こんにちは。今回は夏代孝明さんの『トランジット』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。夏代孝明さんは、以前にユニバースを取り上げて以来、2回目の登場です。

 なお、『トランジット』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルで音源やMVがフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても、ショートバージョンの動画を添付いたします。ご了承ください。


『トランジット』(夏代孝明)、Transit(Takaaki Natsushiro)


【地声最低音】mid2A(A3)  

★繋がった希望の明日を知っm2A[たぼ]m2G[く]らは


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※各サビで登場

hiA[全身な]hiA#[が]hiC[れ]hiC#[落]hiA[ち]て行く 輝く結A[晶]


【裏声最高音】hiC(C5) ※Cメロで登場

★くm2G[や][な]hiC裏[み]hiA#[だ]hiA[に]



【補足】mid2G(一部略)hiCの注意箇所

★それでもまたhiA[僕]m2G[ら] 挑んでいく hiA#[今日も][ぉ]A(冒頭サビ)
hiC[きっ]hiC[きっ]と hiC[きっ]m2G[と]
★越えhiA[て]m2G[行]hiA#[くん]A[だよ]

★うm2G[ご]hiA[き出][した]hiA#[世][界][ま]んなG[か]A[で]
★どm2G[ん]hiA[な未][を] 作G[り出]すのか

★It’s hiC[Brand] hiA#[new!] hiA[Wake] m2G[Up!](サビ)
hiA[限界超え]hiA#[て]A[駆]m2G[け]G[せ]
★ひm2G[と][き][じゃな]hiA[い] G[Ne-]-ver give up

★みm2G[ら]hiA[い]hiA#[を]A[変]A#[え]A[ら]G[れる]ぅ(Cメロ)
m2G[きっ]と照[ら]m2G#[す][ん]G[よ]

『トランジット』(夏代孝明)









 まず、『トランジット』についてです。この楽曲は、2017年にシンガーソングライターの夏代孝明さんによりリリースされたシングル作品です。『トランジット』は、渡辺航さんの漫画を原作としたテレビアニメ『弱虫ペダル NEW GENERATION』のオープニングテーマとしてタイアップがつきました。この楽曲は、現在シングル作品としてのリリースのみであり、夏代さんのアルバムには収録されておりません。

 『トランジット』は疾走感のある爽やかなロックナンバーです。作詞作曲編曲は夏代さんではなく、渡辺拓也さんが担っております。渡辺拓也さんは声優、アイドルなどの楽曲の制作に多く携わっているアレンジャーです。歌詞内容も非常に前向きであり、アニメの主題歌にピッタリなのではないかと思います。
 ちなみに、タイトルの『トランジット』は、飛行機の乗り継ぎで立ち寄る経由地のことを意味します。私自身の経験でいえば、たとえば福岡空港ー仁川国際空港ー北京首都国際空港という飛行機での旅をしたとき、仁川国際空港が経由地になります。この楽曲では「目標の経由地(中間点)」というニュアンスがあるのだと私は考えております。

 『トランジット』の音域的な特徴についてです。以前、ユニバースの会でも取り上げましたが、全体として高音域寄りの楽曲です。ただ、ユニバースとは異なり、低音部分は余裕がありますので、キーの調整はしやすいです。その分、手をつけやすい楽曲といえます。




 さて、『トランジット』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声際高音hiC#は各サビで1回ずつ登場します。また、上述のようにhICがサビで頻出します。これらは一般的な男性の音域よりもかなり高いです。高音域が得意な方は原曲キーで歌唱してもよいと思いますが、一般的にはキーを下げたほうが歌いやすいのではないかと思います。たとえば、原曲キーから5つ下げると、地声最高音がmid2G#あたりに設定され、現実味が増します。

 先にも述べましたが、『トランジット』は音域が高音寄りであり、低音部に余裕があります。よって、キーを下げて歌唱したり、練習することには向いています。普段歌いなれていない人はキーを大きく下げて歌唱してもよいと思います。

 『トランジット』は音域的には女性の方が原曲キー近くで歌いやすいと思います。個人差はありますが、原曲キーあたりか少し上げてもよいかもしれません。声が低い方は下げることになるかと思います。興味がある女性の方は、試してみるのもよいと思います。非常に前向きな楽曲です。