J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『怪物』(YOASOBI)の音域

こんにちは。今回はYOASOBIの『怪物』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。
 YOASOBIは少し前に別の曲を取り上げて、あまりインターバルが空いていません。ただ、私自身タイアップとなった『BEASTARS』(ビースターズ)が好きで、今回どうしても取り上げたいと思いました。その点についてはご了承ください。


『怪物』(YOASOBI)、Kaibutsu(YOASOBI)
『怪物』(YOASOBI)









【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★このせかm1F#[い]F#[な]にがF#[出]F#[る]のか【Bメロ】
★涙こぼれ落ちm1F#[ないよう]

★清くm1F#[た][し][生][る]こと【2番Bメロ】


【地声最高音】hiD#(D#5)  

★おhiC#-hiD#地[し[え][く]hiB[れ]【Cメロ】

※曲全体で1か所だけ。ラストサビではhiDが頻出

【裏声最高音】hiF(F5) 

★せかhiD地[い]hiC#[の]hiE裏[か] hiF裏[き]E[み]C[に]【ラストサビ[転調+1]】
hiD地[もう]hiC[れ]D[も な][か]hiF裏[い]hiE[よう]
hiC[つ]hiF裏[よ]hiE[く]×2  [な]F[り]E[たいん]C[だ]hiD[よ] 

※ラストサビ[+1]で登場。通常のサビではhiEが最高音


【補足】hiA#hiDを含むフレーズ一覧

★本当hiA#[の]A#[く][な][も][な][だ]【Cメロ】

★よhiA[わい][分]hiC[何]hiD地[度][で]C[も]ずっA[と]【ラストサビ[転調+1]】
★このまちhiD地[が]hiC[い]だらけの
★(世界の中で君には)わhiD[らっ]hiC[て]D[ほ]しいから
hiD[ぼ]hiC[く]が僕でいD[ら]C[れ]るように
hiD[ぼ]hiC[く]の中のぼくC[を]C[え]D[る]


 まず、『怪物』についてです。この楽曲は、2021年に2人組音楽ユニットYOASOBIによりリリースされたシングル作品です。現在、配信のみのリリースであり、CDリリースの予定はありません。
 同曲は、板垣巴留さんによる同名漫画を原作としたテレビアニメ『BEASTARS』(ビースターズ)のオープニングテーマ曲に起用されました。私自身、同漫画が非常に好きであったため、『怪物』を自選曲として取り上げました。

 『怪物』はアップテンポのデジタルポップです。アニメのオープニング曲ということもあってかやや影のあるアレンジになっております。YOASOBIの作品としてもこれまであまり見られなかったタイプだと思います。
 同曲は、『夜に駆ける』(過去記事)のように、場面ごとにサビのキー転調しております。具体的には

1番サビ[±0] ⇒ ラストサビ1回目[-3(♭3)] ⇒ラストサビ2回目以降[+1(#1)]

といった形になっております。特にラストサビ【今日も 答えのない世界の中で】に入った瞬間は慣れていないと音程が取りにくいかもしれません。



 最後に『怪物』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiD#(D#5)、【裏声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiD#についてですが、Cメロで1回だけ登場します。この場面以外では、ラストのサビでhiDが頻出します。目安としてですが、このhiD辺りがしっかり歌いこなせることが1つの基準となると思います。この辺りは女性としては高めですので、キーを少し下げても良いと思います。

 『怪物』は音域自体が広めであり、キーを調整する余地が少ないです。よって、ある程度歌い慣れた人が微調整するといった形になるのではないかと思います。歌い慣れていない人向けのキー調整は難しいと考えて下さい。

 『怪物』はAメロBメロ自体はあまり高くなく、mid2G#までしか登場しません。「低音のAメロBメロ」と、「高音のサビ」でメリハリが付いております。その辺を意識すると、体力の調整なども行いやすいかもしれません。



