倣から始まります。映画が大ヒットした伝説のロックバンドQueenも初期の頃は「レッド・ツェッペリンのパクリだ」と言われました。逆に「私は誰の影響もうけない」と拒んで自分らしさを追求しても、自然と過去の影響を受けてしまうことがほとんどなのです。
 ミュージシャンの坂本龍一さんも作曲の95%は、過去の遺産を糧にしています。作曲家自身の“発明”は、せいぜい1、2%程度で、最大でも5%といったところ。作曲の大部分は過去の作品の引用ですhttp://openers.jp/article/4368」と仰っています。ミュージシャンはそうした過去からの積み重ねを経て、少しずつ自分のオリジナリティを付加していきます。

 当然、あいみょんさんもandymoriも過去の多くのミュージシャンから多くの影響を受けています。『夢追いベンガル』では「ベンガルを味方にいざ行こう」というフレーズがあります。このベンガルとは様々な意味が含まれていると思います。①「ベンガル猫」の軽やかさもそうですし、②「ベンガルトラ」のような勇ましさもそうでしょう。そして、③「あいみょん自身が影響を受けた音楽」という意味もあるのではないでしょうか。「好きだった音楽を味方に付けて、自分も夢を叶えたい」という想いが伝わってきます。

 
 『夢追いベンガル』についてですが、「人生に上手く行かない、貯金もすぐに残高が減ってしまう。周りにも馬鹿にされるけど、それでも自分は夢を追っていく」という決意表明があいみょんらしさを交えて表現されていると思います。個人的に面白いと思った歌詞は

「平成うまれのカリスマが 溢れる世の中についてけない」
 
というフレーズです。

 あいみょんさん自身は音楽的ルーツもそうですが、映画やその他の芸術の面でもどちらかというと90年代以前に活躍した芸術家の影響を受けています(ちなみに、andymoriのメンバーは昭和生まれで、バンドが活躍したのは2000年代末以降です)。ただ、この歌詞はそれだけではないと思います。
 近年のITの高度な発達により、情報交流も盛んになり、表現活動も容易になりました。結果、若くして多く支持を集めるカリスマが生まれやすくなりました。そして、そうした情報が、興味がある無しに関わらず、次から次へとスマホ画面に流れてきます。あいみょんさん位の年齢だと、まさにそういうデジタル社会による変化が直撃した世代だと思います。そうした「情報過多」「デジタル疲れ」といった側面も表現していると思います。
 ちなみに昔は自分の興味のある情報を集めること自体が大変な時代でした。一方で、自分が全く興味のない情報に触れることもあまりなかったと言えるかもしれません。ただ、個人的にはやはり、様々な情報に溢れた今の時代はいい時代であるように思えます。
 
 
 さて、『夢追いベンガル』の音域についてですが、地声最低音mid1G(G3)~地声最高音hiC(C5)~フェイクhiD#(D#5)となっています。高音が辛い方はフェイクの「イェイイェイ」は無理に出さなくてもいいと思います。
 それを考慮すればよりも半音キーが低いです。難所は「エロも今はいらない」のところですが、あいみょんさんの楽曲では歌いやすい部類だと思います(音域的に)。

 ただ、この楽曲は「節回しが速く、リズムも取りにくい」と思いますので、歌詞とリズムをある程度を覚えておく必要があります。

 この楽曲は詞の内容やリズム感などを考えると、男性でも合いやすい楽曲だと思います。キーを3つか4つ下げて(♭3~♭4)と良いです。

『GOOD NIGHT BABY』(あいみょん)の音域と感想

(2019/02/20)記事の追記を行いました)※1)
(2019/03/20)音域の解説記事の追記を行いました
 
 
※1)あいみょんさんの音域について、当ブログでは、これまでに『マリーゴールド』『今夜このまま』『愛を伝えたいだとか』『君はロックを聴かない』『満月の夜なら』『夢追いベンガル』『ふたりの世界』『○○ちゃん』、『ナウなヤングにバカウケするのは当たり前だのクラッ歌』『恋をしたから』『プレゼント』を取り上げています。興味を持たれた方は参考にどうぞ。

