スポンサーリンク
カテゴリー

『Make you happy』(NiziU)の音域

 こんにちは。今回はNiziU(ニジュー)の『Make you happy』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は久々に自選曲です。


『Make you happy』(NiziU)
『Make you happy』(NiziU)









【地声最低音】mid2C(C4) 

★はhiA[な]hiB[し]てみ[て] すべA[て]m2C[ね](Bメロ) 
★聴いm2C[て]ずっ[と]ずっ[と] You’re[ my] favorite song(Cメロ)


【地声最高音】hiE(E5)  ※ラストサビで1回

★そのhiB[え]hiE裏[が]hiD[お]B[見]てるとB[き](ラスサビ)

※裏声でもよいと思います


【裏声最高音】hiE(E5) ※通常サビ[曲全体で2回]

★そのhiB[え]hiE裏[が]hiD[お]B[見]てるとB[き]


【補足】hiAhiCの注意点

hiA[No]thing ヒA[ミ]hiB[ツ]ならA[No]thing (Aメロ)   
★(Something 特別な)モノあげるhiA[の]hiB[に]
★hiA[どん]hiB[な]のがいい?
★さihC[が]hiB[し]hiA[出]す キミのA[ため]B[に] 

hiA[もう] hiB[ねぇねぇな]A[に]A[て] (Bメロ)

hiC[Ooh] hiB[I] hiA[just wa]nna B[ma]ke you (サビ)
★hap[py]hiA hiB[あ~もう!] [笑]hiA{っ]A[ほ]B[し]


 まず、NiziU(ニジュー)について少し説明します。NiziUは2020年秋にデビュー予定の女性グループです。オーディションプロジェクト「Nizi Project」で選出された9人によりデビューが予定されております。6月末にリリースされたミニアルバム『Make you happy』が話題になり、テレビ出演も果たしました。
 NiziUのメンバーはほぼ全て日本国籍なのですが、芸能事務所が韓国のJYPエンターテインメント所属となっており、楽曲のアレンジ、プロモーション、ファッションなどは韓流のグループのような要素を感じさせます。日本だけでなく、韓国や世界にも発信していこうとする動きが印象的です。今後の人気の爆発が期待されます。

___

 さて、『Make you happy』についてです。この楽曲は、2020年にNiziUによりリリースされたアルバム『Make you happy』に収録されております。タイトルにあるように表題曲です。リリースと同時に公開されたMVはすでに1億3000万回もの再生回数を記録しております。

 『Make you happy』はアップテンポのデジタルポップナンバーです。作詞作曲アレンジはJ.Y. Parkさんが中心になっております。Cメロはラップパートになっております。

 歌メロは、AメロBメロサビといった形ですが、上述のように、全体として狭い音域で構成されます。この手の楽曲は、一人で歌唱する際は持久力が要求されます。ただ、私自身少し歌唱してみたのですが、意外と歌いやすかったです。1曲歌い切るには「スタミナが要求されるが、歌メロは馴染みやすい」といったところだと思います。また、Cメロのラップパートはしっかり覚えておきたいところです。




 さて、『Make you happy』の音域についてですが、【地声最低音】mid2C(C4)~【地声最高音】hiE(E5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEについては、ラストのサビで1回だけ登場します(私自身もブログを書く直前まで見落としていました)。この一場面だけは一般的な女性よりも高めです。一方、通常のサビでは裏声で歌唱されておりますので、こだわりが無いのであれば、ラストのサビも裏声でも良いと思います。違和感は少ないです。

 この1場面を除くと、hiC辺りが地声最高音になります。私自身(男性)歌唱してみたのですが、そこまで高くなく、歌メロもポップで馴染みやすいです。
 一方で、同曲は、楽曲全体を通して、hiA~hiB辺りの音階が頻出し、持久力が求められます。1人で歌唱する場合は、意外としんどいかもしれません。場合によっては少しキーを下げてもよいです。

 『Make you happy』は音域自体は広くなく、キー調整は非常にしやすいです。一部ラップパートなど難しい場面もございますが、歌い慣れていない人向けの調整も可能であり、練習曲としては非常に使いやすいと思います。個人的にはお奨めしたい1曲です。







スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Kaz Sakamoto より:

    hiA~hiBの頻出する女性曲を歌える時点で、管理人さんはかなり実力が上の方だと思います、思ってた以上にすごいです

  2. Kaz Sakamoto より:

    >>2
    WANIMA、ユニゾンは換声点付近が頻出するので、疲れますね 基本的には演奏の激しい方が喉を消費しやすいです。自分も、ピーク時なら高すぎる歌の方が歌えたりすることはあります(先日あげたXの音源なんかは、まさにそれでした)
    どちらにしても、その音を出せるポテンシャルがないと歌えないのは同じだと思います。管理人さんの歌聞いてみたいです(笑)

  3. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>3
    すみません。今、ちゃんと聞いて歌唱してみたのですが、
    やっぱり一人で歌唱すると、原キーでは途中で息切れしました。
    声のトーンを落とすと、少し安定するのですが
    クオリティーとしては、もう一つです。
    ひとつ前のコメントは削除させてください。

  4. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>3
    ちなみに、私の歌声についてですが
    Twitterアプリのandroid版が音声ツイートに対応したら
    試しに1回上げてみてもいいなと考えたことがあります。
    (今でも音声をアップすることは可能ですが)。
    自分の歌声は、時々遊び程度にスマホで録音しているので
    クオリティーを無視すれば、音源はあります。

  5. Kaz Sakamoto より:

    >>5
    自分もたまに録音して聞くのですが、やはり、女性の歌や、中性的な声の男性ボーカルなどを寄せて歌うと聞いてて恥ずかしくなりますね、逆に男性の曲なら割と自分の上達を感じたりします(音声をあげる際は、自分が歌う感覚以上に声質がものすごくさらけ出されると思います)
    Xは、自分でもちょっといい感じになってきたと思いましたw
    いつか歌声、聞いてみたいです、Twitterでもいいので気が向いたらお願いしますw

  6. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>6
    さっきの『Make you happy』もそうですね
    キー的に少し高いですが、歌詞が男性的に辛いものがあります。
    期間限定になると思いますが、いつかTwitterとかに挙げてみようと思います。