こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『アカシア』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。私自身リストアップしていた曲ですが、リクエストもいただきました。


『アカシア』(BUMP OF CHICKEN),Acacia(BUMP OF CHICKEN)
『アカシア』(BUMP OF CHICKEN)









【地声最低音】mid1D(D3)  ※A、Bメロ

★とうめm2E[い]よりも綺麗な あのm1D[か]がやきを(Aメロ)
m1D[た]まに忘れるほど強い理由
m1D[こ]とばのそとがm2E[わ]で(Bメロ)


【地声最高音】mid2G(G4)  ※サビで頻出

m2E[い]ま [目]m2G[合]m2F#[え]E[ば]笑うだけさ(Bメロ)

m2F[もう]死ぬまでいm2G[たい]F[場]所にいる(サビ)
m2F[泣い]たりm2G[わ]らったりする時 
m2F[き]みのm2G[い]F[の]G[が]F[揺]れる時
★僕も同じようm2F[に]m2G[い]F[き]をしてF[いたい]

☆確かめにいこう Oh m2F[yeah, yeah], m2G[ah] [ah](Cメロ)
★そうやってはm2F[じ]m2G[ま]ったんだよ(ラスト)

※☆の部分は『天体観測』のオーイエーアハーンよりもキーが高いです


【裏声最高音】hiD(D5) ※各サビ1回ずつ

hiA#[たま]しいがこhiD裏[こだよ]って叫m2F[ぶ](サビ)


【補足】mid2E(一部略)mid2Fの注意点

★そうやって始m2E[ま]ったんだよ(Aメロ)
★君と僕とm2E[世][の]声で

★隣で(隣で)君のそm2F[ば]で(サビ)

★あのかm2F[が]やきを 君にF[会]えたから見えた(Cメロ)


 まず、『アカシア』についてです。この楽曲は、2020年にロックバンドBUMP OF CHICKENによりリリースされる予定のシングル作品です。フィジカルリリースに先立ち、先行配信されております。
 『アカシア』は、ポケモン・スペシャル・ミュージック・ビデオ「GOTCHA!」のために書き下ろされた楽曲です。同ミュージックビデオはポケモンの公式チャンネルで、公開されております。同ミュージックビデオはアメリカの映画『スタンド・バイ・ミー』が一部モチーフとなっております。

 さて、『アカシア』はアップテンポのバンドナンバーです。近年、BUMP OF CHICKENは爽やかなバンドアレンジの作品が増えております。同曲は、近年の作品群では、バンド感が強い方になるのではないかと思います。そうした中で爽やかなアレンジもなされております。

 歌メロについては、上述のようにmid2G辺りの音階がサビで多く登場します。BUMP OF CHICKENの人気のシングル曲では、大体この辺りの音階が多く登場します。一方、サビの中では、裏声でhiDが登場するのなどします。慣れていないと少し難しい部分かもしれません。高音域がある程度得意な方は、手を付けやすい作品だと思います。







 さて、『アカシア』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】mid2G(G4)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内といえます(歌い慣れた人の場合)。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2Gについては、サビを中心に多く登場します。この辺りは、一般的な男性の音域の範囲内であります。ただ、登場回数が多めであり、歌い慣れた人であっても意外としんどいかもしれません。場合によっては、キーを少し下げる選択肢も考えてください。

 一方、裏声最高音hiDについては、急激に音階が上がりますので、慣れない人は歌いにくいかもしれません(私も裏声があまり得意ではないです)。私自身、BUMP OF CHICKENの藤原基央さんは高い裏声をあまり使わないイメージでしたが、今作は彼らの作品群でも特に高い裏声音域だと思います。

 『アカシア』は音域自体は、低音部分に少し余裕がありますので、キーの調整は可能であります。歌い慣れた人であれば、キー調整すれば、合うレンジが見つかやすいと思います。
 一方で、歌慣れていない人向けには、調整も可能だとは思います。ただ、同曲は高めの裏声が登場したり、キーを調整しても手を付けにくい部分もあります。練習曲としても良いと思いますが、難しいと感じた場合は、他の易しめ曲と変更して練習してください

 ポケモンは人気タイトルであり、この『アカシア』のMVなどを見て、興味をそそられたり、懐かしく感じた方も多いと思います。もし、楽曲に興味を持たれましたら、チャレンジしてみてください。