こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『HAPPY』(2010)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『HAPPY』(BUMP OF CHICKEN)


【地声最低音】mid1D#(D#3)  

m1D#[こ]ころは強くならないまま
 [い]ろいろどうにかm1D#[受]けとめて


【地声最高音】mid2F#(F#4)  

★つぎはぎの自分m2F#[を]m2E[引]き摺って
★おm2F#[そわ]らなかった歩m2E[きか]E[で] 



【補足】mid2Emid2Fの箇所

★やm2F[さしい言葉の雨]のしm2F[た]で(Bメロ)
★涙も混ぜてなm2F[が]せたらな
★これほどたm2F[や]すく日は昇る

★喜びだってそう言うm2E[も]のだろう 誰にいm2E[の]って救われる (サビ)

『HAPPY』(BUMP OF CHICKEN)









 まず、『HAPPY』についてです。この楽曲は2010年に、4人組バンドBUMP OF CHICKENによりリリースされたシングル作品です。同年にリリースされたアルバム『COSMONAUT』やベストアルバムなどにも収録されています。タイアップなどは特についていません。
 『HAPPY』はレコード会社トイズファクトリーのYouTube公式チャンネルでMVが公開されており、2019年9月現在、約1400万回もの再生回数を記録しています。個人的には、歌詞が特に人気の高い楽曲だと思います。

 『HAPPY』のサウンドについてです。BUMP OF CHICKENといえば、疾走感のあるギターロックという印象が強いと思いますし、この2010年頃もそうしたイメージを持つ方が多かったと思います。一方で、『HAPPY』はミディアムテンポのバンドサウンドです。ギターの音色もそうですが、個人的にはベースギターのフレーズも非常に耳に残ります。
 
 歌メロディーについてですが、この『HAPPY』はサビの部分で転調します。一般的なイメージの『ラストのサビだけキーが上がる』というタイプではなく、AメロBメロからサビに行く途中で転調が行われているのです。『HAPPY』はサビが一気に目立つようなタイプの作品ではありません。しかし、この転調により、曲の雰囲気が変わるという効果を与えることが出来ます。BUMPのこの曲では「短三度の転調」が行われており、BメロからサビにかけてキーがA♭からCに上がります。(普通にカラオケなどで楽しむ場合はあまり気にする必要はないと思います)。

 歌詞についてです。様々な解釈ができる作品だと思いますが、私としては夢をあきらめきれない人、夢(人生)の途中で苦悩している人に向けたメッセージソングなのではないかと思います。個人的に好きだと思ったフレーズは「終わらせる勇気があるなら 続きを選ぶ恐怖にも勝てる」や「続きを進む恐怖の途中 続きがくれる勇気にも出会う」というサビのフレーズです。他にも好きな箇所は多くあるのですが、この2つは非常に勇気を与えられる歌詞だと思いました。楽曲全体を通して、作詞作曲を担当する藤原基央さんのソングライティングが光ります。



 さて、最後に『HAPPY』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3) ~【地声最高音】mid2F#(F#4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内です。

 まず、地声最高音についてですが、サビでmid2F#という音階が登場します。このmid2F,mid2F#辺りは一般的な男性の音域の範囲内であり、決して高い音階ではありません。ただ、普段歌い慣れていないとスムーズな発声が損なわれやすい場面でもあります。普段歌い慣れていない人は、練習を重ね、歌いこなせるようにしたいです。
 そうした意味で『HAPPY』は努力が報われやすい楽曲であると言えます。また、普段歌い慣れている人ならば歌詞やメロディーを覚えた時点ですぐに楽しめると思います。

 また、『HAPPY』の全体を見ていくと、音域自体はあまり広くありません。よって、声が高い場合はキーを下げて練習するといったことにも対応しやすい楽曲です。練習曲としては非常に適していると私は考えています。mid2E~mid2F#の音域を練習するのに最適な楽曲の一つであると思います。テンポも速くなく、練習にはもってこいだと言えます。歌詞も優れた作品ですので、個人的には強くお奨めしたいです。

 ちなみに、女性が歌っても違和感のない世界観の歌詞だと思います。女性が歌う場合は原曲キーよりも5~6つ程度上げると良いと思います。これで、音域がmid1G#(mid2A)~hiB(hiC)に設定されます。