こんにちは。今回はback numberの『エメラルド』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『エメラルド』(back number)、Emerald(back number)
『エメラルド』(back number)









【地声最低音】mid1E(E3)  

m1E[そ]れでいて深いきE[ずを]残す(Aメロ)
★降り注ぐスパンコールの雨 m1E[よく]目を凝らせば(Bメロ)


【地声最高音】hiA(A4)  ※ラストサビ[転調+1]

★エメm2F[ラ]ルドのシャツのおhiA[く]m2G[で]F[き]らめく
m2G[夢見るぼ]m2F[く]G[の]hiA[せ]G[つ]F[な]さよ
m2F[と]m2G[ど]hiA[めを]F[指し]てよ A[oh] G[oh]

※通常のサビではmid2G#が最高音です。


【裏声最高音】hiB(B4) ※1番Aメロで2回

hiB裏[世界中]m2G#[の灯]ぁりG#裏[が](1番Aメロ)

※1番でしか登場しないフレーズです


【補足】mid2E(一部のみ)hiAの注意点

m2E[撫でるよ]りも丁寧E[に] (Aメロ)
※君のm2F#[6秒か]m2E[ん]のキス 

★僕の愛が吹m2F#[き]m2G#[こ]F#[ぼ]れた(Bメロ)
m2F#[泡だ]F#[ら]m2G#[え]hiA裏[る]G#[ね] G#[アー×2]

m2E[僕に聞こ]えないE[様に](Cメロ) 
★なm2F#[に]F#[つ]m2G#[ぶ]F#[や]いて

★生身m2E[の]m2F[き]E[み]の正体を(ラストサビ)

※のフレーズの後に登場するフェイクは最高音がm2G


 まず、『エメラルド』についてです。この楽曲は、2020年に3人組ロックバンドback numberによりリリースされたデジタルシングル作品です。現在のところ、フィジカルリリースの発表はありません。
 同曲は、東野圭吾さんの小説を原作としたテレビドラマ『危険なビーナス』のために書き下ろされた作品です。

 『エメラルド』はダンサブルなロックナンバーです。四つ打ちのリズムでノリが良いですが、マイナー調であり、どこか憂いや艶っぽさが演出されております。共同編曲として、back number以外に蔦谷好位置さんがアレンジを担当されております。ラストのサビでは転調が行われ、キーが1つ上がりますので、カラオケなどでは注意が必要です。




 さて、『エメラルド』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAはラストのサビで登場します。同曲はラストのサビでキーが#1上がりますので、通常のサビではmid2G#が最高音となります。
 この辺りは一般的な男性の音域よりも少し高めです。場合によっては、キーを少し下げることも選択しても良いと思います。

 『エメラルド』は、back numberとしては比較的狭めのレンジで歌メロが作られております。音域自体は男声としてはやや高めですので、原キーの場合は意外と持久力が要求されるナンバーとも言えます。上述している音域は、mid2Eの部分がかなり省かれております。楽曲全体を通して、mid2E~mid2G#(ラストサビではhiA)あたりが多く登場します。
 『エメラルド』は音域がそこまで広くない分、キーの調整はしやすいです。低音域が少し辛くなるかもしれませんが、歌い慣れていない人向けのキー調整も可能なのではないかと思います。ただ、練習曲としてビギナーに強く薦められる程には歌いやすいわけではないです。もしキー調整しても歌いにくい場合は、別の曲と並行して練習してください。

 『エメラルド』は歌い慣れた人であれば、手を付けやすい作品なのではないか(キー調整込みで)と思います。ノリも良いですので、カラオケなどでも歌いやすいです。興味を持たれた方はチャレンジしてみて下さい。