こんにちは。今回はSuperflyの『フレア』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲なのですが、期間中にリクエスト頂いた楽曲でもあります。


『フレア』(Superfly)、Flare


【地声最低音】mid2A(A3)  ※Bメロおよびサビ冒頭

hiA{わ]たしを創る hiA[出]会いもサヨナラm2A[も]
m2A[日]々 恋をして(サビ)


【地声最高音】hiD(D5)  

hiA[む]hiB[ね]hiC#[を]hiD[こ]B[が]A[し]A[い](サビ)
hiA[あ]hiB[か]hiC#[い]hiD[太]B[陽の]C#[よう]D{に]
hiA[いつの]hiD[日]も雨に負けるもんか
hiD[今日]hiA[の]A[も]ぉぉぉ 涙に負けるもんか(ラストサビ)

【裏声最高音】hiD(D4) ※2番サビで登場

hiA[ほの]hiD[お]は再び舞い上がる

※この場面だけははっきりと裏声でしたので、記述しておきます



【補足】mid2G(一部略)hiC#の注意箇所

★なm2G[み]だが降れhiA[ば] hiB[きっ]m2G[と消え]てしまう(Aメロ)
hiB[どう]m2G[かこ]こにG[い]

★空hiA[に]hiB[も]A[悔]やんm2G#[で]B[いら]hiC#[れ]B[な]A[い](サビ)

hiA[ほ]のおの声よhiA[聞]かせてくれhiB裏[る?](2番Bメロ)


『フレア』(Superfly)










 まず、『フレア』についてです。この楽曲は、2019年に女性シンガーソングライターのSuperflyによりリリースされたシングル作品です。フィジカルではなく、ダウンロードシングルとしてリリースされました。2019年度下期のNHK連続テレビ小説『スカーレット』の主題歌として書き下ろされた作品です。作詞作曲はSuperflyの越智志帆さん、編曲は島田昌典さんによりなされております。

 『フレア』はゆったりとしたメロディーのポップソングです。反面、テンポは非常にリズミカルであり、この対比が個人的に非常に耳に残りました。パーカッションやドラムなどの打楽器パートがとりわけ心地よいと感じます。
 Superfly越智さんはハードロックなどをベースとしたパワフルな歌声が魅力的な歌手ですが、今回の『フレア』については優しさを帯びた暖かいボーカルが印象的です。カラオケなどで歌唱する際は、そうした部分も上手く表現できたらよいのではないかと思います。

 『フレア』の音域的な特徴についてです。当ブログで以前取り上げたタマシイレボリューション[最高音hiE]、愛をこめて花束を[最高音hiF]と比較すると、高音域が抑え気味になっています。2曲はハードロックやソウルなどの基調としていますので、ボーカルは力強くなります。一方、『フレア』はキーが低い分、ボーカルの柔らかさを併せ持っています。私なりのイメージですが、『フレア』は女性らしさのある高い声色でも合いやすいのではないかと思います。より多くの人にマッチしやすいイメージです。



 さて、最後に『フレア』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiD(D4)で歌メロディーが構成されております。大よそ、一般的な女性の音域の範囲内(もしくはやや高い)であります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDはサビ中心に登場します。hiDは声が高い人であればであれば届きうる音階ですが、人によっては出にくいことも多いです。場合によってはキーを下げることも考えてください。例えば、キーを2つ下げて、最高音をhiC辺りにするとハードルがかなり下がります。一般的な女性は目標として、hiB,hiC辺りを上手く発声できるようにするとよいと私は考えております。
 
 また、サビの【☆hiA[いつの]hiD[日]も雨に負けるもんか】の部分ですが、ここのhiDは裏声でもあまり違和感はありません。越智さんは、同じメロディーの別のフレーズ【★hiA[ほの]hiD[お]は再び舞い上がる】では裏声を使っております。
 
 『フレア』は音域全体でみると、キーを下げ過ぎると、逆に低音部がきつくなりやすいです。キーを下げる余地はいくらかはあるのですが、普段歌い慣れていない人が歌いやすいキーに設定できるほどの融通は利きません。その点は留意しておいてください。
 普段歌い慣れていない人は別の楽曲で歌い慣れた上でチャレンジするのも選択肢です。もしキーを大きく下げて歌唱する場合は、低音部が曖昧になってもあまり気にしないでください。

 『フレア』はゆったりとしたメロディーなのですが、リズムは軽やかですのでカラオケなどでも歌いやすい作品です(難易度が低いわけではない)。興味を持たれた方は練習してみても良いと思います。