カテゴリー

『グー』( ハンブレッダーズ ) の 音域

 こんにちは。今回はハンブレッダーズの『グー』(2023)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。最近聴いて、歌詞が非常に気に入りました。


『グー』(ハンブレッダーズ)
『グー』(ハンブレッダーズ)の音域







【地声最低音】mid1E(E3) 

m1F#[部屋にな]がれたおm1E{んがく]【Aメロ】


【地声最高音】hiB(B4) ※全体で5回程度

★どこを探しても見hiAhiBm2G#F#[つか[ら]ない]か]【サビ】


【補足】mid2F#hiAを含むフレーズ一覧

★だm1F#[れ][も][わ]ず握りしめたhiA[グー]【サビ】
hiAm2G#F#[さあそ]の]手]で作り[出し]ていこうぜ m1F#[あ]たらしい[も]
★最初はm2Dm2E[偶[然] カミナリ炸裂【Aメロ】
★ちょっとやm2F#m2E[ばい]な]m1F#[拠は]m2D[ない]
m2F#m2G#[指先真っ[赤]に]なるくらい m1F#[練]習してたカノンコード
m2F#m2E[放課後チャイムが僕らのあ]い]【Bメロ】
m2E[58のマイクとオーバードラ]イブ
★だけどhiAm2G#F#[俺は楽器]が]弾け]
m2F#E^[見覚えの]ある拘[束])が m1E[世界]中にはび[こっ]ていた【2番Aメロ】
★(後ろ髪引かれた時は僕が)m2F#E[切っ]て]やるか[ら]【ラストサビ】
m2F#2E[こ]れか][きhiA[み]が作らなくちゃ
<

 まず、『グー』についてです。この楽曲は、2023年にロックバンド・ハンブレッダーズによりリリースされたシングル作品です。この記事を執筆時点では配信限定のシングルですが、アルバムとしては今月下旬にリリース予定の『はじめから自由だった』に収録が見込まれております。同アルバムには、アニメの主題歌となった『またね』、『ビートアディクション』、『DANCING IN THE ROOM』といったシングル曲などが収められる見込みです。


 さて、『グー』はノンタイアップの作品です。ただ、ハンブレッダーズはこれまでに「秋のグーパンまつり」というツアーを主催しております。こうしたこともあってか、リリース間もないですが、ハンブレッダーズを象徴するような楽曲なのではないかと思います。フロントマンのムツムロアキラさんも、「バンドの新しいアンセムになりそうな曲」と評しています。

 『グー』はアップテンポのバンド曲です。頭サビで歌メロが始まり、AメロBメロサビと歌メロが展開します。歌詞は、「バンド音楽にのめり込んでいく初期衝動」のような内容になっており、私自身も非常に耳に残った1曲です。作詞はムツムロアキラさん、作曲編曲はハンブレッダーズによりなされました。


 『グー』の音域的な特徴についてです。同曲は、男性の音域としては高いレンジで歌メロが作られております。低音域に余地があるため、一般的には少しキーを下げた方が歌いやすいと思います。
 同曲は頭サビでメロが始まり、AメロBメロサビと少しずつ盛り上がっていきます。ただ、Aメロ辺りでもmid2E,mid2F#といった中高音が見られます。そのため、Aメロ~サビまで広く中高音が登場する曲であり、高音域が得意な男性の方がマッチしやすい曲といえます(ただし、低音もmid1F#などが多い)。

 女性が同曲を歌唱する場合、通常はキーを上げた方が歌いやすいです。今回は最低音がmid1Eであり、またmid1F#などの頻度も高いです。こうしたことを考慮に入れると、いくらかキーを上げた方が歌いやすくなると想定されます。一つの目安ですが、原曲キーから2つ程度上げてみてください。



 最後に『グー』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域と比べ、高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1EはAメロで登場します。この辺りは男性音域の範囲内です。登場回数もそこまで多くないため、「高音域が非常に得意な男性」などもそこまで歌いにくくはないのではないかと思います。mid1Eに次ぐ地声低音としてはmid1F#が比較的多く見られます。

 次に、地声最高音hiBはサビで登場します。登場回数は5回程度です。このhiBに次ぐ地声高音としては、hiAがピークとなる場面が全体で14回程度登場します。こうしたことから、男性の音域としては高く、通常はキーを下げた方が歌いやすいといえます。一つの目安ですが、原曲キーから3つ程度下げてみてください。


 『グー』は低音域に余地があり、キー下げは可能です。歌い慣れた人であれば、ある程度自分が得意とするレンジに調整することができると思います。ただ、今回の楽曲は音域がそれなりに広いため、ビギナーなどは一部歌いにくい部分が出てくるかもしれません。
 同曲はメロディー自体は分かりやすくそうです。サウンドもノリの良いパワーポップであり、カラオケ向きといえそうです。ただ、最近の楽曲と言うこともあり、歌詞の文字数が多く、歌い回しもそれなりに速いです。そのため、歌詞などはしっかり覚えておいた方が良いと思います。

 『グー』を原曲キーで歌唱する場合、mid2E~hiBといった中高音域をしっかり歌いこなせる力が求められます。今回はmid2E~hiAなどが比較的多く、それなり高音感があります(いずれも地声ベースでの発声)。低音域についてはmid1E,mid1F#などが登場します。
 こうしたことを踏まえると、「高音域が得意(or非常に得意な男性)」などが原曲キーに合いやすいと私は判断しました。


【まとめ】

①AメロBメロサビと盛り上がるが、Aメロでもそこそこ高い
②原キーだと「高音域が得意(or非常に得意な男性)」に合いそう
③低音が少し低いため、女性だとキーを少し上げた方がより歌いやすい
④メロはシンプルで覚えやすそう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする