J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『ネイティブダンサー』(サカナクション)の音域と感想

 こんにちは。今回はサカナクションの『ネイティブダンサー』(2009)を取り上げます。サカナクション3枚目のオリジナルアルバム『シンクロ』に収録され、ベストアルバムの『魚図鑑』にも収められています。よろしくお願いします。
 
 サカナクションは当ブログでは以前に、『新宝島』『アイデンティティ』、『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』『多分、風。』を取り上げました。興味を持たれた方は、そちらもどうぞ。


『ネイティブダンサー』(サカナクション),Native Dancer (Sakanaction)
2009年1月21日発売【アルバム『シンクロ』収録】

『ネイティブダンサー』(サカナクション)










【地声最低音】mid1B(B2)

★その時はどこかで 雪が降るのを待つ「さ」(Aメロ)



【地声最高音】hiA(A4)    ※サビ部分で頻出です

★あ [わい)日に僕らは揺れた ただ揺れた そういう気になって


 『ネイディブダンサー』は2009年の作品です。この楽曲辺りからサカナクションの知名度は徐々に上昇していった印象です。楽曲の再生回数もレコード会社のyoutube公式チャンネル、サカナクションの公式チャンネルを合算して1600万回を超えています。また、この頃にバンドは活動の拠点を札幌から東京に移しております。

 サカナクションはエレクトロサウンドとロックを融合したサウンドが特徴的ですが、この『ネイティブダンサー』についてはエレクトロ側、シンセサイザーの音が非常に象徴的です。また、個人的には2番のAメロ冒頭に突然現れるドラミングが耳に残りました。
 
 歌詞についてですが、「思い出は立ち止まったまま、冬の花のよう」という言葉に象徴されています。「季節は移り代わってゆくのに、昔のことを何度も思い出し、立ち止まったままでいる主人公の姿」が映し出されます。歌詞の全体にわたり、「思い出」、「思い出す」といったフレーズが繰り返されるのが印象的です。また、思い出にすがり、立ち止まった自分のことを「いつだって最後方」と表現しています。

 また、「思い出」と同じく象徴的に描かれているのが、「雪」という言葉でしょう。「冬の花」というのは恐らく雪のことを意味していると思います。「立花(りっか)」という言葉があるように、雪の結晶のことを花と比喩することは、サカナクション以外のクリエイターにも頻繁に用いられます。漫画家山岸涼子さんの作品『舞姫 テレプシコーラ』では「篠原立花(ユキ)」という名の主人公が登場します。
 
 タイトルの『ネイティブダンサー』というのは冬に舞い降りる雪のことを表わしていると思います。歌詞のサビ部分に「淡い日に僕らは揺れた ただ揺れた そういう気になって 思い出のように降り落ちた ただ降り落ちた そう雪になって」とあります。自分の心情、季節が立ち止まったまま「最後方」という立ち位置を「ただ降り落ちる雪である」と表現しています。非常に詩的だと思います。

このように『ネイティブダンサー』の歌詞は極めてネガティブであります。一方で、サウンドアレンジ、リズムパターンなどはそのネガティブさを感じさせない心地よさがあります。





 さて、『ネイティブダンサー』の音域についてですが、地声最低音mid1B(B2)~地声最高音hiA(A4)  でメロディーが構成されています。全体として、サビ以外は非常に低音域を中心にメロディーが展開されます。

 この楽曲ではサカナクションのボーカル山口一郎さんは比較的淡白な発声を行っていると思います。この楽曲はどちらかといえば、サウンド面に趣向を凝らしており、メロディー自体はそんなにエモーショナルな展開があるわけではありません。カラオケなどで歌う際もそうした面を意識してみるといいと思います。大きく盛り上がる楽曲ではないと思いますが、軽快なテンポが心地よい楽曲です。

 一方で、歌に非常に自信のある方は、ボーカルラインに自分なりの個性や抑揚、フェイクなどを乗せてみるのも良いかもしれません。原曲の表現とは大きく異なりますが、そうしたチャレンジは歌の表現力を磨くのにも良いと思います。ジャズ系のミュージシャンによく見られる表現です。日本で有名なポップミュージシャンではaikoさんが他者の楽曲をカバーする際に、そうしたアレンジを頻繁に行っていた記憶があります。



『マトリョシカ』(米津玄師【ハチ】)の音域と感想

 こんにちは。今回は米津玄師さん(ハチ)のボカロ作品から、マトリョシカ』(2010)を取り上げます。動画については初音ミクver.を添付しております。よろしくお願いします。
 
