こんにちは。今回はRADWIMPSの『祝祭 (Movie edit) feat. 三浦透子』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『祝祭 (Movie edit) feat. 三浦透子』(RADWIMPS),Shukusai(Movie edit)feat.Touko Miura


【地声最低音】mid2B(B3)  

m2B[ゆうう]つな一日の始m2F#[ま]m2G#[りが](Aメロ)


【地声最高音】hiB(B4)  

m2F#[聴]m2G#[き]{た][い][きょ][く][も][見]hiB[つ][か][ら]ない(Aメロ)
m2G#[臆病]m2F#[と][や][ま]{い][][と][し]hiB[た]G#[ら] (Bメロ)
★きhiB[み]m2G#[ぃじゃな]m2F#[いとな]いよ(サビ)



【補足】mid2F#hiA辺りの注意箇所

m2G#[治るけ]m2F#[は][も][な][いぼ][の](Bメロ)
m2F#[わ]るくF#[は]hiA[な]m2G#[い][よ]
※oh oh oh m2F#[oh] hiA[oh] m2G#[oh] oh [oh](サビ直前)

※Bメロとサビの間で登場する歌詞の無い部分です。

『祝祭 (Movie edit) feat. 三浦透子』(RADWIMPS)









 まず、『祝祭 (Movie edit) feat. 三浦透子』についてです。この楽曲は2019年に4人組バンドRADWIMPSによりリリースされたサウンドトラックアルバム『天気の子』に収録されている楽曲です。新海誠監督の長編アニメ映画『天気の子』のために制作された楽曲で、主題歌の一つでもあります。

 『祝祭(Movie eidt)』のサウンドについてです。ピアノなどを交えたバンドサウンドです。イントロとアウトロで登場する空に抜けるようなツインエレキギターが美しいです。エレキギターのユニゾン(もしくはコーラス)は、洋楽ではハードロックやヘヴィメタルなどでよく用いられる印象で、日本のポップスでも時折見られます。
 個人的にはベースやドラムも非常に耳に残ります。歌メロディーはポップな歌モノでありますが、楽曲全体を通して軽やかさと疾走感を感じるのはベースやドラムのリズム感が非常に重要な役割を果たしているように感じます。また、Aメロやサビではエレクトロニカな音色も一部交えられ、キラキラ感が演出されています。

 ちなみに、以前の『グランドエスケープ』の回で、私は「(Movie edit)とクレジットされているので、別のバージョンがリリースされる可能性がある」ことについて言及しました。この『祝祭』についてもそうだと思います。そして、どうやら主題歌5曲についてフル尺のバージョンが収録された作品がリリースされるようです(音楽ナタリーより)。
 どのようなアレンジになるかは分かりませんが、ボーカルを三浦透子さんがメインに担当されていますので、野田洋次郎さんと桑原彰さん二人のギターが生かされたアレンジがより強調されるといいな、と個人的には期待しています。エレクトロニカな部分が強調されるかもしれませんし、ボーカルの大サビのようなものが付け加えられるかもしれません。想像が膨らみます。

 
 『祝祭』の歌詞についてです。「青春」という言葉がピッタリ当てはまるようなラブソングです。movie editということで楽曲自体が非常に短いのですが、その短い尺の中でフックになるようなフレーズが随所に散りばめられていると思います。
 個人的に好きだと感じたフレーズは「臆病とは病だとしたら治る気配もない僕の目の前に現れたあなたは まるでさも救世主顔」という箇所です。『祝祭』に登場する「僕」はどこか憂鬱で冴えない部分を抱えたフレーズが要所要所で見られます。一方、「君」は全体として快活さが強調されているように感じます。先に挙げた歌詞は、そうした2人の人となりや間柄を端的に表したフレーズだと私自身は感じました。



 
 最後に、『祝祭 (Movie edit) feat. 三浦透子』の音域についてですが、【地声最低音】mid2B(B3)~【地声高音】hiB(B4) でメロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内と言えます。

 まず、地声最高音についてはhiBになります。このhiBという音階はある程度歌い慣れた女性であれば到達しうる音階です。もし普段歌い慣れていない人であれば、一つの目標としてhiA#やhiBを掲げてみるのも良いかもしれません。逆に普段歌い慣れている人であれば、楽しめる音階なのではないかと思います(場合によってはもっと高いキーの方がよいという人もいるかもしれません)。

 『祝祭』の音域全体で見てみると、およそ1オクターブでメロディーが作られております。故に、音域自体は広くなく、キーの調整なども行いやすいです。普段歌い慣れてない人や、声が低い人などはキーを少し下げても良いかもしれません。一方、高音域が得意な女性はキーを上げても良いと思います。そうした融通が利きやすい楽曲です。努力が報われやすい曲とも言えると思います。

 以前レビューした『グランドエスケープ』(【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】hiB(B4) )と比較しても、音域が狭い分、『祝祭』の方がアプローチしやすいです。