J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『1984』(andymori)の音域と感想

 こんにちは。今回はandymoriの『1984』(2010)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『1984』(andymori)

『1984』(andymori)










【地声最低音】mid1E(E3)  

★椅子取りゲームへm1E[の 手]続きはまるで 永遠のようなんだ


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※転調後サビのみ

mid2G#[ファンファー]mid2F#[レ][熱]G#[狂](転調後サビ)
★赤いm2G#{太][陽] [5][時][サイ]レン


【裏声最高音】hiB(B4) ※通常のサビですべて裏声

hiB裏[ファンファー]hiA裏[レ]mid2G[と][熱][狂](通常のサビ)
★赤いhiB[太]A[陽] [5][時]G[の][サイ]G[レン]


【補足】mid2Gの箇所

mid2G[1984](ナインティーエイティーフォー) 花に囲まれて生まれた(2番Aメロのみ)

Aメロでは基本的にmid2Eが中心となります




 まず、『1984』(いちきゅうはちよん)についてです。この楽曲は、2010年にandymoriによりリリースされたアルバム『ファンファーレと熱狂』の収録曲です。ちなみにアルバムタイトルの『ファンファーレと熱狂』というフレーズは、楽曲『1984』の中に登場します。よって、この『1984』はアルバムのリード曲、表題曲といっても良いかもしれません。つまり、アルバムの中で重要な位置づけにあり、ファンにも人気の高い楽曲の一つだと思います。
 ちなみに『1984』を収録したアルバム『ファンファーレと熱狂』は2011年に発表された第3回CDショップ大賞において最高賞を受賞するなど、非常に評価の高いアルバムになっております。

 『1984』のサウンドについてです。andymoriはギターボーカル、ベースギター、ドラムで構成される3人組バンドです。楽曲においてはそうした3人組ならではのサウンド作りの印象が強いです。編曲も『1984』含めandymori自身が行っております。
 一方で、この『1984』はイントロの象徴的なフレーズをバンド以外のトランペットが担当しております。サビの歌メロと同じフレーズです。このトランペットが楽曲の持つ黄昏感を非常に上手く表現しています。その他、アコースティックギター、エレキギターなども夕焼け感を上手く表現していますが、ここでトランペットを導入できた意味は非常に大きいと思います。
 メロディーについては、郷愁を誘うような切なさを感じます。メロディーの構成としてはAメロ、サビの繰り返しという単純なものです。しかし、最後のサビの直前で転調が行われ、キーが4つ下がります。最後の部分でキーが下がる楽曲というのは珍しいですが、歌メロに関しては裏声から地声に変わります。こうした工夫で聴き手にインパクトを与えています。

 歌詞については、具体的で直接的なメッセージが語られているわけではないため、様々な解釈が出来ると思います。私自身がandymoriと年齢が近いこともあるため、一層共感できるのかもしれませんが、
この『1984』は「あらゆる意味での『黄昏感』」が表現されていると思います。
 『黄昏』には「盛りを過ぎ、勢いが衰えるころ」といった比喩があります。「(まだ遊びたいのに)家に帰らなければいけない夕焼けを見たときの切なさ」といった歌詞解釈もできますが、「自分の人生」に対する諦観なども挙げられると思います。
 また、歌詞に「親達が追いかけたロックスター か弱い僕らもそのあとに続いた」と言った要旨のフレーズがあります。これは、「ロック」という音楽が勢いを失っていく様を描いているのではないかとも思います。
 私自身は「親世代が営んできたライフスタイル、これまで営まれてきた既存のスタイルが自分達の世代では難しくなっている」という意味もあると解釈しています。サビで繰り返される「5時のサイレン 6時の一番星」というのは『黄昏』を強く表現していると思います。そうした意味で、非常によく出来た歌詞だと思います。
 ちなみにアルバムタイトルでもある『ファンファーレと熱狂』は私自身は、「黄昏時」との対比としての「昼間」、「勢いがあったころ」、「(勢いがあった頃の)ロックミュージックの熱狂感」、「上の世代が行ってきたライフスタイル」といった意味で解釈しています。大雑把に要約するならば、『今(黄昏時)となっては手に届かなくなったもの』とも言えるかもしれません。



 
 さて、『1984』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】mid2G#(G#4) 、【裏声最高音】hiB(B4)でメロディーが構成されております。地声については、大よそ一般的な男性の音域の範囲内であると思います。

