こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『ラストソング』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、『ラストソング』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVが公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はありません。ご了承ください。


『ラストソング』(Official髭男dism)


【地声最低音】mid1E(E3)  ※Aメロおよびサビ

★こんな時だけ あっという間に過ぎ去るなんm1E[て]
★まだあm1E[そ]びたりないm2F[よ](サビ)


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※Cメロで登場

hiA#地[ぼ]hiA[く]m2G[は][ら][ご][を]A[て]G[る]
★ちG[きゅう]hiA#[さい]hiA[ごの]  [日]m2G[だ]としA#[て]A[も~]G[ぉ]


【裏声最高音】hiC(C5) ※Cメロで登場

★このhiC裏[ハッ]ピーm2G[を]絶やC裏[さ]ないG[よう]




【補足】mid2FhiAの注意箇所

★幕が下りれば僕ら お互いに離れm2G[ば]m2F[れ](Aメロ)
★ひと夏のきらめきが アイスを溶m2F[かし]ていく(Bメロ)
★それによく似たやるせm2G[な]m2F[さ]F[は] 
★ほんm2F[のす]hiA[こし]m2G[だけ]
★刹m2F[那のあ]m2G[じが] 甘F[く混ざ]G[りあう]

★悲F[しい][ら] 朝日m2F[よ]2度と出て[こ]ないで[と](サビ)
★とけm2F[い]F[ぎゅっ]と つねったら

★君と つm2G[く][上][た][も]G[出と](Cメロ)


※煩雑になるため、mid2Fは全ては記載してません。
『ラストソング』(Official髭男dism)









 まず、『ラストソング』についてです。この楽曲は、2019年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『Traveler』に収録されているナンバーです。タイトルから何となく想起させられますが、アルバム14曲中13曲目に収録され、終盤を彩ります。タイアップなどはありません。

 『ラストソング』はゆったりとしたテンポの楽曲です。イントロではホーン隊などが加わり、タイトルが示すようにどこか別れを感じさせます。個人的に面白いと思ったのは、別れを感じさせるナンバーでありながら、『ひと夏のきらめき』、『アイス』、『手持ち花火』など「夏を想起させるフレーズ」が多い点です。日本では基本的には春が出会いや別れの季節になります。しかし、夏を想起させるフレーズを多く使うことにより、楽曲から見えてくる景色が少し違って見えます。こうした工夫は面白いと感じました。

 『ラストソング』の大まかな音域の特徴についてです。この楽曲はサビの最高音がmid2Fとヒゲダン作品の中ではかなり低めです。mid2Fは一般的な男性の音域の範囲内です。BメロやCメロでhiA,hiA#といった音階も登場しますが、全体として低音部が目立つ楽曲になっています。



 最後に『ラストソング』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音はhiA#で、Cメロで4回登場します。この辺りのキーは一般的な男性より少し高いですが、hiB,hiCといった音階が頻出するヒゲダンの楽曲群の中で低めなのではないかと思います。ここは出来れば地声で確実に発声したいところです。

 一方で、サビではmid2Fが最高音になります。上述の【補足】の部分を見て頂ければわかりますが、基本的にmid2G,mid2Fといった音階が楽曲の高めの音階になります。よって、『ラストソング』はある程度歌い慣れている男性であれば、手を出しやすい楽曲なのではないかと思います。これまで当ブログが取り上げたヒゲダンの楽曲の中では歌いやすい部類なのではないかと思います。

 『ラストソング』は最低音がmid1Eですので、キーを下げて歌うこともある程度は可能です。歌い慣れていない人は、高音が辛く感じられる方は、少しキーを下げて歌唱しても良いと思います。『ラストソング』はヒゲダン作品の中でもチャレンジしやすい楽曲と言えます。