『ツキミソウ』(Novelbright)の音域

こんにちは。今回はNovelbrightの『ツキミソウ』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『ツキミソウ』(Novelbright)、Tsukimisou(Novelbright)
『ツキミソウ』(Novelbright)









【地声最低音】mid1C#(C#3)  

m1C#[出]会いと別れC#[繰]り返す度【Aメロ】


【地声最高音】hiB(B4)  

★いつしかすれm2G#[ち][う]hiB裏[日]hiA#地[々]B[の][な]G#[か]【Bメロ】
hiA#[気]hiB[づ]A#[か]G#[ない][り]A#[ぃ]

★こんhiA#[な]hiB[に][も]あなたA#[の]B[こ][と]【サビ】 
★いまさm2G#[ら][直]hiB[に]hiA#[は]B[な][れ]G#[な]

★(また新しい日々へと)あm2G#[る]hiA#[き]hiB[出す][ぅ]【2番サビ】
★解き放つm2G#[た]hiA#[め]hiB[に]A#[さ][けんだ]【Cメロ】


【裏声最高音】hiD#(D#5) 

★あhiC#裏[か]hiD#[ね]hiA#[い]G#[ろ]【サビ】
★かhiD#[な]hiC#[し]hiA#[み][から]【Cメロ】


【補足】mid2G#(一部略)hiC#を含むフレーズ

★本音m2G#[隠]ぅしながG#{ら]【Bメロ】

★こm2G#[の][ち][が]G#[て]hiA#[は]【サビ】
★分hiC#裏[かっ]てるんだよいhiA#[まも]m2G#[ぉ] 
★こm2G#[こ]hiA#[ろ]は泣いてG#[るよ]

★(時計の針は) とm2F#[つ]m2G#[ぜ]hiA#[ん]止F#[まる]【2番Bメロ】

★結んだ髪をほどm2G#[いて]hiA#[ぇ]【Cメロ】
★優しくなれる心m2G#[が]hiA#[欲]{し]G#[よ]


 まず、『ツキミソウ』についてです。この楽曲は、2020年末にロックバンドNovelbrightによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングル作品となります。タイアップなどは現在のところ確認できません。また、新曲ということもあり、現在アルバムには未収録です。個人的にはドラマなどの主題歌に合いそうなナンバーだと感じました。

 『ツキミソウ』はピアノやストリングスが用いられたバラードナンバーです。Novelbrightはボーカルの竹中雄大さんの歌唱力が話題となり、知名度が急上昇したバンドですが、同曲はその竹中さんの歌唱力・ハイトーンが遺憾なく発揮されている作品となっております。高音域が得意な男性は、その特徴を発揮しやすい楽曲なのではないかと思います。

 『ツキミソウ』の音域的な特徴についてですが、地声最高音hiBが頻出します。でたらめに高いというわけではないですが、ロングトーンが多いです。バラードですので、丁寧な歌唱を心がけたいところです。キー調整をするにしても、歌い手のボーカル力が試されます。




 さて、『ツキミソウ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBについてですが、サビやCメロなどで頻出します。登場回数が多いですので、hiB作品の中でも難易度は高めなのではないかと思います。一般的な男性の場合は、キーを下げた方が歌いやすいです。目安として、原曲キーから3~4つ程度下げてみてください。

 『ツキミソウ』は低音域に少し余裕があり、ある程度であればキーの調整は可能です。ただ、音域自体が広いため、歌い慣れていない人向けの調整は難しいのではないかと思います。Bメロやサビでは特にボーカルが目立ちますので、キー調整するにしても、しっかり歌い慣れておく必要があります。

 先にも述べましたが、『ツキミソウ』は高音域が得意な男性の場合、その声や歌唱力が活かされやすい楽曲だと私は分析しました。難易度は低くないですが、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。



『流星』(コブクロ)の音域

 こんにちは。今回はコブクロの『流星』(2010)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『流星』(コブクロ)、Ryuusei(Kobukuro)
『流星』(コブクロ)