『GOOD NIGHT BABY』(あいみょん)、GOOD NIGHT BABY(Aimyon)



【地声最低音】mid1F(F3)

★耳にタコな話して ふたりきりどうだ


【地声最高音】hiC#(C#5)

★ほらもう君に会いたくて 恋しこのまま hiC(C5)
★これからもずっとずっと 大切()さ Ah Ah



【フェイク】 hiD#(D#5) 曲全体で最後のサビの1か所のみ

★これからもずっとずっと 大切()さ Ah  Ah


『GOOD NIGHT BABY』(あいみょん)












 こんにちは。今回はあいみょんさんの『GOOD NIGHT BABY』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。あいみょんさんは過去に『マリーゴールド』『今夜はこのまま』『愛を伝えたいだとか』『君はロックを聴かない』『満月の夜なら』を取り上げています。


 まず、『GOOD NIGHT BABY』についてですが、Reebok CLASSICのコラボレーションでMVが2018年10月に公開されていました。2019年の2月に発売されたアルバム『瞬間的シックスセンス』に収録されています。同アルバムには、同じく『夜』をテーマにした楽曲で『今夜はこのまま』、『満月の夜なら』が収録されています。



 



 さて、『GOOD NIGHT BABY』ですが、歌詞の内容としては「恋人に触れ合いたい気持ちを抱えながらも、結果として後ろ姿を見送るという場面が歌われています。

「キスは我慢しておこう」
「手を引き寄せても いいかななんて考える」

と考えなら、結局、主人公は相手の女性を「後ろ姿の君を 見るだけでもいいのさ」見送ってしまします。
 同じ男性目線の物語である、あいみょんのシングル曲『愛を伝えたいだとか』では男性の「煮え切らない情けない場面」が描かれていました。一方で、『GOOD NIGHT BABY』では、一線を越えられずに見送る主人公に情けなさや女々しさはあまり感じられないように思われます。恋愛の場面で言うなら、付き合い始めて間もない時期で、相手との距離を上手く計っている段階ではないでしょうか。

 さて、楽曲として感じたことは、ボーカルの発声や言葉遣いにandymoriの小山田壮平さんの影響を感じることです。高音域での少年性を帯びた声色、低音部の「GOODなNIGHTにしなよBABY」といったあたりです。
 同じアルバムの曲で『夢追いベンガル』という楽曲があり、andymoriの影響をあいみょんさん自身も公言しています。サウンド面については必ずしもそうではありませんが、この『GOOD NIGHT BABY』においてもandymoriっぽさが色濃く出ているように思えます。高音域で、優しさが強く押し出されたボーカルが展開されるというのはこれまでのあいみょんさんではあまり見られなかったように思えます。そうした意味ではあいみょんさんの新しい一面を見ることが出来る楽曲でもあると思います。



 さて、『GOOD NIGHT BABY』の音域についてですが、地声最低音mid1F(F3)~地声最高音hiC#(C#5)、フェイクhiD#(D#5)でメロディーが作られています。
 
 ややキーが高いですが、優しい歌声ですので歌い慣れている人であれば、ある程度選択肢に入りやすい楽曲だと思います。ただ、声の高くない人はキーを下げた方がいいかもしれません。2程度下げる(♭2)と歌いやすくなると思います。
 
 ボーカルもかなり優しい声色で歌われていますので、女性が手を出しやすい楽曲であると思います。一方で、個人的にはこの楽曲は男性にはあまり合わないと感じます。男性でも声が高く、少年性を帯びたような声質の人ならば、非常に合うのではないでしょうか。

 




『そっけない』RADWIMPSの音域と感想

(2019/03/27)地声最低音にミスがありましたので、画像・解説文も含め訂正しました。


『そっけない』RADWIMPS、Sokkenai(RADWIMPS) 
2018年12月12日発売【アルバム『ANTI ANTI GENERATION』収録】

 ※RADWIMPSは当ブログでは、これまでに、『そっけない』『サイハテアイニ』『透明人間18号』を取り上げました。また、RADWIMPSカバーや提供曲として、『蝶々結び』(Aimer)『なんでもないや』(上白石萌音ver.)を取り上げております。興味を持たれた方はそちらもどうぞ。


