こんにちは。今回はMrs.GREEN APPLEの『Attitude』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲なのですが、リクエストも複数頂いた楽曲であります。


『Attitude』(Mrs.GREEN APPLE)


【地声最低音】mid1G(G3)  ※サビ部分で登場

m1G[阿]呆みたいに今日もね 


【地声最高音】hiB(B4)  楽曲全体で登場

hiA[そ]hiB[ん]A[な]m2G[と][だ]けでも B[何]A[処]G[か]に(Bメロ)
★あhiB[い]hiA[を]m2G[さ][し]ながら(サビ)
hiA[アー]ティhiB[ティ]A[ティ]チュード
★たm2G[い]hiA[よ]うが不意に亡m2G[く]hiB[な]hiA[っ]て(Cメロ)


【裏声最高音】hiD(D5) ※冒頭とサビで登場

hiD裏[ぼ]hiC#[く]hiB[の]hiA[わ]m2G[が]B裏[ま]A[が](冒頭)
★メhiD裏[ロ]hiC#[ディ]hiB[ー]hiA[に]hiB地[乗]hiA[せ]G[る](サビ)
hiD[キャッ]hiC#[チー]hiB[な]hiA[メ]m2G[ロ]ディーB[に]A[か]G地[れ]るは 




【補足】mid2F#(一部略)hiB辺りの注意箇所

hiA裏[ああ]m2F#[どう]A[い][つ]かああF#地[あ]G[あ][あ]

★どうにかとhiB裏[ど]hiA[く]m2F#地[よう]に(Aメロ)
★「弱いm2F#[人]hiA[ばっ]F#[か居]ます」 F#[こ]m2G[の]F#[世]は(Bメロ)

★何hiA[か]m2G[を]信じてこ[ころ]躍らすのが(サビ)

★魔法m2G[は]hiA[ね] いつかG[解]hiA[け]G[る]の(Cメロ)
hiB裏[愛]hiA[し]m2G[愛]されて死にたいの
★軽m2G[快な]hiA[リ]ズム
★独りぼm2G[っ]hiA[ち]hiB裏[になっ]たならあG[な]たを追hiA[うぉぉ]

☆「m2F#[弱い]hiA[人ばっ]F#[か]居ます」 

※☆の部分はBメロとサビの変形です
『Attitude』(Mrs.GREEN APPLE)









 まず、『Attitude』(アティテュード)についてです。この楽曲は、2019年に5人組バンドMrs.GREEN APPLEによりリリースされたアルバム『Attitude』に収録されています。アルバムタイトルにあるように、表題曲であり、アルバムリリース直後にMVが公開されました。また、今年の3月に、アイドルグループ嵐の二宮和也さんがラジオで同曲をカバーし、大きな話題を呼びました。

 さて、『Attitude』はアップテンポのバンド曲です。演奏時間は3分50秒程度で短く、その中で多くの展開がなされております。この辺りは、以前に取り上げたミセスの作品『ロマンチシズム』『StaRt』『CHEERS』などでもこれまで見られた傾向です。作詞作曲編曲は大森元貴さんによりなされていますが、ストリングスアレンジをEffy(エフィー)さんが担当されています。Effyさんは声優水樹奈々さん、水瀬いのりさん、田村ゆかりさんなどの作品の編曲、またアイドルマスターシリーズやラブライブの楽曲のアレンジにも携わっております。

 『Attitude』の歌メロについてです。歌メロは基本的にはAメロBメロサビCメロという構成です。ただ、個人的には、ラストのサビの部分が、Bメロと通常のサビが融合されたような構成になっているのが非常に印象的でした。

 音域については、ミセスの作品では比較的狭めでありますので、キーの調整は行いやすいと思います。ちなみに、先に挙げた嵐の二宮和也さんは原曲キーから2つ下げたキーで歌唱しております。私たちはしばしば「原曲キーで歌うこと」に囚われがちですが、原曲キーにこだわる必要はあまり無いと思います。キーを下げたとしても、自身の声質を上手く活かして歌えていることが重要です。



 さて、『Attitude』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBは楽曲全体で登場します。ミセスは裏声が多く登場し、地声の最高音は目立ちにくいですが、何気に高いです。一般的な男性には高めの音階ですので、場合によってはキーを下げることを検討してください。原曲キーから3つ前後下げると、地声最高音がmid2G#辺りに設定されます。原曲キーにこだわる必要はないですので、自分の声質が活きるキーを見つけてください。

 裏声最高音hiDについてですが、ミセスの楽曲にしてはそこまで高い音階ではありません。『僕のこと』などよりはずっと取っ付きやすいです。ミセスは地声と裏声を行ったり来たりするようなボーカルが魅力でもありますが、歌い慣れていない人にとっては大変です。初めは原曲に忠実に歌唱しなくても良いと思います。歌いにくい部分は裏声にしたりしてください。
 また、ミセスを始め、最近の楽曲の特徴なのですが、歌メロのテンポが速めです。歌詞をしっかり覚えておくというのも非常に重要です。

 『Attitude』は先にも述べましたように、音域自体はそこまで広くありません。よって、ある程度キーを下げて歌唱することも可能です。その点では融通が利きやすいです。ただ、大森さんのボーカルが裏声地声を行ったり来たりするようなメロディーラインは、歌い慣れていない人にとってはハードルになりやすいです。『Attitude』はキーの調整はしやすいですが、必ずしも練習曲として強くお奨めできるという程ではありません。ただ、ミセス作品の中では取っ付きやすい方ではあると思います

 ちなみに、『Attitude』は音域的には女性にも歌いやすい楽曲であると思います。キーについては原曲キーでも良いですが、一般的には少し上げた方が良いです。