こんにちは。今回は女王蜂の『金星』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。当ブログが女王蜂を取り上げるのは、『火炎』以来2回目です。

 同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVがショートバージョンが公開されております。ショートバージョンではありますが、アウトロ以外、ラストのサビまで公開されております。


『金星』(女王蜂)、Kinsei(Jooubachi)

『金星』(女王蜂)










【地声最低音】mid1B(B2)  

★’m dancing in the dark. We are dancing in tonig[ht]mid1B(サビ前)


【地声最高音】mid2E(E4)  

★かなm2E[しみ]からきみを(Aメロ)
★ひとつかがm2E[や]いた(2番Aメロ)

※Aメロを中心に何度も登場します

【裏声最高音】hiG#(G#5) ※サビで登場

★あm2D#[ぁ] 言hiG#[葉]hiG[あ]hiD#[そ]hiF[び]hiC[は]m2D#[いい]から(1番サビ)
★言hiG#[葉]hiG[あ]hiD#[そ]hiF[び]hiC[は]hiD#[いい]hiC[か]ぁら(2番サビ)

【補足】

★今夜ふたりゆm2D#[めを]見ようよ(サビ)

★朝焼けhiF#裏[のそ]hiE[らに](2番Aメロ) 
★We are dancing in tonight. hiG[Ah](2番Bメロ)
★m2G#[あ]hiD#[ぁ](2番サビ) 
☆We are dancing in tonight. hihiA#[Ah Ah](ラストサビの直前)

※☆の部分は歌詞表記などされていませんので参考程度に。


 まず、『金星』についてです。この楽曲は、2016年にリリースされたシングル作品です。アルバム『Q』に収録されております。ただ、アルバムバージョンは「Feat.DAOKO」名義となっており、女性シンガーのDAOKOさんとのコラボ作品となっております。今回はシングルバージョンについて取り上げます。

 『金星』はダンスミュージック、ディスコミュージックをベースとしたバンドナンバーになっております。前回取り上げた『火炎』とはかなりテイストが異なります。歌メロについては、基本的にはAメロBメロサビという形であります。サビのキーは統一されておりますが、それ以外の部分で転調が何度かなされており、同じメロであってもキーが少し異なります。その点で、ただAメロBメロサビと繰り返しているわけではなく特徴的です。

 『金星』の音域的な特徴についてです。ボーカルのアヴちゃんの個性でもあるのですが、地声だけでなく、裏声が広く使われております。また、地声と裏声の往来がかなり広い音域で展開されております。1番のサビ等は非常に大変なのではないかと思います地声音域については、一般的な男性の音域といえますが、裏声の使い方などを考えると、やはり歌い慣れた人向けの作品といえると思います。




 さて、『金星』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B2)~【地声最高音】mid2E(E4)、【裏声最高音】hiG#(G#5)で歌メロディーが構成されております。地声については一般的な男性の音域の範囲内ですが、裏声が広く、音域も広めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2Eについてです。これは冒頭からいきなり登場します。この辺りは、歌い慣れていない人はスムーズな発声が損なわれやすいかもしれません。ただ、mid2E辺りはある程度克服しやすいですので頑張って練習してください。

 一方、裏声最高音hiG#についてはサビで登場します。また、他の場面では、hiG,hiF#辺りの裏声も多く登場します。裏声は地声よりも音域が広がりやすいですが、この辺りになるとかなりしっかりした練習が必要になります。私の感覚では1番のサビが非常に難しいです『金星』では裏声と地声の往来が多く、歌い慣れておく必要があります。
 裏声の練習については、最初は息漏れの多い、弱い音(ファルセット)が中心になるのではないかと思います。

 『金星』は音域自体がかなり広めであります。地声部分はそこまで高くないですので、キーの調整などは可能だと思います。ただ、裏声の部分などが非常に難易度が高いですので、歌いこなすには力量が必要になります。歌い慣れていない人は「地声部分だけ」を練習するというのも良いかもしれません。一方、裏声に自信が付いた人は裏声も含め、力試しに歌ってみても良いかもしれません。