【地声最低音】mid1E(E3)   

難しく絡み合う世界で 胸を張って[]えること

【地声最高音】
mid2G(G4) 

ありえそうで ありえなそう
興(きょ)味なんかないよ 君のたっ一人に なる以外にはーー hiA#
そんなに暇じゃないんだ
★暇はいくでもあるから



【裏声最高音】
hiA#(A#4)  Bメロ部分です

★君のたっ一人に なる以外にはーー


【フェイク】
hiB(B4)  1番のBメロ最後 曲全体で1回

君のたっ一人に なる以外にはーー tu tu lu

『そっけない』RADWIMPS










 こんにちは。今回はRADWIMPSの『そっけない』という楽曲を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。これまで
当ブログではボーカルの野田洋次郎さんがプロデュースしたやRADWIMPSが原曲であるを取り上げてきました。しかし、RADWIMPSそのものの楽曲を扱うのは今回が初めてになります。

 まず、『そっけない』は2018年12月12日に発売されたRADWIMPSメジャー7枚目のアルバム『ANTI ANTI GENERATION』の収録曲であります。『そっけない』はそれに先立ち、2018年11月にyoutubeの公式チャンネルで公開され、2019年2月現在で680万回もの再生回数を記録しています。他のアルバム収録曲と比較すると、非常に人気の高い作品であることが分かります。






 まず、『そっけない』のサウンドについてです。1番ではピアノを中心としたサウンドが展開されており、
2番に入ると徐々にバンドの音が加わってきます。全体として、ボーカル野田洋次郎さんの声が非常に活きる作品であります。個人的には間奏に入る愁いを帯びたブルージーなギターソロも耳に残ります。そして、最後のサビの直前に入るドラミングもフィナーレへの高揚感を誘います。
 
 『そっけない』の歌詞についてですが、まさにタイトルが示すように
「そっけない態度をとる女性」に対する情熱的なアプローチという内容になっていると思います。個人的に好きな歌詞は2つあります。
 1つ目は

絡まったままのこのイヤホン 一瞬でほどくような魔法
それが君だとか言ったなら 鼻でまた笑われてしまうかな
 
というところです。相手への等身大の気持ちが表れていて、あまり大げささでない比喩のが良いと思います。頭の中にあるモヤモヤが「君」の姿や仕草で吹き飛んでしまうような快感さが伝わってきます。

 2つ目は

もっと近くで もっと側で この視界からはみ出るくらいに
君だけで僕を満たしたいの

という点です。これは、非常に野田さんらしい積極的かつ情熱的な歌詞だと思います。映像が頭にすぐ思い浮かびます。



 さて、『そっけない』の音域について述べます。この楽曲は地声最低音mid1E(E3) 地声最高音~mid2G(G4)、 裏声最高音hiA#(A#4) 、フェイクhiB(B4) でメロディーが作られています。

 hiA#は裏声なので、地声は一般的な男性の音域の範囲内です。歌い慣れていない場合は、高音部mid2G辺りの発生がぎこちなくなってしまいます。ただmid2G辺りだと努力すれば、届く範囲ですので、少しずつ慣れていくと良いと思います。

 『そっけない』は全体として音域が広くないため、カラオケ等ではキーの調整もしやすいと思います。原曲キーが高いと感じる男性は少しキーを下げてもいいと思います。原曲より1~2低い(♭1~2)辺りが目安だと思います。

 RADWIMPSの楽曲の中で、

①テンポが速すぎないポップな楽曲
②ゆったりとしたメロディアスな曲

はキーも高すぎずに、男性が非常に歌いやすいイメージがあります。当然、歌いこなすには努力が必要ですが、努力が実を結ぶものが多い印象です。RADWIMPSの①、②に当てはまるような作品は、歌の基礎力を高めるのに非常に良いのではないかと思います。



 
この楽曲は女性が歌っても良いと思います。女性が『そっけない』を歌う場合、原曲よりも2~3程度上げると歌いやすいと思います。非常に美しい楽曲であるので、全体として声の柔らかさを意識しながら、Bメロの強調部分では声を少し強くするイメージで歌うと良いと思います。