こんにちは。今回はMrs.GREEN APPLEの『StaRt』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。


『StaRt』(Mrs.GREEN APPLE)


【地声最低音】mid1F#(F#3)  

m1F#[武]装と創と造F#[で]登場
1F#[敢]えての策略なのF#[ら]。ララララ

【地声最高音】hiB(B4)  

hiB[yea-][-h]m2F#(イントロ途中)
★幸せm2F#[な]m2G#[時]hiA#[間]hiB[を](サビ)
★I love you の言葉hiB[だっ]hiA[て] (Cメロ)
hiA[ど]hiB[こ]A[から]m2G[信]m2F#[じ]ればいいの?




【補足】mid2F#(一部略)mid2G#辺りの注意箇所

★スm2F#[タート]ラインに立った今 そう 
m2G#[ここはあ]m2F#[そ]びごこm1F#[ろ]で満ちよう! 
★正すこm2F#[と]から始めましょう。

★どれだけ過m2G#[ご]m2F#[せ]F#[か]は(サビ)
★微々たるものでもm2F#[愛]に気づけるか
m2F#[パッパッパッ] 晴れた町に 
★独りじゃm1F#[ない]と否定出m2G#{来]m2F#[る]ように

★スm2F#[タート]合図は鳴り止まなく もう
★なで肩m2F#[ブー]ムでイイでしょう!?

★I can, You can, m2F#[We] m2G[can], hiA[って] (Cメロ)
★気持ちが軽m2F#[く]m2G[な]F#[っ]た様だ
『StaRt』(Mrs.GREEN APPLE)









 まず、『StaRt』(スタート)についてです。この楽曲は、2015年にロックバンドMrs.GREEN APPLEによりリリースされたデビューミニアルバム『Variety』(バラエティ)に収録されているナンバーです。アルバムの1曲目に収録されており、ライブでは「デビュー曲」として紹介されることも多いそうです。アルバムの発売に先立ち、Mrs.GREEN APPLEのYouTube公式チャンネルでMVが公開され、2020年2月現在、3000万回以上の再生回数を記録しています。

 『StaRt』はポップ色の強いバンドナンバーです。1コーラスが約1分で終わり、楽曲全体を通しても演奏時間が3分半程度です。非常に展開が早い楽曲です。この楽曲のみならず、Mrs.GREEN APPLEにはこうしたアップテンポで展開の早い楽曲が多く見られます。最近だと、『ロマンチシズム』辺りがそうだと思います。

 『StaRt』の音域的な特徴についてです。男性の声としては高めですが、音域自体は広くないので、キーの調整は行いやすいです。ミセスの大森元貴さんは高音域の裏声ボーカルが特徴的ですが、この『StaRt』に関しては地声を中心に歌唱されております。私自身ミセスの作品をすべて把握しているわけではないですが、これまで当ブログで取り上げたミセスの作品の中では、歌いやすい部類に当たると思います(原曲キーで歌唱する場合は、それでも難易度は高めです)。

 

 さて、『StaRt』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBはサビとCメロで登場します。また、イントロなど間奏での「[ye]ah」もhiBです。大森さんはハッキリと地声で発声していますので、出来れば地声で歌唱したいところです。
 ただ、男性にとっては高めのキーですので、キーを下げて歌唱するのが一般的なのではないかと思います。一つの目安として、原曲キーから3~4つ程度下げると、最高音がmid2G(#)辺りに設定されます。 

 『StaRt』は音域がそこまで広くありませんので、キー調整は行いやすいと思います。普段歌い慣れていない人がある程度大きくキーを下げて歌唱することにも向いていると言えます。ただ、テンポが非常に速く、歌メロも速い歌いまわしがありますので、難しい部分もあります。歌詞やメロディーをしっかり覚えておきたいところです。

 『StaRt』は女性が歌っても良いと思います。歌い慣れた女性であれば、少しキーを上げても良いです。アップテンポで明るいポップなナンバーですので、カラオケでも盛り上がりやすいと思います。