こんにちは。今回はSuperflyの『輝く月のように』(2012)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『輝く月のように』(Superfly)、Kagayaku Tsuki no You ni
『輝く月のように』(Superfly)









【地声最低音】mid1G(G3)  

★夜空のつhiA[き]m1G[そう]してるみたいに(Aメロ)


【地声最高音】hiD(D5)  ※サビで多く登場します

hiB[愛]を知ってhiB[か]hiC#[が]hiD[や]C#[き]B[す]んだ(サビ)
★あなたに笑っhiB[て]hiC#[欲]hiD[しい]C#[か]ら 
hiB[こん]B[ぁ]hiC#[にね] hiD[ye][ah]C# B[ye]ah

★よhiD[ぞ]hiC#[ら]hiB[の]B[の]C#[よう]B[に] (ラストサビ)


【裏声最高音】hiD(D5) ※ラストサビで1回

★どhiC#[う]hiD裏[し]C#[た]らいい?(ラストサビ[04:02近辺])

※落ちサビ(演奏が弱まり、ボーカルが目立つサビ)の部分です


【補足】hiBhiC#辺りの注意点

★きっhiA[と]、あなたhiB[に出]hiC[逢っ]たから(Bメロ) 
hiA[素直]A[なれたん]hiB[だ]

★世界を照らしhiB[て]く よぞらのつき[の]hiC#[よう]B[に](サビ)
hiB[見]て、ひB[か]るよ

★苦hiB[し]hiC[い]時には 私の光で守ってあhiB[げ]hiC[たい][ぃ]B(2番Aメロ)
hiB[見]て、ひ[か]るよぉ[ぉ]hiC#[ぉ](ラストサビ)


 まず、『輝く月のように』についてです。この楽曲は、2012年に音楽ユニットSuperflyによりリリースされたシングル作品です。アルバム『Force』をはじめ、ベストアルバムなどにも収録されております。同曲は、テレビドラマ『サマーレスキュー〜天空の診療所〜』主題歌として書き下ろされました。

 『輝く月のように』はゆったりとしたテンポのバンド曲です。同曲は、イントロのキーがAなのですが、AメロBメロがCになっており、サビでAに戻ります。私自身はそうした点が耳に残りました。こうした工夫により、ゆったり目の曲でもメリハリを付けているのではないかと分析しております。アレンジは多保孝一さんと蔦谷好位置さんによりなされています。

 同曲は、ドラマの主題歌ということもあり、歌が際立つアレンジになっております。カラオケなどでも人気の高い作品の1つです。




 さて、『輝く月のように』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3) ~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。大よそ一般的な女性の音域の範囲内もしくはやや高いといったところです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDはサビを中心に登場します。ここは一般的な女性の音域の範囲内ですが、人によっては発声が難しくなるところでもあります。登場回数も多めですので、キーを少し下げた方が歌いやすいのではないかと思います。原曲キーから2つ程度を目安にキーを下げるとよいと思います。原曲のニュアンスと少し異なりますが、高音部分は裏声などを交えて歌唱しても良いかもしれません。

 『輝く月のように』は音域自体はやや広めの作品であります。少しのキーの調整は可能ですが、歌い慣れていない人向けの調整は行い難いのではないかと私は分析しております。
 私なりのイメージですが、以前取り上げたSuperflyの作品『フレア』(過去記事)の方が幾分か手を付けやすいのではないかと思います。これらの曲が難しいと感じた場合は、別の易しめの曲と並行して練習すると良いです。

 『輝く月のように』は一般的にはやや難しい曲ですが、hiE以上が多く登場する『愛をこめて花束を』(過去記事)『タマシイレボリューション』(過去記事)などと比較すると、手を付けやすいと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。