 まず、地声最高音のmid2G#についてですが、最後のサビでのみ登場します。mid2G#ある程度歌い慣れた人であれば届きやすい音階です。普段歌い慣れていない人は、練習を重ねることで克服してください。
 ただ、『1984』自体は、ラストのサビでしかmid2G#は登場しません。また、mid2G、mid2Fといった音階も楽曲全体でごく一部に登場するのみです。よって、『1984』はmid2G,mid2Fといった音階を練習したい人にとっては、あまり向かない曲といえるかもしれません。その点は留意しておいてください。
  ただ、この『1984』はAメロでは基本的にはmid2Eまでの音階が頻出します。そうしたmid2E以下の音域を練習したい場合は、『1984』のAメロが使えると思います。
 
 また、この楽曲は通常のサビで裏声が多く使われます。よって、裏声の練習には向いている楽曲といえると思います。

 やや暗めの曲でありますので、カラオケ等では向いてないかもしれませんが、非常に良い楽曲です。



『ナイロンの糸』(サカナクション)の音域と感想

 こんにちは。今回はサカナクションの『ナイロンの糸』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『ナイロンの糸』(サカナクション)、Nylon no Ito


【地声最低音】mid1C(C3)  

★何かを食べて眠くなっ[て]


【地声最高音】hiA(A4)  

hiA[こ]mid2G[の海]mid2F[に居たい](サビ)
hiA[こ][の海][に]hiA[帰っ][た]二人[は]いたい[けに]



【補足】mid2Fの注意点

★厚着で隠す あmid2F[の]日のこと [oh][oh]
★君が消える 影が揺れる あ[ま]えてもて[い]っぽ

『ナイロンの糸』(サカナクション)









 まず、『ナイロンの糸』についてです。この楽曲は、2019年にリリースされたサカナクションのアルバム『834.194』(はちさんよんいちきゅうよん)に収録されている楽曲です。大塚製薬の「カロリーメイト」のCMソングのタイアップが付きました。同コマーシャルにはサカナクションのフロントマンである山口一郎さんも出演しております。余談ですが、山口一郎さんは近年は楽曲提供とともに積極的に企業のCMに出演しております。その中で、個人的には携帯電話会社auが関わる月面プロジェクトのCMが印象に残っています。

 『ナイロンの糸』のサウンドについてです。エレキギターのアルペジオが印象的ですが、徐々にエレクトロな要素が加味されて、サカナクションらしいサウンドになっていきます。メロディーについては、一般的なJ-POPとは少し異なりますので、どのように分類するか難しいところですが、(Aメロ⇒Bメロ)×2⇒サビというように私は見ています。洋楽ではこうした歌メロの構成はよく見ます。必ずしも取っ付きにくい楽曲ではないと思いますが、もしかしたら、「サビがなかなか来ない」みたいな感じられ方をする人も居るかもしれません。ただ、『ナイロンの糸』は楽曲の後半から盛り上がりを見せる作品ですので、そうした点は多くの人を惹きつけうる要素だと思います。

 歌詞についてです。山口一郎さんらしい抽象的な歌詞です。私なりの解釈ですが、今は会えなくなった「君」との海で過ごした日々を回想しているのだと思います。歌詞のラスト「この海に帰った振りしてもいいだろう」というフレーズから、やや現実逃避的なニュアンスもあるのではないかと感じました。
 タイトルの『ナイロンの糸』についてですが、歌詞の中では「縒れてた古い糸を 静かに手で巻き取る様に いつかはわかる あの海のこと」という場面で糸が登場します。絡まったり、よれてた状態の糸が整理されていくように、「海での出来事」も心の中で整理できていくということなのだと思います。「今は完全に整理できていない君との海での記憶」をよれた糸に喩え、それを『ナイロンの糸』タイトルに据えているのだと考えます。
 ちなみに「ナイロン」の用途は幅広く、釣り糸などにも使われます。山口一郎さんは釣り好きでもありますので、そうした背景がナイロンを選んだ理由の一つなのかもしれません。また、「海のこと」は釣りとも関係しているのかもしれません。




 さて、最後に『ナイロンの糸』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3) ~【地声最高音】hiA(A4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。

 まず、Aメロ、Bメロまではmid2Fが最高音になります。ここの辺りは、歌い慣れていない人は少し苦戦するかもしれませんが、努力を重ねると歌いこなせる範囲だと思います。

 最後の盛り上がる部分でhiAという音階が地声で登場します。hiA辺りになると、歌いこなすのは少し難しくなります。場合によっては歌いこなすまでに時間を多く要したり、歌いこなせなかったりすることがあることを留意しておいてください。声が低い人は、原曲キーから1~2程度下げても良いかもしれません。これで最高音がmid2G#,mid2Gに設定されます。

 ある程度高音域が得意な人の場合は、楽しく歌いこなすことが出来る楽曲であると思います。一方で、『ナイロンの糸』は楽曲の展開が従来のJ-POPとは少し異なります。また、楽曲のテンポもミディアムテンポからスローテンポ気味です。よって、カラオケなどで盛り上がる類の楽曲とは言い難いです。ただ、楽曲の歌詞内容自体はTPO的に汎用性が高いと思いますので、いつ歌っても問題ないように感じられます。