【地声最低音】lowF#(F#2)  

lowF#[真]冬の海辺に映った 白m1B[く]m1A#[と]B[う]めいな月が【Aメロ】
★不思議なlowG#[よ]るでした

※mid1A#辺りまで出れば違和感は少ない


【地声最高音】mid2G#(G#4)  

m2G#地[ぼ]m2E[た]ちは m2F#[お]なじE[せ]いざだと【1番・ラストサビ】

※曲全体で2回


【裏声最高音】mid2G#(G#4)

★君のそm2E[ば]まで 消E[え]m2F#地[ま]m2G#裏[に]【1番・ラストサビ】 

※曲全体で2回


【補足】mid2Emid2F#を含むフレーズ

★何度引き裂かれても 遠m2E[ざ]かっても【Bメロ】
★二人を包む 瞼の奥のm2F#[宇]

★星屑m2E[の]中 鏤めE[ら]れた【サビ】
★僕の中で 燃やし尽くm2F#[せ]F#[だ]から 【2番サビ】
★もう預けてm2E[ほ]m2F#[い] 

m2F#[な]m2E[がれ]E[ゆ]F#[よ]【ラストサビ】


 まず、『流星』についてです。この楽曲は、2010年に2人組男性デュオ・コブクロによりリリースされたシングル作品です。シングルコレクション『ALL SINGLES BEST 2』に初収録されました。オリジナルアルバムとしては、『One Song From Two Hearts』に収録されました。
 同曲は、テレビドラマ『流れ星』の主題歌としてタイアップが付きました。CDシングルとしては20万枚を超える好セールスを記録し、配信でもミリオンヒットを記録しております。コブクロの代表的なシングル作品の1つです。

 『流星』はピアノやストリングスが活きたバラード作品です。編曲にはコブクロの他に笹路正徳さんが携わっております。笹路さんはコブクロの初期の作品などで編曲を担当しております。最近では『獣ゆく細道[椎名林檎と宮本浩次]』(過去記事)のアレンジを担当して、話題になりました。

 『流星』の音域的な特徴についてですが、Aメロでは低音域が強調され、サビでは中高音が多く登場します。AメロBメロサビとホップステップジャンプしていく馴染みやすい形です。ある程度歌が得意な男性は手を付けやすいですが、音域が広めであるため、ビギナーの練習曲としては少し使いにくいかもしれません。キー調整の融通も利きにくいです。



 さて、『流星』の音域についてですが、【地声最低音】lowF#(F#2)~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高く、広いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音lowF#についてです。Aメロで登場しますが、低音域が苦手な場合はそこまでこだわらなくても良いと思います。目安として、mid1A#辺りまで歌いこなせると、自然に聞こえやすいです。

 一方、地声最高音mid2G#はサビで登場します。曲全体で2回です。また、サビではmid2F#,mid2E辺りが多く登場します。目安として、mid2F#辺りが安定して歌いこなせると形になりやすいです。この辺りは一般的な男性の音域の範囲内ですが、歌い慣れていない場合は、スムーズな発声が損なわれやすいです。少しずつ練習を重ねてください。場合によっては、キーを少し上下させても良いと思います。

 『流星』は音域自体が広めであり、キー調整は行いづらいです。図で示す程、low音階が多く登場するわけではないですので、少しの調整は可能ですが、場合によっては低音部分が歌いにくくなるかもしれません。歌い慣れた人であれば挑戦しやすいですが、ビギナーの練習曲としては少し使いにくいです。その点は留意しておいてください。当ブログで取り上げた作品では、『桜』(過去記事)が比較的練習しやすいと思います。

 『流星』は低音が少し辛いですが、難易度としては難曲というわけではなく、ある程度歌い慣れた人であれば手を付けやすいです。ミリオンヒットも記録したバラードで、多くの人に受け入れられやすいです。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー