スポンサーリンク
カテゴリー

『Driver』(Official髭男dism)の音域

こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『Driver』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

 なお、『Driver』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、山脇オサム/ギターのレシピさんのギターカバー動画を添付いたします。こちらであれば、ボーカルの表現がフル尺で確認できます。



『Driver』(Official髭男dism)


【地声最低音】mid1E(E3) ※Aメロ

★もうタイムアップだよ いつまで寝てるm1E[の?]
m1E[お]おきな声で騒いで 君をベッドから追い出した 

【地声最高音】hiB(B4)  ※サビで頻出

★連hiB[れ]hiA[て行]m2G#[く]m2G[か]G#[ら](サビ)
★何m2G#[千]hiA[何]hiB[億]hiA[通]G#[り]の 
★こm2G#[ろ]hiA[が]hiB[る未]A[来]G#[か]A[ら]



【補足】mid2GhiAの注意箇所

★スマートフォンの業務も全く楽じゃm2G#[ない] よな(Aメロ) 
★着替えをいm2G#[そい]でよ そんな顔m2G#[すん]なよ
★ご愛嬌ってm2G#[こ]とにしG#[とい]
★放物線をイm2G[メー]ジして(Bメロ)

hiA[打ちぬけドラ]m2G#[イバー](サビ) 
★噂で溢れたまm2G#[ちの]hiA[ど]G#[こか]
m2G#[君を希望のど]hiA[真ん]G#[中]
m2G#[It’s a beau-]tiful beautiful day m2G#[ye-]ah
『Driver』(Official髭男dism)










 まず、『Driver』についてです。この楽曲は、2018年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『エスカパレード』に収録されています。地方局の情報番組のタイアップが付きましたが、大きなものはありません。初出は配信限定のEP『LADY』(2017)に収録されております。

 『Driver』はアップテンポのバンドナンバーです。ニュアンスとしてはR&Bなどよりも、ピアノ・ロックやバンドサウンドとしての色合いが強く、ライブで盛り上がりそうな楽曲です。カラオケなどで歌唱しても楽しいのではないかと思います(難易度は高いですが)。タイトル『Driver』とあるように、ドライブなどでBGMとしても良いかもしれません。
 歌メロについては、AメロBメロサビといった馴染みやすいものです。音域についてはヒゲダン作品の中では高音が高くないように見えます。ただ、上述するように、サビは全体を通してmid2G~hiB辺りの音階が断続的に登場します。よって、hiB辺りの音階を、1曲の間で安定的に発声する力が要求される作品です。体力が必要な楽曲です。




 さて、『Driver』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず地声最高音hiBはサビで何度も登場します。hiBは高音域が得意な人であれば届きうる音階ですが、この『Driver』はhiBが何度も登場し、周辺の音階も高めです。サビ全体を通して、mid2G~hiBの高い音階が頻出しますので、見た目以上に辛い楽曲です。1番サビのフレーズを書き出すと、

_____
 hiA[打ちぬけドラ]m2G#[イバー] 
噂で溢れたまm2G#[ちの]hiA[ど]G#[こか]
m2G#[君を希望のど]hiA[真ん]G#[中] 
hiB[れ]hiA[て行]m2G#[く]m2G[か]G#[ら]
m2G#[千]hiA[何]hiB[億]hiA[通]G#[り]の 
m2G#[ろ]hiA[が]hiB[る未]A[来]G#[か]A[ら]
_____

となります。これを基本としたメロディーラインが1番2番サビ、ラストのサビで計6回登場します。持続力が要求される楽曲です。

 一般的な男性の場合は、キーを下げるのが良いのではないかと思います。一つの目安として、原曲キーから4つ程度下げて、最高音をmid2G辺りに設定すると良いです。ただ、私の見方としてはこれでも意外と辛いのではないかと思います。実際に歌唱してみて、微調整してください。


 『Driver』は音域自体はそこまで広くなく、低音部分に余裕があります。歌い慣れていない人はキーを大きく下げて練習しても良いと思います。キー調整が行いやすい楽曲と言えます。ただ、もしキーを下げても歌いにくい場合は、別の曲で練習した上でチャレンジしてください。

 『Driver』はサウンドやメロディー、歌詞内容などを考えると、カラオケやライブなどで盛り上がりやすい作品です。多くの人に馴染みやすいポップソングですので、興味を持たれた方はチャレンジしてみても良いと思います。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Hmm it looks like your site ate my first comment (it was extremely
    long) so I guess I’ll just sum it up what I had written and say, I’m thoroughly enjoying your blog.
    I too am an aspiring blog writer but I’m still new to everything.
    Do you have any points for novice blog writers?
    I’d genuinely appreciate it.

    • もりっしー より:

      Thank you.
      When I started this blog, there were few similar sites.
      It takes time to analyze the range of music in detail.
      However, I am writing a blog continuously because I think other people might be interested in detailed analysis.

      Since Japan is a karaoke culture, many people visit this blog.