 ※米津玄師さんの音域について、当ブログではこれまでに、『アイネクライネ』『爱丽丝(アリス)』『打上花火』(DAOKO×米津玄師)『打上花火』(米津玄師ソロver.)『馬と鹿』『海の幽霊』『orion』、『かいじゅうのマーチ』『恋と病熱』『春雷』『Nighthawks』『ナンバーナイン』『灰色と青 ( + 菅田将暉)』『飛燕』、『LOSER 』『ピースサイン』、『砂の惑星』米津玄師作詞作曲『パプリカ』(Foorin)『パプリカ』(米津玄師セルフカバー)『Flamingo』『フローライト』、『メトロノーム』『マトリョシカ』を取り上げています。興味を持たれた方は参考にどうぞ。



『マトリョシカ』(米津玄師【ハチ】),Matryoshka(Kenshi Yonezu【Hachi】)
2010年8月19日 投稿作品


【地声最低音】mid1C#(C#3) 

★誰も教えてくれないで 世界は逆さに回り出「」(Aメロ)
★あぁ、「割れ」そ「うだ」 「記憶も全部投」げ出して(Bメロ)
★深(「」か)くま「


【地声最高音】mid2E(E4)  ※サビ部分に頻出

★あのね 「もっ」といっぱい 「舞っ」て頂戴
★「」んな感情「」うし「よう」か?
★全部全部笑っちゃおうぜ さっさと踊っていなくな「」(大サビ)
★「チュー」チュチュッチュ「ラー」ブラッタイヤイヤーイヤッタッター(大サビラスト) 


(補足)
「あなたと私でランデブー?」から始まるセリフ部分は音域の含めません。そこを考慮するとlowG#ですが、セリフなので各々歌いやすい音程で対応してよいと思います。
初音ミクver.だと 最高音:hiE 最低音:mid2C#(mid1G#) になります。

『マトリョシカ』(米津玄師【ハチ】)











 『マトリョシカ』は2010年8月19日に米津玄師さんがハチ名義で投稿したボーカロイド作品です。ボーカロイドの楽曲はハチさん含め数多くありますが、その中の代表作の一つといっても良いのではないでしょうか。
 米津さんのボーカロイド作品の中でも非常に人気の高い作品として、『マトリョシカ』が列挙されます。youtubeの再生回数では『ドーナツホール』、『マトリョシカ』、『パンダヒーロー』等が上位に位置しています。ちなみ私はハチさんのボカロ作品では『リンネ』という楽曲が特に好きです。

 現在、この『マトリョシカ』は米津玄師さん自身がボーカルを担当した音源はリリースされていませんが、ライブなどでも演奏されることがあるそうです。今回取り上げる音域は、ニコニコ生放送で実際に米津さんが歌われた際のキーを参考にしています。具体的には初音ミクバージョンの1オクターブ下の音域を歌唱されています。

 





 『マトリョシカ』のサウンドや歌詞についてです。サウンドは軽快なギターサウンドです。個人的にはBメロで展開されるベースの音が非常に好みです。
  
 歌詞についてですが、まず『マトリョシカ』というのはロシアの民芸品である「マトリョシカ人形」のことでしょう。マトリョシカ人形は、胴体の部分で上下に分割でき、その中には一回り小さい人形が入っています。この構造が何度も繰り返され、人形の中からまた人形が出てきます。
 
 「大きな人形の中から小さな人形が出てくる」。こうした構造が歌詞の世界を広げていくヒントになると思います。
 
 「外から見えてる「大きな人形」は、「本当の自分」ではない。外から見えてる自分と、自分の知ってる本当の自分(あるがままの自分)は一致しない」というのが私なりの考え方です。

 こうしたことは実生活でも多くの人が経験しているのではないでしょうか。家の中での自分と、外の自分の振る舞いは必ずしも一致しませんし、接する相手によって行動を変えるということも当たり前に行われます。また、ネットで行った発言などが自分の意図を超えて非常に大きくなったりもします。外の大きな人形と、内側にある小さな人形との違いや葛藤を描いた歌詞であるのだと私は思います。
 
 このような経験はしばしば「仮面」、「ペルソナ」、「表と裏」などとも表現されることが多いが、「マトリョシカ」という大小の人形を比喩として使った点が米津さんの個性だと思います。「マトリョシカ」という表現は、外側から見た自分を「仮面」と表現するよりもより深く、自分の心情を表現していると思います。この楽曲については、様々な解釈が出来ると思います。


 

 さて、『マトリョシカ』の音域についてです。地声最低音   mid1C#(C#3)~地声最高音 mid2E(E4)でメロディーが構成されています。2番以降に登場するセリフ部分は今回は音域の調査結果には含めませんでした。
 
 『マトリョシカ』一般的な男性の音域で構成されており、音域も広くないので歌いやすい作品だと思います。音域には個人差がありますので、適宜調整すると良いと思います。そうした調整を行う中で、自分が歌いやすいキーが見つかる楽曲だといえます。米津玄師さんの作品群では非常にお奨めできる楽曲だと思います。

 一方で、米津さんの特徴でもある「テンポの速い節回し」というのが少し見られます。『LOSER』などラップ調の楽曲ほどではないですが、あまり曲を覚えないままで歌うとつまづく部分もあります。ある程度歌詞を覚えた状態で歌った方が良いです。知名度の高い作品でもありますので、カラオケなどで披露するにはもってこいの作品ではないでしょうか。
 
 現在、米津玄師さん本人のボーカルによる音源はありませんので、カラオケでは初音ミクの音源を歌うことになると思います。「ドーナツホール」のように今後リリースが期待される作品です。

 初音ミクver.だと
最高音域:hiE 最低音域:mid2C#(セリフ部分mid1G#) になります。これを一般的な女性が歌うのはかなりしんどいと思いますので、キーを調整してください。



ドラえもん映画2019年主題歌『THE GIFT』(平井大)の音域と感想

(2019/04/06)最低音のミス表記があったので修正しました



 こんにちは。今回は平井大さんの『THE GIFT』を取り上げたいと思います。『THE GIFT』は2019年2月にリリースされ、『映画ドラえもん のび太の月面探査記』の主題歌として起用されました。平井大さんを当ブログで取り上げるのは今回が初めてです。よろしくお願いします。


『THE GIFT』(平井大),The Gift(Dai Hirai) の音域と感想
2019年2月27日(水)


【地声最低音】mid1D#(D#3) Bメロ部分

★背中押した 「」立ちの季節 


【地声最高音】hiA#(A#4)  2番サビ(その他のサビは裏声)  

★そしてそのキセキがまた明[日へ]「」づく hiC#(C#5)裏声

(補足) ラストサビの「This is a gift from the moon」のコーラスで同じくhiA#が見られます。ライブの際は印象度の強いコーラスの旋律を歌う可能性もありますので、補足として記載しておきます。
 


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※サビ部分

★そしてキセキは信じるもの「」けに
★そしてキセキは信じるもの「」けに 贈ら[]るモノ(ラストサビ)


『THE GIFT』(平井大)









 
 さて、平井大さんの『THE GIFT』です。こちらの楽曲は映画ドラえもん のび太の月面探査記の主題歌に起用され、話題を呼んでいます。映画などのタイアップに起用されることで大きなヒットが期待されるわけですが、とりわけアニメ映画はメガヒットに繋がることが多いです。SEKAI NO OWARIの『RPG』、秦基博の『ひまわりの約束』、RADWIMPSの『前前前世』、DAOKO×米津玄師の『打上花火』、倉木麻衣の『渡月橋 〜君 想ふ〜』などが例として挙げられるでしょう。
 漫画原作の実写映画なども含めると、ONE OK ROCKの『The Beginning』、サカナクション『新宝島』といった楽曲も列挙できます。


 『THE GIFT』についてですが、非常に馴染みやすいメロディーであり、映画の視聴者の耳に残りやすい楽曲であると思います。一方で、歌唱についてはソウルやリズム&ブルースなどブラックミュージックを漂わせる発声になっており、単純に子どもだけに向けた楽曲ではないようです。一緒に視聴する父母の琴線にも触れるようなことを意識しているのかもしれません。いずれにしても多くの人が口ずさめるような普遍的なメロディー、歌詞であると思います。

 歌詞については、「ともに過ごした時間の愛おしさ、そして別れ」といったことをテーマに書かれていると言えます。『THE GIFT』は映画の世界を彩る暖かいメッセージになっているのではないでしょうか。

 




 さて、『THE GIFT』の音域についてですが、
地声最低音   mid1D#(D#3)~地声最高音hiA#(A#4)、裏声最高音hiC#(C#5)でメロディーが構成されています。音域を見るとキーが高めで、手を出しにくい印象です。
 
 しかし細かく見ていくと、地声最高音のhiA#は1か所のみで、他は裏声で発声しています。例えば、
地声最高音のhiA#裏声で対応するなど行えば、一般的な音域の男性でも原曲キーで歌うことが可能であると思います。ちなみにhiA#部分を除くと、地声の最高音はmid2G#です。声を出し慣れている男性ならば、手の届く範囲になります。

 歌い慣れている人で、裏声の発声がスムーズに行えるならば、努力次第である程度歌えると思います(原曲を忠実に再現するとなると地声のhiA#の再現が必要になります)。一方で、高音域が苦手な男性は、キーを2つ程度下げる(♭2程度)と良いと思います。

 美しいメロディーですので、優しい歌声を意識すると非常に引き立つと思います。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー