J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『勘ぐれい』(ずっと真夜中でいいのに。)の音域

こんにちは。今回はずっと真夜中でいいのに。の『勘ぐれい』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

 なお、『勘ぐれい』のMVは本日の19時に公開予定です。MVが公開されましたら、当ブログにも動画を添付致します。

『勘ぐれい』(ずっと真夜中でいいのに。)、Kan Grei(Zutto Mayonaka de Iinoni.)
『勘ぐれい』(ずっと真夜中でいいのに。)









【地声最低音】mid1F(F3)  ※Bメロ

☆焦りを糧に目覚m1F#[める]【Aメロ】
☆伝わらない形を今日m1F#[も]【Bメロ】
m1F#[な]m1F[に]F#[かを]解決するには・・・


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※サビで頻出

hiC#[転][をき]hiD#裏[らい]、荒れ果てhiD#地[た]このhiB[世]を【サビ】
★見過ごせhiD#地[ない]hiC#[ぼ]hiA#[く]がいい
hiF#裏[応]hiF[え]hiD#[れば こ]C#[たえ]るほど

※☆の部分は太字の部分が地声です。

【裏声最高音】hiF#(F#5) ※サビで登場

★ hhiF#裏[応]hiF[え]hiD#[れば こ]C#[たえ]るほど【サビ】

※地声hiD#とのコンボになります


【補足】hiA#(一部のみ)hiC#を含むフレーズ一覧

hiA#[例えば]の話だA#[けし]hiB[て]た【イントロ】

hiA#[錆]び付いた硝子A#[で] A#[緊]張をhiC#[解い]A#[て]【Cメロ】 
★(一か八かで)    呼吸 知hiC#[る]

※アウトロの【ぼんぼんぼらんぼんぼん】の一番高い音はhiC#になります。


 まず、『勘ぐれい』についてです。この楽曲は2020年に、音楽ユニットずっと真夜中でいいのに。によりリリースされました。現在は、配信リリースのみとなります。ずとまよは来年の2月にアルバム『ぐされ』のリリースを予定しております。恐らく、同曲もこのアルバムに収録されるのではないかと思います。

 『勘ぐれい』はミディアムテンポのバンド曲です。私はずとまよのベースギターが凄く好きなのですが、同曲はベースの音色が目立ちやすいアレンジとなっております。
 
 『勘ぐれい』の歌メロの音域的な特徴についてです。ずとまよのフロントマンあCAねさんは女性としては高めのキーで歌われることが多いですが、今回も最高音がhiD#と高めです。『秒針を噛む』(過去記事)『お勉強しといてよ』(過去記事)といった人気曲に比べると少し地声高音が抑え気味に作られておりますが、難易度はやはり高めであります。音域も広いので、キー調整は行いにくいです。


___

 最後に、『勘ぐれい』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3)~【地声最高音】hiD#(D#5)、【裏声最高音】hiF#(F#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiD#はサビで頻出します。サビでは1フレーズに1回ずつは登場しているので、回数としては多いです。また、裏声最高音hiF#と連なってhiD#が登場する等する場面もあります(ここは裏声でもよいかもしれません)。高音域が苦手な方は、hiD#は裏声でも良いかもしれません。

 『勘ぐれい』は音域が広く、キー調整の余地は少ないです。そうしたことからも初心者向けではありませんし、練習曲にも使いにくいです。ただ、『秒針を噛む』(過去記事)などの人気曲ほどの難易度はありませんので、その点ではお奨めできます。高音域が得意な人など、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。



『白い雲のように』(猿岩石)の音域

こんにちは。今回は猿岩石の『白い雲のように』(1996)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。「キーがあまり高くない曲」として今回取り上げることにしました。今後、キーが高くない曲を少しずつ取り上げていけたらと思います。


『白い雲のように』(猿岩石)、Shiroi Kumo no Youni(Saruganseki)
『白い雲のように』(猿岩石)









【地声最低音】mid1E(E3)  

★くやしくてこぼれ落ちたあの涙m1E[も] (Bメロ)
m1E[目]を閉じるE[と]輝く宝物だよ


【地声最高音】mid2D(D4)  

★まるで僕たm2D{ち]のようだD[ね]と君がつぶやく(Aメロ)

★風m2D[に] D[吹]かれD[て]消えD[て]ゆくのさ(サビ)


 まず、『白い雲のように』についてです。この楽曲は、1996年に2人組お笑い芸人猿岩石によりリリースされたシングル作品です。同曲は、翌年のシングルCD売上ランキングでは上位に食い込むなどし、ミリオンヒットを記録しました。
 同曲は、作詞作曲を藤井フミヤさん、藤井尚之さんが担当し、後にF-BLOODとしてセルフカバーもされております(動画も添付しております)。
 
 この『白い雲のように』が爆発的なヒットを記録した要因として、楽曲の質も挙げられますが、その他には、バラエティー番組の影響というものが大きく関わっております。
 猿岩石は、現在ピン芸人として大活躍されている有吉弘行さんも所属したお笑いコンビです。当時、無名で仕事の無かった猿岩石に対し、「ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」というテレビ企画が実施されました。
 このバラエティー企画が人気となり、猿岩石自身も知名度が飛躍的に上昇します。その流れでリリースされた『白い雲のように』も大きなヒットを記録することとなりました。






 さて、『白い雲のように』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】mid2D(D4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2Dについてです。このmid2DはAメロとサビで登場します。回数としては多めですが、キーはそこまで高くないですので、手を付けやすいです。
 ただ、最高音mid2Dは音域としてはは高くないですが、練習も無しに上手く歌えるというわけではありません。よって、練習初期に上手く歌えなくてもあまり気にしなくてよいです。この楽曲を練習するなかで、音程や表現力も少しずつ磨いていけたらと思います。

 『白い雲のように』は音域自体も広くなく、キー調整も行いやすいです。歌メロは、1オクターブ未満でありますが、にもかかわらず抑揚やJ-POPのドラマチックさを感じました。藤井尚之さんとアレンジャーの松浦晃久さんの仕事ぶりが光ります。声が高い人などはキーを上げても良いですし、逆もまたしかりです。
 同曲は、作詞作曲を担当された藤井さん兄弟もカバーしております。とりわけ、藤井さんのカバーバージョンは表現を学ぶ上で参考にもなると思います(動画参照)

 今後も「キーがあまり高くない曲」を少しずつ取り上げていきたいと思います。また、過去に取り上げたキーが低めの楽曲についても、一緒にまとめたいと考えております。



『夜明けと蛍』(n-bunaセルフカバー)の音域

 こんにちは。今回はn-bunaさんの『夜明けと蛍』(2014)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、n-buna(ナブナ)さんのセルフカバーバージョンの音源については、私自身が確認できたのがYouTubeでの公式アップロードのみでした。また、カラオケでの配信は初音ミクバージョン[最低音m1F#~最高音hiG#]と歌い手のカバーのみで、n-bunaさんのセルフカバーバージョンについては確認できませんでした。ご了承ください。


『夜明けと蛍』(n-bunaセルフカバー)、Yoake to Hotaru
『夜明けと蛍』(n-buna)









【地声最低音】mid1A(A3)  ※Cメロで登場

m1A#[あ]わい月にA#[見と]A#[て]しまうかA#[ら](Aメロ) 
m1A[み]m1A#[ず]に映る花を(花を)見てA#[いた] (Cメロ)

※m1Aはあまりこだわらなくてよいです。m1A#でも違和感は少ない


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※ラストの転調サビ[+1]

★(朝が来ないままで)m2G#[い]m2F#[き]F#[出来]たなら

※通常サビではmid2Gが最高音


【裏声最高音】hiB(B4) ラストの転調サビ[+1]

★朝が来m2F#{ない]hiB[ま]F#[で](ラストサビ)

※通常サビではhiA#が最高音


【補足】mid2Emid2G#を含むフレーズ一覧

★遠m2F#{い]m2E[と]E[い]E[つ]の向こうへ(ラストサビ[転調+1])
★ 淡m2F#[い]m2E[あ]E[焼]F#[の]夜空
★あぁ藍m2G#裏[の]m2F#[色] 夜明けと蛍


 まず、『夜明けと蛍』についてです。同曲は、2014年に、ボカロPで、ヨルシカの詞曲編曲・ギターを担当するn-buna(ナブナ)さんにより制作されました。VOCALOID3専用歌声ライブラリ「IA」(イア)のリジナル・コンピレーション・アルバム『IA THE WORLD ~心~』に収録されております。その後、2015年にリリースされたアルバム『花と水飴、最終電車』に初音ミクバージョンが収録されました。

 先にも述べましたように、n-bunaさんがセルフカバーされた『夜明けと蛍』については、現在音源がYouTubeで公開されたアコースティックバージョン以外は確認できません。原曲はバンドアレンジになっておりましたが、ナブナさんのセルフカバーバージョンは、アコースティックギターを使ったクリーンなアレンジになっております。
 『夜明けと蛍』のセルフカバーバージョンの再生回数は1600万回を超えており、人気も非常に高いです。今後、何かしらの形でリリースされるのではないかと私自身は推測しております。カラオケで歌う際は、初音ミクバージョン【m1F#~hiG#】からキーを3つ上げると、ナブナさんと同じキーになります(厳密には1オクターブ下のキーです)。






 さて、『夜明けと蛍』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A(A3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はラストのサビで2回程度登場します。同曲はラストのサビで転調し、キーが上がります。そのため、通常のサビでは、mid2Gが最高音になります。
 私なりのイメージですが、このmid2G#は裏声気味でも良いかもしれません(地声で出せるに越したことはない)。目安として、mid2F~mid2F#辺りが上手く発声出来ると形になりやすいです。キーが高いと感じられた方は少しキーを下げても良いと思います。

 『夜明けと蛍』は音域自体は広めであり、キー下げの余地は少ないです。歌いなれていない人や、低音域が苦手な人は、低音域がややしんどいかもしれません。難曲ではないですが、ビギナーの練習曲として向いているものは他にもあると思います。

 今回、n-bunaさんのボーカルを初めて拝聴したのですが、とりわけ高音域が非常に温かみのある声質だと感じました。スピッツの草野マサムネさんや、若手のバンドANTENAの渡辺諒さんなどが想起させられました。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー