こんにちは。今回はNissy(西島隆弘)さんの『トリコ』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『トリコ』(Nissy(西島隆弘))、Toriko


【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★だから怒らないで 一緒にm1F#[帰]ろう Baby


【地声最高音】hiA(A4)  ※要所要所で登場します

hiB[そん]hiA裏[な]hiA地[き]m2F#[みが好]き(サビ)
m2F#[わ][っ][る]hiA地[で]しょ?(2番Aメロ)
★ずっと目をhiB裏[見]hiA[つ]hiA地[て] hiB[yeah] A[yeah](ラストサビ直前)

※地声hiBの部分は歌詞表記がありませんので、参考程度に表記してあります。

【裏声最高音】hiD(D5) ※曲全体で一回

★気持m2G[ち]hiA地[に] hiA地[振り向いてみ]hiB裏[ま]A[せ]B[ん]hiD[か?]




【補足】mid2F#(一部のみ)hiB辺りの注意箇所

★負けちゃいそm2F#[うなと]hiA#裏[き]F#[は](Bメロ)
★君の気を引っhiA裏[掛]hiB[け]A[る]m2F#地[罠]さぁ
m2G[な]m2F#[に]G[し]F#[て]G[も]F#[ダ]G[メな]僕だけど 
★君だけはhiB裏[は]hiA[な]m2F#[さ]ない!

★抱m2F#[きし] hiA裏[め]hiB[てみ]せるよ(サビ)
★「夢m2F#[は叶]うhiB裏[かな]hiA[ぁ]?」

★君だけはhiB裏[は]hiA[な]m2F#[さ]A[ない!](2番Bメロ)

★ずm2F#[っとそば]hiA[に居]hiB裏[てく]れたから (ラストサビ)

mid2F#が楽曲全体で頻出します。全て表記すると膨大な量なので一部のみ表記します。

『トリコ』(Nissy(西島隆弘))









 まず、Nissy(西島隆弘)さんについて少し説明します。Nissy(ニッシー)は男女6人組の音楽グループAAAのメインボーカルとして活躍している西島隆弘さんのソロ名義であります。2014年よりソロとしても音楽活動を開始しております。

 さて、『トリコ』についてです。この楽曲は、2018年にNissyによりリリースされたシングル作品です。『トリコ/Relax&Chill』と両A面シングルとしてリリースされました。アルバムでは、2019年にリリースされたベストアルバムに収録されています。『トリコ』は同名の漫画を原作とした映画『あのコの、トリコ。』の主題歌に起用されました。作詞作曲には共同名義で西島さん自身も関わっております。

 『トリコ』はミディアムテンポのポップなナンバーです。カラオケなどでも非常に歌いやすいのではないかと私自身は感じました。音域的にはmid2F#という音階がAメロからサビを通じて非常に多く登場し、この辺りを地声で歌唱できることが重要になると感じました(詳細は後述します)。



 さて、『トリコ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAについてです。各サビで1回登場し、その他にも要所要所で登場します。この中で、出来れば地声で歌った方が良い場面は【★ずっと目をhiB裏[見]hiA[つ]hiA地[て] hiB[yeah] A[yeah]】、【気持m2G[ち]hiA地[に] hiA地[振り向いてみ]hiB裏[ま]A[せ]B[ん]hiD[か?]】の2箇所だと思います。どちらも重要な局面です。もしhiA辺りがギリギリ出る人ならば、楽曲終盤のこの2か所に集中させてください。サビで登場するhiA箇所などは裏声で歌っても違和感は無いと思います。

 この『トリコ』ですが、サビ等重要な局面を除けば、mid2F#が非常に多く登場します。上の表記に記載されていない場面で高い音階があるとすれば、このmid2F#です。このmid2F#は一般的な男性の音域の範囲内であります。その点で、この楽曲では、歌い慣れているかどうかをチェックする場面が多く登場します。

 一般的な音域の男性はキーを少し下げた方が歌いやすいかもしれません。楽曲内ではmid2F#が重要な場面で多く登場しますので、キーを2つ程度下げると良いと思います。Nissyさん自身は非常に爽やかに歌唱していますので、少し余裕を持って歌唱した方が楽曲のニュアンスを表現しやすいと思います。