カテゴリー

『クロノスタシス』(BUMP OF CHICKEN)の音域

 こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『クロノスタシス』(2022)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。
 なお、『クロノスタシス』のサビについては、当ブログでは、高音域の裏声のパートを主旋律と考え、裏声最高音hiCとしております。DAMやジョイサウンド等では低音域のパートを主旋律としているようです。その辺りは、ご了承ください。


『クロノスタシス』(BUMP OF CHICKEN)、Chronostasis(BUMP OF CHICKEN)
『クロノスタシス』(BUMP OF CHICKEN)の音域






【地声最低音】mid1C(C3) 

★もう一度ドアをm1Dm1C[開[け]るまで ノルマで生き延びただけのような【Aメロ】
m1C[か]さねてまた部屋をm1DC[出[る]
★大通り m1C[だ]れかの落とした約束が 跨がれていく【Bメロ】

m1C[そ]れっぽい台詞で誤魔化m1D[し]【Cメロ】
m1D[拾わ]なかった瞬間ばかり どうしてこんなに

【地声最高音】mid2G(G4)  ※全体で4回程度

★びょm2Em2F[う[しん][止]m2GF[まっ]た][き]EF[く[の]な]【サビ】


【裏声最高音】hiC(C5) ※各サビで登場

★(何回も聞いた) きhiA[み]のこhiCA[え]が]【サビ】

※カラオケでは1オクターブ下で判定しているところもあるようです。

【補足】mid2EhiA#を含むフレーズ(一部略)

★きょm2Fm2E[う]を読]まない手紙みたいに【Aメロ】

★こm2Em2F[の[ま]ちは居場所を隠している【サビ】
★なhiA[らん]hiA#A[ま]ま]A[待つ]A#A[え]で]
★しまっていたこm2Fm2E[と]ば]をまだ m1C[さ]がしている

★今更いm2E[ち]m2F[ち]E[ぶ]しい【Cメロ】

 まず、『クロノスタシス』についてです。この楽曲は、2022年に4人組ロックバンドBUMP OF CHICKENによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングルとしてリリースされ、現在アルバムには未収録です。バンプは、2019年の『aurora arc』がアルバムの最新作ですが、そろそろ新しいアルバムのリリースが気になる方も増えているのではないかと思います。

 さて、『クロノスタシス』はアニメ『名探偵コナン』の25作目の劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』のために書き下ろされました。同曲は、BUMP OF CHICKENのYouTube公式チャンネルでミュージックビデオが公開され、2022年の6月現在、600万回を超える再生回数を記録しております。
 ちなみに、名探偵コナンの劇場版は長らく、ビーインググループのミュージシャンが担当されていたのですが、2018年の福山雅治さん以降は、様々なレーベルの歌手が担当するようになっております。


 『クロノスタシス』はミドルテンポのバンド曲です。落ち着いたサウンドアレンジとなっており、バンド以外の打ち込みなども楽曲の雰囲気に大きく関わります。歌メロについては、AメロBメロサビといった形で作られております。作詞作曲はボーカル&ギターの藤原基央さんによりなされております。
 ちなみに、タイトルの「クロノスタシス」は、「時計の針が止まって見える現象」などに代表される目の錯覚のことです。歌詞では、【秒針の止まった記憶の中】とありますが、「過去に囚われながらも前に進もうとする主人公の姿」が描かれているのではないかと感じました。テーマとしてはよくあるものかもしれませんが、藤原基央さんの言葉選びが秀逸であると私は強く感じました。


 『クロノスタシス』の音域的な特徴についてです。同曲は、大よそ一般的な男性の音域の範囲内で歌メロが作られております。よって、標準的な男性であっても歌い慣れていれば、比較的努力が報われやすいのではないかと思います。高音域が苦手な方や歌い慣れていない人などはキーを下げた方がよいと思います。
 同曲は、一般的な男性の音域で歌メロが作られている分、女性にとっては歌いにくい音域だといえます。そのため、ある程度低音域が得意な女性であっても、通常はキーを上げた方が歌いやすいといえます。


 最後に『クロノスタシス』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3)~【地声最高音】mid2G(G4)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1CはAメロ等で登場します。この辺りは男性の音域の範囲内ですが、若干低めの方になります。そのため、高音域が得意な男性などは逆に少し歌いにくく感じられるかもしれません。高音域が得意な男性は、女性同様にキーを上げてもよいと思います。
 また、女性にとっては相当低いレンジであり、原曲キーで歌唱するのは困難です。通常はキーを上げることを推奨します。

 次に、地声最高音mid2Gについてはサビで登場します。登場回数は各サビで1回ずつ、曲全体で4回程度です。曲中では、mid2G以外にもmid2E,mid2Fといった中高音域が安定して歌いこなせることが試されます。この辺りは一般的な男性の音域の範囲内ですが、高音域が苦手な方や歌い慣れていない人などはスムーズな発声が損なわれやすいです。場合によってはキーを下げることも選択肢に入れてください。
 ただ、「地声最高音がmid2Gで、曲全体で4回程度の登場」であれば、標準的な音域の人であっても比較的努力が結実しやすいです。少しずつ練習を重ねてください。逆に高音域が得意な男性などは原曲キーが少し大変かもしれません。


 『クロノスタシス』は低音域に若干の余地があり、キー下げは可能です。ただ、mid1Cの頻度が意外と多いため、大きなキー下げには向きにくいです。下げるにしても-1~-2(♭1~♭2)程度がよいのではないかと私自身は感じました。
 そのため、歌い慣れた人であればいいですが、ビギナーなどはキー調整を行ったとしても難しく感じられるかもしれません。もし、キー調整を行っても難しい場合は、別の易しめの曲と並行して練習を行ってください。

 『クロノスタシス』は穏やかなバンド曲であり、カラオケなどでも歌いやすいと思います。歌いこなせるには力量が求められますが、音域的には標準的な男性の音域に近く、比較的取っつきやすいです(ビギナーはやや大変かも)。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする