こんにちは。今回はスピッツの『運命の人』(1997)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『運命の人』(スピッツ)、Unmei no Hito(Spitz)


【地声最低音】mid1F#(F#3)  

m1F#[解][っ][に]m2E[よ]うび


【地声最高音】hiB(B4)  ※各サビで4回ずつ

hiA[わる]hiB[あ]がきでも hiA[こきゅ]hiB[う]しながら 

※『運命の人』はアルバムバージョンではキーを1つ下げて歌唱されています(最高音はhiA#になります)。また、ライブでもアルバムバージョンのキーで歌唱されております。



【補足】mid2EhiAの注意箇所

★バスの揺れかm2F#[た]m2E[で]人生の意味が
m1F#[つ]よく手F#[を]m2E[ぎ]m2F#[る]
★ここm2F#[に]m2G[い][る]のは 優F#[しい]だけじゃなく

★走m2F#[る] m2G[は]F#[るか] (サビ)
m2G[こ]2F#[のほしの]G[果て]hiA[まで]
★君m2G[を]m2F#[乗]せてF#[行く]

★神様 神様 神様 君とm2E[な]m2F#[ら]…(Cメロ)

『運命の人』(スピッツ)









 まず、『運命の人』についてです。この楽曲は、1997年に4人組ロックバンドのスピッツによりリリースされたシングル作品です。翌年にリリースされたアルバム『フェイクファー』に収録され、またシングルコレクションにも収録されています。リリース当初はタイアップなどは付いていませんでしたが、その後映画やドラマの主題歌やになるなどして、長く愛される楽曲になっていきました。

 『運命の人』はアップテンポのバンドナンバーです。冒頭の「バスの揺れ方で人生の意味が分かった日曜日」という詩的なフレーズが非常に印象的です。アップテンポのバンドサウンドが心地よいのですが、サビの歌メロは緩やかな浮遊感を感じる不思議な楽曲です。歌メロディーについては、草野正宗さんらしい美しく親しみやすいメロディーが特徴的です。
 
 『運命の人』の音域的な特徴についてです。スピッツの楽曲の特徴でもあるのですが、音域自体は決して広くはありません。曲キーで歌唱するのは難易度が高いですが、キーを調整すれば、ある程度歌いやすくなりやすいです。
 ちなみに、1998年のアルバムバージョンやライブでは、原曲キーより1つ下げたキーで歌われております。それでもかなりキーが高めです。




 さて、『運命の人』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されています。アルバムバージョンではキーが1つ下がります。どちらの場合も、一般的な男性の音域より高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBはサビで複数回登場します。その部分も辛いのですが、そこよりもむしろ、【走m2F#[る] m2G[は]F#[るか]  m2G[こ]2F#[のほしの]G[果て]hiA[まで]】というサビ冒頭のフレーズのほうが大変かもしれません。スピッツやJanne Da Arc、Acid Black Cherryなどでよく取り上げるのですが、最高音がそこまで高くなくても、高めの音ばかりが連続し、低めの音階がが少なくなると、難易度が高くなりやすいです。最近紹介した曲だと、Official髭男dismの『Driver』がこうした特徴を強く持っていました。
 hiBなどは一般的には高めの音階ですので、一般的にはキーを下げて歌唱したほうが良いです。原曲キーから3つ程度を目安にキー調整を行うとよいと思います。

 『運命の人』は音域自体は広くありません。よって、キーの調整などは行いやすいです。また、歌メロのテンポも速すぎず、遅すぎずですので、練習曲としては比較的向いているのではないかと思います。ボーカルの草野さんは声質は特徴的ですが、歌い方自体にはそこまで癖があるわけでもないですので、その点でも歌い慣れていない人が手を付けやすいです。

 『運命の人』は歌詞内容や音域を考えると、女性が歌唱しても合いやすいと思います。原曲キーで歌唱しても良いかもしれませんが、一般的には少しキーを上げたほうが合いやすいのではないかと思います。