スポンサーリンク
カテゴリー

『ぎゅっと。』(もさを。)の音域

こんにちは。今回はもさを。さんの『ぎゅっと。』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『ぎゅっと。』(もさを。)、Gyutto。(Mosawo。)
『ぎゅっと。』(もさを。)









【地声最低音】mid1B(B2) 

m1B[手]を繋ぐと体温が上がって(Aメロ)


【地声最高音】mid2E(E4)  ※通常のサビで1回ずつ

★あなm2D#[た]m2E[と]これからもずっと

※転調後[+2]は、mid2F#で裏声になります


【裏声最高音】mid2F#(F#4) ※ラストのサビで1回

★ひm2D#[とつ]m2F裏[だ]m2F#[け]伝えたいことがあるの

※同曲はラストサビで転調し、キーが2つ上がります。


【補足】mid2D#辺りの注意点

★抱きしめて離m2D#[さ]ないD#[で]ぇ(ラストサビ[+2])



 まず、『ぎゅっと。』についてです。この楽曲は、2020年に男性シンガーソングライターのもさを。さんによりリリースされました。ストリーミングでのリリースとなります。
 同曲は、TikTokで人気を集め、ストリーミングチャートで上位を記録した楽曲です。YouTubeで公開されている音源は、弾き語りバージョンなどを合わせて、1500万回もの再生回数を記録しています。最近は、人気TikTokerらにカバーされ、人気が上昇する作品が非常に増えております。
 歌手のもさを。さんについては、年齢など非公開、顔出しなども行っておりませんが、柔らかな歌声で人気を博しております。声質などは異なりますが、知名度がほとんど無かったミュージシャンがチャート上位にランクインするというサクセスストーリーは、瑛人さんの『香水』(過去記事)などを彷彿とさせます。
 
 『ぎゅっと。』はアコースティックギターを基調としたポップナンバーです。女性目線で歌詞が書かれており、相手への愛が謳われております。歌メロはAメロBメロサビといった形で作られており、ラストのサビでは転調し、キーが2つ上がります。王道のアレンジです。

 歌メロの音域についてですが、図にも示すように、最近の男性ポップスとしては最高音がそこまで高くなく、歌い慣れていない人でも比較的手を付けやすいです。逆に、高音域が得意な方は、原曲キーでは歌いにくいかもしれません。







 さて、『ぎゅっと。』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B3)~【地声最高音】mid2E(E4)、【裏声最高音】mid2F#(F#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内であります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2Eは通常のサビで登場します。登場回数は2回程度で少ないです。この辺りは、一般的な男性の音域の範囲内であります。普段歌を殆ど歌わない人などは、mid2E辺りからスムーズな発声が損なわれるかもしれません。ただ、克服しやすい音階ですので、少しずつ練習を重ねて下さい。

 ちなみに、転調後のサビではキーが2つ上がり、mid2Eがmid2F#となります。こちらは裏声で発声されております。

 『ぎゅっと。』は音域自体は決して狭くなく、キー調整は少ししにくいです。ただ、最高音がそこまで高くないので、歌い慣れていない人向けの調整も可能だと思います。
 もしキーを調整しても歌いにくいと感じた場合は、別の曲と並行して練習してください。『ぎゅっと。』は音域が狭いわけではないので、他の曲を探せば、練習曲としてより使いやすいものが見つかると思います。

 『ぎゅっと。』は女性目線の曲ですので、声質によっては、合いにくい男性もいるかもしれません。その点は留意しておいてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. かたおか より:

    リクエストに応えて頂きありがとうございます!
    こういった最高音が一般男性の音域内に収まる人気曲は少ないので、カラオケなどでとても重宝されそうですね。

  2. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>1
    リクエストありがとうございます。
    この曲は確かに手を付けやすいかもですね。
    また、何かありましたらよろしくお願い致します。

  3. やま より:

    mid1BはB2ですよ

  4. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>3
    ありがとうございます。
    この部分はベースとなるコピペ文があるのですが
    それがG3に設定されているので、
    最低音がB2,C4などの時によく修正しそびれます。