『ぼくらが旅に出る理由 (Single Edit)』(小沢健二)の音域と感想

こんにちは。今回は小沢健二さんの『ぼくらが旅に出る理由 (Single Edit)』(1996)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『ぼくらが旅に出る理由 (Single Edit)』(小沢健二),Bokura ga Tabi ni Deru Riyuu(Kenji Ozawa)


【地声最低音】mid1B(B2)  

[こ]ころがわりは何かのせい?(Aメロ)


【地声最高音】mid2E(E4)  

★遠mid2E[く]mid2D#[ま][で][び][す][る]恋人に(サビ)
★喜びと悲しみが時にmid2D#[た]m2E[ず][ね][る]



【補足】

★ぼくらの住むこの世界ではm2D#[た]いようがいつものぼり


『ぼくらが旅に出る理由 (Single Edit)』(小沢健二)










 まず、シンガーソングライターの小沢健二さんについて少し説明します。1989年、小沢健二さんは小山田圭吾さんらと結成していたフリッパーズ・ギターというバンドでプロデビューします。フリッパーズは「渋谷系」、「インディーポップ」などに分類されるような音楽に分類され、後のバンドやミュージシャンに大きな影響を与えました。1991年のバンド解散後、小沢さんはソロデビューし、「今夜はブギー・バック」などのヒットを飛ばしました。紅白歌合戦にも2度出場しています。

 さて、『ぼくらが旅に出る理由』についてです。この楽曲は1994年に小沢健二さんによりリリースされたアルバム『LIFE』の収録曲です。その後、ドラマ『将太の寿司』のタイアップが付き、シングル曲としてリカットされました。小沢健二さんの作品の中でも人気の高い楽曲の一つだと思います。アルバムでは7分を超える楽曲でしたが、シングルでは前奏や大サビがカットされ、5分程度の演奏時間に収まっています。音域的にはどちらも違いがありませんが、YouTube公式チャンネルではシングルバージョンが公開されていますので、そちらを中心に取り上げます。

 『ぼくらが旅に出る理由』のサウンドについてですが、ストリングやホーンアレンジなどが用いられたポップなアレンジになっております。イントロ、間奏はポール・サイモンの『You Can Call Me Al』、『Late in the Evening』から引用されています。小沢健二さんはフリッパーズ・ギター時代を含めて、洋楽のフレーズをサンプリングしたアレンジがしばしば行われています。私自身は未熟ゆえにすべてを理解しているわけではないですが、そうした他の楽曲にも造詣の深い方は一層楽しめる楽曲・および作品群であると思います。


Paul Simon - You Can Call Me Al (Official Video)



Paul Simon - Late in the Evening(01:48~)



 歌詞についてです。タイトル『ぼくらが旅に出る理由』とあるように「旅」がテーマとなっております。ただ、歌詞の中には「旅に出る理由」について具体的に書かれていません。そうした点がむしろ聴き手の想像を与えていると思います。
 具体的な目的を持って出かける人も居れば、何となく旅に出る人も居ると思います。自分を知る目的で旅に出る人も居るかもしれませんし、現実を離れるために旅に出る人も居るでしょう。そうした、様々な理由で旅に出ることを、この楽曲では非常に歓迎しています。楽曲に「旅に出かけた恋人」は登場しますが、決してラブソングではありません。J-POPで用いられるありふれた歌詞のテーマではないですが、非常に普遍性のある作品でもあると思います。そうした点が、この楽曲が今も時折カバーされる理由の一つでもあると思います。 
 



 さて、『ぼくらが旅に出る理由』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B2) ~【地声最高音】mid2E(E4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内です。

 音域的には最高音がmid2Eと高くありません。普段あまり歌い慣れていない人であっても、カラオケなどである程度歌いこなすことが可能であるかもしれません。そうした意味で、難易度自体は高くない楽曲です(歌詞は確実に覚えておいてください)。高い音階が苦手な人でもお奨めしたい作品の一つです。ただ、努力しないよりはした方が絶対にいいです。キー自体は高くないですが、歌の練習はしておいた方が確実に成果に繋がります。

 一方で、高音域が得意な人にとっては、少し歌いにくい作品であるかもしれません。Mr.Childrenの櫻井和寿さんがBank Bandというチャリティーバンドでこの『ぼくらが旅に出る理由』をカバーしています。櫻井和寿さんは原曲キーより2つ高いキーで歌っております。地声最高音で言えば、mid2F#が最高音になります。高音域が得意な男性はこちらの方が合うと思います。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー